続・後楽2丁目の水路跡~地籍図から判ったこと

4月に綴った、文京区後楽2丁目の忘れられない水路跡のこと。
前回の「後楽2丁目の水路跡」の記事はこちらです。

あれから更に2度ほど現地周辺を徘徊して、改めて判明したことや周囲の様子、変化などをお伝えします。

まずは6月。私がこの水路跡と出会った地点なのですが、隣接地が更地となり、景色が開けていました。
極狭い水路跡なのですが、大分印象が変わるものです。


今回は諏訪神社側から入って行きました。
風情のある敷石ですが、此処の路自体は水路かどうかはわかりません。

d0250051_17285513.jpg
沿道のおうちの竹柵や緑のしつらいが実に趣深いです。
芭蕉ルックで歩きたいぐらい。

d0250051_17293279.jpg
壺!?用水!大きな文字!


d0250051_17311331.jpg
前回も通っているのに全く気が付かなかった、用水桶(?)。
(ご覧のように、かなり存在感があるのにも関わらず。)
前回はこの付近に可愛い猫ちゃがいたので、そちらに目を奪われたのもあるのかもしれません。


d0250051_17300059.jpg
前回の記事で行き止まりとなった金網。そこを右に進むと用水桶のある小路を抜けて諏訪神社の方に脱出できるのです。



d0250051_17314528.jpg
ぼけてしまったけれど、相変わらず陰鬱で情緒たっぷりの水路跡。傾斜も健在、超ヒューミッド。
またまた壺かと思いきや(新種のトラップか?)溶剤の容器みたいなものがドンと置かれ、前回と何やら雰囲気違う、と思ったら・・・

d0250051_17301310.jpg

隣接地が更地になっていました。
4月に訪れた際は、解体するような素振りなど感じられなかったのですが・・
よりによってこの場所。


d0250051_17531621.jpg

↑こちらが4月。閉塞感凄まじい。
比較してみると、上の6月の画像は「息が出来た」状態なのかもしれません。
これまであまり陽の当たる事の無かったこの水路跡。(比喩ではなく)
隣地が開けた事で、苔の植生に影響があるかもしれませぬ。

d0250051_17305166.jpg

前回ぼけてしまった、行き止まり地点のシャワールーム風の水色扉地点も写真に収めてきました。


そして7月に入って判明したこと、なのですが、別件で牛天神についてちょっと調べ物をしている過程でひょっこり手にした地籍図。
そこにはここの水路跡と、周囲の水路跡がばっちり表示されていました。
たまたまその地籍図に記載されていただけで、他にも水路跡があると思います。
(明らかに川跡であっても特に明示していないケースもあり)

図示すると大体このような感じ。もう図書館で声をあげそうなくらい興奮しました。
d0250051_17234359.gif

薄い水色は前回も示した通り。その延長線上、水色線右下の濃い青色(前回金網で行き止まりになっていた地点)は鍵型に描かれていました。(古い地図でもこのような地割で書かれていたので、これは想定内)
当該部分の痕跡は確認できず。

水色線の上の濃い青線。これは当該水路跡と接続したものかどうかは判然としませんが、地籍図で見ると
崖上にあった(現在一部残っている)三井邸敷地の直下から流れ出しているような水路。
現在の地図上に落としてみると、建物の間を縫うような感じに。

図書館のアフターに現地に直行。気温33~34℃。
日射病に注意しながらの行軍。

d0250051_20551106.jpg
雰囲気はあるものの、明確な痕跡は無し。

d0250051_20564571.jpg
巻石通りに向かって落ちていく感じ。
これだけの落差、滝のように流れていたのかな?

d0250051_08575810.jpg
巻石通り側から。ミニストップ春日2丁目店(画像右)の脇辺りを降りてきたのでしょうか・・・?

そこから先に描かれていた水路は、現マンション敷地(ライオンズマンション)を斜めに突っ切って(大曲給油所のあった地点)、前回ご紹介した水路跡地点(大通りに接面している未舗装部分)の近くに至っていました。


未舗装部分の地点はこちらです。↓(4月訪問時)
d0250051_07484164.jpg
この未舗装部分が、5枚前の画像の「水色の扉」に繫がっているものと思われます


更に。
前掲の地籍図にはもう一本、前回の記事でご紹介した水路跡の南側を流れる水路(微妙な緑色で塗った水路)も示されていました。
諏訪神社を挟むような。
期待を胸に確認しに行きましたが、ここに関してははっきりした痕跡は無し。

d0250051_23144026.gif

建物の並び方がそれらしくはあるけれど。。この水路跡に接する箇所がどこか工事になったりした際に何か判るかもしれませんね。

ここにきて、水路跡、ここも、あそこも!と浮足立ってきたのですが、
よくよく考えたら江戸時代初期は白鳥池~小石川沼と称される大きな湿地帯だった辺り。何だか可笑しくなります。
広大な沼にユラユラ漂いつつ、ミクロな水路跡を掻き分けて行く。
行ったり来たりの、いつも通りの思考の沼へ。

しかし改めて、周りの景色が様変わりする中でよくぞ残っていてくれたものです。ここの名も無き水路跡。 


d0250051_17242338.jpg

d0250051_09204062.jpg

d0250051_09193148.jpg
民家の隙間を埋める用途に、手書きの古い案内板が使われていました。
「この先白鳥橋・・・・右折が出・・・」

d0250051_17255098.jpg
d0250051_17244865.jpg
d0250051_17240268.jpg
近くのマンション建設予定地で、遺跡の発掘調査が行われていました。
二度と見られない地表下の姿が期間限定で露わになっています。
図書館で、ちょっと離れたところの遺跡発掘調査報告書を読んできたばかりだったので大感激。
谷を埋めた、で始まるので喰いつくように読み進めたのですが、文中の

「・・・整理調査の図版作成作業は主にパソコン上で行った。『遺構くん』で図化したデータは・・・」

使うソフトの名前が

「遺構くん」
ここがツボで・・・
新聞販売店店頭にある「ニュースくん」、
昔シークレットシューズで「かかとくん」ってあったような?
(そこの報告書がまた大興奮ものでした。茗荷谷辺り~。発掘調査報告書は一か所読み始めると良い意味で泥沼化するので、いつもどう~どう~と自分を制御するのが大変なのです。青少年か~。)
あと、子供の頃よく読んだたかしよいちさんの「埋もれた日本」も思い出して、外気も暑いけど胸も熱くなりました


d0250051_09053204.jpg
発掘現場の反対側から。
この界隈の何処を歩いていても目に入ってくる、住友不動産のビル。
「洒落たタワーですな。」と独り風景に話しかける。
白鳥池・小石川沼の畔に聳えるのは、「泉」を屋号に持つ住友の塔である・・・
時折、時空がユラユラし始めた時に、この近代的なビルの鏡面にふと沼が映り込む瞬間があるのかもしれない・・

d0250051_17241386.jpg
諏訪神社の参道前の商店街にて。風に吹かれて揺れていた文京朝顔ほおずき市の幟。
古地図プリントに見入ってしまいます。(エンマ様がちょこんと鎮座!鎮座しているようでもあり、飛来してきた雰囲気もあり。)

地籍図、今回初めて手にしたような気がしますが、独特の匂いが立ち上っておりました。。(折りたたまれた薄紙の地図が何枚か収録されている。)
綺麗に製本したものも別にあって、そちらの方が扱いやすいのですが、匂いはともかく閲覧するなら折り畳みの古いバージョンの方が水路線の青が濃いので満足度が高かったです。

お昼御飯も食べずに、炎天下を無我夢中で歩きました。
(結局15時半過ぎに、うどん市というお店で天ざるにありつきました・・・昔よみせ通りに同じ名前のお店があって、ついつい懐かしくて。)

そろそろここの水路跡にも何か呼び名を付そうか・・・「後楽二丁目の水路跡」「前回の記事の水路跡」じゃ、もどかしいものね。



[PR]
by onnbubatta | 2015-07-18 09:57 | 神田川支流 | Comments(6)
Commented by lotus62 at 2015-07-24 11:50 x
おお!いつの間にか続編を書かれていたのですね。以前の記事を拝読して私も現地に行き、(更地にになった後を)見てきたのでとてもわくわくしながら読ませていただきました。やっぱし更地前も見ておきたかったなあ…。
それにしても地籍図すごい!でかい獲物仕留められましたねー。この記事を参考にさせていただき私もまた行ってみます!
Commented by onnbubatta at 2015-07-26 10:45
>lotus62さん
はい、今回は割と新鮮な状態であっという間に記事にしました。lotusさんが「再開発の気配が・・」とtwitterでレポートされていたのが、遅ればせながら今回切実に解った気がします。更地前のブロック塀の閉塞感、貴重でした。今なら頭上レベルでは日傘をさせるくらいの幅員が確保されていて、これも期間限定で味わえる風景かもしれませんね。遺跡の発掘現場も見られるかもしれませんので、是非お出掛けになってみて下さい~。
ふと手にした地籍図ですが、此処以外でも私がずっと独り秘密裏に?温めてきた(親鳥か)水路もアッサリ記載されていたりして、寝食を忘れてのめり込みましたよ。
Commented by sumizome_sakura at 2015-08-30 03:35 x
一か月以上遅れで読むことになりました。ごめんなさい。

なるほど、安藤坂の西側に水路があったわけですか。『江戸名所図会』の牛天神社の図に描かれていた樋は、たぶん安藤坂の東側なので、坂をはさんで平行する?水路がもう一つあったことになりますね。
牛天神下は水が集まる場所だったのかもしれません。「往古は入江」というのはどうやら伝承で、春日町の遺跡の発掘報告によれば、江戸時代の前にすでに、開水面というよりも沼沢地になっていたみたいですが。
現実には水が大量にはなくても、水を「幻視」する場所だったように思えてきました。

なので、「別件で牛天神についてちょっと調べ物」というのにも、実は興味をひかれました(^^。
Commented by onnbubatta at 2015-09-02 09:44
>sumizome_sakuraさん
以前教えて頂いた安藤坂の東側に位置するであろう箱樋のお話を念頭に、ちょうど牛天神と水戸藩邸の境辺りに狙いを定めて歩いたりしたのですが、まだ考えがまとまっていません。よく眺めている「復元江戸情報地図」では、水戸藩邸の敷地四方を取り囲むように堀のようなものが描かれていてその西端付近が牛天神と近接しているようにはみえるのですが。
幻視とは、実に心に響く言葉を頂戴した感じです!sumizome_sakuraさんのコメント内の語がいつも素晴らしくて、自分でも使ってみたくなります。記事中でも住友のタワー鏡面に移る沼を「幻視」した所でしたので。
実は牛天神(小石川区)に関しては、これまで位置立地地形をあまり把握していませんでした(本郷区出身)が、南側の湿地からの比高差が想像以上でした。元は現在の位置より東寄りだったとか。調べていたのは南側にかつて在った急な参道石段(江戸名所図会にも描かれている)について等々なのです。後楽園周辺に関しては要素が多く、下書きのまま、どこまでを一つの記事として綴るか、もがき続けて夏が過ぎ去ろうとしています。沼に足を取られたのかもしれません。泥で埋まってしまうかも。
Commented by sumizome_sakura at 2015-09-03 05:21 x
実は昔、春日1丁目12あたりに住んでいたので。読んででいろんなことが頭をよぎるのですがww。まず、こちらの方に。

牛天神の南側の参道石段は、ご存知かもしれませんが、姿をかえて残っているようです。境内に一部建物がかかっている、たぶん春日タウンホームだと思いますが、その内部に階段があって、牛天神下交差点につづく駐車場めいた細長い区画とつながっています。出入り口の扉が施錠されていて、どうも神社関係者以外入れないようですが。
みつけたときは、「あ、こんな姿に変身して残っている!」とちょっと感動しました。

後楽園付近の場所は、独特な、不思議な感覚がありますね。ぼくもまだうまく言葉にできないのですが。
とても「水」を感じさせる。だから白鳥池の伝承も納得できるのですが、発掘調査報告をみるかぎり、開水面じゃなくて湿地だったみたいで。その二つのずれに結構苦しみました。今も解決していないのですが、とりあえず、その二つはどちらも正しいんじゃないかと思っています。

「水」と「陸」をくっきり区別して感じること自体が、人工的な堤防や護岸が整備され始めた江戸時代以降の感覚ではないか、と。それ以前は、この二つはもっと交じり合い、併存していた。それこそ泥や沼のように。
後楽園近辺はとりわけそういう場所で。そして、そこに今も濃厚に残る「水」の記憶や痕跡を、江戸時代以降の人が具象化すると、池のような開水面を想像してしまうのではないか、と。
水を「幻視」する、というのはそういう感覚の表現でした。

でも、これはこれで真面目に考えていくと、それこそ沼に足を取られ、泥に埋まっていく感じがしてきます……。

Commented by onnbubatta at 2015-09-05 09:42
>sumizome_sakuraさん
何と。墨染桜さんの馴染みの界隈だったのですね。
そして、ここ暫く悶々としていた牛天神の南側石段の件!当該石段の事考えてるの世界で私だけ」的な心境でしたので早速解決?して感動しております。ありがとうございます。東京の階段DBというサイトで「戦後、ビル兼社務所建設に伴い、石段は廃された」という内容の事が書いてあった以外にWEBでは手掛かりが無くて・・いくらなんでも、江戸名所図会で描かれたような新御茶ノ水駅のエスカレーターを彷彿とさせる参道石段(誇張もあるかも)がスパッと無くなって何の記録や記憶にも綴られていないのが不思議で(資料に当たれていないだけかも)・・・
春日タウンホームは牛天神の結婚式場としても使われていたようですね。まさか石段が内包されているとは・・・!本当に石段から転げ落ちそうなくらい驚きました。入居者お友達が欲しい物件目録に追加&神職になりたい(ガマ池マンション等が登録済み)。
後楽園周辺を水目線で歩き始めて日が浅いながら、未だ掴み処がない感じはあります。牛坂も海に因んだ別名があったりして。水がヒタヒタしている時とそれほどでもない時、様々な期間のレンジで変動して揺らいでいたのでしょうか。どっちつかずで、決定打のない風景については、何だかそれこそ飲みながら(グラスを満たしたり飲み干したり)ああだこうだ語りたいですね。
発掘調査報告書は、ひょっとして国際仏教大学大学院の敷地のでしょうか・・?(谷を埋めた説明がカラー写真で収録されている素晴らしいもの)


暗渠、猫、池、高低差、崖、弁天、軍遺構、建築、階段、廃線、天体   その他徒然(適当です)


by onnbubatta

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
前谷津川
出井川
蓮根川
石神井川系
田柄川
千川上水
専用水道
渋谷川系
立会川
神田川支流
白子川
藍染川
足立区
地方
石神井川
水窪川
えんが堀
百々向川
蟹川
神奈川
内川
新河岸川
谷中川
さいたま
谷端川
荒川区
葛飾区
千葉
世田谷
江戸川区
中野区
北区
目黒川
江東区
未分類

最新の記事

江東区南砂5丁目の残存蓋暗渠
at 2017-11-04 20:05
深く険しい谷の変遷を辿る~前..
at 2017-08-17 10:05
薬師の泉からの流れ・・・?板..
at 2017-07-26 16:04
水面に映るもの。逆さ目黒エン..
at 2017-07-13 12:41
江戸川区葛西沖残照~旧海岸線..
at 2016-10-19 14:34
谷端川暗渠。北池袋~下板橋間..
at 2016-06-25 10:21
江戸川区松島3丁目、青の世界..
at 2016-06-15 15:42
旗の台:昭和大学そば。野の花..
at 2016-05-11 12:34
鮮やかに艶やかに散るらむ・・..
at 2016-04-01 14:58
道路計画(大蛇)に飲み込まれ..
at 2016-03-19 15:28

以前の記事

2017年 11月
2017年 08月
2017年 07月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月

フォロー中のブログ

東京の水 2009 fr...
暗渠徘徊の日々

お気に入り(お邪魔しています)

最新のコメント

>lotus62さん ..
by onnbubatta at 21:47
これはありがたい…。早速..
by lotus62 at 18:27
> sumizome_s..
by onnbubatta at 07:22
9/23の土曜日、足なら..
by sumizome_sakura at 17:34
> lotus62さん ..
by onnbubatta at 18:10
キタ、ツルマイ池!! ..
by lotus62 at 12:40
>namaさん nam..
by onnbubatta at 20:57
ご無沙汰してます。きょう..
by nama at 12:45
> sumizome_s..
by onnbubatta at 10:16
なるほど、円福寺の南西の..
by sumizome_sakura at 04:21

検索

アクセス

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧