江戸川区葛西沖残照~旧海岸線の痕跡を追い求めて

d0250051_12243506.jpg

江戸川区松島を皮切りに今年は何のお呼びか、江戸川区を断片的に歩いていて、先般は妙見島初上陸を遂行。
「島」巡りに勤しんでいました。
そんな中で、南へ南へ、葛西沖まで押し流されてきた感じです。

江戸川区の左近川より南側、かつての堀江町辺りから、かつての海岸線や海の名残を探して歩きます。
遠ざかった海辺の他、失われた水辺の風景について気づいたことを綴っていきます。徒然と。

品川や大森と比較したら、海の記憶がまだ新しい、近い方なのではないかしら。。などど淡い期待も込めています。
それが良いのか悪いのか。

d0250051_11235052.png

今昔マップ(1896-1909)より引用させていただきました。

かつての海岸線の形が何と明瞭な事!!
そして、現代の地図でも「450号線」として海岸線の形が見事に継承されていることに驚きます。

海岸線の原型は、江戸時代に進められた新田開発により形成されたもので、葛西から浦安にかけての海は「葛西浦」と称し、三枚洲と呼ばれる我が国でも有数の干潟が形成され、大小さまざまな砂州(大三角・小三角・上蜆島・下蜆島など)が点在し、遠浅の海岸ではかつて貝や海苔の養殖が行われていました。

左の古い地図の中央辺りを流れるのが左近川。左近川の南側が旧堀江町で、かつては千葉県行徳の所領(飛び地)、1895年に東京府南葛飾郡葛西村に編入されたのだそうです。境界の地だったのですね。

確かに「東京都市地図」で明治の頁を見ると、左近川が「江戸川」の表記になっていて県境の線が描かれていました。
(帝都地形図の解説文では古江戸川、江戸川の分流、と記載されています)

一方、埋立られて新たに生まれた土地が「臨海町」「清新町」。

葛西の南辺りは新しい街のイメージが色濃いながら(たぶん臨海町のトラックターミナルとか清新ニュータウンの方に強く引っ張られている)、「左近」などと何か旧い文字が・・・心くすぐられる時が到来。

以前、雑誌「散歩の達人」で葛西の団地の方(ざっくりした記憶)にある、かつての海岸堤防の碑のようなものが1ページで紹介されてて、心に留まっていたのですが、なかなか葛西方面に足が向かず・・・

時は満ちて、「堀江団地」で下車して歩いて見ることに。
 
海岸線全ての踏破はしていないものの、まずは岬のような突端地形が目についたのでそちらを目指します。

d0250051_11412035.jpg
写真左側が陸地、植栽帯より右側がかつての海になります。
見事なカーブを描いています。緑地の中に異物のようなものが埋まっていますが・・・

植栽帯は「健康の道」として車道より一段高い位置に設けられており、一度こちらのゾーンに入ると、なかなか下界に降りられなくて後悔しました。やめられない緑道。(緑陰を掻き分けて降りるのにはちと高さがあるのです。)

d0250051_11464718.jpg
鼻・・・まさに突き出した岬!(この石碑の説明は健康の道側からでないと読めません。この界隈、史跡とかなさそうなイメージだったので嬉しくて熟読。)

d0250051_11481676.jpg

“昔、この地は「将監の鼻」と呼ばれ、海への玄関口として知られていました。”

確か、手持ちのワラジヤさん昭和41年の地図でも左近川の河口が「新漁港」と表記されていてなるほど、とは思ったのですが・・・

かつての武田家家来の向井氏の流れを汲む、幕府水軍の船手頭・向井将監が住んだことに由来すると伝えられているとの事です。

23区に「鼻」地名の岬があったなんて。岬ウォッチャーのわたくしとしたことが・・・

俄然、前掲の今昔マップの古地図が、将監さんのお顔に見えてきたのです。


d0250051_14405212.png

1945年の国土地理院空中写真より。
矢印がの地点が「将監の鼻」になります。

左・東京方面を向いた人の横顔そのもの・・・鼻があって目の窪みも。大きく開いた口元は咆哮か、慟哭か。
喉元の辺りの三角州が、かつて大三角と呼ばれた壮大な中洲で、現在のディズニーランドがある一帯です。稲妻のような亀裂に目を奪われます。じわりじわりと、触手やら菌の様にも見え。
干潟とか洲とか、写真ごとに形が違ったりして面白い。。。一つとして同じものはないでしょうから。

脳内メーカーの横顔を彷彿とさせますね・・


d0250051_12042913.png

1965年。開いた口が塞がらない、といったところでしょうか。(は?)

埋立事業は1972年頃から本格的に進められていきます。
高度成長期には産廃業者による不法投棄、工場排水による海洋汚染など様々な受難に直面する葛西南端域。慟哭は、そこに起因しているのかもしれません。
(六価クロムの不法投棄も堀江町を発端に社会問題化)


d0250051_12163441.png
1974年。将監さーーーーーーん・・・!

かつてのくっきりとしたフェイスラインは失われて、新しく出来た土地と馴染んで埋没しつつある過程にもえます。つぶらな瞳(学校?)まで出来ていますね。(横顔美人とか横顔からのアングル、英語で何か表現あったような気がするのですが思い出せません。今ここの場で使ってみたかったのに~。バックシャン、みたいなノリで。)

横顔と云えば正岡子規だけれど、葛西には将監さんが居る。というより、居た。

左近川は新たに、荒川まで新水路が切り開かれています。


この時代の住宅地図には、将監の鼻辺りに「おきな釣堀」という施設が見てとれます。
 
同じく将監の鼻付近、時代を遡って帝都地形図収録の昭和18年の地図において、「潮干狩り休憩所」の表記と共に鳥居の記号が二つばかり描かれている点、ザワザワする感覚を覚えます。

現地を歩いた際には、そういった「水面の記憶」のような匂いは感じ取れませんでした。海側は高い生垣で隔てられており、向こうの様子すら見えにくかったので。(物流関係の施設とは判りましたが)

茫洋たる海が本当にここにあったのかなあ・・・


埋立には陸上土と浚渫土が使われたとの事。埋め立てられる前の、不法投棄に見舞われた周辺写真を「今よみがえる葛西沖」で見ることが出来ます。


d0250051_12402446.jpg

車道側に降りて確認した、将監の鼻の石碑と「旧海岸堤防」プレート、堤防の痕跡構造物。


d0250051_12422998.jpg
電柱の「埋立」プレート。(「将監の鼻」だったら良かったのに、と独りごち。)

d0250051_13032986.jpg
将監の鼻から北上して、緑地帯と車道を隔てる擁壁の素材が変わるあたり。

この辺りにかつて「江東天然瓦斯興業」の採掘場がありました。南葛西~西葛西付近は天然ガスの採掘が盛んで、地下水と一緒に汲み上げた結果、一帯が激しい地盤沈下に見舞われた歴史があります。
 
このまま、左近川がかつて海に注いでいた場所にある「海岸水門」の遺構が残されている場所まで歩きます。

d0250051_13355931.jpg

写真に見える水面は左近川の一部(中間地点辺り)でやや広い水域。まるで池に面した公園のような場所ですが、かつては東京湾に面した河口かつ港でした。ちなみに、左近とは前述の「向井将監」の官位・左近衛将監に由来するのだと初めて知りました。

d0250051_13185892.png

1965年の国土地理院の地図を引用。

かつては「べか舟」が多数停泊していた港。
訪れた際は穏やかで、池のような止水面の如き様相でしたが、時折脇の古い吐出し口からドド~ッと水が流れ込んできてハッと我に帰る瞬間がありました。上の写真で、手前側に波紋が揺らいでいるのはその影響です。

南葛西での産廃業者による不法投棄が問題となった1970年、ここの海岸水門の道路を封鎖して区が産廃業者を締め出した事件があったのだそうです。穏やかな現在の水面と、かつての騒ぎの舞台と。

d0250051_13380982.jpg
水門遺構も圧倒されるのですが、根元に見えるのは・・・

d0250051_13403025.jpg
こここれって橋跡の部類に入るの・・・???
でも両側に微妙に水域あるし・・・
d0250051_13420617.jpg
「かいがんすいもんはし」。

d0250051_13440056.jpg
橋に覆い被さっているのは、酔芙蓉でしょうか・・~?
芙容やタチアオイなど、アオイ科の花に惹かれます。妖艶で、花びらなど楊柳生地のように儚げで。
(丸紅の芙容グループ命名などはどういった謂れがあるのだろう・・・とまた脱線気味。)

d0250051_13450610.jpg

d0250051_13463135.jpg

こちらはイチジクっぽい葉っぱです。
そして、隣接する「新田コミュニティ会館」はかつての排水場。


d0250051_13483701.jpg
「リラ・ポルト」ふと目に入った物件名がそこはかとなく黙示する、河港の記憶。
そして白子不動産、白子のりに関係ある会社かと思うんだけど・・(白子のりは江戸川区が本社。なに、ぬね、のりのCM覚えてます・・)

これもポルト=水門or河港、と海苔、たたみかけるように海の記憶が迫りくるのです。それはひたひた、波音にも似て。

d0250051_10592406.jpg
この界隈、猫ちゃには会えないだろうとあきらめていたら、6匹ほどの子猫とお母ちゃん。


d0250051_11110456.jpg
好奇心旺盛と見える1匹が私の方に寄ってきてくれました。

車の下のお母ちゃん「アンタ、それ以上近づくんじゃないよ!」とばかりに子猫の背後から念を送って牽制しています・・


この先、現地確認はしていないのですが地図上で気になっていた物件が二つあります。

まず一つは西葛西8丁目の、江戸川プールガーデン跡地。

d0250051_11273491.png
再び今昔マップより引用。左の地図にはプールが描かれていますが、老朽化と地震による地盤沈下のため、2013年で閉鎖されたのだそうです。

d0250051_11350077.png
国土地理院の空中写真より。画像中央付近。
アーティフィシアルな青。蝶の片翅みたいだね。
グーグルアースで確認すると、施設が取り払われたような状態の画像ですが、こちらはまだプールの複合施設が確認できます。

近いうちに行くことになると思います・・・

続いて。拙ブログで度々引き合いに出される、手持ちの昭和41年発行ワラジヤさんの地図で気に掛かっていた物件。

d0250051_11404239.jpg
ピンクの丸で囲った、「葛西臨海寮」。(矢印は前掲の将監の鼻 地点)

こちらの施設、ずっと公務員宿舎か建設会社の寮か何かだと思い込んでいました。
他にも適当な土地はあるだろうに、何でこんな「果て」のような立地に寮が???と懸案だったところです。

今回「今よみがえる葛西沖」という文献をめくるうちに当該施設の名称が出てきて、改めて少しだけ調べたら、
昭和35年から41年の6年間だけ存在した、江戸川区の校外施設・臨海学校だったことが判りました。

東京23区に、自区内で臨海学校を有していたとは。江戸川区の存在感偉大。驚きました。

d0250051_11503375.png
前掲の1961年空中写真では青丸で囲った辺りになりますが・・・これが臨海寮なのかどうか?
(ちなみに大いに遡って、今昔マップ(1917-1924)では一帯が養魚池と表されています。)

埋立が目前に迫る中での、6年間の学校。
追って調べて、追記するかもしれません。。

跡地は「なぎさ和楽苑」という高齢者施設。

プールガーデン跡地、葛西臨海寮跡地、あとは長島川が海に注ぐ河口にあった「浦島(地図によっては蒲島)水門・橋」、これらに関して再度詳細に調べたいし、写真があったら見てみたいなあ(特に後の二施設)。



そして行程の最後にやって来たのがこちら。冒頭の写真と同じものです。
d0250051_12243506.jpg
西葛西駅から10分ほど、首都高清新出口と東西線の高架下に遺された堤防の一部。
巨大生物の立ち姿のようにも見えてきます。
堤防遺跡として見るか、記念碑として見るか。
数値や文字が刻印された側面を見ていたら、以前訪れたブセナ岬にあるサーフィンの大会の記念碑を思い出しました。

潔いまでの鋭利な断面と、柔らかに沿うススキたち。


d0250051_12292252.jpg
「旧葛西海岸堤防」。将監の鼻地点に遺されていたのは「旧海岸堤防」で、こちらには葛西が付されています。



d0250051_12334478.jpg

堤防の向かいには、「1972年当時の葛西沖」空中写真と、説明版を並べた記念碑が置かれています。
鏡面のように周囲の風景を映しこんでいますね。


d0250051_12500186.jpg
こちらも堤防のお向かい・かつての八幡圦のあった場所に、「小島地盤沈下観測井」という施設があります。



d0250051_12383559.jpg
分断された旧堤防の荒川寄り部分。こちらは断面がいささか粗く、何だか救いを感じてしまうのは何故なんでしょうか。

d0250051_12414640.jpg
砂っぽい地面から、草がまだらに生えているさまが写ったこの一枚、お気に入りの写真です。

1957年(昭和32年)に完成をみた堤防ですが、整備後も地盤沈下のために嵩上げが繰り返され、10数年後には葛西沖の埋立によりその役目を終えることになります。時代の変化の速さ・大きさがいかに甚大だったのかひしひしと感じます。

今回参考にした文献「葛西浦漁業史」に、浦安の清瀧弁財天が地盤沈下によって水没していく写真が掲載されています。
見ると深く心に傷を負いそうな、痛ましい一枚でした。
(葛西浦漁業史、「ヒトデ襲来事件」など、SF調かつセンセーショナルな見出しもあって大変読み応えあり)

波音や、沖の風景を想像してみようと現地に立ったのですが、首都高の出口直下で車両の通行量も多く、また頻繁に通過する東西線の音が響いて、なかなか難しい状況でした。

d0250051_12551035.png
今昔マップより、1965-1968年と対照した現地の地図。

堤防のすぐ際には、昔から変わらず八幡神社が。社殿は海に向かって建てられており、高波で敷地内の一部の樹木が枯死するまでは森のような様相で、航海の目印となったと伝わります。




波打ち際の神様・堤防・地盤沈下観測井と、時の流れを象徴する要素がギュッと詰め込まれた界隈です。
こういった場所は、高速道路とか巨大構造物によって狙われてしまうのかな。
日本橋とか、銀座のかつての河川と同様に、巨大な力が上から魔物のように覆い被さってくる感じ・・・

d0250051_14175919.jpg
何か、塔婆のような立ち姿。
都市の巨大構造物や喧騒に囲まれた中、この一角は静かなる祝祭の最中のよう。

d0250051_14141839.jpg
堂々たる異物感。首都高と対峙する旧堤防。
d0250051_14133015.jpg

「日がな海を眺めながら、潮風を吸い込みながら、街や人を守ってきたんだ。。」
怒涛のような波を受ける時もあったであろう。


葛西海岸堤防の写真は、現在の地点・アングルと対照させているものを江戸川区の公式サイトで見ることが出来ます。
この他にも、埋め立てられた長島川の写真など、貴重な古写真が多数収録されています。

最近葛西近辺の地に憑りつかれたようになっている中、激しく思い出されたのが3年程前の地下鉄博物館の催事です。
実際に観に行ってはいないのですが、当時の駅貼の告知ポスター写真の印象が強烈で、湿地帯のごときフロンティアのような土地に建設されている東西線の高架橋の写真。

もう、画面を切り裂くようなその姿がとても印象的でした。今この、頭の中が葛西沖でいっぱいの状態のまま、展示を観たいというかなわぬ欲望で頭を掻きむしっております。
図録とか、無いのでしょうか・・・

「東西線開業と沿線地域発展の軌跡展」で画像検索してみて下さい。

現在の葛西沖、葛西臨海公園の西側の遊休地に、東京オリンピックのカヌースラローム競技場建設計画があるとの事。
↓↓
d0250051_18203969.jpg
目まぐるしく変わっていく東京。

[PR]
# by onnbubatta | 2016-10-19 14:34 | 江戸川区 | Comments(0)

谷端川暗渠。北池袋~下板橋間、変電所内の蓋暗渠(擬き?)と井戸守猫ちゃ

「池袋」「板橋」といったドン!と大きめの地名に、「位置的」冠詞が載せられた、東武東上線の北池袋・下板橋各駅。
本家に非ず、の雰囲気?サブ的位置づけを帯びた駅名に惹かれます。

ターミナル駅の次の駅が「何かいいものがある」雰囲気なのは、北品川で実感しています。

まず、駅ホームに降り立った目の前の風景が、両駅ともとても味わい深いのです。


下板橋駅から。

d0250051_11172928.jpg
 屋上部分の外壁ブロック塀が、沖縄でよく見られる建物のよう。年月を経たブロックの醸し出す良い雰囲気。


d0250051_11180360.jpg
衣料関係の会社だと推測しているのですが、少しホテルっぽい看板サイン。夜はどんな光を放っているのだろう・・・


下板橋駅は、すぐ脇を谷端川の暗渠と交差している箇所なのですが、付近は明確に緑道化されていることもあり、しっかり歩いた事があまり無かったのです。食わず嫌いを悔い改めつつ、少しぶらぶらしてみます。
旧い地図などを眺めると、駅南側に製餡所がちゃんとあったり、駅西側に製氷所があったり。川沿いを実感する材料を得つつ歩くと気分も盛り上がります。

上流方面へ向けて出発。


d0250051_11300912.jpg
右手の緑道部分より、車道に残る舗装の名残のそこはかとなさの方が断然気に入りました!ザラザラとしたテクスチャー、しかも手前が消えかかっているし。
緑道部分は車道部分より一段高いのですが、私は低きを選択。



d0250051_11322529.jpg
 谷端川沿道の飲み屋さん。こういう亀の剝製?昔はよく見た気がします。本物だとしたら、どのあたりの海を泳いでいたんだろう。。
東京湾から、隅田川→神田川→谷端川、と遡上してきたのかもね。

d0250051_11345499.jpg
ここのアパートがまた、もの凄~く素敵なんですよ。玄関の引き戸の上・・・
d0250051_11361542.jpg
この、山岳感を前面に押し出した名乗り!!のオーナメント。
山本体も峰々していて立体感あるし、それを際立たせるのが背後の・・・背景、これ何だろう。舞台の大道具のような造り。
オーナーさんにご縁のある土地なのか、何なのか。海の物(亀さん)を見た直後にこれ。

海千山千、谷端川本川。

「谷端川北緑道」の「豊橋」付近(谷端川が劇的に曲がる箇所)に、怪しい動きをしている猫に出会いました。
場所は下の地図のピンクで囲った辺りになります。
d0250051_13454640.png
d0250051_13465889.jpg
マーキング中だったのかな。
猫ちゃも谷端川の屈曲を表現しにきてくれたのかもしれません。尻尾のところなんか特に、ね。(思い込みMAX)

ここ「豊橋」付近にはこんな橋跡に似ている構造物もありました。
d0250051_13483906.jpg
警告色のこちら。壁をガードしているのか、境い目を強調しているのか。
弧を描いた結界なのかもしれん。
幅員を減少させる目的でこういったものが設置されている場所もあるのですが、果たして・・・

そして、先程ピンクの丸で囲った辺り、右岸側には変電所があるのです。そこを覗いてみると・・・


d0250051_13522327.jpg
うをっっ!!!我々のような者が見た場合、蓋暗渠に見えてしまうのですが・・・
落ち着くんだ。


d0250051_13542544.jpg
単なる敷石かも。性急な思い込みは良くない!と自分を制すのに躍起になっておりました。
交差あり、鉄板で継ぐのもあり!

変電所の近くに暗渠が存在するケースもありますが、(実際、ここの東側隣地との境界も水路跡)敷地内にこういった思わせぶりな構造物があるとは。
トラップかしらん(疑り深い)。蓋暗渠擬きなのか、独りで騒いでいるのもどうかと思うので記事にした次第です。
この変電所、隅々まで見て回りたい~感電覚悟です。


あれこれ想像を巡らせつつ、北池袋方面へ向かいます。

谷端川、上流部分はどうしちゃったのというぐらい激しく曲がって流れ、上の豊橋付近でもググッと折れ、埼京線を越えたあとは意を決したかのように大人しく南東方向へきれいに落ちていくのが面白いですよね。

谷端川に影響されたのかと勘繰るぐらい、東武東上線も下板橋→北池袋に上ると大きく弧を描いて行きます。

d0250051_13591967.jpg
途中で呼ばれた、井戸の墓的な物体。
こちらが序曲を奏でるような構成で、このあと井戸の密集エリアに足を踏み入れるのです。

d0250051_14063021.jpg
バアアアアン!とプロパン。燃え尽きた感のある「プロパン」とめくれたポスター。絶対にいい街だ。



d0250051_14110163.png

北池袋駅に近いこちらの一角、ふと気になって寄ってみると、不思議な空間が広がっていました。異なる路線どうしが、くっついていくように絞られる鋭角空間。
電車がひっきりなしに通過し、踏切の音がせわしなく響きます。


d0250051_14160643.jpg
写真奥には大きなマンションが控えていますが


d0250051_14171762.jpg
木柱にタワシが引っ掛けられていたり
d0250051_14195201.jpg
お花に惹かれて覗きこむと、立派な井戸場もあるのです。
d0250051_14204071.jpg
↑現役かな?


d0250051_14224985.jpg
こちらの井戸は、井戸場自体が花壇のように転用されていて井戸は使えないようですが、井戸守の猫ちゃがいました。
カメラ目線でしょう?
「おいらに挨拶は?」


d0250051_14252807.jpg
鼻が大きくて、イリオモテヤマネコみたい。こちらを気にしている様子です。

d0250051_14262458.jpg
↑水道の下に格納された電動ポンプの井戸かな?
次々と見本市会場のごとく現れる井戸、ナンバリングしていきたいぐらいだ。

d0250051_14270308.jpg
そしてまたあの井戸守猫ちゃが!!井戸のある所、キジトラ在り。
「・・・挨拶は?」

d0250051_14282264.jpg
こちらの井戸端は、植木鉢に埋め尽くされてほぼ底が見えません。

d0250051_14284252.jpg
オリヅルランやゼラニウムに埋もれる中に井戸の残骸が見えました。
「息苦しいよ~」
d0250051_14290103.jpg


d0250051_14292889.jpg
これは井戸なのかもはや私にはわからない。何かの機械かも。
ここまでくると笑いが起きてしまう。しかしここで笑ってたら、ただのおかしな人。

一体いくつ井戸があると言うんだ・・・ハウメニ~
d0250051_14304864.jpg
井戸の他にも廃浴槽。
d0250051_14310714.jpg
表面張力ぎりの際どい水面に欲情してしまう自分。


d0250051_14323239.jpg
北池袋駅のホーム風景も素晴らしい。

ほぼホーム端に近い位置、
トドワラというか、大正池から出ている枯れ木のような風情の物干し。紅をうっすら帯びた色合いのアパート。
先端がビンビンきています。




d0250051_14335319.jpg
同じような色調の物件が線路際に並び建ち、独特の佇まいを造り出しています。

d0250051_14372882.jpg
この辺りを歩いても面白そうだな・・・

ちなみに、北池袋の井戸地帯最初の写真にも、井戸守キジトラ猫ちゃが写っています。おわかりになるでしょうか?



追記:下板橋駅上り線ホームの不思議な耕作スペースを載せておきます。
d0250051_10362775.jpg
東急線では施されないような植栽、否、その無造作感がクールなのかもしれない。
d0250051_10345502.jpg
枯れた茎なども束ねておいてあり、ラフな感じ
d0250051_10360249.jpg
昔は花壇帯のような使われ方だったのでしょうか。


北池袋駅近辺の過去記事はこちらです。
上池袋~北大塚あたりを歩く(谷端川巣鴨学園支流暗渠も)



[PR]
# by onnbubatta | 2016-06-25 10:21 | 谷端川 | Comments(0)

江戸川区松島3丁目、青の世界~僅かに残された奇跡の蓋暗渠アイランド

所用で近くを訪れる運びとなったため、新小岩から15分ほどの場所にあるこちらの蓋暗渠を一度確認に出掛けました。新小岩なのですが葛飾区ではなく、江戸川区にあり、説明&把握するには微妙な立地になります。

当該暗渠は以前しかすけさんがレポートされ「新小岩の短い蓋暗渠」、暗渠界が震えた(と言っても過言ではない)案件で、私もずっと心の片隅に住まわせていた水路跡です。

確認後、所有している資料二つに記載されている水路跡だったことが判明、しかしながら全く「out of 眼中」(古いね)でした。

この辺りの旧地名が「道ヶ島」なので、仮に「道ヶ島の水路跡」と呼ぶことにします。

当該水路跡の至近に「東福院」というお寺があり、開祖である秀円創都が住民と力を合わせて荒地を開墾したため、「堂ヶ島」の名が付き、それが道ヶ島となり、江戸川区発足時に消滅した地名なのだそうです。

この辺は島要素があるのか・・・そのことはこの水路跡の先にある「香取神社」を訪れると、更に深く理解ができるのです。

新小岩からバスで二つ目の停留所辺りに位置します。バス停そばには武蔵川部屋も。

d0250051_14594471.jpg
久しぶりの、深い深い青の世界。。。↑
(旗の台の暗渠の続編を綴ろうと思っていたのですがあっさり心変わりします。何というか、ここは拘泥したい水路跡なのです)


最初に行った日は好天で、何枚か写真を撮ったのですが(青空は綺麗)暗渠は曇天が似合うような気がするので(蓋などの質感がわかりやすい)曇天の日に再訪しました。

d0250051_15080491.jpg
手前側が平和橋通り。さりげなく、しかししっかりとした橋跡が迎えてくれます。


d0250051_15123223.jpg
自販機とゴミ箱の群青色が、この年月を経た橋跡を引き立たせる存在になっています。橋跡の断面を鑑賞(感傷)。


d0250051_15173357.png
場所の詳細と、ごく近い周囲の水路跡を示すとこのような感じ。蓋暗渠が奇跡的に残されているのはピンク色で囲った僅かな区間のみ。

接続関係はわかりませんが、このあたり歩いて見ると土地が微かに上がったり下がったり。寺院もありますし、微高地的な土地の模様。



d0250051_15212601.jpg
「いらっしゃ~い。」

隣(南側、写真左)は青いトタンが印象的。北側隣地はコインパークと、「シンボルツリー」と私が呼んでいる一本の樹木が残された空地。廃れたような、中途な佇まい。
北側は特に、何だか謂れのあるような、何かを感じさせる区画なのです。



d0250051_15254648.jpg
始めは(平和橋通りから入ってすぐ)蓋の幅がやたら広い造りとなっています。



d0250051_15280745.jpg
二つ目の橋跡のようなものに差し掛かります。
ここは土が露出していたり、敷石のようなものが見えてます。

d0250051_15303437.jpg
しゃがんで撮影するとこのような感じ。蓋に穴が開いているのも判ります。

そして「帝都地形図」を確認してみると、橋に交差して道が描かれており、更には
「道ヶ島裏橋」の表記があったのです。(平和橋通りに面した、第一の橋跡には特段橋名の表記はなし)

d0250051_15340875.png
オレンジ色が、「帝都地形図」に描かれていたかつての道。水路跡と交わる地点が「道ヶ島裏橋」。



d0250051_15360966.jpg
私の所有する別の地図「ワラジヤ」の昭和41年の「小松川」の頁にも、この水路が記載されていました。道の名残のようなものも描かれています。道ヶ島裏橋、に対して道ヶ島橋が上の地図でいうと43番と44番の間に架かっていました(橋情報は帝都地形図より)。

2016.10.19追記 道ヶ島橋の方については、

ガマちゃんの松島物語:語り継ごうふるさと : 東京府南葛飾郡西小松川字堂〈道〉ケ島の、大昔から現在の松島、将来にわたるお話 伊東春海著
2014年出版 

という本の中に、20年ほど前は橋の欄干が残っていて、「どうがしまはし」の銘があったこと、道ヶ島の由来となったであろう「お堂」がかつての交番の場所にあった事が記されていたと思います。

かつての交番があった場所については、後程述べていきます。

う~ん・・・表に対する裏。繁華的な側面で裏なのかしら・・?


d0250051_15393278.jpg
平和橋通りに向かって振り返り撮影。
ねえ、あなたが「道ヶ島裏橋」なの・・・・?地図に載るような、名前のある橋なの?
とてもそうは見えないのですが・・・


d0250051_15405836.jpg
往時には道はこんな感じで通っていたのでしょうか。
思いがけず、この水路跡と今は無き道との交わりが明らかになり、深い感動に包まれます。

d0250051_10590041.jpg
コインパーク側から見た、「道ヶ島裏橋」(推定)跡。
ふと、この扉から誰か出てきて、この流れの事を語ってくれはしないだろうか。
そんな情事を望んでしまいます。


d0250051_11105782.jpg
東へ歩き進めると、疎らな縁石とおしろいばなに挟まれ、お決まりのバイク・自転車がこなれた感じで登場します。暗渠の中央付近には変なプランターに謎の植物が植わっているというか生えています。
もう、この無造作感。無造作に~髪をかき上げ~計算してないよ~みたいな風情でしょうか・・・
突当りで右に曲がる流路になります。

d0250051_11155833.jpg
画像では伝わりにくいですが、この変なプランター、うこっけいの卵のよう、というか不思議な青色なのです。子供の頃図鑑に載っていた、魅惑的な色の鳥の卵を思い出します。
植物、ツンツンしていますね。


d0250051_11195787.jpg
道路を挟んで、また謎のプランター置き場を経由して、左へと流路が続いて行きます。
何かもうこのあたり、どちらの方向に向かって流れていたのかよくわかりません。

d0250051_11220629.jpg
旧い地図を見ると、このプランター置き場兼流路の付近、昭和30年代は「香取前巡査派出所」。
前から思っていたのは、交番って、今ある場所も、かつて交番があった場所も、何だか土地の核になるような場所にあるような気がするのですよね。かつて交番があった場所は、そのあとも建物が建たずに利用されていたり。。。(神宮前の、千原児童遊園地もそうだった気がします)

2016.10.19追記
前述の「ガマちゃんの松島物語」という本の中で、道ヶ島(堂ヶ島)の由来になったであろうお堂が、かつてこちらの交番の場所にあったのでは、と書かれていました。

その記述が何だか凄く頷ける気がするのです。


d0250051_11290703.png
更なる発見は、1963年の地図に、東福院の北側、緑で囲ったあたりに「新小岩温泉」という表記があったこと。

新小岩の松島地区にはかつて三業地があり、真上の地図だとちょうど左上端で切れてしまう辺りかと思いますが、そういった縁なのでしょうか。1963年の住宅地図を細かく見ていくと、旅館や「新小岩トルコセンター」などがみてとれます。

真の温泉なのか、湯屋なのか、なんなのか(ちなみに上野東天紅のビルも建築当時の住宅地図上の表記は「上野観光温泉建築中」でした。)

増々、湿気が立ち上ってきました。もう、心情的にはホットヨガをやっているような感覚を覚えます。

d0250051_11352661.jpg
道ヶ島の水路跡の或る一角の全体像。真ん中のオレンジ辺りがかつての通路。

好天バージョンも数葉収めておきます。

d0250051_11385536.jpg
d0250051_11391294.jpg
d0250051_11400054.jpg

東福院の前の道にはこんなものもありました。第六天。
小さな祠に、かなり大きな字の石碑。。
d0250051_11413099.jpg
d0250051_11430297.jpg

さて、この水路跡の延長のように見える、平和橋通りを渡って西の水路跡は香取神社の手前で途切れています。

d0250051_11445750.jpg
奥が香取神社。


d0250051_11454969.jpg

d0250051_11462282.jpg

d0250051_11480608.jpg
縁起を読むと、
「昔この辺一帯が芦原で舟が自由に往来出来た頃、その中に浮かぶ道ヶ島という小高い島に、香取神社を勧請。当時国府台の間々の入江から、武蔵国上野の台地に向かう船は、この神社の森を船舶の目印にしたので、「間々井宮」と称したと伝えられる」

航行する船舶の目印となる小高い森・・・川崎の船旅の記事でも登場しましたね。足取りも心もプカプカしてきました。
私は今日漂泊していたのだなあ・・・

弓取の銅像についても説明書きがありました。
(ちょっと高枝切りバサミの事なども考えていました・・・)

d0250051_11561897.jpg
「弓は密教の法具として魔や敵を打ち払う力の象徴として用いられてきました。
 当地が未だ利根川の本流であったころ、下総国府台間々の入江よりはるかに西南の沖に浮かぶ道ヶ島の伝説が神楽になって伝えられてきました。
 この島は下総国と武蔵国を結ぶ航路の中継所で大変重要な位置にありました。丙午毎に来る災難に島民は怯え、鎮守の森に集まり悪魔を追い払う弓取の神事に一年の安泰を祈りました。」

ビンビン響くような文節がそこここに採用されている!さらっと触れているけど本流だよ?本流。
おまけに人々を「島民」と!


新小岩松島の、僅かな区間の暗渠・・・極めてKEYになるエリアに存在していたのですね。

葛飾関係の暗渠にとてもお詳しくて、こちらのブログにもコメントを寄せて下さる「ゆ」さんにもお話を伺ってみたいです。




そして帰路に。新小岩駅、停車場の雰囲気を色濃く残していて(更に駅ビルとかもない)郷愁を覚える駅舎でした。
ホームの屋根から漏れる青い光で締めくくります。
d0250051_12205089.jpg
この青さよ。










~後記~
もう少し時間があれば、近隣の、野球で有名な関東一高の校舎を一度見ていたいと思っていたのです。


前掲の、ワラジヤさんの地図(昭和41年)でずっと気になっていた関東一高。
どの点が気になっていたかというと、(左下端)
d0250051_12075462.jpg
二棟も円形校舎を擁している事です。
残念ながら、北側の方は取り壊されてグラウンドになっている模様です。

d0250051_12123596.jpg
(2016年のグーグルアースより。左側の河川は中川です)

d0250051_12124420.jpg
(1997年のグーグルアースより)


円形校舎と云えば、王子の桜丘女子高校(逆川の暗渠近くかな)も地図上では目を引きます。こちらは残っているようで、ほっと一安心。
(十年以上前に共学化され桜丘中.高等学校となっているようですが、昔の女子校のイメージを私がまだ引きずっているのでこう表記しました。)「
d0250051_12125412.jpg
机の配置に難がある、等の理由で円形校舎は減っている傾向にあるようです。こちらも早く見に行きたいと思っています。




[PR]
# by onnbubatta | 2016-06-15 15:42 | 江戸川区 | Comments(5)

旗の台:昭和大学そば。野の花咲き乱れる傍流蓋暗渠

超久しぶりで、立会川関係の暗渠について綴ります。

最寄駅は東急大井町線&池上線の旗の台。人生で初めて降りた駅ゆえ、概要の把握すら未熟です。
イメージは、自由が丘のような形状で斜め交差した駅、香蘭女学校の最寄り駅。「女学校」名称や変わらない制服、落ち着きを覚えます。

ちなみに香蘭女学校、トットちゃんの出身校との事です。

今回ご紹介する水流は明治期の地図にも記されているので、呼び名があるのかも知れませんが(また他の暗渠家の方が名付けているのかもしれません)、個人的には至近に立地する昭和大学の卒業生、高須クリニックの高須院長のイメージが強く、作業する中では「高須院長の暗渠」と呼んでいます。

昭和大学のHPには実に素晴らしいページがあって、
 
昭和大学本校舎と伝染病棟の間に架けられていた「医専橋」の話、昭和初期の立会川周辺の様子、1930年代の校舎と雪景色の立会川の写真、昭和30年代の校舎と「屋敷下橋」の写真など貴重な写真を見ることが出来ます。



傍流は、本流(黄緑ライン)のすぐ東を沿うように流れています。中原街道(クリーム色の道路)の旧道あたりからみていきます。
恥ずかしながら、中原街道についての意識が今迄薄くて。
d0250051_10015936.png



d0250051_10091141.png

中原街道のすぐ南にあるややカーブのきつい道が旧道。旧道に面して、その水路跡は現われるのです。



d0250051_09474983.jpg

ブロック塀が橋跡になっているようにも幻視します。現代の橋:ブロック塀の暫定さ加減。




そして・・また別の日に撮った別の姿。ひらひら~幟り旗と、ブロー台。

d0250051_09502263.jpg

水路跡が見にくくなっているけれど、かえって「旗の台」に似つかわしい旗が強風に揺れる風景が現れて。源氏の白旗が蘇り、気持ちが高まります。
「はた」地名って、もののふ感が感じられて好きなのです。

旗の縦横両方の並びバージョンが見られて良かった・・・
この水路跡は一旦、奥に見えるマンション敷地で遮られます。


d0250051_10184397.jpg



d0250051_10194214.jpg



d0250051_10211169.jpg

少しずつ荒れた雰囲気が出てきました。



d0250051_10221793.jpg

一旦引き返します。

d0250051_10251352.jpg

ちょっと石が飛び出してくるのも風情があります。



d0250051_10262469.jpg




d0250051_10273170.jpg

北に向かって(上流方向へ)、回り込みを開始。


d0250051_10312319.jpg

あった!続いてた!こちらは路面高から一段低くなっています。

d0250051_10334158.jpg

プランター手前辺り、接道面へ向けての質感がザクザクしていて非常に好感が持てます。

d0250051_10362950.jpg

一歩失礼して、水路側から。
この先は中原街道を堂々と横切る訳ですが、果たしてどういった状態になっているのか・・・こんな細流が大きな通りを越えていくさまを想像すると気持ちが込み上げてきます。

d0250051_10382810.jpg

南国っぽい鉢。名前は解らないけど単子葉系かな。こんなに綺麗な水路跡を見せてくれてありがとう~。の気持ちを抱いたまま、幹線道路の中原街道を渡ります。
建物の区割りなどをみながら、推定して辿って行きます。



d0250051_10411348.jpg

建物の建ち方を観察するに、木曽路の左手側に流れがありそうなのですが、ここは目視できるはっきりした痕跡はなし。
木曽路は全て川のそばである。などど都合の良い一節を創作して呟いてみたり。


d0250051_10425712.jpg
壷とかタライとか、容器系が置かれているのも暗渠サインの一つにはなるケースも多いのですが。。。決め手に欠ける感じ。

この先で錦湯という銭湯に差し掛かります。が、痕跡はわかりませんでした。(ちょっとこの辺り確認が甘かったかもという反省点)
(※痕跡の確認できなかった箇所の推定流路はオレンジで示しました)


再び中原街道に出てきましたが、この辺りは不思議な空気が充満していました。地図ピンク丸で囲った、変形六差路辺り。


d0250051_10540185.png



d0250051_10560206.jpg

中原街道に面して建つ「木霊稲荷」とサイゼリヤの看板。

d0250051_10591517.jpg

続いて、札場の跡。「中原街道高札場跡」



d0250051_11090154.jpg

それにしても、何とも不思議なサイゼリヤだ。ちょっとした螺旋階段の下に石材が集積している。

改めて木霊稲荷の沿革を読んだら、「別名 不思議稲荷という」(不思議と願いが叶うらしい)。


d0250051_11012654.jpg

右が中原街道。現われた三角地帯の奥に、庚申塔がありました。
説明書きに拠ると、「~日蓮宗の影響か、青面金剛・日月・三猿の彫られていない文字塔として特色がある。全村のほとんどが日蓮宗といわれる旧中延村において、日蓮宗の僧が指導したと思われる庚申塔の存在を示す資料として貴重である。」との事。

古い地図を見ると、この三角地帯を含む一帯が「延山小学校分校」の表記がなされていました。


稲荷、札場、庚申塔・・・この一帯は地域の重要な場所だったのですね。

江戸時代の中原街道は江戸城の虎ノ門から相模国中原(平塚郊外)に通じる街道で、東海道が整備されるまでは主要道路であり、その間には小杉と中原に御殿が設けられたそうです。東海道整備後は幹線道路から脇往還へ変わり、江戸への食糧などの流通路となり、なかでも中原の特産品である酢の輸送に利用されたので「御酢街道」とも呼ばれたそうです。サワ~街道。

主役から脇役へ・・・東京にいながら「中原」(平塚)の地名を纏う。。。酸味・・・帰ってから知った情報。これらを持って現地を歩いたなら、また違ったものが見えてきたかもしれません。


この左側の道へ進んで、水路の痕跡を更に辿って行きます。

d0250051_11134146.jpg


付近を歩いていると、昭和大学関連の建物がまとまって、ではなく点在しているのが面白かったです。

d0250051_11151602.jpg

こちらも、昭和大学の施設になる模様。


と、水路跡の続いていそうな路地に勇気を出して入ってみると・・・



d0250051_11171663.jpg

個人宅の縁側のような空間に水路跡が現れました。蓋にまだ白さが残っていて、新しい質感!
写真を二枚だけ撮って、そそくさと脱出
(上流方向)

d0250051_11181848.jpg

(下流方向)

道路との交差点を目指して、再び回り込んで行きます。ゴムパチンコのような形状のY字路にふと墓域が収まるように立地していたりして、やはり何か面白い場所だなと思いを抱きながら歩きます。(住宅地図で確認すると「法蓮寺 上ノ墓地」と書いてありました。荏原町駅の方の法蓮寺(旗岡神社の隣)の境外墓地(お寺のHPによると離れ墓地と表現されていましたが)になるようです)

普段街を徘徊していて、境外墓地って、何だか非常に惹かれるものがあるんですよね~。特に気になるのは、新青梅街道にある三宝寺境外墓地。早稲田高等学院のそばの。川に近い立地もさることながら、こんもりした塚みたいなのがみえるのです。



と、墓地を過ぎて左に曲がると・・・
d0250051_11171659.jpg
パイロンとビンボウ草が私を迎えてくれたのです。
何かユニット名みたいだな。「パイロンとビンボウ草」
d0250051_11403568.jpg
塔の如く聳え立つ赤パイロン、育ち過ぎたビンボウ草。
野の花咲き乱れる暗渠に降り立つことの出来た喜びよ。


d0250051_11424740.jpg
手前は蓋が付いていますが、奥は(下流側)一段低くなっているようです。


d0250051_11443334.jpg
蓋有り部分(手前)と奥の溝形状部分、の境目です。ここは細部をよく観察。

d0250051_11461013.jpg
奥ではポピー?ナガミヒナゲシ?が咲き乱れていました。訪れる人もないのに。ポピー系の花言葉は「慰め」だそうです。
虞美人草に慰められた事にして、美しい話と仕上げましょう。ナガミヒナゲシ、国立環境研究所の「侵入生物データベース」にも記載がある外来種で、「乾いた肥沃地を好む」との説明がありました。

d0250051_12002604.jpg

戻り画像。同じような画像が続きますが、筆者なりの細部をお伝えしたいこだわりがあるのです・・・
d0250051_12012764.jpg
d0250051_12030978.jpg
戻り方面から見た、蓋部分と溝部分の境界


d0250051_12050283.jpg
明治期の古地図に載っているようなニョロッとした短い区間の水路跡を、都会の裂け目・隙間に見出す驚きと感動。
こういう出会いがあるから、水路跡歩きはやめられないね。

夢幻の如き空間から、路面方向(現実現在)へと戻ります。

このあとは、猫またぎさんが以前書かれていた「旗の台の暗渠」を見学に行きました。次回私もご紹介できるかな・・・?



おまけ。

d0250051_12120004.jpg

立会川暗渠cat。見返り美人。

d0250051_12132324.jpg

d0250051_12134685.jpg
委ねる系。




d0250051_12144157.jpg
d0250051_12151439.jpg
中原街道にて。


d0250051_12170073.jpg
d0250051_12172409.jpg
ちょっとアヴァンギャルドなクレオパトラ風の麗人にも出逢いました。
トットちゃんに似ているかな、心なしか。




[PR]
# by onnbubatta | 2016-05-11 12:34 | 立会川 | Comments(0)

鮮やかに艶やかに散るらむ・・ 解体目前の豊島区役所&豊島公会堂

本年4月を以て、豊島区役所&豊島公会堂が解体されるとの事。
2つの建物は不思議な渡り廊下で結ばれていて、切っても切れない関係。

豊島公会堂は一度だけ中に入った事がある。区役所庁舎の方は、草63のバスから眺めるだけの存在で特に強い思い入れがある建物というわけでもない。

しかし、以前「帝都地形図」の池袋の頁を眺めていたら、この場所がかつて「荒玉水道会社」の社屋であったこと、1932年(昭和7年)に豊島区が成立した際、区役所として荒玉水道株式会社の社屋がそのまま使用されたこと、隣地には「池袋製氷所」があったことが記されており、少しずつ興味を持ち始めたのでした。

水気要素が染み込んだ土地。

周りも見ていくと、「津村敬天堂」(津村順天堂の親戚筋の模様)という会社建物が見つかったり、地図鑑賞は本当に愉しいひととき・・
(ムヒの池田模範堂とか、亀屋万年堂とか、この系譜良いね~)
 



両建物の窓はピンク色にお化粧されていました。
桜の時期と何かつながりがあるのでしょうか。

d0250051_13273746.jpg
こちらは旧区役所庁舎の方。
「きっと少しずつ忘れてしまう」

庁舎の解体と関係があるのかないのか、調べていません。



d0250051_13293763.jpg
豊島公会堂の「堂」の字上部の窓。
「終わりは寂しいけれど、どこかわくわくするね」
満開間近の桜が触手を伸ばしています。建物と、桜の暗喩のようで・・・
(桜の樹は残るのかな?)


d0250051_13331654.jpg
写真中央が旧区役所庁舎、右側が豊島公会堂、左側は公園
桜に関しては、咲く前から散ることを考えて悲観してしまうタイプです(心から喜べない)



d0250051_13321566.jpg


d0250051_13470416.jpg
d0250051_13531605.jpg


























豊島公会堂の【豊島】部分。

「戦争で焼けた私をみんなが助けてくれたの」「もうここからはいっしょに行けないの」
限られた色使いながら、青部分がじわりと効いていて。狼のベロが青い点が、「妖怪人間ベム」における青の際立ちを連想させます。


d0250051_14142693.jpg
「私はみんなに大切な思い出を作れたかしら」
オーバーハングの崖のような地形で。「公」の字もシンメトリー且つ呆けた顔のような書体で楽しい。



d0250051_14144862.jpg


d0250051_14150683.jpg
こちらの窓枠アート、絵本の挿絵のようで物語を感じます。
絵の意図やモチーフはわかりませんが、美しいだけでなく哀しさ・不安さ・少々の不気味さ(特に豊の字の上の絵)を訴えてくるような印象があります。
あと、この少女の蝋燭を思わせる風貌。周りを灯した後、消えてなくなるイメージなのかな・・・?

d0250051_14252077.jpg
公会堂楽屋口の方に回ると、荷物の搬出というか片付けのような作業が始まっているようで
何故か書籍が散乱しており



d0250051_14254290.jpg
図書館の印がついた図書も放られて?いる状態でした。
昔の地図を見ると、図書館だった時代もあるようですね。その当時の除籍本なのでしょうか。。。

今現在の中央図書館は東池袋の駅前ですが、そのまえは都電向原の近く(春日通り沿い)だったようなのです。
しかし、私はこの場所が旧中央図書館だとずっと思っていました。
手持ちの昭和38年地図ではこの場所が中央図書館。昭和58年の地図では向原。


d0250051_14260305.jpg
何故か栗林中将の「散るぞ悲しき」。よりによって、というか。
背後の、土台のみ残るパイロンの残骸が借景という。



d0250051_14202501.jpg
駐車場側も各種設備が取り外されていました。


d0250051_14204256.jpg
おねんねする時のように置かれた黄色い手袋。



d0250051_14205713.jpg
作動した事があるのかないのか気になります。忍び寄るヒマラヤスギ??の先端とのバランスも気に入っている一枚です。



d0250051_14431993.jpg
奥が豊島公会堂側。手前の旧区役所庁舎と渡り廊下で連絡できたようです。



d0250051_14455035.jpg
何事も無かったかのように、モノレールなどやってきそうな雰囲気です。


d0250051_14470596.jpg


d0250051_14481418.jpg
閉鎖された駐輪場、まるで一区間だけ梯子式開渠を見ているような。


d0250051_14512998.jpg
d0250051_14510917.jpg
旧区役所庁舎側の窓。
「豊島区域の約7割は城北大空襲により焼失」

表情は、伏し目がちの睫毛ただそれのみ。
豊島公会堂の方の窓枠「戦争で焼けた私をみんなが助けてくれたの」→「私」の主体は何?庁舎群?土地そのもの?
はたまた心・・・?



明治通り側に廻って、区役所庁舎の玄関口に向かうと、以前は玄関口入り口に向かい合う形で存在していた、男女の対のレリーフが痕跡だけになっていました。


d0250051_09182155.jpg
まず、女性の方。群舞のような躍動感ある動き、揺れる裾。。全員マキシ丈。
レリーフ本体が残っていた時分に目にした記憶はあるのですが、単色の作品かカラーだったのか思い出せずにいました。


d0250051_09183694.jpg

女性1 おおよその面積を算出できそうなタイル上にありました。
今となってはメッシュ図上の作品に見える妙味。




d0250051_09185320.jpg
女性2&お子様 楔痕のようで、少し痛々しい印象も受けます。特に頭頂部の穿たれた跡が。




d0250051_09190882.jpg
女性3 三人の中で最も享楽的な動きに見える(筆者の印象)。この女性だけ、頭部がそっくりそのまま剥落しているので髪形が判らないし、鳥を擬人化したような形状になっています。(「舌切り雀」の絵本に登場する形状に近い)




続いて、男性バージョン。

d0250051_10030665.jpg



d0250051_10041866.jpg
ギリシャ神話に登場する男性のような印象。
隣の鳩?の儚さ、訴えくるものあり。


d0250051_10062248.jpg
作品中央部の男性&お子様。肩口から伸びているのは・・・羽?翻るマント?
元作品が取り除かれているゆえ、色々と想像を巡らせる事が出来ます。一番筋骨隆々とした姿に力強いイメージを受けます。

d0250051_10093148.jpg
時代物のテレビ(チャンネルをカチャカチャするタイプ)と共に、今まさに無くなろうとして歩を進めているのでしょうか。
何処に向かおうとしているのか。。。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
追記 都バス草63ってこんな特徴を有するバスです

d0250051_10210519.jpg
d0250051_10212085.jpg
上60の運行本数の極端な少なさ・・・儚し・・

d0250051_10214061.jpg
池袋を代表する?縦長の堂々たる電飾。

最近、池袋が落ち着きます。みんな(本当は)大好き池袋。


~補足。~
昭和38年の住宅地図を見たら、下の航空写真(同じく昭和38年)のピンクで囲った箇所が図書館でした。そして緑で囲った部分にあったのが、銭湯:寿湯。こんな所にお風呂屋さんがあったのですね。今、ベローチェの入っているビルの箇所。

やはりここにも水気があったみたいで。。
荒玉水道、池袋製氷所、銭湯。
d0250051_20422427.png
グーグルマップではまだ「豊島公会堂」の表記がかろうじて残されていたのですが、goo地図では既に無表記でした。(5/24)

d0250051_14455035.jpg

d0250051_21203197.jpg

2016年6月、旧区役所庁舎、公会堂ともに唸るような重機の音が響く中、渡り廊下、呆気なく消失していました。







[PR]
# by onnbubatta | 2016-04-01 14:58 | Comments(14)

道路計画(大蛇)に飲み込まれる過去の川。生活の痕跡(平和台~田柄)

現在、道路工事で大きく変貌しつつある有楽町線平和台駅周辺で出逢った、生活の痕跡やら
田柄無間暗渠のその後などを綴っていきます。

平和台、という瑞祥地名、その名の通りの比較的フラットな地勢に、
ザワザワする要素は少ないかと思われましたが、そんな前評判は簡単に裏切られたのでした。

d0250051_10304932.png

d0250051_10352820.jpg
グーグルアース画像の左上から右下にかけて、道路工事が着々と進行中。


d0250051_14151881.jpg
上の画像とは方角が回転してしまうけれど(右に一回転すると上のグーグルアースの画像と方角が一致します)、
まるで大蛇が這うような道路計画。



d0250051_10240027.jpg
道路沿いに金網で囲われた空間。収用された土地に残る暮らしの痕跡。
大きめのタイル痕は玄関口でしょうか。

d0250051_10411353.jpg
金網越しに覗くと、
建物の土台痕から枯草たちが上を目指していました。

タイルが貼られた部分は土台とか基礎並みに除去しにくいのか、他所でも痕跡的に散見されます。
「此処に在り続けるのだ」という意志や矜持のようなものを感じ取りました。

d0250051_10242067.jpg
金網の外。

d0250051_10244653.jpg
金網の中。
外と、内を行ったり来たり。
細かい目地のタイルが残っていました。

d0250051_10270576.jpg
この四角い空間はお風呂場の痕跡でしょうか?
強く、激しく惹きつけられました。

d0250051_10283005.jpg

d0250051_10493899.jpg


d0250051_10272777.jpg
完全に、感傷的になっている自分がいました(何に対してだ?)

d0250051_10300571.jpg
反対側から眺めると、銃弾痕のごとき穴が幾つか。
お隣の大きな庭石は元々この位置なのか、集約したのか。。
石舞台古墳を彷彿とさせませんか?


d0250051_12215503.jpg
遠景。広い空き地の中に、ぽつんと庭石?と浴槽?跡だけが残されている。

残置物があるので「更地」とは呼ばない。しっかりとした存在感を放っています。




d0250051_10285802.jpg
びっくり顔だったのに・・・



d0250051_12180261.jpg
表情が険しくなってる



この辺り、自分の作業用地図には水路跡も書き込まれていましたが、完全に飲み込まれた模様です。

d0250051_10545087.jpg
1997年撮影のグーグルアースより。



d0250051_10550014.jpg




d0250051_13425334.jpg

飲み込まれた地点です。
すぐ脇がクリーニング屋さんでした。
飲み込んだのは、あの大蛇。

d0250051_13475749.jpg




d0250051_13481366.jpg
「私は平和台薬局です。」
体温計のサインが気に入りました。水銀♪水銀♪


d0250051_10320546.jpg
馬頭観音さま脇の道も(歩路??)工事に伴って
閉鎖されていました(暗渠っぽくみえる。)




d0250051_10311729.jpg
かなり深い名称の塾に遭遇。


d0250051_10313450.jpg
名称が深い一方で、対照的にロックなキャラクター達。


d0250051_10314857.jpg
チェケラ!イエイ


d0250051_10230431.jpg
この日は六に縁のある一日だった気がします。
思わぬところで、人生至る所に分岐点在り。
まあ季節柄でもありますし。

あとは池袋の六つ又交差点などが揃えばコンプリート感が出るでしょうか。

余談乍ら、1km強離れた場所(場所は板橋区)に「六道の辻」という交差点名があり実際に変則的な六差路を呈した場所があるのですが、
地下で何か関係しているのか?などと邪推。
12差路のシャンゼリゼならぬ、ハーフ・シャンゼリゼ。
私はこういった、他所の方が聞いたらつまらぬであろう比喩比較をするのを、散策時の楽しみの一つに掲げています。
暗渠でも大河でも、中洲的な地に出逢えば、マンハッタンを思い浮かべて独り諧謔的な心持で満たされるのです・・


[参考]六道の辻
d0250051_21092739.png


道路工事現場の一角に、不思議なインフォメーションコーナーがありました。
(南北線の駅にある、謎の薄暗い空間:ふれあいコーナー思い出す。
看板にも「fu・ re ・a ・i corner」 と併記されている点が、いつも私の心を激しく波立てるのだ!!下に参考写真を掲載しています。)

d0250051_10330103.jpg

d0250051_10331825.jpg
切り株がまだらにペイントされていたり、色々と不安や乱れを感じる一角になっていました。


d0250051_10333863.jpg

足元に注意しつつ、栓に忍び寄る魔の手。
何の示唆なのか。
d0250051_10323273.jpg
「みんなの休憩所 平和台名物 THE 憩い」

“労働 連帯 ”というようなイメージではなく、

みんなの和気あいあいとした休憩時間が目に浮かんできます。


【参考写真 南北線本駒込駅 ふれあいコーナー】

d0250051_16245404.jpg


d0250051_10233146.jpg

平和台の駅から少し北西の地点にとても惹きつけられる一角があり、以前から気になっていました。
コインランドリーの痕跡と、石仏と。
銭湯があったのだろうなと調べてみたら、今車が置いてある場所にかつて「竹の湯センター」が在ったとか。


田柄方面に向けて更にさまよいます。

d0250051_14330500.jpg
途中にある民家軒先に置かれた蛇の置物。
大蛇の化身か子分かも。
d0250051_14342923.png
田柄川の谷に向かう時に一番気持ちが高まる箇所と云えば、この膨らみ。
湾曲するには、理由がある筈、でそれをあれこれ想像するのが楽しい。
(京都の清水五条辺りの鴨川が西へ湾曲しているのは、阿弥陀ヶ峰の裾野が張り出しているから・・・というお話も好き。)

この辺りには「下田柄の溜池」という池があったのだそうです。(池の位置大きさは適当に図示)

不意に、時にこの膨らみが、餌を飲み込んだ蛇にも見えてくるのです。
なんだか本当に蛇づいてきましたね。

d0250051_14172648.jpg

・・・
久しぶりに田柄川緑道に足を延ばしたところ、こちらも当該道路工事で通行止めとなり、緑道が一部区間分断されている現場に遭遇したのです。
こんな事態になっていたとは。

「田柄川の受難」
ポツリと独りつぶやいたの、警備員のおじさんは気づいていただろうな。




d0250051_14174281.jpg
反対側に廻り込みます。
d0250051_14185081.jpg

ちょちょちょっと、看板の差し込んである土台・・・(何なのだ、この余韻)


d0250051_14201955.jpg
d0250051_14192154.jpg
d0250051_14203442.jpg

暫く訪問しない間の、時の流れと展開の凄まじい事。


d0250051_10350220.jpg

ここも久しぶり。
「町」の字が外れそうな点に、時の経過を感じ取りました。
以前、憑りつかれたようにこのあたりの無間暗渠や(地下水の)水道組合について綴っていましたっけ。
(秩父系統の水と聞いたことがありますがどうやって判定するのでしょう~・・・?)

過去記事はこちらからどうぞ。


d0250051_10304039.jpg
(以前撮影した写真)


ここまで来たら、田柄のクレイジー(賛辞です)暗渠に挨拶するのが必然コースです。
準備は良いか。

d0250051_14471686.jpg
誰が置いたの?
潮騒的通過儀礼アイテムなのかもしれない、と暫し臆しておりました。

「このタライを、越えてゆけ。」
「否。到底越えられませぬ。」

インビジブルな物たちとの応酬が続きます。

※尚、タライに関しては以前から「暗渠サインの動産部門」として当ブログではビールケース同様に位置づけられています。
(下の方に喜楽沼近辺の貫井川暗渠における参考事例画像を貼っておきました・・・同区内ですし)



d0250051_14512840.jpg
初めて来たときは雨上がりで、どうしようもなく荒れた攻撃的暗渠でしたが、だいぶマシになった印象を受けました。
過去記事の写真と比較すると、溜まりまくった(今すぐにでも腐葉土になれそうな)落ち葉が取り除かれて、少しすっきりした見た目になっています。
赤い梯子は健在。
こちらの暗渠が本領を発揮するのは、間違いなく梅雨時~夏。

間違いないんだ。

定例ながら、過去、近過去、散策当日目の当たりにした変貌ぶり、今後予想される明らかな変化が頭を巡り
感傷で押しつぶされそうになってしばしの間、うずくまる。
大蛇が静かに動いている脇で。


【 参考画像 タライ on 暗渠 at 貫井川暗渠(喜楽沼跡地の近く)練馬区内での類似事例 3年ほど前の写真です。 】

d0250051_10422104.jpg
d0250051_10423241.jpg
ハンギング物件且つ、此の整然ぶりたるや。
楽器のような楽しさと几帳面さ。

[PR]
# by onnbubatta | 2016-03-19 15:28 | 田柄川 | Comments(3)

沢蔵司稲荷近辺の麗しい水路跡

遅くなりましたが、今年初の記事になります。
本年も宜しくお願い致します。
暫く記事を書いていなかったので、リハビリがてら綴ります。

丁度一年前、冷たい空気に包まれた曇天のある一日に小石川近辺を歩いていて、散策の最後の行程で流れ着いたのが沢蔵司稲荷でした。
(たくぞうす稲荷、変換にひと手間掛かる)

沢蔵司は伝通院の学寮(栴檀林)の修行僧で、僅か三年で浄土宗の奥義を極めたエリート。その正体は千代田城内の稲荷大明神だったのです。


一年前の様子です。
d0250051_10045169.jpg

d0250051_10053228.jpg
長い事文の京に住処を置きながら、初訪問の沢蔵司稲荷。
「パワースポット」として知られているそうですが、そういった修飾語の予備知識に支配されないよう、身構えて中に入りました。
(意地っ張り。「お化けなんてないさ♪」を必要以上の音量で脳内で流す感じ??)
いつもだったら「窪地にダイブ」とか口走りそうですが、軽い気持ちで行ってはならぬと改めて心を整えたり。

道路からは全く見えない窪地地形。進入して初めて、そこに突然穴が開いているような感覚・・・
突発的且つ異質な窪地の形成史を知りたい気持ちが高まります。
曇天下、色が少ない中に、鳥居や献灯の色が妙に浮き出ています。

昼なお暗きスリバチ。やっぱり異様な雰囲気が充満していました。数歩先に親子連れが来ていて、「コワイ~コワイ~」と騒いでいてくれたのが返ってありがたかったです。。

d0250051_10184532.jpg
窪地の底、鳥居の先にあるのが狐棲の洞穴「霊窟」です。

d0250051_10213196.jpg

d0250051_10220655.jpg
写りが良くない点が申し訳ないのですが、
バラバラっと置かれた小さな鳥居の数々、穴が塗り込められたような様には言葉を失います。


d0250051_10241664.jpg
↑↑献灯の足元のこういった件も、誰か説明して下さいな・・・(震震震)


沢蔵司稲荷、谷底に漂う妖気もさることながら、谷底に降りる前の際(キワ)の雑多な感じもまた、妖気の序章のような位置づけになっている気がします。

d0250051_10351112.jpg
台地の際に、色々なジャンルの物が置かれている
d0250051_10330972.jpg
こういう表情好き。

lotusさんが、「谷端川に架けられていた”ふじはし”の親柱がある」と教えて下さったのですが、この時は確認出来ませんでした。
(8月に再訪した際に見つけられました!)

d0250051_10334879.jpg
昔おうちにこの柄の風呂敷ありました。今では泥棒さんのアイテムの象徴のような扱われ方ですが・・
d0250051_10345145.jpg
なかなかどうして、この場所に渦巻く妖気によく似合っています。


d0250051_10333200.jpg

d0250051_10342836.jpg
水が集まりやすいのでしょう。
ボブスレーの滑走路のような、瓦造りの溝。



沢蔵司稲荷の窪、うまく言えない乍ら、谷端川の支谷っぽくない雰囲気があって孤高の(狐高?)佇まいなんですよね。
谷端川(小石川)、大塚より下流は右岸とか特に大きな支流も交えないなかで。

 
お隣の善光寺にも興味深いものがありました。(ちょっと立ち寄っただけ)

d0250051_10523101.jpg
d0250051_10525302.jpg
「昭和二年二月」と書かれた木箱・・・
相当年月を経た木箱が置かれていました。
d0250051_10535446.jpg

さて、表題の「沢蔵司稲荷近辺の水路跡」へ。。

d0250051_10561817.png
沢蔵司稲荷の前の道路を隔てた辺りに、溝がありそうな雰囲気を感じたので近づいてみました。
(完璧に私有地に取り囲まれています)

d0250051_11072983.jpg
この奥に水路を感じる・・・

d0250051_11080020.jpg
しかし行き止まり。右側の石組みの湾曲が何とも風情があります。
窪地に向かって行き止まりになるこの雰囲気、関口と目白台間辺りにも似たような場所があったっけ。

何とか確認できる場所を探して・・・一目だけでも見られたら。

d0250051_11140942.jpg
・・・何という美しい水路跡なのでしょう。
私有地に取り囲まれているゆえ、奇跡的にこの形状で残ったものかも知れません。

d0250051_11295815.jpg


d0250051_11162976.jpg
こんな遺構が人知れず?眠っていたなんて。
d0250051_11165917.jpg
割と落差もありますね。架橋も確認できましたが、使われることはあるのでしょうか。

d0250051_11144757.jpg
足元には、下水道局のプレートも。


d0250051_11313109.jpg
この水路の下流部分で、痕跡が感じられるのはこの付近だけ。
あとは勝手に小石川へ落ちていくのだろうな、と。
d0250051_11310877.jpg

d0250051_10562755.png
地割や擁壁マークなどから、このような流路と推測しました。

では、上流部分はどうなっているのでしょう・・?
地形から見て、礫川小学校(地学テイストの校名ナイス)の南東端付近が出発点と思われます。
(丁度その位置に学校のプールがあるので、それが水源か(笑))

d0250051_11403425.jpg
雰囲気が伝わるという点ではこれぐらいかな・・・

 
この時は目視と、下水道のプレートで「水路跡」と思ったものの、暫く胸に秘めていた状態でしたが、


を書くに当たって出会った地籍図にこの「沢蔵司稲荷そばの水路跡」が青線で明確に記されていたのです。

当該地籍図によると出発点は春日通り、富坂警察と礫川小の間くらい。終点は前掲の地図に私が記した青線辺りになっていました。
嗚呼・・・私の目に狂いは無かったよ。ありがとう地籍図。
地籍図には他にも、過去の銭湯として礫川小の北東辺りの「瀧の湯」、出発点付近の春日通りを渡った辺り「塩湯」が掲載されていました。

また過去の住宅地図を眺めていると、沢蔵司稲荷向かいの椋の樹(沢蔵司が宿っているとされる樹。伐採すると祟りがあるという事で今でも道が不整形)の所に交番が在ったり、沢蔵司稲荷児童遊園というのが在ったり。。と様々な発見がありました。
樹にまで宿るとは・・・沢蔵司様の超人的な力にはただ驚くばかりです。


上述の通り、大塚より下流の小石川、特に右岸には目立った支流が無かったような気がして。
ハイハイ、後は惰性で流れていくからね~、みたいな(酷い)。
なのでかなり意外な出会いとなりました。
小石川の支流で本当に合っているのか明言できないのですが、カテゴリは谷端川に交えてみました。
d0250051_09314502.jpg
グーグルアース’東京地形地図)様より拝借した地形図。
礫川小の方からうっすらとした谷が始まっているように見えます。谷頭が小学校近辺ですし、改変もあったのでしょうか。



小石川の谷は「蟹工船の暗い谷」のイメージが支配し過ぎていて、現在の拡幅された千川通りとの乖離幅が広すぎて
なかなかきちんと歩いていません。。



そのあと一度、昨年の夏(9月)に沢蔵司稲荷を再訪したものの、当該水路跡を訪れてはいないのです。。

d0250051_12105741.jpg
・・・以前にも増して凄みを増しておりました。


d0250051_12100884.jpg
谷底の霊窟脇の池跡?
d0250051_12144644.jpg
再訪時にやっと確認できた「ふじはし」橋跡。
初回訪問時は、独り異様な空気に包まれてそれどころではありませんでした。

真冬と真夏、苛酷な気候に何故か訪れる事になる沢蔵司稲荷。

暫くブログを書いていないと、なかなか取り掛かれないものですね。。

ちょっと自らに喝を入れてもらいましょうか。(礫川公園の春日局像です。大河ドラマでは千石出身の大原麗子さんが演じていました。
とにもかくにも礫川れきせん。じゃりじゃり)
d0250051_12321067.jpg

ていっ・・・!


一年過ぎてしまいましたが、小石川界隈を散策した時の写真などを又機会あれば綴っていきたいと考えています。

稲荷大明神の化身である沢蔵司、どんな姿だったのだろうと色々と思いを巡らせています。端正に着物を着こなした長身の姿、お顔は精悍な狐・・というイメージが浮かんでいます。

そんな過程で度々思い出されるのは、芥川龍之介の「点鬼簿」の一節。
心を病んだ母に、絵を描いてくれと頼む幼少期の芥川龍之介。母が描いた幾つかの絵の人物の顔は、狐だったという。

僕の母は如何にももの静かな狂人だった。僕や僕の姉などに画を描いてくれと迫られると、四つ折の半紙に画を描いてくれる。画は墨を使うばかりではない。僕の姉の水絵の具を行楽の子女の衣服だの草木の花だのになすってくれる。
唯それ等の画中の人物はいずれも狐の顔をしていた。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

追記。2016年4月、こちらで夜桜を鑑賞した際の写真です。ライトアップとかやっていなそうなイメージだったので、思わぬ景色に息をのみました。(牛天神と沢蔵司稲荷に夜詣してようかなと軽い気持ちで・・・)


d0250051_13525558.jpg


d0250051_13540260.jpg
↑この写真が一番好きかな?右側に張り出した感じと、何色なのか描写が難しい闇の色。

d0250051_13550177.jpg
灯のアーチ部分の意匠が素敵でしょう~


d0250051_13592560.jpg
ライトの具合なのか、この一枚はほんのりアーティフィシアルな桜色の映りになっていますね。


「下に」降りてみようかと勇気を振り絞って階段を降り始めた途端にこけて左足を挫いて、あ~もう無理だ無理だとそそくさと引き返したのでした・・・







[PR]
# by onnbubatta | 2016-02-27 12:39 | 谷端川 | Comments(9)

続・志茂の小水路跡~サウンド・オブ・西蓮寺

昨年、筋のような、函型水路跡特集と題した趣味の小部屋的な記事でご紹介した、北区志茂の風情ある水路跡。

ちなみに志茂の歴史についてwikiで引くと「正保期に天領となり、その後小石川伝通院・浅草幡随院・谷中南泉寺等にも分け与えられた」
とあります。古地図で見るとこんもりと集落が集まっていて、わくわくの微高地。

この水路跡周辺の接続関係のちょっとした判明(※まあこの辺りは水路跡だらけではありますが~と嬉しい注釈、というかことわり)と、新たな小水路跡の発見がありましたので綴ります。

旅の冒頭、隣駅の赤羽岩淵の駅出口、通りに出ると案内地図版があって便利なのですが、謎の亀裂が・・・
どうしたんだよーー
d0250051_10141983.jpg
製菓用のチョコペンで描いたような謎の線。
こんな道路計画でもあるというのか?・・ちなみに同様の案内地図が少し離れた場所にもあったのですが、同じような形状の亀裂入りだったので、作為によるのか、素材によるのか
悶々としました。いきなりの洗礼ではあります。

気を取り直して水路跡へ・・・

場所は志茂4丁目の西蓮寺さんというお寺さんの敷地西端。

d0250051_10300263.jpg



落ち葉が結構堆積しているなあ。
去年の方が猫ちゃも居て良い雰囲気だったかな・・・?
下は去年春の同じ場所。
この場所が素敵なのは、光の入り込み具合もあるのだろうな。


d0250051_10314962.jpg
去年も感じたのは、この辺りでは猫がたくさん見られるという事。それも再訪の一つの楽しみとしてやってきました。

公図で見た感じだと、こんな具合に接続しているようでした。
更に西蓮寺の北側の道を回って、最終的に隅田川に達していたようです。(後で示します。)
d0250051_10370326.png

d0250051_10440403.jpg
芝生敷きの部分から、写真手前(西蓮寺の別院:福聚観音脇)までも水路跡の模様。
写真奥、芝生敷きの先が上の写真の水路跡に接続するようですが、確認は出来ません。
(芝生敷きの先、画像では左方向(北方向)に走る水路跡が、先程上げた猫のいる水路跡写真)

写真手前側の道へ抜けると、静かな商店街(跡?)というか、昔は商店が集積していたのだろうなという通りに出てきます。
(記事最後の方に出てくる、小柳川の案内地図にて「旧道」と記されていました。)



d0250051_10512755.jpg
オクヤミハナ・・・
何かの呪文のような響き・・・

d0250051_10574915.jpg
西蓮寺入口に向かう道の角に位置する庚申堂。
遠目から、猫がいるのかしら?と思ったら
d0250051_10580844.jpg
直接、バナナが置いてありました・・・結構熟していて食べ頃になっています。
何でバナナ?そんなバナナ。庚申堂でふと香る南国の風。


庚申堂の少し北に行くと、西蓮寺の別院:福聚観音(コンクリート造りなので、最初観音堂と認識できませんでした)があり、そこを折れると水路跡に接続する暗渠?になるようです。自動おみくじ機が設置されていたらしく、寄ればよかったと後悔。

西蓮寺さんは昨年同様、門が開いていないので中の様子は確認できませんでしたが、昔の地図を見ると池がある(庭園でしょうか)ようなので、見学の機会が有ればよいなあ。


そして今回新たに出会った水路跡。


d0250051_11105737.jpg
画像左側のマンホール具合、どうみても明示している。。何かが横切っている。
その方面の方々は、上の画像をみたらその匂いに敏感に反応すると思うのですが、


d0250051_11133740.jpg
囚われの身となった姫のような小溝が・・・!!


d0250051_11151432.jpg
姫よ!せめてそのお姿だけでも金網越しに拝ませて・・

d0250051_11154931.jpg
排水ホースを受け止めたり、様々な部材を差し向けられたり、プランターを乗せたブロックを橋さながらに渡されたり・・・
健気な姫は金網越しに見るに留まり、ペルセウスにはなれませんでした(あっさり。)
排水路なのか、元は用水路の末端なのか・・
姫は華やかなりし頃を想って憂いの表情を浮かべておりましたよ。

この奥は(南側方向)廻り込んだけれど痕跡無し。
ではマンホールの反対側は、どうなっていたかというと。。


恐る恐る入っていきます。

d0250051_11222791.jpg
最初は非常に素っ気ない姿。


d0250051_11231444.jpg
静寂に包まれながらも、艶やかな変化の予感を見せ始めます・・




d0250051_11235946.jpg
見よ。この妖艶な姿態を。潤っているねえ・・
はあ。。。ドキドキしてくる。


d0250051_11252934.jpg
あまりにドキドキし過ぎて、マンホールも若干浮き上がってきてて。石臼と化しているのですが・・

苔むす侘び寂び感と、妖艶な変化を目の当たりにして頭が混乱してくらくらしているので、茶葉でも引いて一服していきたい気もします。



d0250051_11274829.jpg
この奥は左方向に折れていくのですが、


d0250051_11292952.jpg
再び右方向へ折れていく模様。さらにその奥の踏査は断念。


d0250051_11304662.jpg
引き返すと、対岸に囚われている姫が再び見えてきます。


d0250051_11351468.png
グリーンのラインが苔むす石臼水路跡、ピンクの部分が金網に囲われた囚われの姫:水路跡。(ピーチ姫かアンドロメダか。)

d0250051_11472979.jpg
「小溝の周りを行ったり来たりしている、ちょっと様子の変なひとが来たよ」
「剣呑、剣呑」

鼻筋の白い部分が極細の仮面猫ちゃん。鼻筋が水路跡にも見えてくるね~。
d0250051_11481768.jpg
「やっと去ったよ。良かった良かった。」



d0250051_11491064.jpg
ほどなくして現われたのは木製のトレリスフェンスの上に、アンバランスな格好で寛いでいた猫ちゃ。再び黒白さん。
「お控えなすって~」


d0250051_11521594.jpg
左の前脚と後脚だけトレリスに載せるニヒルな猫ちゃ。
「この体勢、オリジナルなんだけど意外に落ち着くんだよね。」


参考:去年、この辺りに居た猫。志茂という街は曲がりくねった内臓のような温かさを持っているのと、可愛い猫ちゃんに会えるのがその印象の大部分を占めていて、水の匂い=猫、のつながりを強く感じさせる象徴的な街だと感じています。微高地LOVE。



d0250051_11550001.jpg
「・・・ご飯持ってないの?帰っていいよ。」

d0250051_11552260.jpg
気をつけ、ポーズで丁重なお見送り。可愛すぎ♡二匹間の微妙な距離も♡




d0250051_12013803.png

グリーンのラインがここまでご紹介してきた水路跡。
紫マーク(上)が西蓮寺の別院:福聚観音、紫(下)がバナナの庚申堂。
ピンクで囲ったのは、志茂七溜商店街。(素晴らしい名称)

古地図では、ブルーのライン、西蓮寺の北側を回って隅田川に落ちる水路跡も見られたのですが、明確な痕跡はなし。
落ち口周辺は日本化薬の工場や工場跡が広がっていました。


d0250051_12074220.jpg
d0250051_12082177.jpg
d0250051_12080114.jpg
日本化薬の銘入りプランター。
雑草が植わっておりました。
d0250051_12083896.jpg
何かのマンホール。


d0250051_12085806.jpg
巨大な工業用水タンクが目を引きます。
自分ではどうしようもできない巨大な物体を前に、被圧されそうです。

日本化薬で面白いのは、この北区側の工場~隅田川を挟んで対岸の足立区新田側の工場を渡す業務用の渡し船があるんですよね。




ここまで来ると、小柳川暗渠(オレンジライン)もすぐ近く。

d0250051_12092023.jpg
電柱プレートの「小ヤ洲」表記。
小柳川に架かっていた橋「小梛洲橋」、「小柳川」両方から来ているのでしょうか、漢字カナ混じりの表記にはゾわぞわする、皮膚をザラッと撫でられるような感覚があります。
「梛」はやはり熊野神社由来の地名なのかな?

d0250051_12094468.jpg
割と近年に整備された公園の一角に建てられた、小柳川に関する説明版。
古写真に拠る地点説明まで為されていて充実していました。




[PR]
# by onnbubatta | 2015-11-26 20:46 | 北区 | Comments(2)

川崎の入江崎~観音川河口突端、海中に建っていた石碑

以前古地図でその存在に気づいてから、どうしても行ってみたかった場所。

それは、川崎の観音川河口、東京湾の海中に建っていたという石碑、「徳本上人碑」。
何故このような場所に・・・


d0250051_10292019.png
この地図は、時系列地形図閲覧サイト「今昔マップ on the web」((C)谷 謙二)により作成・加筆したものです。
(1927~1939年で表示)


はじめて見た時は、波打ち際というか陸地の際のような場所に立地しているのかと思っていましたが、調べてみるとかつては海中に建っていたものだという事。そして現在は埋め立て工事により、海面から入江崎公園に移転しているそうです。。

何だかドラマティックで心くすぐるこの石碑。
現地がどんな場所かよく把握していなかったのですが、先般の川崎酔いどれ舟旅の延長で改めて現地に行ってきました。
(観音川の暗渠も少し確認できればいいなという意識で。)

前回と同じく臨港バスに揺られて、JFE池上正門で下車。
二回目の乗車で気づいたのは、臨港バスの運転席右上のスペースに、川崎大師のお札を差し込むスロットみたいなものがちゃんと設置されている事。

さて、降りたのは良いのですが周囲は大工場ばかりで、ふらふら散策的に歩いている人などおりません・・・
公園にどこから入って行けばいいのかもわからず、暫く彷徨っていました。

d0250051_10544913.jpg
そんな時に現われたのが、この橋跡(?)。
「入江橋」と書いてあるものの、何らかの施設仕様で、今ひとつ橋跡らしい情感なし。


d0250051_10591671.jpg
これらの写真では見えませんが、水色の桁のような物体の下に「川崎市水道~~」の表記が確認できたり、昭和電工の何らかの流体が送られている設備があったり。

ここらはやはり昭和電工なのですな。大島に社宅や施設が控えていたしね。

d0250051_11033375.jpg
レシートの紙屑?がいい味。電話番号も併記の妙味。


d0250051_11051067.jpg

昭和電工 川崎工場マンホール。

お天気も良くて、昭和電工疑獄事件とか、そんな用語が似合わず吹き飛ばされてしまう。


d0250051_11084443.jpg

入江橋の対岸はこのような重厚なビジュアル&妖艶なアーチ。
観音川の現在のエンド一帯はJFEの工場に沿った形で、(地図上で確認すると工場にエンクロージャーされているように見える)ここから河口までは開渠になっている模様なのですが、確認は断念。

そもそも現地にいた際は、入江橋のあまりの情感の少なさに、観音川の橋だという認識すら薄かった(反省点)。


d0250051_11175864.jpg

貨物線(臨港鉄道水江線)に沿って行けば公園に辿り着けるはず。。
画像、線路の右側は入江崎水処理センターで、川崎市で最初に稼働した(昭和36年)下水処理施設。
ドイツ表現主義的な(様式違うかも)塔に目を奪われます。

 
d0250051_11271785.jpg

線路脇に様々な構造物が残置されていて、ちょっとフリーダムな様相。。

d0250051_11293808.jpg

線路の反対側は入江崎クリーンセンター。こちらにも、お化け煙突を彷彿とさせる年月を経た感じの煙突が空を目指していました。
繁茂した雑草と共に、伸びゆく象徴的な写真が撮れた事に満足です。

終末処理的な施設に囲まれつつ、そんなこんなで、掻き分けるようにようやく入江崎公園到着。
公園というよりは、空き地のような印象。


d0250051_11380736.jpg
これか・・・!

d0250051_11393947.jpg

江戸小石川一行院中興開祖!小石川関係の!

d0250051_11404616.jpg
「塩浜今昔会」・・・何て素敵な団体なんだ。

「川崎の町名」に拠ると、
この辺り(入江崎公園)付近は工場用地として埋め立てられる以前の昭和初期までは、観音川と塩浜川が出会う河口で、北ノ先と呼ばれていた地であったそうです。(冒頭の今昔マップ古地図の方にも当該地名が見てとれます。)
(アンダーラインを引いた「観音川・塩浜川」については後述します)
ここは海上で漁をしていた漁師が漁網にかかった大師像を船から陸に引き上げた所と云われ、現在塩浜二丁目の北ノ崎児童公園にその地名が残っています。

その北ノ先の突端海中に文化13年に建立されたのが「徳本上人碑」で、
江戸時代末期に遊行の僧として諸国を歩いた徳本上人が各地に念仏講と念仏碑を残し、独特の書体と花押の碑は「トッコン様」と呼ばれて、川崎市内にも六基存在する中、最大のものがこちらの場所にある石碑になるそうです。

この北ノ先の地、というかこの特異な場所に碑が建立された理由は、
  ①前述の大師像が引き上げられた地点に因む説の他、
  ②この観音川河口沖は船がよく難破して溺死体があがったことから、供養のために上人が巡錫の折に碑を建てた
ようなことが言われているそうです。



d0250051_12060655.jpg
この大きな石碑は、沖を通る船の目印となり、北ノ先の突端は「徳本鼻」と呼ばれていたそうです。
・・・ああ。姥ヶ森に次いで再び船の目印。そして鼻地名。突端。どうしてくれよう。シンボリック過ぎる。
「独特の書体」、カリグラフィーの如き流線美。
五感を突っついてくるなあ・・・
波に晒されていた過去を纏いながら、現在はこのような落ち着いたどっしりとした佇まい。

観音川のもう少し上流に弁天様があるのですが(今回探訪断念)、その弁天社で毎年行われた舟祭りでは海苔や漁業の豊漁を祈願して、五尺型十人乗りの新造船を華やかに飾り付け(化粧船)舟を三バイつないで囃し立てながら観音川を下り、「トッコン崎」へとくり出して、海上で神主が祝詞をあげて神酒をまいて帰るというもので、当日は早くから銭湯が開いて身を清めてから祭りに参加し、夜は弁天社で神楽が奉納されたということです。
銭湯の話が出てくるあたり、生活史との関わりがいきいきしてきます。

昭和12年頃の舟祭りの写真を見ると、華やかな旗が連なり、イナバの物置並みに船に大勢の人々が乗っている様子が映っていて、当時の祭りの盛大さが伝わってきます。



d0250051_12261186.png
  オレンジの丸で囲った場所が入江崎公園。その左を掠めている緑道表示部分が観音川の暗渠なのですが、ちょっと観察しにくい雰囲気の場所だったので断腸の思いで断念。(略してダンダン)
開渠と緑道表示?の境目が上述の「入江橋」、緑道表示?と東海道貨物線(画像上部を横断している)の交わる辺りが「川口橋」。

アンダーラインを引いた「川崎の町名」の「塩浜川」については、具体的にどの流れを指すのか、はっきりとはわからなかったのですが

d0250051_12354344.jpg
ピンクのラインの流れを指すので良いのではないでしょうか。
(ピンクのラインに沿った屈曲道は砂州だそうです。ここも歩きたかったな・・・)
水色が観音川、これが落ち合う辺りが入江崎(オレンジ)とすると。
このワラジヤさんの昭和41年地図で見ると(大雑把な図であるけど)、河口幅広いですね。

入江崎公園の周辺は広大な川崎化成の跡地等も拡がっていたり。
あまり人を見掛けないし(意外に民家も何軒かある)、何だか一人で歩いているのもの寂しい雰囲気だったので滞在時間は僅かでした。




d0250051_12342870.jpg
工場地帯に鮮烈な彩りを。安全工事体感訓練センター。


d0250051_12531035.jpg
JFE池上正門にある、鋼鉄製?のオブジェ。上へ!上へ!


d0250051_12543567.jpg
思い出したのは、一昨年学芸大学で見掛けた薬局のサイン。


ここから、大島・桜本方面へちょっとお買い物がてら歩こうかと思ったら、衝撃の物体に遭遇しました。


d0250051_12584288.jpg
自転車のかごに、お人形(ミルク飲み人形みたいなの)が!
場所は、川崎臨港警察署前信号交差点辺り。食堂の跡地のような場所・・・

川崎はいつだって俺たちの度肝を抜いてくれるのさ。
ぼうっと歩いていたからね。たぶんある種の目的を持って此処にザインしていたんだと思う、この子。。

河口で人形に話しかけられる経験も稀有なものでした。

池藤橋の信号まで真っ直ぐ歩いて行って、少し北に入って観音川の流れていた屈曲道をふらふらしつつ(弁天社を目指したのですが、少し疲れてしまった・・・この時点ではこの弁天社の縁起とか化粧船の話も知らなかったので)、桜本方面へ進みました。


d0250051_11155266.png
紫がお人形の居場所、ブルーの線が観音川の流れ。

観音川は元々は池上新田の開発によって作られた川で、石観音の前を通ることから「観音川」と呼ばれ、上流は「六百代川(むそしろ)」、藤崎辺りでは「サンゼム川(大島村の三左衛門に因む)」とも呼ばれ、五ヶ村の田に用いた水を排水する悪水路で池上新田を廻り込んで海へ達していたといいます。
明治~昭和30年代頃までは海苔業が盛んだったため、川筋の河岸には船溜まりが幾つもあり、弁天社と石観音付近には「観音河岸」があったということです。

石観音像は縁起が伝える所に拠ると、「正保年間に海中より出現の霊石」だそう・・・
弁天社に隣接するというこの石観音、あきらめずに行けば良かったな。改めて。


実際歩いた時は、池藤橋の信号を渡って桜本側に入った時点でぷっつりと観音川の事は忘却の彼方に流れていたのですが・・・
そんな不肖なわたくしめに喝を注入してくれたのは

d0250051_12132150.jpg
「くわっ!川コンシャスで行動せよ!」予期せぬ橋跡!。しかもかなり上等な一品。

・・・とこちらの案件は記憶の片隅にあったはず。徳本上人碑、大島劇場、姥ヶ森弁財天が紹介されている「川崎のたからものシート」で見たことがあったかも。。?
名前がよく解らないのが残念。


筋弛緩剤事件の舞台の病院前などを通り過ぎると、韓国料理のお店が現れてきて、ああ無事再訪できたなと実感できました。
この先の「さくら小学校」、元の桜本小学校で、昭和32年製作の東映の記録映画「煤煙の街の子供たち」の1シーンが撮影されたそうです。
「川崎の町名」でこの事に触れており、

「・・・煤煙の恐ろしさを強調するあまり、一部手を加えたため、のちに問題となったこの映画は川崎を公害の都市としてその名を全国に知れ渡らせました。しかし此の事を契機に煤煙防止の機運は高まり、三年後には市の公害防止条例が交付施行されました。」

どんな加工手法だったのか、気になります。。真っ黒のモックモクにしたのでしょうか・・・?

桜本界隈でキムチを購入した後は、前回の帰り道で気になった鶴見の本町通り商店街へ少しだけ寄り道をすることに
夜の帳が降りる頃、バスで通過したのですが車窓からの景色に心を奪われました。旧くからある道の匂いもするし。

d0250051_13154025.png
まずは、夕暮れの中でぼんやりと浮かび上がる赤いボンボリの灯が印象的だった三角形の地型の観音様へ。

d0250051_13192827.jpg
昼間はまた違った印象で、割とはっきりとした色彩。
お屋根の名乗りも明確で判り易いです。
どんな云われがあるのか、奥へ進んで確認しようとすると・・・



d0250051_09125530.jpg

由来以前に、右側の壁画は・・・?
隣接する店舗(クリーニング屋さん)とは関連付けが無いようだし・・・
確かにwonder land。バスから見えた時は気づかなかった・・・


d0250051_09111681.jpg
「・・かたじけなくも仏縁により再現され、当時潮田本町商工会はこれを奇とし、広大無辺の功徳をあまねく世人に及ぼそうと・・・」

  姥ヶ森もそうだったのだけど、由来を記した説明版の文体というか話の流れが独特で興味深い。

d0250051_09223796.jpg
どうしかものか・・
d0250051_09234730.jpg
お休みになっている人もいたのですが

d0250051_09273651.jpg
曰く、WONDER・・・


商店街は閉まってるお店も見られ、静かな雰囲気。スピーカーの割れた音から流れる嵐の曲が印象に残りました。
介護拠点や、マイバスケットのようなミニスーパーが店舗として目についたかな。

d0250051_09094841.jpg

こちらは吉永小百合さんでしょうか?(別人にも見えまする。私は浜木綿子さんに似ているかな~と。)
シャッター壁画だと、レポート用紙のような線が入って思わぬ効果を生み出すなあなどと。
一階店舗と上階の店舗が併記されているのか、二毛作のような業態なのか、気になります。


d0250051_09334288.jpg

「鶴見名物 亀の甲せんべい」と掲げられたお店。
海由来のアイテムだったので思わず撮影。こう、現在は陸なのにかつての海を感じさせてくれるものには反応強めなのです。


d0250051_09363795.jpg

こちらのお店も、バスから見えて感動したお店。
最高峰という看板も秀逸ですし、何より昔の日本鋼管鶴見造船の社名が残っているのに感銘を受けました。
工場の人の背広を請け負っていたのでしょうか?

d0250051_09360604.jpg
鶴見川の橋を渡る直前に見たお店だったので、より心に刻まれたお店でした。


d0250051_09411782.jpg
鶴見駅前。音楽の都でお蕎麦をすすれるらしい。
あ、でも擬音語の「うぃーん」かもしれない。決めつけちゃだめよね。うぃ~ん




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

d0250051_09441823.jpg
初回の、川崎舟旅の最後の行程でお世話になった横浜市営バス。(舟)

俺たちのソサエティに君臨する舟たちよ。

(横浜市営バス、で検索すると予測変換で「横浜市営バス プリキュア」が候補としてサジェストされたのも面白かったです。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
追記:観音川の石観音と弁天社(11月下旬再訪)





青アイコンが石観音、斜め向かい赤いアイコンが弁天社。




石観音の門に掲げられた「潮音殿」の額。
波の音が聴こえるかい。

d0250051_12365382.jpg


門をくぐってすぐ右手にある「霊亀の助けによって海中から引き揚げられた」手水石。
石の中央部辺りに継ぎ目があったり、穿ち穴のようなものがあったり。

d0250051_12371113.jpg

こちらは弁天社。赤い方が弁天社、白い方は八海提頭羅神王を祀っているそうです。

d0250051_12385506.jpg
敷地が東西に長く、笹かまやなまこ餅のような形状で、社殿に対して空きスペースの割合が広いのが印象的。
舟祭りの際に人々が集って気勢をあげていたのでしょうか。
また、間口が広いわりに正式に出入り出来るのが北側の一角だけなのが面白かったです。単に管理上の措置かもしれませんが。

d0250051_12373590.jpg
付近には風呂屋さん(浴槽屋さん?)や床屋さん。
縞々が鮮やかでUSAっぽいな。
d0250051_12375149.jpg
カーブミラーまで縁取り。縞々が印象に残る一角でした。

川崎には曇天が実によく似あう。。と思いを新たにしたその時・・・


d0250051_12394516.jpg
「御自由にどうぞ!」と貼り紙をされて屋外の、しかもマンホールを台座に据えて置かれた胸像にまたしてもびっくり。
d0250051_12392650.jpg
背後のススキみたいな草とのコントラストが、少し険しい表情、、悲哀美を感じさせます。
d0250051_12400774.jpg
等々力~入江崎、と地名表記のあるマンホール。
行先が書かれているっていいね。












[PR]
# by onnbubatta | 2015-11-15 09:56 | 神奈川 | Comments(8)

川崎にて、陸の舟旅を。

久しぶりの「神奈川」カテゴリ。←川の名称に見えてしまいますが。

秋のとある佳き一日、川崎の大島~桜本付近、浜川崎~浅野駅付近に遠征した記録を綴ります。
 
~その時から、大島・桜本はとくべつな響きを持つ土地となった。私の中では。~

予習としては、東西南北の概況の把握くらいで。重たい道路地図しか無かったので、家宝の和楽路屋さんの地図(昭和41年)をコピイ
して一枚ペラで持参。(和楽路屋さん→明治5年創業、平成14年事業停止-破産宣告。社名は歩測調査を行った際に用いた草鞋に由来するとのこと)

d0250051_11032204.jpg
観音川の屈曲がイキイキと輝きを添えている&もう町中日本鋼管(現JFE)マインド。
日本鋼管のバレー部に在籍していた井上譲選手に憧れていましたっけ・・・


strangerな土地に身を置いて、只感じ取る。受け取る。目に入るものが全て新鮮でした。。
未知に委ねてゆらゆら。ユラユラ帝国。

川崎駅からスタート。川崎駅周辺は、以前夢見ヶ崎の記事を書いた際に確認に来たぐらい。(夢見が崎地名の由来を求めて徘徊したのが契機)

(宜しければ・・リンクはこちらから↓)

その際にラゾーナに残る東芝時代の遺構と、至近に在る女体神社を訪れて以来の訪問になりました。
夢見ヶ崎の加瀬山を掘削した土が運ばれて、低湿地だった東芝堀川町工場(現在のラゾーナ)の礎となっているのです。。


改札を出ると、階段の方に川崎市の大きなビジョン看板?的なものが目に入ります。
内容は、環境対策を講じた結果、工場地帯から出ている煙は煤煙ではなく水蒸気であるということ。知っていたようで知らなかった。。
ちょっとしたパラダイム転換が上質なスパイスに。

さて、加瀬山に思いを馳せつつも、今回はラゾーナとは反対側の出口へ向かいます。
「臨港バス」という、港湾マインドに満ちた乗り物での移動に胸が躍ります。
臨港バス、行先やバス停名も興味津々。「日東亜鉛」とかマテリアル感が前面に出ていたり、「エリーパワー」「ゼロ・エミ工業団地」とか、インダストリアル感を帯びていて、都バスではなかなか味わうことの叶わない京浜工業地帯の空気。

バスターミナルに来ると、一等地にありながら、シャッターへの落書き・ネットに覆われた姿が何だか痛々しいさいか屋に目を奪われます。商業構造の転換を見せつけられるようで。
ここの展望レストランから加瀬山を臨んだ、というコメントを以前頂いていたこともあり、今後の動向が気掛かり。

臨港バスに乗車するとすぐ、左手側の植え込み?のような場所に「御成橋」という石柱がひっそり植わっているのを確認。
その後も通りを真っ直ぐ進んでゆくのですが、新川橋、さつき橋、とバス停名にも橋が散見され、嗚呼、この通りは堀だったのだなと。
(この堀について調べていくと、川崎駅付近にあった鷭沼(バン沼)という湿地の話が出てきて興味深い)

つまりこのバスは船でもあり、私たちは船旅をしていることに。


d0250051_15135703.jpg

舟から降りて、最初の訪問地、大島八幡神社にて。ここは微高地だと教えて頂く。
神社の奥の方に、そこはかとなく置かれていた橋桁と木製の立札。いきなりの出会いに動悸が。。
後日にもこの橋桁を撮ったけれど、曇天下で横たわるこの姿の方が影が出なくて、石の質感や重量感が伝わってくるような気がしました。


d0250051_15232299.jpg
木製の立札に手書きの説明が嬉しいし(何だかお触書みたいで気分が上がるのです)、最後の「年代不明」体言止めもCOOL。


神社至近には昭和電工の社宅や昭和電工大島クラブ(迎賓施設?福利厚生的な保養施設?)があり、京浜工業地帯の一端が住宅地の中に垣間見えてきます。



d0250051_15330878.jpg
初回訪問時に気になっていた緑濃い一角。その時は地主さんのお宅かな?と思っていたのですが、改めて別の日に来て確認すると


d0250051_15325001.jpg
昭和電工の施設でした。


d0250051_15335498.jpg
大島の住宅街を迷いつつ徘徊していると、海員会館という建物も。玄関側には錨のモニュメントもありました。
建物自体が舟の雰囲気あります。
ここで舟を乗り換えても良いかもしれないね。


d0250051_15355537.jpg
 色鮮やかな幟に惹かれて近づいたら、そこにあったのが大島劇場。
初回訪問時に、大衆演劇のポスターが街に貼られていたのはここの事だったのか。。!
住宅街にいきなり演芸場が現れたのには驚きました。
そこには異界への扉が。。。

「かわさき区の宝物シート」に拠ると、

●終戦の傷跡からようやく復興の兆しを見せはじめた昭和25年(1950)に創業。かつては川崎区内に18軒の演劇場があったが、住宅街の一画に唯一今も残る大衆劇場。
●代々女性館長が切り盛りしてきた歴史を持つ。現在は3代目。元々は新川通り沿いにあったが道路拡張のため今の場所に移ったという。
●館内はこじんまりとしていて役者との距離感は限りなくゼロに近く、舞台と客席の一体感を味わうことができる。
●かつては一世を風靡した「下町の玉三郎」梅沢富美男公演も行われるなど、有名芸人も多く出演する若者の人気スポットとなっている。
●東京大衆演劇劇場協会所属の劇場は、木馬館大衆劇場(浅草)、篠原演芸場(十条)、立川大衆劇場(立川)、そして大島劇場のわずか4軒という貴重な存在となった。

限りなくゼロに近い・・・限りなくゼロに近い・・・何という臨場感溢れる説明だろう!!
新川通りに面していたという事は、水路沿いの劇場だったのでしょうか?嗚呼、そんな目で眺めれば良かったあ~~
 


d0250051_15341690.jpg
大島の住宅街にて遭遇した、人の横顔にも見える造形のブロック塀。
これ作為???

d0250051_15141459.jpg
年中行事が盛り込まれた町内会のお知らせ。画鋲サビさび、楽しいぜ!というちょっとラフでカッコイイ呼び掛けにも引き寄せられます



d0250051_09582564.jpg
多分、粗大ごみの回収は申込制、という事を伝えたい看板だと思うのですが、字が消えかかっている&サザエさん風のヘアスタイルによって色々な解釈が出来るようになっています。
私には「通報スタイル」に見えるけどなあ。不思議な形の影が作用しているのかしら。闇電話。
児童公園にて。


d0250051_10070025.jpg
「水門通り商店街」や「水門ビル」がある一角。水の匂いが濃厚に。
(葛飾の古隅田川沿いに、水門の屋号(商号)の会社やお店有り。事例として挙げておきます。)

ここから、韓国料理や食材のお店が並ぶ商店街へ。
d0250051_10161840.jpg
店先やサインに見所が非常に多い。上のは象形文字を感じさせるのと、ステッキでリズムが生まれる躍動感を気に入って撮影。


d0250051_10203664.jpg
統治していそうな団体。まずはここに挨拶することから始まる、みたいな。

d0250051_10183222.jpg
コインパーキングの奥に残る廃タイル。
過去の建物の生活が、はみ出している。水と生活の痕跡が哀しく垣間見えて胸を打たれます。
恐らくお家の一番奥がお風呂場だった痕跡なのでは?

廃タイル事例のブログ記事はこちら→前谷津川 梶谷津源流。廃タイル哀タイル

別の場所の事例写真
文京区、板橋区
d0250051_10355226.jpg
d0250051_10360825.jpg
d0250051_18234098.jpg

d0250051_18293592.jpg
渋谷区、港区


大好きなタイル痕で脱線。川崎に戻ります

d0250051_10151737.jpg

席をあっためている猫。
猫ちゃにいっぱい会える街。優しい人達が多いあったかい土地。
d0250051_10155053.jpg
にゃおん

d0250051_10173857.jpg
かなりの別嬪さん。しなやかな姿態で媚態され、眼差しに完全KO。

初回訪問時に買いそびれたキムチを無事入手。(追い川崎訪問はキムチ購入がメイン目的にも据えられていた)
気に入ったのはキムチの塩辛♪

住宅街も、商店街も、時を経たものが随所に残されていて。


d0250051_14194601.jpg
そして予想外に訪れる事となった「姥ヶ森弁財天」。
川崎市のサイトで名前だけ目にした事があり、頭の片隅にそっとしまわれていた感じだったのですが
案内していただける運びに。こういう流れが本当に嬉しくって痺れてしまう!サプライズ漂着。

高速の至近&工業地帯のイメージが色濃い街区にこういった名所旧跡(しかも弁財天)が潜んでいる大いなる意外性。
その乖離になかなか追いつけないでもがいている状態。溺れそうになりました。

そんなこんなであまり写真も撮れなかったのですが、柵に護られた井戸を。
秘めたる小窓に想像力を掻き立てられます。

~潮香る街で辿り着いたREAL WATERで、各自思い思いに渇きを癒す。~
そんなまぼろしの感覚を抱いて。ん~ごっくん。

現在は町内会館の隣に小さく、圧縮されたような佇まいで平成の今に表出している形ですが、昔はこんもりとした森で(姥ヶ森)沖を航行する船の目印でもあったという話。
この点もなかなか理解が追い付かない。本牧十二天があったような、突出した断崖が航行の目印だったという話ならまだしも。。

曰く不可解。摩訶不思議な一角なり。おかしな感覚に陥ったのでした。。


そして、不動産会社「ユナイト」の物件などを歩きながら鑑賞して(会社サイトの代表挨拶のコーナーが類を見ない形式で面白い)
浜川崎方面へ。

d0250051_14471043.jpg
イカのお化けかと思いきや鉄塔の擬人化。凄い形相w 恐怖政治っぽいぞ。

d0250051_14474060.jpg
「明るい都市の建設は環境公害の防止から」神奈川県衛生会

スローガンに時代を感じる。公害が発生していたからこそこのような啓発に至ったのでしょう。
明るい都市という言葉と、参加して錆びついた現況の乖離をまた泳ぐ事になる。ああ忙しい。


d0250051_14513297.jpg
浅野駅構内でひっくり返っていたベビーカー、もとい乳母車。
天地がひっくり返るような事態にしたのは何だったのだろうか。。時空でも歪んだのだろうか。


d0250051_14544958.jpg
ねえ。


d0250051_14562888.jpg
浅野駅の線路。素敵な溝がある。



d0250051_14593215.jpg
浅野駅近くに残っていた立派な橋跡。欄干の間から草がはみ出している何とも言えない風景。
調べてみたら、地図中の運河がかつて左に(入船公園側に)折れていて、その部分の掘割に架かっていた「豊橋」の跡だという事が判明しました。




開渠となって残る運河部分と、暗渠となった川崎運河の形状に誰もがそそられますね。
川崎運河は京急が開削したものの、あまり使われず結局埋め立てられたという不遇な経過に同情を寄せてしまいます。悲しき運河。

そして川崎運河跡沿いにあった「ワイルドブルーヨコハマ」という一世を風靡したプールが忘れられない記憶。

d0250051_14595109.jpg
掘割跡付近に、気になる造作物(遺構?)が。
d0250051_15103770.jpg
「豊橋洞道」の表示。東京電力の設備が設置されていました。

~それぞれの鶴見線。知らぬ間に川崎から横浜へと境界を渡りつつ。~


続きはまた改めて綴ります。

[PR]
# by onnbubatta | 2015-10-25 16:02 | 神奈川 | Comments(4)


暗渠、猫、池、高低差、崖、弁天、軍遺構、建築、階段、廃線、天体   その他徒然(適当です)


by onnbubatta

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
前谷津川
出井川
蓮根川
石神井川系
田柄川
千川上水
専用水道
渋谷川系
立会川
神田川支流
白子川
藍染川
足立区
地方
石神井川
水窪川
えんが堀
百々向川
蟹川
神奈川
内川
新河岸川
谷中川
さいたま
谷端川
荒川区
葛飾区
千葉
世田谷
江戸川区
中野区
北区
未分類

最新の記事

江戸川区葛西沖残照~旧海岸線..
at 2016-10-19 14:34
谷端川暗渠。北池袋~下板橋間..
at 2016-06-25 10:21
江戸川区松島3丁目、青の世界..
at 2016-06-15 15:42
旗の台:昭和大学そば。野の花..
at 2016-05-11 12:34
鮮やかに艶やかに散るらむ・・..
at 2016-04-01 14:58
道路計画(大蛇)に飲み込まれ..
at 2016-03-19 15:28
沢蔵司稲荷近辺の麗しい水路跡
at 2016-02-27 12:39
続・志茂の小水路跡~サウンド..
at 2015-11-26 20:46
川崎の入江崎~観音川河口突端..
at 2015-11-15 09:56
川崎にて、陸の舟旅を。
at 2015-10-25 16:02

以前の記事

2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月

お気に入りブログ

東京の水 2009 fr...
暗渠徘徊の日々

お気に入り(お邪魔しています)

最新のコメント

>非公開コメント様 コ..
by onnbubatta at 15:33
>バス停の名前、正しくは..
by onnbubatta at 09:58
>sumizome_sa..
by onnbubatta at 09:46
日曜日に妙見島の方を歩い..
by sumizome_sakura at 03:17
>sumizome_sa..
by onnbubatta at 10:01
おや、また濃い場所にでか..
by sumizome_sakura at 21:05
>nori-p様 コメ..
by onnbubatta at 08:11
礫川小の水路は私も行った..
by nori-p at 17:21
> lotus62様 ..
by onnbubatta at 08:42
なるほど、やってたバンド..
by lotus62 at 13:31

検索

アクセス

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧