<   2011年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

練馬区内の水道利用組合(専用水道)

ここのところ、専用水道について興味が高まったので少しずつまとめていきます。

小学生の自由研究レベルです。

きっかけは、練馬区内では現在でも都の上水道ではなく、地下水を汲み上げた「専用水道」と

いう自家水道の組合がいくつかある事を知り、その施設を調べ訪ね歩いた事から。


(練馬には大泉方面にも専用水道があるが、今回は北部を中心に。)


専用水道、調べてみると奥が深い奥の院である。(料金体系とか興味津々~)


◎まず上水道と簡易水道は給水人口によって区別され、専用水道は特定の人たちだけが使用する

 水道で給水人口101人以上、一日の給水量20㎥以上(一般需要でも給水人口100人以下

 はこのカテゴリーに入る)と定義される

このうち自己水源を使用しているのは、学校、企業や団地等の集合住宅が多く、(自己水源ってことは地下水の汲み上げか)

中でも面白いのは(個人的に、何と無く面白いのだ)

☆北区の「尾久車両センター内構内地下水道」(名称は東京都の資料より)77㎥/日

    「星美学園専用水道」いい崖してるから、いい水出そう~
    「星美ホーム専用水道
    「日の本青老閣専用水道

☆杉並区「前田病院1号井戸」(名前が佳い)

いずれも、施設能力はそれほどない。後述の田柄専用水道と比較すると。


あと面白いのは、東村山・国立の、各「ホテルバニラリゾート

ちゃんとしてる感、が好感持てる。意外に。

施設能力の規模で言うと、やはり都下の大企業の工場か

☆日野 「コニカミノルタ東京サイト日野」6000㎥/日

☆府中 「東芝府中事業所」       3461㎥/日


なかなか、3000㎥を超える所はこの統計上、少ない。

なのに。。。23区内である田柄水道利用組合は3204㎥の、都内屈指の規模を誇るのだ。

眠れる獅子感が凄い。自分の中では。(22年の統計です)


田柄、凄いじゃん・・・

練馬区北部には、

北町南水道組合(昨年解散)

北一自家用水道組合(自己水併用利用・・・よくこの意味わからず。20㎥/日)

がある。



自分は、北町南水道組合の解散を知らない時に、20年前の住宅地図を頼りに施設を探し当てて訪ねた所、ほぼ更地になっていて落胆した。


d0250051_10402035.jpg






















↓傷心のなか、ふと近隣に目をやると、暗渠さん。

d0250051_10421383.jpg








ここ、蚊よりも断然チビバッタが多く、救われた感じ。
蚊が大の苦手。
蚊取り線香のにおいを嗅いだだけでかゆくなるー
虫刺されには、何といってもキンカン。
三軒茶屋が誇る一大ブランド★




d0250051_1046493.jpg


















d0250051_1047071.jpg


反対側から。



















この辺り(北町7丁目)は都道35号事業が進められている為、水道組合解散に至ったとの事。
(都と、既設水道管の補償等交渉が済み、円満解散したとか)









こちらは、練馬区北町一丁目、北一自家用水道組合の施設↓

d0250051_1059425.jpg




















d0250051_1122994.jpg


















d0250051_1132750.jpg






タンクを下から見上げて撮影。
下から見るの好きだー












d0250051_1153899.jpg


汲み上げの施設、神社とセットになっていて
興味深いんですよ。
田柄もそうだったので
(田柄、次回以降)













おまけ

d0250051_1175963.jpg

鼻歌上機嫌な「おねいさん」














d0250051_1193475.jpg

花粉症?
革マル派













d0250051_11103396.jpg

地方走ってると、このたぐいのよく見かける













d0250051_1111273.jpg























田柄水道利用組合、次回以降綴ります。(暗渠記事もゲリラであります・・)
[PR]
by onnbubatta | 2011-08-30 09:30 | 専用水道 | Comments(4)

練馬区田柄4丁目(謝辞暗渠)~暗渠からの労い

暗渠からの労い。カナダからの手紙、なんじゃそりゃ。

意外に長~い展開があった箇所。

本当に労われたんですよ。報われたというか・・・



自分が辿ったのとは逆方向から綴ります。

上流側から。


d0250051_1145316.jpg

奥が上流側


















d0250051_1113369.jpg
直角に曲がると
(「俺は直角」って漫画ありましたよね~)















d0250051_1175553.jpg

一度道路で分断されます。


















d0250051_1195245.jpg

奥側のペイントの質感がタイル絵や砂絵のような感じでいとをかし。














d0250051_11122197.jpg

一瞬ドブネズミ?かと思いきや
まだまだ小さい子猫が二匹。
芦田愛菜ちゃん似。















d0250051_11153254.jpg

奥で道路に当たります













d0250051_11184817.jpg

道路から見るとこんな感じです















d0250051_112133.jpg

この先は駐車場の一角となり、日陰者扱いな感じ














d0250051_1123476.jpg
















d0250051_11251335.jpg
















d0250051_1126540.jpg

マンションの建築現場となり、行く手を阻まれてしまいました
追記:2013年、ここに大きなマンホールが埋められてここの様子は変わってしまいました
ここの工事部分の覆いが解かれた写真は田柄三丁目の暗渠の記事にあります



でもまだ続きがあります。










d0250051_11312254.jpg

反対側に回ります。
警備員さん、私そんなに怪しいですかー
竹やぶやけた、趣のある路。













追記:この竹やぶのお屋敷も工事していたから、この景色もどうなっているだろうかd0250051_1135489.jpg





















d0250051_11364777.jpg





















d0250051_11382994.jpg

何か吹き溜まってるな~



















d0250051_11393685.jpg

ワイルドな葉っぱに阻止&私有地のベランダに面した道のようなので、通行せず。
至る所、四方に「不審者発見次第通報」を促す貼り紙。
この警告、練馬区全土で見受けられたので、
区を挙げて取り組んでいるのか。





というか、自分の行く先に必ずこの警告が現れるんですが↓
排除されてる?抑止抑止




d0250051_11442059.jpg

近くに和菓子工場の直販店があり、匂いがしてきます。
しかしながらスルー

さっきの竹やぶ道が良かったので引き返してみます













d0250051_11484390.jpg





















d0250051_1134144.jpg






















↑そうだ、京都 行こう
そーだ、そーだ!ソーダ村の 村長さんがー




d0250051_115739100.jpg

これは、一体何でしょう?
少々驚愕。

どういたしまして・・・??
誰からの感謝かわからないけど、
何だか嬉しいし不思議な感覚。
こちらこそ、戻ってきて、良かったよ








d0250051_1156272.jpg
この先、マンションの工事が始まるまでは僕等続いていたんだよ。。。
一部は消滅するけれど、僕等の痕跡をここまで辿ってくれてありがとう。
確かに此処に在るんだよ。
これは僕の墓標でなく礎さ。キリッ




アンタはステキなんだ。(昭和20年東京地図参照)


to be continued..............




。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

金曜にNHKで放映した防災の番組。

都内で火災が起きた場合の「焼失危険度予想マップ?」で一番ハイリスクだったのが杉並。

「農道や水路跡の路地が残るこの辺りは、火災が起きたら木造家屋の延焼が危惧される上、消防車
も通れず・・・」と

マンホール満載暗渠たちがバリバリ公共の電波で放映されていた。釘付け。

なので、区役所の方たちが路地に接する空き地が売りに出されないか、土地情報を足で稼いで

収集したり、近隣住民に売り出す意向があるか聞き取り調査をしているとの事。

関東大震災後の下町の条理制、復興街づくりを志向しているのか。


暗渠と安全な暮らしは相容れないのね・・・




おまけ

d0250051_1724110.jpg

生姜とアーリーレッドは珍しいね。

以前、小手指の無人販売所に置いてあって
びっくらこいたのが
「カブトムシ」
・・・・・・
生き物売るの^











d0250051_17243284.jpg

ブランド名付きの袋被せられて、大事に育てられてたブドウ
[PR]
by onnbubatta | 2011-08-28 16:51 | 田柄川 | Comments(0)

板橋区若木2丁目で水音を聴く

蓮根川のカテゴリーが適当かどうか。

d0250051_15112845.jpg

若木2丁目の階段に吸い込まれました
子供の時分、こういう◎を踏むといぼがえるになるという
不思議且つ唐突なルーモアがありました



d0250051_1591855.jpg












d0250051_15102027.jpg















d0250051_1516811.jpg













d0250051_15172339.jpg

降りると別の階段(更に細い)と合流












d0250051_15183985.jpg

小さな蓋かけの側溝が・・・
行っちゃ駄目ですか?












d0250051_1520395.jpg

様子を見てみましょう。
水の音もします。
隣地が更地になったから見つけられたのかもしれない。

蓋の上がガタガタいう・・接ぎに問題あるのか
中の空洞と共鳴して、後ろめたい気持ちに更なる
プレッシャー













これ以上は難しそう。
蓋かけの上に逆さ植木鉢、はよく見かける光景








d0250051_17525810.jpg

戻ります







d0250051_15383814.jpg





ここに延長して流れているようです。
いろいろな活動されている方がいるんですね。
どの植物なのか、気になります











d0250051_15293942.jpg



兵どもが夢の跡

もう周囲の自然と同化しているんでしょうね
外壁でせみが脱皮していますし
自然に還っていく家屋。
「土に還る、エコ容器」みたいな。
エコエコアザラク。











d0250051_1530557.jpg


















d0250051_15412282.jpg

擁壁にサンドされた土嚢たち。
一番下の土嚢すごい耐えてます。
「何でオレばっかり・・・」ブツブツ。
だるま落とし風。慣性の法則










d0250051_17441187.jpg

土嚢向かいのマンホール。
ゴーゴー音が聞こえます
ローラースルーゴーゴー











d0250051_1757197.jpg

佇まいが目を引く、工場





..............................................................................................

こんな活動計画のサークルがあったら夢のやう。

1月  長崎・島原(オプションで軍艦島)
2月  京都 巨椋池(op 貴船)
3月  糸魚川構造線(op立山黒部アルペンルート)
4月  松代大本営 (op松本観光~女鳥羽川が好き)
5月  余部鉄橋・宮津
6月  尾道坂道
7月  親不知子不知
8月  サルガッソー海・バミューダトライアングル
9月  郡上八幡
10月 十二湖
11月 豊後の森(割れた窓ガラスと転車台を愛でる)
12月 朱鞠内湖

8、12月は命の危険がありますね(ボーナス月なのに・・・)

松代、もう一度行きたいです。玉座もあったかな。
鬼無里には意味不明のSL?が看板も無く放置されてたりして、楽しかった~~
[PR]
by onnbubatta | 2011-08-26 08:44 | 蓮根川 | Comments(0)

区境の気になる水路?

住宅地図上に、にょろにょろ線が残存している箇所が気になっていたので訪問。

区界三つ巴エリア。

しかし平成2年と近年を比較すると、ニョロニョロの長さが半減、いやそれ以上にカットされているか。

しかも近隣が造成され、開発道路が住宅地内に出来ている様子。

もう、無いのかも・・・

半ばあきらめの、厭世的な気分で。

厭世的な気分は、品川電線の開渠が消えた事にも起因している。こっちもヤラレたんじゃないか。。

ど~せ・・・あ、暗い。



d0250051_1085947.jpg


これは、向原ゴルフセンターの雨水升。

水路の流れとは方向が異なるので。。。

水路はゴルフ(固有名詞化)内西端付近をを縦断していたイメージかな?




付近を自転車で通行している女性にチラ見される。
外国人の女性のようだから、まあいいか。バ~イシコー バ~イシコ・・・

真ん中の物体、巨大なカブトムシのサナギみたいだなあ


品川電線辺りはシカトです。
工場内はトンガリお屋根や胸像が佇み、心揺さぶられましたが~






お目当ての地点に来ましたが、真新しい建物多し。

ニョロニョロは完璧に私有地内と見てるので、どこからか見えないか。


d0250051_1020190.jpg

この奥にある筈ですが、草が茂っていて確認ならず・・・

手前のマンホウルからジャージャー暗渠君の声が聞こえてくるだけに残念








d0250051_10215244.jpg

反対側に回り込みますが、ここも繁茂
しかも近づきにくい

(この周辺、「泥棒多し警戒中」の貼り紙があちらこちらに。)

この線路状の感じが物語っているのですが(勝手に)



d0250051_10255644.jpg

密林状態。


面しているおうちが古いお宅なら残っていると思うんでけすけどね

経験上・・・



この辺りの最寄駅は江古田かな。

傷心状態でランブリング。

浅間神社や池畔荘、羽沢分水・・・目に入らない。





d0250051_10304318.jpg

収穫でもどうですか?
時間外でした。











d0250051_10335561.jpg

あなた方、顔色良くないけど大丈夫・・・?










d0250051_10362572.jpg





都内であることを忘れてしまうような木々
分かれ道に魅かれます。
















練馬のこもれびという冊子が楽しい。わくわく


「水路敷や谷戸に興味のある方、区民調査隊に応募しませんか?」


ジーザス!スイロジキ~

って何て突拍子も無い素晴らしい、めくるめくお誘いなのでしょう~。公務員の方からこんな単語を聞くなんて。


と思いきや、既に過ぎた企画でした。皆様、決して応募なさらないで下さいね

っていうか・・・アツく語りすぎてウザがられる事請け合い、って気もするし。

雰囲気を読む匙加減が問われますね。

ちなみにこれは「貫井のまちを歩く」特集に先立っての募集でした。

季刊ですけれど、今回のも(一日一便のバス)とか、興味津々でした。


練馬区は田柄用水のPDFもしっかりしているし、何か頼れそうな雰囲気です。


.................................................................................................................

馬場の字馬尿川、、改めて何たる名前か。

この辺り公設市場などあって楽しき思い出。

馬場~早稲田間は建物もいいのがいっぱいあったな~。
和朗フラットもどきとか。下宿屋さん。アバコ裏のスコットホール。

蟹川からみでフラッとしてこようかな
[PR]
by onnbubatta | 2011-08-23 18:14 | えんが堀 | Comments(0)

東京の微地形模型展

東京の微地形模型展


ちょいと行ってきました。

かなり狭い空間です。ビチケー・・・ビチケー


d0250051_19453492.jpg



















↑どんな素材でできているのか気になりましたが、もちろんお触り禁止です



d0250051_13501011.jpg


アースダイバーで見たような谷戸地形と寺社の関連マップのパネル

何だか生き物みたいですね。

龍や蛇?生々しいな

口開けてるのもいる。















d0250051_13535847.jpg


70cm四方くらいの立方体に、明治16年の地図を貼り合わせたオブジェ。
なので、底面と奥の面が見えない・・・
(ずらしたりするのはためらわれるので~)
側面は身をかがめたり斜めに見たりして凝視











d0250051_13573934.jpg

むちの池。大アラル、小アラルみたい。

何年か前の劇的ビフォーアフターにこちらの近辺のお宅の
依頼があり、「昔は一体が池だったので地盤云々・・」
と地図を出して放映していました




 五千分の一の地図は水系がブルーに塗ってあるのが好ましく思います。
自分は川筋だと確信していても、曖昧な箇所ってありませんか?
ニョロニョロ線だったのがただの曲線に見えたりとか。
等高線や崖線と紛らわしかったりとか。
白黒コピーすると消えてしまうし(なかなか現物は所有できない)






最近追っている東京の西北部なんかはまるで載ってないですけどね。
文京区も北の方は「場外&城外」扱い。 カ~ン・・・ゴングが・・・

文京区民は小学校の社会科副読本で
「本郷もかねやすまでは江戸のうち」というフレーズを叩き込まれます
(私が勝手に叩き込まれているだけです~)
そんな感じ。ちょっぴりの疎外感です、、、






d0250051_14122475.jpg

信濃町の去勢された谷(しつこい)
信濃町支谷三兄弟の次男。
長男の先っぽのお寺が好きです


















d0250051_14134462.jpg

じっくり鑑賞してきました・・・が
黄色っぽいライト(苦手)でしたので少々見えづらかった










d0250051_1449639.jpg


見づらくてすみません。
真ん中以下の文、こういう文がグッときます。
東郷公園は自分も大好き。
















d0250051_14515412.jpg

南洋堂書店と隣地との隙間。
隣のビルの土台に少々亀裂が??
















限られたスペースですので、何かのついでに立ち寄られると丁度良いのではと
個人的には思いました。




歩いている途中、明治大学の掲示板に
「本学の規定により、以下の学生は本学の学生では無い為立入を禁止する(以下、実名が並ぶ)」

このお触書の意味は?ニセ学生?

随所に貼ってありました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

トポグラフィー。
自分にとって特別な言葉です

トッポジージョ。アッチャーフン。



神田川の急峻な谷にはいまだに畏怖っちゃいます・・・
[PR]
by onnbubatta | 2011-08-21 14:59 | Comments(2)

前谷津川 飛蝗支流(板橋区赤塚2丁目)

短い支流ですが谷頭地形もかすかに、でも確かに実感できます。

谷頭側からではなく、本流との合流部辺りから歩きます。

数年前にも来ていますが、今回迷いに迷ってしまいました



d0250051_1871537.jpg

この奥で本流と合流します。

合流部付近は側流傍流あるようです。
田畑を潤していた往時をしのんでみます
(ブラタモリ風に)
10年ほど前までは、ここに沿って西之湯
なる銭湯がありました











d0250051_18101814.jpg

中途半端な杭













d0250051_18121350.jpg

地面の質感が変わり土っぽい、埃っぽい感じに













d0250051_18144767.jpg

振り返って撮影していたら、、、
派手にコケてしまい大きなアザがいくつも・・
しかも土まみれに。
何やっているんだ~










d0250051_18164693.jpg

ここで行き止まり~












d0250051_18181396.jpg

公園に突き当たりました。
バッタの滑り台がお出迎え。触覚もしっかりと。
以前来た際は違う色だった気がします。
キジトラ猫もいましたがそそくさと逃げられてしまいました・・・















このあとは住宅が密集していて跡を追う事は困難に。
でも出来る所までは。





d0250051_18241341.jpg

色々様子を伺ってトライしてみた結果、この奥に何か
あるのでは。
すみません。見せて下さい。









d0250051_18261390.jpg

蓋かけ、残っていた
奥が上流手前が下流

アパートの通路から撮影
外に水場があり、蜘蛛の巣も・・・










d0250051_18274132.jpg



















    枝豆を 食みつつ畔(ほとり)を偲ぶれば 野に哀愁のグラスホッパー




前谷津、
いつかサムデーまとめたい。老後かも。


おまけ

d0250051_14524450.jpg

木の杭そばの、不思議な造作物。
車止めでも無いし。
保護財?
心理的にも排他的。










d0250051_1459870.jpg

木の杭隣の
「上谷津荘」。

全然離れた地点にも「上谷津公園」
があり、前谷津の上流近辺によくある地名なのでしょうね
[PR]
by onnbubatta | 2011-08-18 18:30 | 前谷津川 | Comments(2)

板橋区中板橋その②弥生町・大谷口・向原溜池跡(エンガ堀水源)

中板橋の続きです。

南口に出てきました。


d0250051_14545930.jpg

雰囲気のあるモス路。













d0250051_14562165.jpg












d0250051_14573546.jpg

質屋さんに続く道でした











d0250051_1514286.jpg

下頭橋付近の町丁界が気になるので訪れます。
その途中に趣のあるお宅。丸い電球・・・
表札には「産婆 誰某」と・・・!?
サンバ、ビバ、サンバ・・・不思議な響きがします。
いい仕事しているのでしょうね
敬服致します。







d0250051_1563923.jpg

ここの角を曲がってみます。
何と無く招く「気」が感じられるので









d0250051_1595833.jpg

近所の奥様方が立ち話をしていた中
階段を降りていって










d0250051_15111719.jpg

下から見上げて撮影しました。











d0250051_15143142.jpg
少々下頭橋方面に戻り・・

ぶれてしまいました
MY稲荷かと思って撮影もためらったからかな
碑文を読んでると蚊に刺されそうでしたので割愛

あとで調べましたら、
道灌vs豊島氏の戦いの際に敗色濃厚となった道灌が
戦勝祈願した所、援軍がやってきて大勝したという
・・・形成逆転お稲荷さん。





d0250051_1527865.jpg

クーラー排水?雨水?を空中で受け止めている
耐え忍ぶペットボトル










下頭橋、って変わった名前ですけど、由来譚諸説あるとの事。
そのうちの一つ

『水と陸との闘い(!)によってできた溺れ谷の関係で、谷の切り込み口すなわち谷頭に
支谷がいくつもある場合、上の方から上谷頭、中谷頭、下谷頭と呼ぶが、昔の役所の書
役のミスで谷が脱字となり、下谷頭が下頭となったとする説』

・・・役所のミスに心を寄せている辺りに気遣いが感じられますね。
でも・・どうなのかな???



川越街道を渡って大谷口の方に行って見ます。
病院下の溜井の方に行く気力は無いので(粛清されたから)とりあえず手前まで。


d0250051_15402971.jpg


昭和5年の地図に載っていた水路を確認しに来ました。
金網で入り口・出口を塞がれているのははじめてみる暗渠の光景です。
カメラに金網を通過させて撮影







d0250051_15432585.jpg

病院側は真新しく白いコンクリートの蓋がされていました。
粛清されたのか?













d0250051_15451672.jpg
振り返って。白い巨塔風
病院は山の上にあるので、本当にそびえてる感じが際立ちます
古くは、、その地域にどうみき稲荷(意不明)というのがあった
為、稲荷山と称したとの事。
どうみき・・・どどめき、すずむき、とどろき、辺りだろうか?
とどろきジローか。

そういえば、すずむき川の暗渠の近くで、中学生に「こんにちは~!」と
立て続けに挨拶されました。気持ちいいね










d0250051_15483651.jpg

帰りがけに撮った物件。
昔の台風前の措置みたい。












d0250051_1551013.jpg

川越街道沿いの、骨組みのまま2、3年くらい放置されてた建築中物件。
是正して、建て直すのかな?
自分の写真ではやぐらにしか見えないのですが・・










d0250051_21223169.jpg

向原にきちゃいました。二回目。
水路の水源の一つはここからきてるのでは。
向原溜池跡の、鯉供養碑。
昭和初期釣堀を営業しており、
戦後千川上水が暗渠化されたら干上がってしまったとの事から、
千川上水からの漏水が池の水源にもなっていた可能性あり、との事




d0250051_14221895.jpg









d0250051_14261037.jpg






d0250051_14244518.jpg
















左の方は崖
釣堀池跡からの出口











向原については・・・
この辺りの水路多発地帯にも数年前に来ているのですが、
辿るというより、スポット的にまた近日中にも記録を綴りたいと思案しています。

執着している箇所があるのです。


鯉供養碑至近では大規模なマンション建設が予定されている模様
デベは長谷工。

更地の一角に小さなお地蔵様が残されていました。

きれいに手入れされていてお花も手向けてあり、大事にされている様子。




この他幹線道路沿いには売りビル・空き物件が多く、景気はまだまだ良くないと
実感しました(エリア的には限定された話ですが)
というより物件が多すぎたのか。。


存在の耐えられない暑さ。

・・・しかしながら、かき氷もアイスも一人前食べられない・・・調子狂ってしまうのです

いつぞや、沖縄で「強飯式」の如きかき氷を頂いたことがあります。
どうやって完食したのか、記憶に無い。
[PR]
by onnbubatta | 2011-08-17 21:24 | 石神井川系 | Comments(4)

前谷津川 馬喰ヶ谷戸支流と徳丸3丁目支流他

前谷津川 馬喰ヶ谷戸の続きです。

記事内容いろいろ前後してしまいます。
ゲリラ状態で綴っています。


東武東上線線路際の谷頭から新大宮バイパスを横断し、
中学校北からの短い支流、梶谷津からの支流をあわせて、
西徳通りの南を陰の様な存在となって下っていきます。



d0250051_1635713.jpg

徳丸4-33付近

地図緑のアイコンあたり









d0250051_16361978.jpg

のんびり寝ていた猫の邪魔をしてしまいました











d0250051_16371157.jpg













d0250051_16382095.jpg













d0250051_16391494.jpg

大通りを経て、徳丸5丁目、石川橋公園付近にて、赤塚新町からの本流と合流

上流がわに振り返って撮影










近くになっていた果物。何でしょう?
キウイでした
通りすがりのおじさんが、「何撮ってるんだ~?キウイか~」
と独りごちてました




..........................................................................................................



d0250051_1643074.jpg
徳丸3丁目の支流
小学校前の通りに沿う形で、昔の地図には載っています
小学校裏手辺りの谷頭

もう一方の谷頭として
古老のお話では、北野保育園裏手側に
ショウミ池という湧水があったとの事
現在は全く確認できません

地図紫のアイコン









d0250051_16461928.jpg

西側の崖に沿って流れていた小流は昭和40年代前にはブルドーザーで埋められたとの事












d0250051_16482595.jpg










d0250051_1651142.jpg

道路を横断して、合流部まで僅かの部分は緑道化されています










d0250051_173126.jpg

谷頭方向を振り返って撮影

路傍の道祖神には

左 戸田はし と読めました





d0250051_1734755.jpg


こちらも上流側を振り返って








d0250051_17425368.jpg


突き当たりで本流と合流
全裸に帽子一丁の不思議な彫刻~カモーン...風の仕草
「この奥で合流さ!」









d0250051_165447.jpg
合流部そばの、西徳通りから見える北傾斜の擁壁

区立昆虫公園至近

体育会がウサギ飛び(死語)に使いそうな階段がそばにあります

土管だと思って近づいたら違いました

工事中です






d0250051_1659329.jpg








d0250051_171958.jpg









d0250051_1765473.jpg

何だろうこれ

気になるなあ



............................................................................................................


d0250051_17444751.jpg

不動通りに出て北へ

徳丸6丁目、西台3丁目境
徳丸6丁目の谷津田と呼ばれた窪地(東西に展開)を下流からのぞむ
古老の話では北野神社裏手に「おみたらし」という池があったとの事
そこからの流れかはわかりません
こちらの窪地は区画整理され、緩やかになっています





d0250051_1749830.jpg

こちらの地先で本流と合流
この近辺くねくねした細道や道祖神あり






毎日暑いですね

涼しいうちにいっぱい歩いとけば良かった~

街に出ようと言った割りに結局本ばかり読んでいます



面白かった本
○東京から見える山々(古い本)
~こういうの探してた(図だけ。)

TVでは
○エコの作法~郡上八幡
○世界遺産~アムステルダム運河
○ソルジェニーツインと大統領

が良かった
夏は良質な番組が多いのかな?

バラエティーはあまり見ていないのですが
世界仰天ニュースでアラル海やった時は・・やはり映像で見るとショック
チャド湖も然り。
[PR]
by onnbubatta | 2011-08-12 18:28 | 前谷津川 | Comments(0)

板橋区若木・蓮根川暗渠・階段

路地シリーズにもなりそうですが~

脱線必至です


d0250051_14233723.jpg

分かれ道にある防火用水の鉢
こういうの好きなんです
火鉢を金魚鉢に転用したものも好き・・・昭和好き?
棕櫚もいい味添えています







d0250051_14255870.jpg

環八
天気のいい時は筑波山を望めます

あの高いビルは何でしょう?川口方面かなー
この写真だと煙突にしか見えませんね






d0250051_14252622.jpg

[この辺りは都市計画法で定められた工業地域です] との看板があります。
今はマンション群等になっていますが、まだ残ってる所もあります
もともと工場街なんだから、その辺理解してね。
って事を言いたいのかな。字が消えかかってます

工場勤めの人がお昼食べに来てたんだろうな~て感じの食堂(妄想です)あり

坂だらけです

この辺りは10年前からちょくちょく来ています。



d0250051_14324943.jpg

ちょっと急な、喰い違い階段









d0250051_14355882.jpg

階段中腹の、無用途?(トマソン風?)ドア









d0250051_14374828.jpg

土台も、少し心配です











d0250051_14395943.jpg

見上げてみました
曇天に映えるピンクのスーツケース









お目当ての学校そば暗渠を目指します。2年くらい前、雨上がりに訪ねて以来



d0250051_14411494.jpg

今回も雨上がりの訪問になりました。
元気にしてた?(萌え擬人化、っていうのですね)








d0250051_14452865.jpg











d0250051_14464295.jpg

いいカーブも見えるのですが
いかんせん民家から話し声・TVの音が沢山聞こえてきて
落ち着きません(こんな所で落ち着く人もいないでしょうけど)








d0250051_14494128.jpg

急に両脇からの草の量が増えて
人っ子一人通れるくらい

蚊にかまれた~隔靴掻痒








d0250051_14515850.jpg

割り込まれてしまいました









d0250051_1453149.jpg

新河岸アナーキズム暗渠に近い雰囲気です









d0250051_14574732.jpg

二度目なのに、抜けられるのか少々不安に・・









d0250051_14585663.jpg











d0250051_1502864.jpg

会社の資材置場に出てしまいました
門柱が素敵です
(会社の敷地内に入らないように注意・・途中で要Uターン)

脱出後、服に蜘蛛の糸が貼り付いていて気持ち悪かった・・・
カンダタはくっついて無かったです









d0250051_155215.jpg

雨上がり
こんな昼におまえに乗れないなんて・・・








d0250051_1574194.jpg

この工場から洩れる明かりの感じが好きで
前にも写真撮らせていただいてます

この辺りの工場は窓開け放し(割れてたり)で作業
頭下がります





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




太陽活動極大期058.gif、そろそろ入ってるのでしょうか

ここの所の気温、ゲリラ→ピンポイント豪雨、天変地異

いろいろ考えてしまいます。
[PR]
by onnbubatta | 2011-08-06 20:48 | 蓮根川 | Comments(0)

板橋区 赤塚植物園・大仏付近の水路跡と猫



d0250051_1940150.jpg東京大仏脇の小流。流れ的には写真の順路が前後します
ここではヒグラシの鳴き声が当たり前に聞こえてきます
(明治神宮でヒグラシの声を聞く会というのがあるそうですね)

お寺の池の鯉にエサをやると(エサ代=お気持ち、を払います)
すごいハングリーさでびっくり。水しぶきがかかる程。
奈良公園の鹿のようです








d0250051_19405858.jpg










d0250051_19413669.jpg
下流側から振り返って












d0250051_19421418.jpgここから少し離れた城址の縁(ふち)で、昨夏ヘビを見かけて驚き。
ジムグリだと思います。沖縄っぽい語感なり。
斜面の割れた隙間に去って行きました

知人はここの城址に来ると、頭痛がするそうです。落ち武者でも見えちゃうのかな?





この辺りに来た時は近くのお蕎麦屋さんの鴨つけそばをいただきます。(夏でも)
盛りは上品な感じで、お値段少し高めかな

前は大仏そばというお店があったんですけど、移転してしばらく荒れた感じでした

知人は整腸作用のあるお蕎麦と評してましたっけ
もう食べられないですけど




d0250051_19425744.jpg
不動の滝
水がちょろちょろ出ています。その昔は
行者が水垢離でもしたのでしょうか
この崖の上からもヒグラシの鳴き声が






d0250051_19434126.jpg
中に進むとすぐ蚊が近寄ってきました










d0250051_19442894.jpg
いったん引き返し、バッティングセンター(この辺りも昔は湧き水が豊か
だったとの事)前を通過し、植物園に沿って歩きます

窪地向かい合わせの階段で、気味の悪い葉っぱが落ちていました
里芋の葉に斑点がついたような・・
南洋っぽいというか





d0250051_1945106.jpg
じめじめしているのか、植物が這うように生えています








d0250051_19454841.jpg











d0250051_19462985.jpg
暗渠沿いの、更に側道が好きです。(菊坂の側道よろしく)
ここは終始沿って入る訳では無い、かなりプライベートな感じの路
「一部分・ちょっと側道」です










d0250051_1947308.jpg
射抜かれる程可愛い猫
靴下猫(クリントン家のソックス君みたい)








d0250051_19483216.jpg
最高の媚態っぷり♪♪










d0250051_19491686.jpg
可愛さ三連発
とにかく人懐こい子でした
猫小屋
もありました
















。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

d0250051_08152222.jpg
①追記 写真
2015.09.22 記事中写真上から四枚目の写真の傍の湧水状況。画面左脇に水溜りが出来ている。

(北落師門さま情報より。ありがとうございます。)


d0250051_08190581.jpg
②はじめて見た池。赤塚公園内(トンボビオトープ池とは違う場所)。位置的には真上の写真の右端金網奥辺り。





[PR]
by onnbubatta | 2011-08-05 19:49 | Comments(2)


暗渠、猫、池、高低差、崖、弁天、軍遺構、建築、階段、廃線、天体   その他徒然(適当です)


by onnbubatta

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
前谷津川
出井川
蓮根川
石神井川系
田柄川
千川上水
専用水道
渋谷川系
立会川
神田川支流
白子川
藍染川
足立区
地方
石神井川
水窪川
えんが堀
百々向川
蟹川
神奈川
内川
新河岸川
谷中川
さいたま
谷端川
荒川区
葛飾区
千葉
世田谷
江戸川区
中野区
北区
目黒川
未分類

最新の記事

深く険しい谷の変遷を辿る~前..
at 2017-08-17 10:05
薬師の泉からの流れ・・・?板..
at 2017-07-26 16:04
水面に映るもの。逆さ目黒エン..
at 2017-07-13 12:41
江戸川区葛西沖残照~旧海岸線..
at 2016-10-19 14:34
谷端川暗渠。北池袋~下板橋間..
at 2016-06-25 10:21
江戸川区松島3丁目、青の世界..
at 2016-06-15 15:42
旗の台:昭和大学そば。野の花..
at 2016-05-11 12:34
鮮やかに艶やかに散るらむ・・..
at 2016-04-01 14:58
道路計画(大蛇)に飲み込まれ..
at 2016-03-19 15:28
沢蔵司稲荷近辺の麗しい水路跡
at 2016-02-27 12:39

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月

フォロー中のブログ

東京の水 2009 fr...
暗渠徘徊の日々

お気に入り(お邪魔しています)

最新のコメント

> sumizome_s..
by onnbubatta at 07:22
9/23の土曜日、足なら..
by sumizome_sakura at 17:34
> lotus62さん ..
by onnbubatta at 18:10
キタ、ツルマイ池!! ..
by lotus62 at 12:40
>namaさん nam..
by onnbubatta at 20:57
ご無沙汰してます。きょう..
by nama at 12:45
> sumizome_s..
by onnbubatta at 10:16
なるほど、円福寺の南西の..
by sumizome_sakura at 04:21
> sumizome_s..
by onnbubatta at 14:34
> sumizome_s..
by onnbubatta at 09:21

検索

アクセス

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧