続・志茂の小水路跡~サウンド・オブ・西蓮寺

昨年、筋のような、函型水路跡特集と題した趣味の小部屋的な記事でご紹介した、北区志茂の風情ある水路跡。

ちなみに志茂の歴史についてwikiで引くと「正保期に天領となり、その後小石川伝通院・浅草幡随院・谷中南泉寺等にも分け与えられた」
とあります。古地図で見るとこんもりと集落が集まっていて、わくわくの微高地。

この水路跡周辺の接続関係のちょっとした判明(※まあこの辺りは水路跡だらけではありますが~と嬉しい注釈、というかことわり)と、新たな小水路跡の発見がありましたので綴ります。

旅の冒頭、隣駅の赤羽岩淵の駅出口、通りに出ると案内地図版があって便利なのですが、謎の亀裂が・・・
どうしたんだよーー
d0250051_10141983.jpg
製菓用のチョコペンで描いたような謎の線。
こんな道路計画でもあるというのか?・・ちなみに同様の案内地図が少し離れた場所にもあったのですが、同じような形状の亀裂入りだったので、作為によるのか、素材によるのか
悶々としました。いきなりの洗礼ではあります。

気を取り直して水路跡へ・・・

場所は志茂4丁目の西蓮寺さんというお寺さんの敷地西端。

d0250051_10300263.jpg



落ち葉が結構堆積しているなあ。
去年の方が猫ちゃも居て良い雰囲気だったかな・・・?
下は去年春の同じ場所。
この場所が素敵なのは、光の入り込み具合もあるのだろうな。


d0250051_10314962.jpg
去年も感じたのは、この辺りでは猫がたくさん見られるという事。それも再訪の一つの楽しみとしてやってきました。

公図で見た感じだと、こんな具合に接続しているようでした。
更に西蓮寺の北側の道を回って、最終的に隅田川に達していたようです。(後で示します。)
d0250051_10370326.png

d0250051_10440403.jpg
芝生敷きの部分から、写真手前(西蓮寺の別院:福聚観音脇)までも水路跡の模様。
写真奥、芝生敷きの先が上の写真の水路跡に接続するようですが、確認は出来ません。
(芝生敷きの先、画像では左方向(北方向)に走る水路跡が、先程上げた猫のいる水路跡写真)

写真手前側の道へ抜けると、静かな商店街(跡?)というか、昔は商店が集積していたのだろうなという通りに出てきます。
(記事最後の方に出てくる、小柳川の案内地図にて「旧道」と記されていました。)



d0250051_10512755.jpg
オクヤミハナ・・・
何かの呪文のような響き・・・

d0250051_10574915.jpg
西蓮寺入口に向かう道の角に位置する庚申堂。
遠目から、猫がいるのかしら?と思ったら
d0250051_10580844.jpg
直接、バナナが置いてありました・・・結構熟していて食べ頃になっています。
何でバナナ?そんなバナナ。庚申堂でふと香る南国の風。


庚申堂の少し北に行くと、西蓮寺の別院:福聚観音(コンクリート造りなので、最初観音堂と認識できませんでした)があり、そこを折れると水路跡に接続する暗渠?になるようです。自動おみくじ機が設置されていたらしく、寄ればよかったと後悔。

西蓮寺さんは昨年同様、門が開いていないので中の様子は確認できませんでしたが、昔の地図を見ると池がある(庭園でしょうか)ようなので、見学の機会が有ればよいなあ。


そして今回新たに出会った水路跡。


d0250051_11105737.jpg
画像左側のマンホール具合、どうみても明示している。。何かが横切っている。
その方面の方々は、上の画像をみたらその匂いに敏感に反応すると思うのですが、


d0250051_11133740.jpg
囚われの身となった姫のような小溝が・・・!!


d0250051_11151432.jpg
姫よ!せめてそのお姿だけでも金網越しに拝ませて・・

d0250051_11154931.jpg
排水ホースを受け止めたり、様々な部材を差し向けられたり、プランターを乗せたブロックを橋さながらに渡されたり・・・
健気な姫は金網越しに見るに留まり、ペルセウスにはなれませんでした(あっさり。)
排水路なのか、元は用水路の末端なのか・・
姫は華やかなりし頃を想って憂いの表情を浮かべておりましたよ。

この奥は(南側方向)廻り込んだけれど痕跡無し。
ではマンホールの反対側は、どうなっていたかというと。。


恐る恐る入っていきます。

d0250051_11222791.jpg
最初は非常に素っ気ない姿。


d0250051_11231444.jpg
静寂に包まれながらも、艶やかな変化の予感を見せ始めます・・




d0250051_11235946.jpg
見よ。この妖艶な姿態を。潤っているねえ・・
はあ。。。ドキドキしてくる。


d0250051_11252934.jpg
あまりにドキドキし過ぎて、マンホールも若干浮き上がってきてて。石臼と化しているのですが・・

苔むす侘び寂び感と、妖艶な変化を目の当たりにして頭が混乱してくらくらしているので、茶葉でも引いて一服していきたい気もします。



d0250051_11274829.jpg
この奥は左方向に折れていくのですが、


d0250051_11292952.jpg
再び右方向へ折れていく模様。さらにその奥の踏査は断念。


d0250051_11304662.jpg
引き返すと、対岸に囚われている姫が再び見えてきます。


d0250051_11351468.png
グリーンのラインが苔むす石臼水路跡、ピンクの部分が金網に囲われた囚われの姫:水路跡。(ピーチ姫かアンドロメダか。)

d0250051_11472979.jpg
「小溝の周りを行ったり来たりしている、ちょっと様子の変なひとが来たよ」
「剣呑、剣呑」

鼻筋の白い部分が極細の仮面猫ちゃん。鼻筋が水路跡にも見えてくるね~。
d0250051_11481768.jpg
「やっと去ったよ。良かった良かった。」



d0250051_11491064.jpg
ほどなくして現われたのは木製のトレリスフェンスの上に、アンバランスな格好で寛いでいた猫ちゃ。再び黒白さん。
「お控えなすって~」


d0250051_11521594.jpg
左の前脚と後脚だけトレリスに載せるニヒルな猫ちゃ。
「この体勢、オリジナルなんだけど意外に落ち着くんだよね。」


参考:去年、この辺りに居た猫。志茂という街は曲がりくねった内臓のような温かさを持っているのと、可愛い猫ちゃんに会えるのがその印象の大部分を占めていて、水の匂い=猫、のつながりを強く感じさせる象徴的な街だと感じています。微高地LOVE。



d0250051_11550001.jpg
「・・・ご飯持ってないの?帰っていいよ。」

d0250051_11552260.jpg
気をつけ、ポーズで丁重なお見送り。可愛すぎ♡二匹間の微妙な距離も♡




d0250051_12013803.png

グリーンのラインがここまでご紹介してきた水路跡。
紫マーク(上)が西蓮寺の別院:福聚観音、紫(下)がバナナの庚申堂。
ピンクで囲ったのは、志茂七溜商店街。(素晴らしい名称)

古地図では、ブルーのライン、西蓮寺の北側を回って隅田川に落ちる水路跡も見られたのですが、明確な痕跡はなし。
落ち口周辺は日本化薬の工場や工場跡が広がっていました。


d0250051_12074220.jpg
d0250051_12082177.jpg
d0250051_12080114.jpg
日本化薬の銘入りプランター。
雑草が植わっておりました。
d0250051_12083896.jpg
何かのマンホール。


d0250051_12085806.jpg
巨大な工業用水タンクが目を引きます。
自分ではどうしようもできない巨大な物体を前に、被圧されそうです。

日本化薬で面白いのは、この北区側の工場~隅田川を挟んで対岸の足立区新田側の工場を渡す業務用の渡し船があるんですよね。




ここまで来ると、小柳川暗渠(オレンジライン)もすぐ近く。

d0250051_12092023.jpg
電柱プレートの「小ヤ洲」表記。
小柳川に架かっていた橋「小梛洲橋」、「小柳川」両方から来ているのでしょうか、漢字カナ混じりの表記にはゾわぞわする、皮膚をザラッと撫でられるような感覚があります。
「梛」はやはり熊野神社由来の地名なのかな?

d0250051_12094468.jpg
割と近年に整備された公園の一角に建てられた、小柳川に関する説明版。
古写真に拠る地点説明まで為されていて充実していました。




[PR]
by onnbubatta | 2015-11-26 20:46 | 北区 | Comments(2)
Commented at 2016-10-04 16:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by onnbubatta at 2016-10-05 15:33
>非公開コメント様
コメントをありがとうございます。
稲付川は、姥が橋より上流は歩いた事があるのですが、下流は本当に断片的にしか歩いていなくて、かねてからちゃんと歩きたいと思っている川なのです。
すぐ脇の小学校の昔話で、近くにかつてあった射撃場の弾が川に落ちているのを子供たちが拾ってきて騒ぎになった
とか。。
交差点の階段を谷底へ降りて行く感じ、とても雰囲気在りますよね。


暗渠、猫、池、高低差、崖、弁天、軍遺構、建築、階段、廃線、天体   その他徒然(適当です)


by onnbubatta

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
前谷津川
出井川
蓮根川
石神井川系
田柄川
千川上水
専用水道
渋谷川系
立会川
神田川支流
白子川
藍染川
足立区
地方
石神井川
水窪川
えんが堀
百々向川
蟹川
神奈川
内川
新河岸川
谷中川
さいたま
谷端川
荒川区
葛飾区
千葉
世田谷
江戸川区
中野区
北区
目黒川
未分類

最新の記事

深く険しい谷の変遷を辿る~前..
at 2017-08-17 10:05
薬師の泉からの流れ・・・?板..
at 2017-07-26 16:04
水面に映るもの。逆さ目黒エン..
at 2017-07-13 12:41
江戸川区葛西沖残照~旧海岸線..
at 2016-10-19 14:34
谷端川暗渠。北池袋~下板橋間..
at 2016-06-25 10:21
江戸川区松島3丁目、青の世界..
at 2016-06-15 15:42
旗の台:昭和大学そば。野の花..
at 2016-05-11 12:34
鮮やかに艶やかに散るらむ・・..
at 2016-04-01 14:58
道路計画(大蛇)に飲み込まれ..
at 2016-03-19 15:28
沢蔵司稲荷近辺の麗しい水路跡
at 2016-02-27 12:39

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月

フォロー中のブログ

東京の水 2009 fr...
暗渠徘徊の日々

お気に入り(お邪魔しています)

最新のコメント

> sumizome_s..
by onnbubatta at 07:22
9/23の土曜日、足なら..
by sumizome_sakura at 17:34
> lotus62さん ..
by onnbubatta at 18:10
キタ、ツルマイ池!! ..
by lotus62 at 12:40
>namaさん nam..
by onnbubatta at 20:57
ご無沙汰してます。きょう..
by nama at 12:45
> sumizome_s..
by onnbubatta at 10:16
なるほど、円福寺の南西の..
by sumizome_sakura at 04:21
> sumizome_s..
by onnbubatta at 14:34
> sumizome_s..
by onnbubatta at 09:21

検索

アクセス

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧