カテゴリ:江戸川区( 3 )

江戸川区葛西沖残照~旧海岸線の痕跡を追い求めて

d0250051_12243506.jpg

江戸川区松島を皮切りに今年は何のお呼びか、江戸川区を断片的に歩いていて、先般は妙見島初上陸を遂行。
「島」巡りに勤しんでいました。
そんな中で、南へ南へ、葛西沖まで押し流されてきた感じです。

江戸川区の左近川より南側、かつての堀江町辺りから、かつての海岸線や海の名残を探して歩きます。
遠ざかった海辺の他、失われた水辺の風景について気づいたことを綴っていきます。徒然と。

品川や大森と比較したら、海の記憶がまだ新しい、近い方なのではないかしら。。などど淡い期待も込めています。
それが良いのか悪いのか。

d0250051_11235052.png

今昔マップ(1896-1909)より引用させていただきました。

かつての海岸線の形が何と明瞭な事!!
そして、現代の地図でも「450号線」として海岸線の形が見事に継承されていることに驚きます。

海岸線の原型は、江戸時代に進められた新田開発により形成されたもので、葛西から浦安にかけての海は「葛西浦」と称し、三枚洲と呼ばれる我が国でも有数の干潟が形成され、大小さまざまな砂州(大三角・小三角・上蜆島・下蜆島など)が点在し、遠浅の海岸ではかつて貝や海苔の養殖が行われていました。

左の古い地図の中央辺りを流れるのが左近川。左近川の南側が旧堀江町で、かつては千葉県行徳の所領(飛び地)、1895年に東京府南葛飾郡葛西村に編入されたのだそうです。境界の地だったのですね。

確かに「東京都市地図」で明治の頁を見ると、左近川が「江戸川」の表記になっていて県境の線が描かれていました。
(帝都地形図の解説文では古江戸川、江戸川の分流、と記載されています)

一方、埋立られて新たに生まれた土地が「臨海町」「清新町」。

葛西の南辺りは新しい街のイメージが色濃いながら(たぶん臨海町のトラックターミナルとか清新ニュータウンの方に強く引っ張られている)、「左近」などと何か旧い文字が・・・心くすぐられる時が到来。

以前、雑誌「散歩の達人」で葛西の団地の方(ざっくりした記憶)にある、かつての海岸堤防の碑のようなものが1ページで紹介されてて、心に留まっていたのですが、なかなか葛西方面に足が向かず・・・

時は満ちて、「堀江団地」で下車して歩いて見ることに。
 
海岸線全ての踏破はしていないものの、まずは岬のような突端地形が目についたのでそちらを目指します。

d0250051_11412035.jpg
写真左側が陸地、植栽帯より右側がかつての海になります。
見事なカーブを描いています。緑地の中に異物のようなものが埋まっていますが・・・

植栽帯は「健康の道」として車道より一段高い位置に設けられており、一度こちらのゾーンに入ると、なかなか下界に降りられなくて後悔しました。やめられない緑道。(緑陰を掻き分けて降りるのにはちと高さがあるのです。)

d0250051_11464718.jpg
鼻・・・まさに突き出した岬!(この石碑の説明は健康の道側からでないと読めません。この界隈、史跡とかなさそうなイメージだったので嬉しくて熟読。)

d0250051_11481676.jpg

“昔、この地は「将監の鼻」と呼ばれ、海への玄関口として知られていました。”

確か、手持ちのワラジヤさん昭和41年の地図でも左近川の河口が「新漁港」と表記されていてなるほど、とは思ったのですが・・・

かつての武田家家来の向井氏の流れを汲む、幕府水軍の船手頭・向井将監が住んだことに由来すると伝えられているとの事です。

23区に「鼻」地名の岬があったなんて。岬ウォッチャーのわたくしとしたことが・・・

俄然、前掲の今昔マップの古地図が、将監さんのお顔に見えてきたのです。


d0250051_14405212.png

1945年の国土地理院空中写真より。
矢印がの地点が「将監の鼻」になります。

左・東京方面を向いた人の横顔そのもの・・・鼻があって目の窪みも。大きく開いた口元は咆哮か、慟哭か。
喉元の辺りの三角州が、かつて大三角と呼ばれた壮大な中洲で、現在のディズニーランドがある一帯です。稲妻のような亀裂に目を奪われます。じわりじわりと、触手やら菌の様にも見え。
干潟とか洲とか、写真ごとに形が違ったりして面白い。。。一つとして同じものはないでしょうから。

脳内メーカーの横顔を彷彿とさせますね・・


d0250051_12042913.png

1965年。開いた口が塞がらない、といったところでしょうか。(は?)

埋立事業は1972年頃から本格的に進められていきます。
高度成長期には産廃業者による不法投棄、工場排水による海洋汚染など様々な受難に直面する葛西南端域。慟哭は、そこに起因しているのかもしれません。
(六価クロムの不法投棄も堀江町を発端に社会問題化)


d0250051_12163441.png
1974年。将監さーーーーーーん・・・!

かつてのくっきりとしたフェイスラインは失われて、新しく出来た土地と馴染んで埋没しつつある過程にもえます。つぶらな瞳(学校?)まで出来ていますね。(横顔美人とか横顔からのアングル、英語で何か表現あったような気がするのですが思い出せません。今ここの場で使ってみたかったのに~。バックシャン、みたいなノリで。)

横顔と云えば正岡子規だけれど、葛西には将監さんが居る。というより、居た。

左近川は新たに、荒川まで新水路が切り開かれています。


この時代の住宅地図には、将監の鼻辺りに「おきな釣堀」という施設が見てとれます。
 
同じく将監の鼻付近、時代を遡って帝都地形図収録の昭和18年の地図において、「潮干狩り休憩所」の表記と共に鳥居の記号が二つばかり描かれている点、ザワザワする感覚を覚えます。

現地を歩いた際には、そういった「水面の記憶」のような匂いは感じ取れませんでした。海側は高い生垣で隔てられており、向こうの様子すら見えにくかったので。(物流関係の施設とは判りましたが)

茫洋たる海が本当にここにあったのかなあ・・・


埋立には陸上土と浚渫土が使われたとの事。埋め立てられる前の、不法投棄に見舞われた周辺写真を「今よみがえる葛西沖」で見ることが出来ます。


d0250051_12402446.jpg

車道側に降りて確認した、将監の鼻の石碑と「旧海岸堤防」プレート、堤防の痕跡構造物。


d0250051_12422998.jpg
電柱の「埋立」プレート。(「将監の鼻」だったら良かったのに、と独りごち。)

d0250051_13032986.jpg
将監の鼻から北上して、緑地帯と車道を隔てる擁壁の素材が変わるあたり。

この辺りにかつて「江東天然瓦斯興業」の採掘場がありました。南葛西~西葛西付近は天然ガスの採掘が盛んで、地下水と一緒に汲み上げた結果、一帯が激しい地盤沈下に見舞われた歴史があります。
 
このまま、左近川がかつて海に注いでいた場所にある「海岸水門」の遺構が残されている場所まで歩きます。

d0250051_13355931.jpg

写真に見える水面は左近川の一部(中間地点辺り)でやや広い水域。まるで池に面した公園のような場所ですが、かつては東京湾に面した河口かつ港でした。ちなみに、左近とは前述の「向井将監」の官位・左近衛将監に由来するのだと初めて知りました。

d0250051_13185892.png

1965年の国土地理院の地図を引用。

かつては「べか舟」が多数停泊していた港。
訪れた際は穏やかで、池のような止水面の如き様相でしたが、時折脇の古い吐出し口からドド~ッと水が流れ込んできてハッと我に帰る瞬間がありました。上の写真で、手前側に波紋が揺らいでいるのはその影響です。

南葛西での産廃業者による不法投棄が問題となった1970年、ここの海岸水門の道路を封鎖して区が産廃業者を締め出した事件があったのだそうです。穏やかな現在の水面と、かつての騒ぎの舞台と。

d0250051_13380982.jpg
水門遺構も圧倒されるのですが、根元に見えるのは・・・

d0250051_13403025.jpg
こここれって橋跡の部類に入るの・・・???
でも両側に微妙に水域あるし・・・
d0250051_13420617.jpg
「かいがんすいもんはし」。

d0250051_13440056.jpg
橋に覆い被さっているのは、酔芙蓉でしょうか・・~?
芙容やタチアオイなど、アオイ科の花に惹かれます。妖艶で、花びらなど楊柳生地のように儚げで。
(丸紅の芙容グループ命名などはどういった謂れがあるのだろう・・・とまた脱線気味。)

d0250051_13450610.jpg

d0250051_13463135.jpg

こちらはイチジクっぽい葉っぱです。
そして、隣接する「新田コミュニティ会館」はかつての排水場。


d0250051_13483701.jpg
「リラ・ポルト」ふと目に入った物件名がそこはかとなく黙示する、河港の記憶。
そして白子不動産、白子のりに関係ある会社かと思うんだけど・・(白子のりは江戸川区が本社。なに、ぬね、のりのCM覚えてます・・)

これもポルト=水門or河港、と海苔、たたみかけるように海の記憶が迫りくるのです。それはひたひた、波音にも似て。

d0250051_10592406.jpg
この界隈、猫ちゃには会えないだろうとあきらめていたら、6匹ほどの子猫とお母ちゃん。


d0250051_11110456.jpg
好奇心旺盛と見える1匹が私の方に寄ってきてくれました。

車の下のお母ちゃん「アンタ、それ以上近づくんじゃないよ!」とばかりに子猫の背後から念を送って牽制しています・・


この先、現地確認はしていないのですが地図上で気になっていた物件が二つあります。

まず一つは西葛西8丁目の、江戸川プールガーデン跡地。

d0250051_11273491.png
再び今昔マップより引用。左の地図にはプールが描かれていますが、老朽化と地震による地盤沈下のため、2013年で閉鎖されたのだそうです。

d0250051_11350077.png
国土地理院の空中写真より。画像中央付近。
アーティフィシアルな青。蝶の片翅みたいだね。
グーグルアースで確認すると、施設が取り払われたような状態の画像ですが、こちらはまだプールの複合施設が確認できます。

近いうちに行くことになると思います・・・

続いて。拙ブログで度々引き合いに出される、手持ちの昭和41年発行ワラジヤさんの地図で気に掛かっていた物件。

d0250051_11404239.jpg
ピンクの丸で囲った、「葛西臨海寮」。(矢印は前掲の将監の鼻 地点)

こちらの施設、ずっと公務員宿舎か建設会社の寮か何かだと思い込んでいました。
他にも適当な土地はあるだろうに、何でこんな「果て」のような立地に寮が???と懸案だったところです。

今回「今よみがえる葛西沖」という文献をめくるうちに当該施設の名称が出てきて、改めて少しだけ調べたら、
昭和35年から41年の6年間だけ存在した、江戸川区の校外施設・臨海学校だったことが判りました。

東京23区に、自区内で臨海学校を有していたとは。江戸川区の存在感偉大。驚きました。

d0250051_11503375.png
前掲の1961年空中写真では青丸で囲った辺りになりますが・・・これが臨海寮なのかどうか?
(ちなみに大いに遡って、今昔マップ(1917-1924)では一帯が養魚池と表されています。)

埋立が目前に迫る中での、6年間の学校。
追って調べて、追記するかもしれません。。

跡地は「なぎさ和楽苑」という高齢者施設。

プールガーデン跡地、葛西臨海寮跡地、あとは長島川が海に注ぐ河口にあった「浦島(地図によっては蒲島)水門・橋」、これらに関して再度詳細に調べたいし、写真があったら見てみたいなあ(特に後の二施設)。



そして行程の最後にやって来たのがこちら。冒頭の写真と同じものです。
d0250051_12243506.jpg
西葛西駅から10分ほど、首都高清新出口と東西線の高架下に遺された堤防の一部。
巨大生物の立ち姿のようにも見えてきます。
堤防遺跡として見るか、記念碑として見るか。
数値や文字が刻印された側面を見ていたら、以前訪れたブセナ岬にあるサーフィンの大会の記念碑を思い出しました。

潔いまでの鋭利な断面と、柔らかに沿うススキたち。


d0250051_12292252.jpg
「旧葛西海岸堤防」。将監の鼻地点に遺されていたのは「旧海岸堤防」で、こちらには葛西が付されています。



d0250051_12334478.jpg

堤防の向かいには、「1972年当時の葛西沖」空中写真と、説明版を並べた記念碑が置かれています。
鏡面のように周囲の風景を映しこんでいますね。


d0250051_12500186.jpg
こちらも堤防のお向かい・かつての八幡圦のあった場所に、「小島地盤沈下観測井」という施設があります。



d0250051_12383559.jpg
分断された旧堤防の荒川寄り部分。こちらは断面がいささか粗く、何だか救いを感じてしまうのは何故なんでしょうか。

d0250051_12414640.jpg
砂っぽい地面から、草がまだらに生えているさまが写ったこの一枚、お気に入りの写真です。

1957年(昭和32年)に完成をみた堤防ですが、整備後も地盤沈下のために嵩上げが繰り返され、10数年後には葛西沖の埋立によりその役目を終えることになります。時代の変化の速さ・大きさがいかに甚大だったのかひしひしと感じます。

今回参考にした文献「葛西浦漁業史」に、浦安の清瀧弁財天が地盤沈下によって水没していく写真が掲載されています。
見ると深く心に傷を負いそうな、痛ましい一枚でした。
(葛西浦漁業史、「ヒトデ襲来事件」など、SF調かつセンセーショナルな見出しもあって大変読み応えあり)

波音や、沖の風景を想像してみようと現地に立ったのですが、首都高の出口直下で車両の通行量も多く、また頻繁に通過する東西線の音が響いて、なかなか難しい状況でした。

d0250051_12551035.png
今昔マップより、1965-1968年と対照した現地の地図。

堤防のすぐ際には、昔から変わらず八幡神社が。社殿は海に向かって建てられており、高波で敷地内の一部の樹木が枯死するまでは森のような様相で、航海の目印となったと伝わります。




波打ち際の神様・堤防・地盤沈下観測井と、時の流れを象徴する要素がギュッと詰め込まれた界隈です。
こういった場所は、高速道路とか巨大構造物によって狙われてしまうのかな。
日本橋とか、銀座のかつての河川と同様に、巨大な力が上から魔物のように覆い被さってくる感じ・・・

d0250051_14175919.jpg
何か、塔婆のような立ち姿。
都市の巨大構造物や喧騒に囲まれた中、この一角は静かなる祝祭の最中のよう。

d0250051_14141839.jpg
堂々たる異物感。首都高と対峙する旧堤防。
d0250051_14133015.jpg

「日がな海を眺めながら、潮風を吸い込みながら、街や人を守ってきたんだ。。」
怒涛のような波を受ける時もあったであろう。


葛西海岸堤防の写真は、現在の地点・アングルと対照させているものを江戸川区の公式サイトで見ることが出来ます。
この他にも、埋め立てられた長島川の写真など、貴重な古写真が多数収録されています。

最近葛西近辺の地に憑りつかれたようになっている中、激しく思い出されたのが3年程前の地下鉄博物館の催事です。
実際に観に行ってはいないのですが、当時の駅貼の告知ポスター写真の印象が強烈で、湿地帯のごときフロンティアのような土地に建設されている東西線の高架橋の写真。

もう、画面を切り裂くようなその姿がとても印象的でした。今この、頭の中が葛西沖でいっぱいの状態のまま、展示を観たいというかなわぬ欲望で頭を掻きむしっております。
図録とか、無いのでしょうか・・・

「東西線開業と沿線地域発展の軌跡展」で画像検索してみて下さい。

現在の葛西沖、葛西臨海公園の西側の遊休地に、東京オリンピックのカヌースラローム競技場建設計画があるとの事。
↓↓
d0250051_18203969.jpg
目まぐるしく変わっていく東京。

[PR]
by onnbubatta | 2016-10-19 14:34 | 江戸川区 | Comments(0)

江戸川区松島3丁目、青の世界~僅かに残された奇跡の蓋暗渠アイランド

所用で近くを訪れる運びとなったため、新小岩から15分ほどの場所にあるこちらの蓋暗渠を一度確認に出掛けました。新小岩なのですが葛飾区ではなく、江戸川区にあり、説明&把握するには微妙な立地になります。

当該暗渠は以前しかすけさんがレポートされ「新小岩の短い蓋暗渠」、暗渠界が震えた(と言っても過言ではない)案件で、私もずっと心の片隅に住まわせていた水路跡です。

確認後、所有している資料二つに記載されている水路跡だったことが判明、しかしながら全く「out of 眼中」(古いね)でした。

この辺りの旧地名が「道ヶ島」なので、仮に「道ヶ島の水路跡」と呼ぶことにします。

当該水路跡の至近に「東福院」というお寺があり、開祖である秀円創都が住民と力を合わせて荒地を開墾したため、「堂ヶ島」の名が付き、それが道ヶ島となり、江戸川区発足時に消滅した地名なのだそうです。

この辺は島要素があるのか・・・そのことはこの水路跡の先にある「香取神社」を訪れると、更に深く理解ができるのです。

新小岩からバスで二つ目の停留所辺りに位置します。バス停そばには武蔵川部屋も。

d0250051_14594471.jpg
久しぶりの、深い深い青の世界。。。↑
(旗の台の暗渠の続編を綴ろうと思っていたのですがあっさり心変わりします。何というか、ここは拘泥したい水路跡なのです)


最初に行った日は好天で、何枚か写真を撮ったのですが(青空は綺麗)暗渠は曇天が似合うような気がするので(蓋などの質感がわかりやすい)曇天の日に再訪しました。

d0250051_15080491.jpg
手前側が平和橋通り。さりげなく、しかししっかりとした橋跡が迎えてくれます。


d0250051_15123223.jpg
自販機とゴミ箱の群青色が、この年月を経た橋跡を引き立たせる存在になっています。橋跡の断面を鑑賞(感傷)。


d0250051_15173357.png
場所の詳細と、ごく近い周囲の水路跡を示すとこのような感じ。蓋暗渠が奇跡的に残されているのはピンク色で囲った僅かな区間のみ。

接続関係はわかりませんが、このあたり歩いて見ると土地が微かに上がったり下がったり。寺院もありますし、微高地的な土地の模様。



d0250051_15212601.jpg
「いらっしゃ~い。」

隣(南側、写真左)は青いトタンが印象的。北側隣地はコインパークと、「シンボルツリー」と私が呼んでいる一本の樹木が残された空地。廃れたような、中途な佇まい。
北側は特に、何だか謂れのあるような、何かを感じさせる区画なのです。



d0250051_15254648.jpg
始めは(平和橋通りから入ってすぐ)蓋の幅がやたら広い造りとなっています。



d0250051_15280745.jpg
二つ目の橋跡のようなものに差し掛かります。
ここは土が露出していたり、敷石のようなものが見えてます。

d0250051_15303437.jpg
しゃがんで撮影するとこのような感じ。蓋に穴が開いているのも判ります。

そして「帝都地形図」を確認してみると、橋に交差して道が描かれており、更には
「道ヶ島裏橋」の表記があったのです。(平和橋通りに面した、第一の橋跡には特段橋名の表記はなし)

d0250051_15340875.png
オレンジ色が、「帝都地形図」に描かれていたかつての道。水路跡と交わる地点が「道ヶ島裏橋」。



d0250051_15360966.jpg
私の所有する別の地図「ワラジヤ」の昭和41年の「小松川」の頁にも、この水路が記載されていました。道の名残のようなものも描かれています。道ヶ島裏橋、に対して道ヶ島橋が上の地図でいうと43番と44番の間に架かっていました(橋情報は帝都地形図より)。

2016.10.19追記 道ヶ島橋の方については、

ガマちゃんの松島物語:語り継ごうふるさと : 東京府南葛飾郡西小松川字堂〈道〉ケ島の、大昔から現在の松島、将来にわたるお話 伊東春海著
2014年出版 

という本の中に、20年ほど前は橋の欄干が残っていて、「どうがしまはし」の銘があったこと、道ヶ島の由来となったであろう「お堂」がかつての交番の場所にあった事が記されていたと思います。

かつての交番があった場所については、後程述べていきます。

う~ん・・・表に対する裏。繁華的な側面で裏なのかしら・・?


d0250051_15393278.jpg
平和橋通りに向かって振り返り撮影。
ねえ、あなたが「道ヶ島裏橋」なの・・・・?地図に載るような、名前のある橋なの?
とてもそうは見えないのですが・・・


d0250051_15405836.jpg
往時には道はこんな感じで通っていたのでしょうか。
思いがけず、この水路跡と今は無き道との交わりが明らかになり、深い感動に包まれます。

d0250051_10590041.jpg
コインパーク側から見た、「道ヶ島裏橋」(推定)跡。
ふと、この扉から誰か出てきて、この流れの事を語ってくれはしないだろうか。
そんな情事を望んでしまいます。


d0250051_11105782.jpg
東へ歩き進めると、疎らな縁石とおしろいばなに挟まれ、お決まりのバイク・自転車がこなれた感じで登場します。暗渠の中央付近には変なプランターに謎の植物が植わっているというか生えています。
もう、この無造作感。無造作に~髪をかき上げ~計算してないよ~みたいな風情でしょうか・・・
突当りで右に曲がる流路になります。

d0250051_11155833.jpg
画像では伝わりにくいですが、この変なプランター、うこっけいの卵のよう、というか不思議な青色なのです。子供の頃図鑑に載っていた、魅惑的な色の鳥の卵を思い出します。
植物、ツンツンしていますね。


d0250051_11195787.jpg
道路を挟んで、また謎のプランター置き場を経由して、左へと流路が続いて行きます。
何かもうこのあたり、どちらの方向に向かって流れていたのかよくわかりません。

d0250051_11220629.jpg
旧い地図を見ると、このプランター置き場兼流路の付近、昭和30年代は「香取前巡査派出所」。
前から思っていたのは、交番って、今ある場所も、かつて交番があった場所も、何だか土地の核になるような場所にあるような気がするのですよね。かつて交番があった場所は、そのあとも建物が建たずに利用されていたり。。。(神宮前の、千原児童遊園地もそうだった気がします)

2016.10.19追記
前述の「ガマちゃんの松島物語」という本の中で、道ヶ島(堂ヶ島)の由来になったであろうお堂が、かつてこちらの交番の場所にあったのでは、と書かれていました。

その記述が何だか凄く頷ける気がするのです。


d0250051_11290703.png
更なる発見は、1963年の地図に、東福院の北側、緑で囲ったあたりに「新小岩温泉」という表記があったこと。

新小岩の松島地区にはかつて三業地があり、真上の地図だとちょうど左上端で切れてしまう辺りかと思いますが、そういった縁なのでしょうか。1963年の住宅地図を細かく見ていくと、旅館や「新小岩トルコセンター」などがみてとれます。

真の温泉なのか、湯屋なのか、なんなのか(ちなみに上野東天紅のビルも建築当時の住宅地図上の表記は「上野観光温泉建築中」でした。)

増々、湿気が立ち上ってきました。もう、心情的にはホットヨガをやっているような感覚を覚えます。

d0250051_11352661.jpg
道ヶ島の水路跡の或る一角の全体像。真ん中のオレンジ辺りがかつての通路。

好天バージョンも数葉収めておきます。

d0250051_11385536.jpg
d0250051_11391294.jpg
d0250051_11400054.jpg

東福院の前の道にはこんなものもありました。第六天。
小さな祠に、かなり大きな字の石碑。。
d0250051_11413099.jpg
d0250051_11430297.jpg

さて、この水路跡の延長のように見える、平和橋通りを渡って西の水路跡は香取神社の手前で途切れています。

d0250051_11445750.jpg
奥が香取神社。


d0250051_11454969.jpg

d0250051_11462282.jpg

d0250051_11480608.jpg
縁起を読むと、
「昔この辺一帯が芦原で舟が自由に往来出来た頃、その中に浮かぶ道ヶ島という小高い島に、香取神社を勧請。当時国府台の間々の入江から、武蔵国上野の台地に向かう船は、この神社の森を船舶の目印にしたので、「間々井宮」と称したと伝えられる」

航行する船舶の目印となる小高い森・・・川崎の船旅の記事でも登場しましたね。足取りも心もプカプカしてきました。
私は今日漂泊していたのだなあ・・・

弓取の銅像についても説明書きがありました。
(ちょっと高枝切りバサミの事なども考えていました・・・)

d0250051_11561897.jpg
「弓は密教の法具として魔や敵を打ち払う力の象徴として用いられてきました。
 当地が未だ利根川の本流であったころ、下総国府台間々の入江よりはるかに西南の沖に浮かぶ道ヶ島の伝説が神楽になって伝えられてきました。
 この島は下総国と武蔵国を結ぶ航路の中継所で大変重要な位置にありました。丙午毎に来る災難に島民は怯え、鎮守の森に集まり悪魔を追い払う弓取の神事に一年の安泰を祈りました。」

ビンビン響くような文節がそこここに採用されている!さらっと触れているけど本流だよ?本流。
おまけに人々を「島民」と!


新小岩松島の、僅かな区間の暗渠・・・極めてKEYになるエリアに存在していたのですね。

葛飾関係の暗渠にとてもお詳しくて、こちらのブログにもコメントを寄せて下さる「ゆ」さんにもお話を伺ってみたいです。




そして帰路に。新小岩駅、停車場の雰囲気を色濃く残していて(更に駅ビルとかもない)郷愁を覚える駅舎でした。
ホームの屋根から漏れる青い光で締めくくります。
d0250051_12205089.jpg
この青さよ。










~後記~
もう少し時間があれば、近隣の、野球で有名な関東一高の校舎を一度見ていたいと思っていたのです。


前掲の、ワラジヤさんの地図(昭和41年)でずっと気になっていた関東一高。
どの点が気になっていたかというと、(左下端)
d0250051_12075462.jpg
二棟も円形校舎を擁している事です。
残念ながら、北側の方は取り壊されてグラウンドになっている模様です。

d0250051_12123596.jpg
(2016年のグーグルアースより。左側の河川は中川です)

d0250051_12124420.jpg
(1997年のグーグルアースより)


円形校舎と云えば、王子の桜丘女子高校(逆川の暗渠近くかな)も地図上では目を引きます。こちらは残っているようで、ほっと一安心。
(十年以上前に共学化され桜丘中.高等学校となっているようですが、昔の女子校のイメージを私がまだ引きずっているのでこう表記しました。)「
d0250051_12125412.jpg
机の配置に難がある、等の理由で円形校舎は減っている傾向にあるようです。こちらも早く見に行きたいと思っています。




[PR]
by onnbubatta | 2016-06-15 15:42 | 江戸川区 | Comments(5)

江戸川の今井辺り。干潮時に水面に出現する壮大な橋跡と、一之江の水路跡。

大塚車庫の廃止など、都バスについて考えることの多かった3月。

そんな中に思い出したのが、その昔、台東区のどこからかを始点として、今井行きのバスが運行していた記憶。言問通りを走っていたかな?

一体今井ってどこ?何区・・・?終点に設定されているのにターミナルっぽい雰囲気も漂ってこない。

今井は古くからある地名で、歴史的に見ても交通の要衝であった土地柄で、江戸川の渡渉点として「今井の津」として中世の文献にも記されている場所だそうです。
新中川の開削、都営新宿線の一之江駅開業などを経て今は静かな佇まい。

ちょっと調べていたら、旧江戸川(千葉と東京の境)に架かる現在の今井橋の上流に旧の今井橋の橋脚が姿を見せる時間帯があるとのこと。
葛飾の新宿の記事を書いた時に触れた「干潮時に出現した石畳」の話を思い出します。

干潮の時間を調べて現地に行ってきました。

最後のお楽しみに、一之江の水路跡の写真もあります053.gif
d0250051_11292820.png
現在の今井橋(1979年架橋)は、今井街道(地図斜め左上から地図中央にかけて通っている街道)の延長線上にあります。今井街道は行徳道とも呼ばれ、行徳の塩の輸送路・成田参詣路としての役割も有していたとのこと。


d0250051_11512801.png
goo航空写真昭和38年度版(いつもありがとうございます。)で確認させていただくと、旧い今井橋は、現在の橋の位置より50mほど上流に架橋されていたことが読み取れます。
今は暗渠化されて緑道風に整備されている鎌田川や宿川が黒々と映し出されていて、感涙を禁じ得ません。
(ちょっと画面では見えづらくてすみません。右の緑の吹き出しが宿川、左が鎌田川になります。もう一か所、今井街道と江戸川が交差する辺りに圦(いり)がありました。今の今井橋児童交通公園辺り。江戸川3丁目と4丁目の境)
更に古い地図などで確認すると、ちょうど今井橋の或る辺りは中洲のような土地が形成されている様子が判ります。(妙見島のような感じ)

この辺り旧江戸川の川幅が食後の蛇みたいに膨らんでいてそこがとても好きなんですが、今は無き中洲と何らかの関係があるのでしょうか。


一之江駅で降りて、今井街道を進むと新中川に差し掛かります。瑞江大橋。

d0250051_12061894.jpg


d0250051_12082567.jpg

橋際に、瑞江葬儀所の案内表示がありました。様々な要素で境界です。
フォントが象形文字のようで味わい深いものとなっています。



d0250051_12115054.jpg

旧今井橋の江戸川区側、篠崎街道にあるお蕎麦屋さん。千葉の市川側に渡って戻ってからここでお昼を食べようと思っていたのですが
戻ったら閉まっていました・・今回の旅の心残り。

d0250051_12183614.jpg

この辺りに旧今井橋が架かっていたのではと思うのですが・・・護岸堤防に向かって下がっていく坂道&階段になっていて、橋が架かっていた明瞭な痕跡は特に見つけられなかったです。
(篠崎街道から千葉の市川側に向かって撮影)


d0250051_12242814.jpg

堤防際まで降りて振り返って撮影。階段の上が篠崎街道。これはこれで、佳き階段風景。


d0250051_12173417.png

恐らく位置的にはこのような感じ。上の画像二枚は橋の北端付近です


d0250051_12273223.jpg

これが今井橋の跡じゃないよ~。
護岸に沿って幅広の溝があり、MY橋のような物件がありました。橋の左にぶち猫がいるの、お判りになりますか?



d0250051_12295733.jpg

d0250051_12403891.jpg
旧江戸川の水面にそれらしき物体群が見えました!水鳥じゃないです。


市川側に渡った方がもっと良く見えるはず。渡河します
d0250051_12474835.jpg
現今井橋から撮影。お行儀よく並んだ橋の痕跡たち。右が千葉県市川市です。
画面いっぱいに川が映り込むのいいな~。磯の香りがむうっとして、天ぷらが食べたくなります。
d0250051_12522626.jpg
歓迎の放水までありました。思い込み、時に大事。

d0250051_12564022.jpg
市川側から見た、旧今井橋橋脚の残骸。
d0250051_12594284.jpg
どの角度から眺めても飽く事無し。今では水鳥の休憩場所になっているようです。

d0250051_13022231.jpg
残骸にも色んなパターンが。

d0250051_13040058.jpg

d0250051_13045025.jpg
新・旧今井橋。奥の青い橋が現在の今井橋、手前が旧今井橋の痕跡です。
何だか、このまま対岸まで渡って行ける、そんな気がしてきたよ(歌詞風に)




d0250051_13071079.jpg

市川側の護岸には「今井の渡し旧跡」の立札があります。1912年に今井橋が架橋されるまでは東京と房総を結ぶ重要な交通手段として位置づけられていました。
当該立札には、江戸時代に禁を犯して今井側に渡ろうとした人が捉えられ、磔刑にされた場所がここの下流100m余りの所にある旨が記されています。

d0250051_13124765.jpg

旧今井橋の市川側橋際は今では不自然に広い空間になっており、橋があったことを伺わせます。

d0250051_13133948.jpg

橋際にはつきものの交番。

d0250051_13211741.jpg
市川側にあったちょっと不思議なノリの看板を掲げたうなぎ屋さん。伸ばした語尾が川の流れのメタファーでは。

d0250051_13131052.jpg

市川の「欠真間」を長年けつままだと思っていたことを思い出したのでした。地理好き失格だね。

d0250051_13180337.jpg

橋を渡り東京に戻ります。江戸川区側の現今井橋袂にある公園:今井橋児童交通公園で見掛けた懐かしい絵。ここの公園内にちょうど江戸川3・4丁目の境界線が斜めに走っていますが、江戸川から引いた水路の跡になります(名称不明)
「ドンキスミベイビ~」と独り口ずさみながらビール飲みたくなっちゃいます。。

d0250051_14515124.png

d0250051_13235335.jpg
今井街道で見つけた路面舗装。都内初のトロリーバスが今井・上野公園間を運行していた時代があったことを示すものだそうです。
何たる長距離!冒頭で触れた、私の記憶にある都バスの路線に近いかも。。確か根津か日暮里辺りから今井まで運行する都バスがあった気がするんです。昭和50年代くらいに。
何という名称の系統だったのか知りたいな。





お待たせしました。おまけといってはなんですが、最後に一之江の水路跡をご紹介します。
公図上では水路跡だらけなのに、なかなかこういう水路跡が見つからないのが江戸川区(親水緑道は先駆的で多いんだけど・・・)

一之江フレンド公園と猿田彦神社のそば。この辺りは土地の微妙な高低差が味わえます。


d0250051_13261365.jpg
一之江フレンド公園側。



d0250051_13271364.jpg
猿田彦神社側。



d0250051_13274258.jpg
岩々した護岸が片方だけ露出しているアンバランスさが心憎いです。嗚呼たまらない。





d0250051_13243798.jpg
気になった物件。接骨院にて。

d0250051_13242039.jpg
↑帰りの電車です。運転手さん、微笑みながらも目は虚ろ。

[PR]
by onnbubatta | 2015-04-04 11:13 | 江戸川区 | Comments(0)


暗渠、猫、池、高低差、崖、弁天、軍遺構、建築、階段、廃線、天体   その他徒然(適当です)


by onnbubatta

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
前谷津川
出井川
蓮根川
石神井川系
田柄川
千川上水
専用水道
渋谷川系
立会川
神田川支流
白子川
藍染川
足立区
地方
石神井川
水窪川
えんが堀
百々向川
蟹川
神奈川
内川
新河岸川
谷中川
さいたま
谷端川
荒川区
葛飾区
千葉
世田谷
江戸川区
中野区
北区
未分類

最新の記事

江戸川区葛西沖残照~旧海岸線..
at 2016-10-19 14:34
谷端川暗渠。北池袋~下板橋間..
at 2016-06-25 10:21
江戸川区松島3丁目、青の世界..
at 2016-06-15 15:42
旗の台:昭和大学そば。野の花..
at 2016-05-11 12:34
鮮やかに艶やかに散るらむ・・..
at 2016-04-01 14:58
道路計画(大蛇)に飲み込まれ..
at 2016-03-19 15:28
沢蔵司稲荷近辺の麗しい水路跡
at 2016-02-27 12:39
続・志茂の小水路跡~サウンド..
at 2015-11-26 20:46
川崎の入江崎~観音川河口突端..
at 2015-11-15 09:56
川崎にて、陸の舟旅を。
at 2015-10-25 16:02

以前の記事

2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月

フォロー中のブログ

東京の水 2009 fr...
暗渠徘徊の日々

お気に入り(お邪魔しています)

最新のコメント

> 猫またぎさん ご無..
by onnbubatta at 22:06
onnbubatta さ..
by 猫またぎ at 13:23
>非公開コメント様 コ..
by onnbubatta at 15:33
>バス停の名前、正しくは..
by onnbubatta at 09:58
>sumizome_sa..
by onnbubatta at 09:46
日曜日に妙見島の方を歩い..
by sumizome_sakura at 03:17
>sumizome_sa..
by onnbubatta at 10:01
おや、また濃い場所にでか..
by sumizome_sakura at 21:05
>nori-p様 コメ..
by onnbubatta at 08:11
礫川小の水路は私も行った..
by nori-p at 17:21

検索

アクセス

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧