<   2011年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

栄町(大山)の暗渠と、千川上水境界石

栄町って、どの町にも存在する地名ですね。

こちらは、東武東上線大山付近(都立病院至近)の栄町です。

何のイメージも持たずに訪れたのですが、古い商店や家屋があって散歩していて楽しい場所でした。


暗渠の方ですが、流末は石神井川に注ぐ北向き流れの小さなめるへん水路でした。

流末の辺りは確認出来かないませんでした。

今回は遡上してみます。



d0250051_931287.jpg

下流側をのぞんで。奥は行き止まり。
見えにくいんですが、電柱の根元に可愛い意匠が












d0250051_945119.jpg

箪笥の引き出し風。
目にも見えるけど。
触って引っ張り出してみたかったです。

「五感で鑑賞~触る暗渠」
次回トライするか・・・





d0250051_9183263.jpg

ちなみに此処の地点のお隣は















d0250051_9205048.jpg

お風呂屋さんです。
ミニクロンバス、って何でしょうね~・・
















d0250051_9244213.jpg

路を交差した後、こんな風に続いて・・・

ここからおじさんが1人出てきました













d0250051_929519.jpg

途中で振り返った所。
真ん中が緩いカーブの弧を描いています。















d0250051_932054.jpg

次の交差部が見えてきました。

少し盛り上がっています。













d0250051_9372122.jpg

次の段階に行く前に

















d0250051_9384368.jpg

振り返ったら、おーい、って口開けた管が・・・
 「待ってくれよ~」
  ハ~イ、呼ばれました

何か落ち葉吐いちゃったみたいですね~
  ゲロリンQ~

こないだメロリンキューのyoutube見ました~
  アブノーマルな懐かしさ。








d0250051_943998.jpg

少々アップで撮ってあげるよ。
目を描きたくなっちゃう

















d0250051_9455490.jpg

石が増えて質感がザラザラしてきました。

















d0250051_948353.jpg

おーい

















d0250051_951849.jpg

交差部にさしかかった所で再度振り返り・・・

















d0250051_9522419.jpg

遡上したいのですがこの奥は無理そうです

















d0250051_9545462.jpg

この先は純然とした蓋ですね。

















d0250051_957598.jpg

排水ホース注入現場



















この先、何とか回り込んでみました

d0250051_101071.jpg

蓋が続いていて・・・

生活感がグッと色濃くなる地点なのですが・・














d0250051_1025251.jpg

蓋の先に土管があるのが見えますでしょうか
















d0250051_1054483.jpg

ちょっと高ぶる。

















d0250051_1065060.jpg

写真の精度が良くないんですが、土管の奥は擁壁なのです















d0250051_1081813.jpg

注:ここは上尾ではありません


















とても細い水路跡だったのですが、各部で質感に違いがあったり、道との交差部に面白い断面が見られたり、最上流で土管に出会えたりとエッセンスの詰まった箇所でした


おまけ。

d0250051_10121784.jpg

水色の手ぬぐいがピッタリ!
















d0250051_1014401.jpg

ネオンサイン屋さんの井戸















..............................................................................................................

近くまでやってきたので、千川上水の境界石を見に行ってきました


d0250051_10174991.jpg

まず一つ目。
駐車場の路傍

・・傾いちゃってるね・・・
磨耗してるし、剥落も・・・

雑草背負った前衛オブジェみたいになってる










d0250051_10202383.jpg

こちらは埋没しかかってる。

苦しいよ~
[PR]
by onnbubatta | 2011-09-28 22:55 | Comments(2)

石仏と懺悔

前谷津川に沿って。

途中で見つけた気になるもの。


擁壁の中腹?の石仏。

d0250051_17455046.jpg

宙に浮いたような立地感が
楽しい。











d0250051_17465118.jpg

これを見た時、鳥取の投入堂が頭に浮かびました。

本家の投入堂は、役行者が麓で組み立てて断崖まで運び上げた
とかいろいろ浪漫と想像をかき立てます。
一度見てみたい。有り得無い所にあるから。
三朝温泉とセットで。



米子の居酒屋さんは、今までに行った中で五本の指に入る程美味でしたなー



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ここからは思い出話。

子供の頃はよくお寺で遊んでいました。

鐘をガンガン突き鳴らして、怒ったお坊さんが出てくるのが楽しかったな~。

要するにワルガキですね

空き地とか無いし(ドラえもんとか見て不思議に思ってた、、土管って何?みたいな・・)、

東大なんかボール遊びする為の遊び場でした(最高学府なのに・・・)



ある日遊びながら、石仏をよく見ると、ある鬼?が別の鬼を踏みつけているような構図。

見ているうちに妙な正義感が頭をもたげ

「悪いやつめ。懲らしめてやる~」と

その悪者認定の方の鬼を、石でかる~く削っちゃいまして・・・




長じてからおそるおそるその石仏?を確認したら、風化のせいか、その箇所すら
確認出来ませんでしたが(汗)

その行為のせいで呪われるんじゃないか、とか考えた事もあったので・・・。

ちょっと心に痛ましい、キュンキュン・・・

(「痛ましい」という単語を聞くと、ジョイスの短編 painful case を想い出します。)



あとは、紙のにおい。

小さな製本所が点在していたので、そのにおいが懐かしい。

何か紙のにおい嗅ぐと、フッと戻されるのです。。。当時の空気に。

道端に、裁断された紙の切れ端が舞っていたり(今で言うシュレッダーのごみみたいなもの)


音も独特のリズムがあってね。どこも窓開けてやっていたし。



.................................................................................................................



d0250051_1801464.jpg

廃タイル風呂。浴槽。

いかなる用途だろう?
前谷津そばにて。






..................................................................................................

雲ってずっと眺めてても楽し~。飽く事無し。
くもじい、いるかなー。
雲もよいですね~
水が原料ですし^^

月見もいとをかし。
月明かりがベランダにさすのを、この年になってはじめて気づいたさ




....................................................................................................

昔みた「探偵ナイトスクープ」で、近鉄か南海電車で北上通勤(痛勤)してるサラリーマンからの依頼で、

「こんなに大変な思いするなら(通勤ラッシュ)いっそ自宅近くの大和川(昔は日本一汚かったですね)を船で北上すれば良いのでは」

という素朴な疑問から、実証に至った回の話がいつまで経っても楽しく思い出される。

途中川底が浅くなって座礁して断念し、普段の数倍の時間をかけて会社にヨレヨレで到着した依頼人
と、それを温かく迎えた上司。。

のお話。
[PR]
by onnbubatta | 2011-09-26 09:53 | 前谷津川 | Comments(0)

田柄4丁目~ゴミ箱軍団暗渠

田柄無限暗渠の中で、変形的な所に来ました。

d0250051_18114779.jpg
















d0250051_18125115.jpg

結構な角度で曲がる















d0250051_18184914.jpg

最近、あちこちにフライパンが落ちて
いる現場に遭遇するのは何故だろう













d0250051_18201167.jpg
















d0250051_18212229.jpg

貴重な屋敷森が背景















d0250051_1823689.jpg

四角と丸のマンホールが向かいあい、道路で分断。
生垣、一寸の乱れもないくらい手入れされている。
いい角刈りだ











d0250051_18254650.jpg

第ニ幕















d0250051_18264968.jpg

先に進めない感じ!
その蓋にたまった水に更にボウフラ湧きそう~













d0250051_18294344.jpg

来るなよ~入んなよ~と威嚇され
(七五調)
衛兵が縦列しているイメージ。











d0250051_18333724.jpg
なので反対側から回り込みました。
この奥がゴミ箱石原軍団です。













d0250051_1836368.jpg















d0250051_1837189.jpg






















d0250051_18374650.jpg

最後は自販機の裏。
団地が見えたよ















テーマは「角」だったかな。

全ルート走破は無理でした~。
[PR]
by onnbubatta | 2011-09-25 19:39 | 田柄川 | Comments(4)

前谷津川 横谷津支流 あやつ何やつ

ものの本では、こちらが本流ではと思料されています。

理由はこちら側に橋供養塔が在るから。だそうです。

正室vs側室みたいな感じでしょうか。

まず以前の記事↓にて綴った源流部を再度載せてみます



d0250051_10355230.jpg

本流源流部
言う事聞かなくて申し訳無いです
昨夏











d0250051_10404128.jpg
昨夏

あの~
少しは本流らしくできませんか?
このブッシュを進んでいくと、出口は
立入禁止
というか入口も通行禁止ですが・・











d0250051_10372184.jpg

上のブッシュを進んでいった箇所。これは今夏。
以前はこんな柵はなかったです。

この辺りの事は又の機会に綴ります。





.........................................................................................................
一方こちらが、横谷津支流と言うか、本流もどき(扱い)というか。
上の本流源流部より東に200m程度。
この石碑が橋供養塔なのでしょうか。風化していて自分は判読できませんでしたが・・



d0250051_10274071.jpg
ここでハプニングというか・・
最近よく声掛けられるのです。
何を撮っているのかと。

「ふ、古いものが好きで・・・石碑を少々」

何で正直に暗渠って言わないの~

それも何だかアレだしねえ・・・






d0250051_10285773.jpg

八百屋さんの地所。
横谷津ではここが一番
好きです。
梅干しの容器がいいですね




←ここで写真が切れてる
みたいに見える~。
柵です





d0250051_10324632.jpg















d0250051_1114853.jpg















d0250051_1142466.jpg
















d0250051_116417.jpg


















d0250051_1048129.jpg
















d0250051_10503139.jpg















d0250051_1165444.jpg















この先、小学校の校庭下を横断します。

「横谷津マンション」なんてあって楽しいです。












d0250051_14344750.jpg
















d0250051_14402744.jpg

マンションそばの祠
覆屋もあり、大事にされています。
色鮮やかなのは・・・造花。












d0250051_1195242.jpg
ちょっと周囲をお散歩。
真新しい駐車場に旧い井戸。
その後、自販機を置かれて息苦しそうでした。

昔は井戸を埋め戻す時は、井戸神様が息ができるように
地上から竹筒をさしたそうですけど


d0250051_14383560.jpg

廃井戸
持つとこ?が欠如















d0250051_11124759.jpg

ドクダミが這う小さな側溝。
赤塚6丁目















d0250051_11173999.jpg


本流との合流部近辺。
傍流が沢山。













d0250051_11182441.jpg


















好きな場所しか載せていないのでだいぶ端折りました。最後テキト~でした


夏休みの宿題を今になって提出した感があります。

「先生~ぼくちんハワイ行ってたので宿題間に合いませんでした~」





というかいまだに溜まっているのです。

 
前谷津には何で弁天様いないんだろう。

 不動明王は二体あるけれど・・・

前谷津の不動明王はまたの機会に綴ります
[PR]
by onnbubatta | 2011-09-19 09:23 | 前谷津川 | Comments(2)

田柄2丁目、人生暗渠(練馬区)

練馬区田柄近辺は、暗渠数は夥しいのですが
まちの南北細長条里制、、みたいな形状に馴染めなくて、足が遠のいておりました。

田柄川本体、傍流、、隙間覗けば暗渠という感じです。開渠もいくつかありますねー

農村の名残が偲ばれます~。ジュウオウムジン!


 本体の緑道にも水位計があって「現役主張感」ばっちりです。↓奥様方すみません

d0250051_17315682.jpg












今回はその暗渠の中でも、物語のあるタイプ中心にを訪問しました。







d0250051_107308.jpg
その前に。練馬唯一の・・・
こちら相撲部屋。通行人の方の話によると、4人くらい在籍しているらしい。
これ引っ張ったりするのかな?













d0250051_10121718.jpg


まず、こちらから。地図にマーキングしていた水路。
かすかに儚く、でも確かに谷が感じられる控えめさ。

田柄ってのっぺりしているだけじゃないんだね。
田柄とか土支田の、農村的ネーミング<光が丘、なんだろな。
光が丘の方があっぱれ感あるもの。









d0250051_10141152.jpg

真っ直ぐに見えてちょっと不規則で面白いのですが
・・・モスキトが半端無い













d0250051_1018456.jpg

顔面体当たりしてくる蚊との格闘でぶれました
暗渠のヒエラルキーでは、かなりクレイジーだと思います。














d0250051_10225680.jpg


















冬に出直してくるか。と思い直しましたが、反対側に回り込みました。






d0250051_10261015.jpg

アナーキー度合いが更に高まっています。















d0250051_10282239.jpg


















d0250051_1029211.jpg


















d0250051_10293259.jpg

もうどうにでもしておくれ。Mr.オクレ。
荒れ荒れバーバリアン。
















d0250051_10311674.jpg

そこに、言葉はいらない。
蚊のみ。
暗渠に面して窓を開けて網戸にしている
お宅から色々音が聞こえてきます。
外でガサガサやられたら、何事かと思うでしょうね。








d0250051_10363630.jpg

フィルムが落ちていました。哀しげに

















d0250051_10382878.jpg

いい目力している。
真っ直ぐにこちらを見据え。















d0250051_176726.jpg

すぐそばの産廃置き場にて。
産廃屋さんのおじさんが見ていたけれど・・・
ドラム缶やらホース、不可思議な物体いっぱい。











先程の荒れていた暗渠、この先しばらくは途切れており、跡を追えず。

しかし再びあらわれます

d0250051_17102050.jpg

いきなり、道路の端3分の1程度辺りにその片鱗が。
色分け舗装や、杭。J1に昇格した感が・・・











d0250051_17134611.jpg

本体の田柄川緑道をクロスしてもまだ続行の雰囲気













d0250051_17152647.jpg

室外機の上で寝ていた猫
網が拘置所っぽい。
こちらが面会を受ける側か。













d0250051_17171621.jpg

まだ続くんですが、この先少し曲がっています。
辿っていくと・・・












d0250051_17185593.jpg

行き止まりだし、しかも唐突に煙突。
門限破ると、こういう親父さんが仁王立ち。












何時だと思ってるんだ!!

d0250051_17225886.jpg



















何か当初クレイジー。途中更生。最後は仁王立ち親父。

人生みたいな水路跡だったな。

アイツも昔はワルだった。やんちゃだったけど

落ち着いたよね~守りに入ったっていうかさ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


本日の蚊に咬まれ箇所・・・三箇所


よく三箇所で済んだな^^

ちい散歩のような〆で。


d0250051_17384141.jpg

別の暗渠そば、且つ銭湯跡そばの理容店で・・・

視線感じたらそこにイケメン。
(銭湯と理容店他色々な店がコミュニテー形成していて
興味深いですね)







「今日もお疲れさん。」


他所で、美容院のこういう首?が無造作に外に山積みされてた箇所あり。
すごいびびる。

今日もお読みいただきありがとうございました。
死ぬほど飽きっぽいので、いつまで続くか自信がありませんが^^
[PR]
by onnbubatta | 2011-09-16 09:55 | 田柄川 | Comments(10)

田柄水道利用組合(終)。田柄用水跡。北町お散歩

田柄町水道利用組合の本拠地はこちらです。

神社に隣接して立地。


d0250051_9272625.jpg























d0250051_930118.jpg

タンク



















d0250051_9323047.jpg

事務所の中電気点いてますね
お話伺えたら良かったな
今度トライ!
ここでお水飲ませてもらった方もいるそうですよ。













南傾斜の神社には様々、小さなお社(やしろ)が点在。勧請系の。(榛名神社他)
蚊が凄かったですよ。

昔は用水から引いたコンクリ囲いの洗い場があり、また金魚市も開かれていたとの事。
(金魚=水と関係が深く、火除けの意味も込めたらしいです)




d0250051_9381066.jpg

この形の水神様、
面白い
















水道組合の施設を訪ねる旅はここでおしまい。

また機会を見て、他地域の水道タンク等を見てみたいと思います

以下、田柄と水に関係のある遊歴を・・・綴ります



↓もう一つの神社を訪ねてみます。





d0250051_9402842.jpg

先程の水神様とやや形が異なる。変形ネクタイ風。
こちらの方が本家っぽいですね。
蚊が凄いので碑は少ししか読めませんでした。
冒頭、「玉川上水分水・・・」
以下、漢詩調。






後日資料より思料すると、

「・・・用水不足の為に田を作る事が困難で荒地が多い事から、官の許可を得て玉川上水の
分水を受け(田無で)村民協力して水路を掘り、灌漑用水を導入して美田とした・・・」


石碑の裏面には詩が刻まれている。


    羽村より めぐりてきたる 田無口 石川流れ 田柄水神


村民の喜ぶ姿を伺い知る事ができる。




d0250051_9502823.jpg




















d0250051_9513052.jpg



















d0250051_952105.jpg

神社北に小さな工場があり、窓を開けて操業中なのですが、神社とともにとてもいい雰囲気醸成。















これほど心待ちにされた用水も時代の流れと供に「やっかい堀」と言われ、空襲を受けて水路自体を
破壊されたり、上流の飛行場の油が流れてきたり・・・と受難。暗渠にされた。


また、「池端(いけっぱた・・・シマッポ~みたい)」と呼ばれた溜井があったとの事。←2丁目。
道路が「プワン」と膨らんでる辺り。

田柄川と田柄用水は書き物によっては同義に扱われたりしているようですが、

◎雨水を集める程度の自然河川が「田柄川」→光が丘より東

◎田無より分水し土支田を通り光が丘より東は「田柄川」の北を平行して流れる用水→田柄用水

と区別できるとの事。

前者は緑道になっているが(恐竜のオブジェがあったりする。)
、後者の痕跡は殆ど見出せない。またこれに並行して啓志線も。


前者、後者。ヘゲモニーはどちらが握るのか。

↓後者の田柄用水の痕跡を唯一見出せた箇所。北町三丁目。

d0250051_1016691.jpg

ここから、ちょっと北町散歩。

















d0250051_1017636.jpg





















d0250051_10174184.jpg





















d0250051_10181965.jpg





















d0250051_10241048.jpg



















d0250051_10255989.jpg

ニッカー絵の具の工場。鮮やかで可愛い。
ゴーヤーカーテン下にも他の色が隠れています













d0250051_1027132.jpg

親切です~



















d0250051_10322290.jpg









練馬区の方に防災地図やらいろいろ頂きました。とっても親切。
「水のほうもありますから(洪水ハザードマップ)、お持ち下さいね。防災地図は新しいものがもうすぐ出来ますので・・・」

既に持っているけれど、もらっちゃった。


もうちょっと学究的なエッセンスを盛り込みたいのですが~~
「vow」的なもんばかりです。。。


田柄、北町のお散歩シリーズとしてまたこぼれレポート書きます。
[PR]
by onnbubatta | 2011-09-11 16:33 | 専用水道 | Comments(0)

清水池周辺と、学芸大学周辺。

学芸大学には月に一度程用事があります~。

しかし、いつも同じ道を往復してさっさと用事を済ます、極めて事務的な往還に嫌気がさした。

時間がかなり押す中、アタリを付けたポイントを訪ねられるかな・・・?

本当は自然に出会う方が好きなのは、重々承知だけれど^^




d0250051_17155670.jpg

田向公園のそば。

黒猫には逃げられた














d0250051_17194021.jpg

並行する、未舗装且つ雰囲気の佳い路













d0250051_17211882.jpg

地面からの浮き上がり寸、丁度心をグラスプする感じ














d0250051_17223623.jpg

ふと辺りを見遣ると・・
強い決意表明。

「地面師」が
「出没」?

どんな生業なんでしょう・・・

目黒本町でも
この土地は非売、って看板の空き地みたなー









d0250051_17273512.jpg

では公園の方に戻りつつ。
dancerのある道。














d0250051_17294484.jpg















d0250051_17302683.jpg



















d0250051_173051100.jpg

棕櫚の上に見えるのは消防署の櫓?

目黒通りを渡った後は追跡難儀でした













d0250051_1733861.jpg

ディーラー銀座。(街道?)
一生乗る事無いであろうマセラッティとか眺めました^^

好天!















そして清水池方面へ。




d0250051_17374878.jpg
ここも三菱自動車。
いつも反対側を通っていたのね=

いい屈曲しているじゃないか~
しかも窓がインターナショナルスタイルだ。

この延長上いい感じの隙間があったのですが
個人宅の軒先だったので・・・

また来月チェックしてみます


d0250051_17412482.jpg

お花の植栽がきれいな暗渠。
もはや暗渠じゃないな=














d0250051_17435125.jpg














d0250051_17452674.jpg














d0250051_17475038.jpg




























d0250051_1750394.jpg

時間無く、池はパス。
フェイクの鴨が木に乗っかっていました

周囲の品川用水跡のくね道を歩き・・・













d0250051_1754339.jpg

ここまできたら羅漢寺川も行きたい・・・
とあれこれ欲が出てくるけど、、

残念!

ミッションクリアして、戻ります







d0250051_1756476.jpg

ここもにおいますね~

近くのらーめん「円満家」、
冬に頂いたけど、
自分にはへヴィ~










d0250051_17592423.jpg

ここ、不思議だった・・・
がらんとした古い工場に
収集車が集結している。
古い家屋付きで。














d0250051_1823485.jpg

都営住宅建設地















d0250051_1832772.jpg

今は少ない「旅館」
浴衣が干してありました。
都内の旅館、やはり興味あって
よく写真に撮っています









d0250051_1853030.jpg

ここまで来ると駅はすぐ。
なのに生(なま)側溝があったりして楽しい。

初孫美味しいですよね










danchuの特集「40代からのラーメン」にも載っていた「びぎ屋」も近いですよ
(あっさりしっかり系を求める私のような者には福音^^)


古いお宅もちらほら。。

歩いていると、次々と羽毛が舞い降りてくる箇所があって、辺りを見回したら

鳩が異様に集結している古いお宅がありました。


もっとぶらぶらしたかったなあ~

ちょっと、復習してみます。

東横線、中目黒にさしかかる前に車内もかなりあからさまに傾斜するのが面白かったです。
[PR]
by onnbubatta | 2011-09-09 18:18 | 立会川 | Comments(0)

板橋区赤塚で水音を聴く。陸の船(前谷津~梶谷津)。妖怪おりがみで〆。

前谷津川のメイン支流、梶谷津に注ぐ小流を訪ねました。

仮に「船首支流」としましょうか。


気に入っている分かれ道から。(流れとは順不同)
Y字路、と呼ぶより分かれ道、が好きかな~
でもY字路も捨て難い~葛藤

d0250051_9291585.jpg

暗渠の散策として訪ねたのは、右奥。
ここが、船に見えるのです。
そして「宙船」のメロデーが脳内を流れ始めます。

小さい五差路を形成していて好ましいのです





宙船がひとしきり流れそして終焉を告げると、「戦艦ポチョムキン」とかどーでもいいワーズがあれこれ頭の中に浮かんでは消え。あ~サイレント。



d0250051_936222.jpg

この日は随所にTVが打ち捨てられていました

本当に放棄テレビよく見掛ける。
あと何故かフライパンも








水音が激しいです。
目を閉じれば、そこは畔。
涼すら感じられたりして・・・
(人間の脳って至極単純な面もあるらしいから)






d0250051_9421175.jpg

みなもと方面へ歩を進めますが、
明暗分かれた感じが見通せます
この辺りは左擁壁が重く、暗し。
工学的には大丈夫なんだろうか。こういうタイプ。
老婆心ながら。







d0250051_9461815.jpg

陽光差し込んできました














d0250051_948224.jpg

がくの部分が星型で、可憐かつ花火や夜空を思い起こす。
サルスベリは色が多様で楽しい。ちぢれ具合も佳いです













d0250051_9515783.jpg

奥はかなりの地所を有するお宅と見える。















d0250051_9532114.jpg

石積みの外壁が続く。
シオカラトンボ、自転車カゴの色と同化していますが。













d0250051_9555937.jpg

塞いでも染み出す。













d0250051_957868.jpg

こちらはダイレクトに。
いきなりジャージャーくるのでしょうか












d0250051_9585520.jpg

この先奥行きは無い様なので、戻ります。
(銭湯が至近)












d0250051_101126.jpg












d0250051_1035118.jpg












d0250051_10652.jpg

船を再び。
出航ラッパが鳴り響き・・・












d0250051_1081245.jpg















d0250051_109122.jpg

この階段の下は梶谷津支流の緑道として整備されています。












緑道そばの、傾斜のかなりある側溝。
緑道に向かって落ちてきます。
流しそうめんが・・・
つゆと薬味持参で











d0250051_10142680.jpg

一応柵がされています

衣川の柵はほころびにけり。












おまけ。


d0250051_10165978.jpg

至近の階段。
ここにもテレビが落ちてゐた・・
階段の上がいきなり感あってスリル有り
(赤塚7丁目)










↓湧き水

d0250051_1022064.jpg

徳丸4丁目。
隣は真新しい建物のようだったけど、ちゃんと在りました
流量もそれなりに、しっかり下水に落ちていきました・・・










d0250051_10243173.jpg
















d0250051_10252840.jpg

下赤塚駅方面に戻って出会ったもの。
「悩み相談、カウンセリング、癒し」的な店の前にて。


陸の船、また別物を今度載せる予定です。
クルージング、ご一緒にいかがですか。
[PR]
by onnbubatta | 2011-09-08 10:01 | 前谷津川 | Comments(2)

渋谷川と猫(れん)

休日の朝9時前。


d0250051_17254065.jpg

「れん」と即興で名付けました。













d0250051_17264857.jpg

これは写りが少々不細工














d0250051_1728984.jpg

別のも出てきました。
ちょっと勝新似?
















d0250051_1729991.jpg

後姿がワイマックスにCMに酷似
可愛い
















d0250051_17303569.jpg

ここら辺行き来してる















d0250051_1733734.jpg

ペロンタン

















d0250051_17334098.jpg

もう一匹、黒猫もいました
猫等には、いい遊び環境なのかな。
車に気を付けて、大通りに出ちゃ駄目だよ。
またね。


毛並みも良く、肥えてました^^








都会の川は聖俗アンビヴァレントな感じが好き。
[PR]
by onnbubatta | 2011-09-07 20:24 | 渋谷川系 | Comments(0)

前谷津川 梶谷津源流。廃タイル哀タイル

前谷津最大の支流、梶谷津の源流付近。

梶谷津、は赤塚1丁目付近の旧字名「梶山」に面する谷津から。

現在でも「梶山不動尊」や、少年野球のチーム名に残っているようです(ポスターが貼ってあった)。

また「上谷津」や「横谷津」の地名があり、前谷津の「横谷津」の流れについてはまた別の機会に

綴りたいと考えています。



さて・・・赤塚一丁目のスーパーから北(下流)は緑道になっています。

川越街道を越えてもなお侵食されているのですが、そこにははじめて訪れました。

d0250051_1431361.jpg

とっても小規模なすり鉢。
渋谷とかと違って小さいから、自分が「おさまってる」感を体感できる。













d0250051_1434764.jpg

この辺がルーツかな?
ルーツ飲んで
GO!

















d0250051_14353633.jpg





















d0250051_14374160.jpg

蓋暗渠のようです。
















d0250051_14383959.jpg

反対側に回り込みますが、土地の高低からすると少し違うような気も
















d0250051_14405020.jpg



















d0250051_14413289.jpg





















d0250051_14422330.jpg

少し西寄りに歩を進めた地点の土地が若干低かったです。
幾筋もあったのだとは思料されますが・・・













川越街道を渡ります。

こちらは旧い地図で、水路線が引いてありました



d0250051_14462445.jpg

さあご一緒に
吸い込まれ
溺れませんか?此処で・・・

「悪くないな。」
















d0250051_14474219.jpg




















d0250051_1450226.jpg
























もう一本並行する路が、暗く、あやし。


d0250051_14513997.jpg

蚊の巣窟


















d0250051_14521774.jpg



















d0250051_14545180.jpg

錆びた金網の下に溜り水が光り
、私を呼ぶ。
















d0250051_14562213.jpg

これは・・・
愛しの廃タイル!(アルタイルみたいだな~)


















d0250051_145836100.jpg

近寄らずに、いられない。
キャントストップアイエヌジーだ。


















d0250051_14591945.jpg

黒田清輝みたい。
お風呂場だったのかな。
かなり風流なバスタイムだった事だろう。

何故ここだけ残るのか。
タイルは剥がし難いのだろうか。
はみ出した生活の跡。






廃タイル特集、いつかまとめます。(自己満足です)


東武東上線の線路を越えます。




d0250051_1554747.jpg

左が線路の壁。

















d0250051_1565557.jpg

少し引いて電車と一緒に撮影。谷頭側に向かって

最近改めて舗装した感じですね
















d0250051_1584378.jpg




















d0250051_1593939.jpg























並行する路も行ってみよう


d0250051_15102650.jpg




















d0250051_15105433.jpg



















d0250051_15121553.jpg






















d0250051_1513480.jpg





















d0250051_15135287.jpg




















d0250051_15144252.jpg
この先、整備されてる。




















d0250051_15151832.jpg
更にお隣の路へ。
井戸が見える


錆びきった井戸の色と
洗濯ばさみの青色って
何て素敵なんだろう。

呼応しあうからか。











d0250051_15154139.jpg
[PR]
by onnbubatta | 2011-09-05 22:05 | 前谷津川 | Comments(2)


暗渠、猫、池、高低差、崖、弁天、軍遺構、建築、階段、廃線、天体   その他徒然(適当です)


by onnbubatta

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
前谷津川
出井川
蓮根川
石神井川系
田柄川
千川上水
専用水道
渋谷川系
立会川
神田川支流
白子川
藍染川
足立区
地方
石神井川
水窪川
えんが堀
百々向川
蟹川
神奈川
内川
新河岸川
谷中川
さいたま
谷端川
荒川区
葛飾区
千葉
世田谷
江戸川区
中野区
北区
目黒川
江東区
未分類

最新の記事

江東区南砂5丁目の残存蓋暗渠
at 2017-11-04 20:05
深く険しい谷の変遷を辿る~前..
at 2017-08-17 10:05
薬師の泉からの流れ・・・?板..
at 2017-07-26 16:04
水面に映るもの。逆さ目黒エン..
at 2017-07-13 12:41
江戸川区葛西沖残照~旧海岸線..
at 2016-10-19 14:34
谷端川暗渠。北池袋~下板橋間..
at 2016-06-25 10:21
江戸川区松島3丁目、青の世界..
at 2016-06-15 15:42
旗の台:昭和大学そば。野の花..
at 2016-05-11 12:34
鮮やかに艶やかに散るらむ・・..
at 2016-04-01 14:58
道路計画(大蛇)に飲み込まれ..
at 2016-03-19 15:28

以前の記事

2017年 11月
2017年 08月
2017年 07月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月

フォロー中のブログ

東京の水 2009 fr...
暗渠徘徊の日々

お気に入り(お邪魔しています)

最新のコメント

>lotus62さん ..
by onnbubatta at 21:47
これはありがたい…。早速..
by lotus62 at 18:27
> sumizome_s..
by onnbubatta at 07:22
9/23の土曜日、足なら..
by sumizome_sakura at 17:34
> lotus62さん ..
by onnbubatta at 18:10
キタ、ツルマイ池!! ..
by lotus62 at 12:40
>namaさん nam..
by onnbubatta at 20:57
ご無沙汰してます。きょう..
by nama at 12:45
> sumizome_s..
by onnbubatta at 10:16
なるほど、円福寺の南西の..
by sumizome_sakura at 04:21

検索

アクセス

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧