カテゴリ:千葉( 1 )

花見川(千葉)の梵天

埼玉の志木近辺の低地をふらふらしている最中ですが、春の季節要素が色濃い記事を一点綴りたいと
思います。

今は足が遠のいてしまったものの、子供の頃の記憶では千葉方面の事は季節の風物詩として思い出されます。

春先に、花見川付近の柏井からもたらされる竹の子。
夏の稲毛海浜公園プール。この世にこんなに楽しい場所があったのかと。まさに楽園ですね。



ふと思い立って花見川辺りを流れてきました。

ところで梵天(ボンデン)とは何か。このことに初めて触れたのは、足立区の暗渠を彷徨っていた頃、
「足立ブックレット」という地域資料に「足立区のボンデン祭り」が紹介されていたのです。

「梵天」は五色の色紙で幣束を作り、集落の厄災除けを祈願するもので、出羽三山信仰と深く結びつく
行事だとされているようです。


京成八千代台から東へ歩いたのですが

d0250051_15254426.png

























d0250051_15273563.jpg

それほど歩かないうちに見事に顕著な谷地形に遭遇しました。
対岸然とした連続した樹林も相まって、「もう花見川に着いちゃったの!?」と一瞬当惑しました。
歩道橋の辺りが谷底で、ちょうど八千代市と千葉市の市境。
















d0250051_15354370.jpg

しかし道路を挟んでどちらの側にも水やら暗渠の気配無し。こんなに立派な谷なのに・・・

ここについては後々追うことになります。初めての千葉暗渠になるか?

しかしここの歩道橋の錆びぶりは目を見張るものあり。



花見川に至るまでの道、途中からは人が歩いていなくて、形ばかりの歩道というか・・・
垂れ下がってくる竹の葉を手で持ち上げつつ通行した場所もあります。

この辺りは竹藪が多くて、歩道にも竹の地下茎?が越境して各所で盛り上がり、コケそうになりました。
とにかく竹の持つ力に改めて圧倒されます。

d0250051_15404021.jpg

花見川に架かる「柏井橋」。これ架け替え工事中?

花見川を目指してきたはずが、橋のそばには「印旛放水路」名乗りの看板がありました。
訳が有りそうです。





d0250051_1543770.jpg

はじめましての花見川、この地点では渓谷状に見えます。
遠くから見ると、昔の船と船頭さんの姿みたい・・・


























d0250051_15473036.jpg

写真中央付近、川岸に小流が注いでいる箇所にたんぽぽのようなものが見えています。
梵天(ボンデン)を見つけました!






















d0250051_15533679.jpg



































d0250051_15571469.jpg

川岸で何かを待っているかのような姿。






























千葉県は出羽三山信仰が盛んな地域なのだそうです。
千葉中央博物館のサイトで、出羽三山信仰に関する写真が紹介されており、その中に
おそらくこの場所にボンデンを設置しているであろう様子の写真が掲載されていました。
これはボンデンの中でも「白梵天」と呼ばれるもの。

各地域の梵天の写真や習慣が紹介されていて、どれも美しいものです。
「梵天にみる房総の出羽三山信仰」 で検索するとご覧になれるかと思います。


山に対する信仰・・・で川岸に梵天=神様の依り代、を立てるのが興味深いところです。



d0250051_1614563.jpg

こちらが、集落の入口に立て掛けるという「色梵天」でしょうか。
足元には先代のボンデンが横たわっていました。
里のような静かな集落の中にひときわ映える五色のボンデン。






d0250051_16162260.jpg



































d0250051_10415082.jpg

木板の塀が印象的で、とても静かな里のような雰囲気の土地でした















d0250051_10435377.jpg

道路わきの、土が露出している箇所に在ったもの。
近づいたのですが、何が刻まれているのかは判りませんでした。
























そして前述の柏井橋の傍にある看板。花見川ではなく印旛放水路と脇に示されていて、
d0250051_1055146.jpg

拡声器=アナウンス
右記=つぎ
危険=あぶない

ふりがなというか読ませ方にうなるものあり。










花見川ビギナーということもあり、まだまだ研究途上。説明はアウトラインにとどまりますが
現状は印旛沼から東京湾まで一本に続いているように見える水路、往古は平戸川と花見川という
別々の川だったものを、分水界を開削する難工事を繰り返した末につなげたものだそうです。
(「あばれ沼の蛇と食」より。)
流域に点在する共同墓地には、印旛沼掘割普請に関わって命を落とした人が埋葬されているとの事。

柏井橋の近隣にも共同墓地がありましたが、近年2m程の白蛇さんが見つかった事で話題になったそうです。


河川管理上は大和田排水機場から東京湾までを花見川と呼ぶそうですが
元々の花見川は犢橋町辺りを水源とする自然河川。今では花見川の支流として位置づけられる「犢橋川」
が花見川の本流であったようで、「首都圏大地震揺れやすさマップ」でも、
「谷底平野の発達度合からして、こちらが(犢橋川)が花見川の本流であったと考えられる」との記載がありました。


d0250051_11214829.png

「神場公園」付近の細い流れが現・犢橋川。

古地図(今昔マップ等)で見ると「さつきが丘団地」の場所に四本くらい連続して谷津がぶら下がっているのが圧巻です。













d0250051_11264866.jpg














犢橋川の水路を地図上で辿っていくと、丁度千葉北インターの辺りに調整池のようなものがあるのですが、その付近が源流なのでしょうか。

たまたま「千葉県の謎」みたいな本を読んでいましたら、マツコDX(この略でいいのかしらとふと)さんが
犢橋高校のご出身だそうです。マツコさんもこの川沿いを歩いていたりしたのでしょうか。
・・・にしても、犢橋の犢の字、難しく面白いですね。



d0250051_1142317.jpg

柏井橋の下が「花見川サイクリングロード」になっていて、白梵天を見るために降りてみましたら
橋裏に先程と同じような看板が設置されていました。











d0250051_11454928.jpg

こちらが、その警報器でしょうか。
早押しクイズのボタンのように見えます



























d0250051_1148121.jpg





















地図を見ると、花見川を臨む丘の上に水神社があるようなので、寄って帰ります。

d0250051_11512110.jpg


































d0250051_11515050.jpg

フリースの毛布を掛けてもらっている神様?仏様?















d0250051_11544771.jpg

凄く気になる。プリントの背後に、続きが書かれていたのかいないのか。

プリントが先か落書きが先か。

思わぬ場所に問いが存在しました。








d0250051_1213035.jpg

冒頭で登場した顕著な谷。
「芦太川」という、花見川の支流高津川のそのまた支流の刻んだものでした。
全区間ではありませんが辿りましたので、また追ってご紹介できればと思います。


















ここにきて、川観点で千葉を歩いてみようという気持ちが急速に高まってきている今日この頃です。

ちなみに、足立区のボンデン祭りは毎年4月8日に執り行われるそうです。

そういえば、昔の大河ドラマ「独眼流政宗」で幼き日の政宗の名前が梵天丸だったなあ・・・なんて思い出しました。「梵天丸もかくありたい」って名台詞ありましたね~
[PR]
by onnbubatta | 2014-03-26 12:13 | 千葉 | Comments(0)


暗渠、猫、池、高低差、崖、弁天、軍遺構、建築、階段、廃線、天体   その他徒然(適当です)


by onnbubatta

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
前谷津川
出井川
蓮根川
石神井川系
田柄川
千川上水
専用水道
渋谷川系
立会川
神田川支流
白子川
藍染川
足立区
地方
石神井川
水窪川
えんが堀
百々向川
蟹川
神奈川
内川
新河岸川
谷中川
さいたま
谷端川
荒川区
葛飾区
千葉
世田谷
江戸川区
中野区
北区
目黒川
未分類

最新の記事

深く険しい谷の変遷を辿る~前..
at 2017-08-17 10:05
薬師の泉からの流れ・・・?板..
at 2017-07-26 16:04
水面に映るもの。逆さ目黒エン..
at 2017-07-13 12:41
江戸川区葛西沖残照~旧海岸線..
at 2016-10-19 14:34
谷端川暗渠。北池袋~下板橋間..
at 2016-06-25 10:21
江戸川区松島3丁目、青の世界..
at 2016-06-15 15:42
旗の台:昭和大学そば。野の花..
at 2016-05-11 12:34
鮮やかに艶やかに散るらむ・・..
at 2016-04-01 14:58
道路計画(大蛇)に飲み込まれ..
at 2016-03-19 15:28
沢蔵司稲荷近辺の麗しい水路跡
at 2016-02-27 12:39

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月

フォロー中のブログ

東京の水 2009 fr...
暗渠徘徊の日々

お気に入り(お邪魔しています)

最新のコメント

> lotus62さん ..
by onnbubatta at 18:10
キタ、ツルマイ池!! ..
by lotus62 at 12:40
>namaさん nam..
by onnbubatta at 20:57
ご無沙汰してます。きょう..
by nama at 12:45
> sumizome_s..
by onnbubatta at 10:16
なるほど、円福寺の南西の..
by sumizome_sakura at 04:21
> sumizome_s..
by onnbubatta at 14:34
> sumizome_s..
by onnbubatta at 09:21
堂山阿弥陀堂ですか。これ..
by sumizome_sakura at 03:13
> sumizome_s..
by onnbubatta at 08:25

検索

アクセス

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧