志木市の宗岡地区を歩く~荒川の不思議な築堤横堤・菖蒲沼の馬頭観音・固められる水路等

志木市~朝霞市の新河岸川沿い歩きの記事に戻ります。

志木市に戻り、新河岸川と荒川に挟まれた水に縁の深い土地を歩いて行きます

まず目指しているのは、荒川の土手というか河川敷にある馬頭観音群。何度か近くまできていたけれど
未確認でした。

そして、こちらは何度も訪れていて、何の意味のある物体なのかず~っと不思議に思っていた、
「荒川の横堤」。通常河川と並行して築かれる堤が、ここでは河川に対して垂直に入り込んでいるのです。


低地をぶらぶら彷徨います

d0250051_12252955.jpg

以前の記事で取り上げた速度抑制物(ここから至近距離の朝霞沈殿池前にある)より
強烈な外観。
鬼の形相です












d0250051_12281732.jpg

こちらは幅員制限が目的で設置されています。
ここか、ここのすぐそばの道路下を旧朝霞水路(秋ヶ瀬取水堰から朝霞沈殿池へ導水するための水路で、
地盤沈下により通水に懸念が生じた為現在は別の水路が設置されている)が通っている理由で幅員制限が
必要なのかな・・・?

背後のお店もなかなか気になります







ここの前の道路は、おそらくはかつての「中堤」。この道に沿って「中堤用水」も存在したそうですが
秋ヶ瀬取水堰が完成し、東京都への送水管が埋設される際の工事で「中堤」は消滅したようです。
(幾つかの圦樋もそれに伴って姿を消したとの事)


またこの辺り(セブンイレブン近辺)には「落合」という旧い字名や屋号も存在し、もともとは旧入間川と新河岸川が落ち合う所から生じた地名のようですが、また一方で中堤用水と野火止用水の落ち合う場所でもあったそうで、その事との関連も考えられるそうです。(野火止用水は宗岡の上中下に行き渡っていたとの事)

電柱の支線名で「落合」を見掛けました。


付随する屋号として、「小っちゃい落合」というものもあったそうです。
「ちっちゃいおっさん(尼崎の非公認ゆるキャラ)」を思い出してしまう、口語調のいい響きの屋号ですね。


d0250051_1326433.gif

ちっちゃいおっさん公式サイト

おっさんへの質問コーナーとか、「small middle aged man」と添えられた注釈が面白いです






d0250051_1234124.jpg

華やかな看板。結構激しく本格的なダンスの絵が描いてあります。残念ながら営業していないように見えました。
夜の部の男性料金が不明朗ではあります。









d0250051_12403443.jpg

樋之詰児童遊園で、またこのパイレーツブランコに遭遇。
葛飾の鎌倉の記事で一度ご紹介しましたが、その後足立区の古隅田川沿いにもおはしました。























d0250051_12443137.jpg

以前の記事で触れた、宗岡二中前の「篭島圦樋」からずっと続いている水路と平行して歩いてきましたが
(古い地図では赤野毛幹線と表記あり)、この辺りで水路はぱったり途絶えます。






















赤アイコンが鬼の幅員制限の位置。ここから斜め左下に延びていく、二連の道路は水資源機構の管理道路であり、赤アイコンより斜め右上に延びる道路下に旧朝霞水路が暗渠で存在しています。

地図の北の方で水路が途切れる地点から先、斜め右上に伸びる太い道路の下にあるのが現行の朝霞水路です。
(構造:コンクリート矩形二連暗渠)
18番16番地を横切る水路(画像左下付近)が中堤用水と関連があるのか微かな名残なのか気になっています。



d0250051_130025.jpg

水資源機構のマンホール

















d0250051_1315724.jpg

ついていきたくなるよね































d0250051_1324297.jpg

東京都の水需要をまかなう、地中の朝霞水路を足裏で意識しつつ歩きます(大義)

古くからあるお宅の外壁が、恐らく剥がれ落ちている過程なのかもしれませんが素敵です







d0250051_1373379.jpg

宗岡樋管。
秋ヶ瀬取水堰で採水した水を堤防を通過させます

ここの近くから土手を登っていけば馬頭観音群に会えるはず









d0250051_13125298.jpg

土手から見えた、おそらく水塚のあるお宅。
左が母屋で、右は屋敷神様と、貴重品を置く蔵でしょうか。











土手に上がって見えたもの もう一つ。。。
d0250051_1316060.jpg

ここここれは、水路を現代的に改修している過程・・・?
手前にはコンパネみたいなものが等間隔に積まれています。
























d0250051_13214244.jpg

奥の方は、固める施工をしたばかりなのかシートのようなもので塞がれているのかよくわかりません。
ここからどういう状態に変化していくのでしょう。
凄く気になります。



















先程水塚に少し触れましたが、水塚を盛る為に家の周囲を掘った跡が「構え堀」のような形状で残っているお宅も昔はあったとの事。近年「蚊がわく」という理由でコンクリートで固めたりしているお宅もあると、志木の水塚を紹介している本に書かれていました。



d0250051_13301678.jpg

そしてありました。荒川の横堤。
上流方からの洪水を食い止める為に、河川に対して垂直に築かれているそうです。

いつも荒川左岸の河川敷から眺めていて、「今にも電車が走ってきそうな、臨場感や疾走感のある不思議な築堤」とかねてから思っていたのですが、右岸から眺めるのは初めてです。

いつも新緑のころや夏場に来ていたので、青々とした築堤が印象に残っていましたが、

冬のこの枯れ感もぐっとくる景色です。ツチノコを彷彿とさせる形状と動物色もいいなあ・・・



そしてそして、かなり年季の入ったポンプ小屋の脇に・・・
d0250051_1339307.jpg




















d0250051_13424694.jpg

いらっしゃいました!
ずっとお会いしたかった、「菖蒲沼の馬頭観音」













d0250051_13441751.jpg

この付近の小名・通俗名として、「馬捨場」「観音塚」がかつて存在し、耕地整理がされる以前の現河川敷にあたる場所に菖蒲沼という沼(近接して大明神沼・中三在沼という通俗名も伝わる)が横たわっていたようです。



d0250051_1403872.jpg

ロケーションも群を抜いていますけれど、とにかくお顔が魅力的でした。
見る角度によっても全く違ってくるし、年月風雨を経てもなお、挑んでくるようなこの強い眼差しが。





















d0250051_1451636.jpg

今にも声が聞こえてきそうな・・・





























d0250051_1463098.jpg




















「てめえどこの中学だよ!?」

・・・私とした事が、言葉遣いが荒々しくなってしまいました
不謹慎で申し訳ありません



更に土手を北に向かって歩いて行くと

d0250051_14111811.jpg

またまた興味を惹かれる小山が土手下に見えました。














d0250051_1416316.jpg

冨士塚?

ここは産在氷川神社(中の宮氷川神社)のなかの「御嶽山」で、この地域が浸水被害にあった際この山に登って難を逃れた方がいたと「水害と志木」の中の記載で読んだ気がします。



















d0250051_14201433.jpg

下の宮氷川神社にあったようなものと同様、上部に空洞部分のある石柱が建っていました。

大分歩いてきたので、神社内のブランコに五分ほど座って一休み。





また、ここのすぐ近くに、お庭に池と太鼓橋のようなものが見えるお宅があって、地図上では神社の表記になっているので気になっています。
(鳥居と、菅原道真風の銅像も建つ)



d0250051_14454529.jpg

河川敷の耕地が、変則的な短冊状に組み合わさって何とも芸術的ですね。
[PR]
by onnbubatta | 2014-05-15 12:00 | 新河岸川 | Comments(4)
Commented by sumizome_sakura at 2014-05-21 04:28 x
ふわ~~、馬頭観音さまですか。

馬頭観音は水難救助の神様でもあるんですよね。水面をすっーと走ってくるイメージがあるみたいで。日本の馬頭観音の旧い例は、若狭湾や琵琶湖北岸や知多半島に集中的に残っているそうです。
湾や湖のような開水面を渡って来る神様の後身なのかなあ、と思っているのですが。

大宮台地東縁の氷川神社も、旧利根川の大湖沼地帯から渡って来る神さまの記憶を感じさせますが、荒川中流の湖沼地帯にも同じような神さまがおられたのかもしれませんね。

Commented by onnbubatta at 2014-05-21 14:09
>sumizome_sakuraさん
水難救助の意味合い、初めて聞きました。
移動や速さと云えば馬、真っ先に駆けつけてくれるイメージでしょうか。本当に地域や時代によって広い意味合いを持たれていたんですね。
北陸や東北の馬頭観音様、調べてみたら秘仏のような扱いでお寺にいらっしゃるケースが幾つかあって、33年とか77年とかに一度の御開帳と聞いて驚きました。午年の特別開帳もあったんですね。

旧い菖蒲沼の周りは大明神沼その他の名前も見られて、耕地整理がなされる以前はかなりの窪地・沼沢地で、中の宮氷川神社と陸続きだった可能性もあるそうです。比較的河道に近い低地の釜のような感じで、水底であちこち水が湧いていたのでしょうか・・・

渡ってきた神様、今は河川敷に留まっているのでしょうか。今も時々移動していたりするのか気になります。

週末、上流の富士見市でも田圃に張られた水の中に浮かぶ馬頭観音様を見ましたが、頂戴した視点でまた画像を眺めてみます。
Commented by sumizome_sakura at 2014-05-22 03:51 x
馬は自動車が普及するまで、人間が使える最速の交通手段だったそうです(笑)。

速いから役立つ、ということもあるでしょうが、速さそのものが「異なる存在」「超え出る存在」を強く印象づけたのではないかと思っています。もちろん馬より速く動ける動物はいますが、馬は人間の近くにいるだけに、人間でなさを強烈に感じたのではないでしょうか。
そういう意味でも、「救い」の乗り物になったのでは。超常の力を馬で象徴する事例は、かなり旧くからあるんです。秘仏というのもいかにもですね。
峠や村境に馬頭観音がよく置かれるのも、本物の馬がどうこう、というより、人間に接する人間でなさの象徴みたいだからではないかと考えています。

そういう意味では、沼や湧水もそうですね。人間の生きる空間のそばにあって、でも「異なるもの」。今はそれが暗渠やか細い流れとして、かろうじて残っている気がします。
Commented by onnbubatta at 2014-05-23 08:52
>sumizome_sakuraさん
馬から暗渠へつながるお言葉、思わず朝から大いに染み入って唸ってしまいました。ありがとうございます。
なるほど、馬というのは人にとって手段であったり友であったり、また水を介在して救いの神(水神?)でもあったのですね。近いが故にその異なりが際立っていたと。
沼や湧水も、駆け寄って近づきたくなる一方で、「遠くから眺めるにとどめた方がいいよ。。」と引き留められる感覚があります。異界(あちら)とこちらの境に立って居るからなのでしょうね。志木市の地名解説本を読むと、よく河童の駒引とか河童信仰を連想させる、という話が出てくるのですが、水界に棲息する神的なものが違う一面を見せて現われているようで面白いです。

これからも、「喪失したようで、しきれていない」「残されたものの発する何か」を感じ取って歩きたいです。


暗渠、猫、池、高低差、崖、弁天、軍遺構、建築、階段、廃線、天体   その他徒然(適当です)


by onnbubatta

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
前谷津川
出井川
蓮根川
石神井川系
田柄川
千川上水
専用水道
渋谷川系
立会川
神田川支流
白子川
藍染川
足立区
地方
石神井川
水窪川
えんが堀
百々向川
蟹川
神奈川
内川
新河岸川
谷中川
さいたま
谷端川
荒川区
葛飾区
千葉
世田谷
江戸川区
中野区
北区
目黒川
未分類

最新の記事

深く険しい谷の変遷を辿る~前..
at 2017-08-17 10:05
薬師の泉からの流れ・・・?板..
at 2017-07-26 16:04
水面に映るもの。逆さ目黒エン..
at 2017-07-13 12:41
江戸川区葛西沖残照~旧海岸線..
at 2016-10-19 14:34
谷端川暗渠。北池袋~下板橋間..
at 2016-06-25 10:21
江戸川区松島3丁目、青の世界..
at 2016-06-15 15:42
旗の台:昭和大学そば。野の花..
at 2016-05-11 12:34
鮮やかに艶やかに散るらむ・・..
at 2016-04-01 14:58
道路計画(大蛇)に飲み込まれ..
at 2016-03-19 15:28
沢蔵司稲荷近辺の麗しい水路跡
at 2016-02-27 12:39

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月

フォロー中のブログ

東京の水 2009 fr...
暗渠徘徊の日々

お気に入り(お邪魔しています)

最新のコメント

> lotus62さん ..
by onnbubatta at 18:10
キタ、ツルマイ池!! ..
by lotus62 at 12:40
>namaさん nam..
by onnbubatta at 20:57
ご無沙汰してます。きょう..
by nama at 12:45
> sumizome_s..
by onnbubatta at 10:16
なるほど、円福寺の南西の..
by sumizome_sakura at 04:21
> sumizome_s..
by onnbubatta at 14:34
> sumizome_s..
by onnbubatta at 09:21
堂山阿弥陀堂ですか。これ..
by sumizome_sakura at 03:13
> sumizome_s..
by onnbubatta at 08:25

検索

アクセス

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧