<   2011年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

こいど川(小井戸川)の最上流ちょこっと&大谷口の5年前

白子川支流の小井戸川、流末は少々緑道になっています。
下流の管々した流路はそんなに好きでは無くなってしまったので、最上流近辺を勝手に妄想訪問。
ちなみに近辺に「小井戸マンション」ありました~。

d0250051_17385196.jpg
 公園の横。
降りないでおきました。














d0250051_17412976.jpg
部分的煉瓦。
降りたいけど、出てきたときに通行人に驚かれそう・・
こんなとこから出てきた人とでくわしたら、こっちだって目をそらす筈。

反対側に回り込みます







d0250051_17504360.jpg

















d0250051_17511819.jpg

ここが最上流かなんてわからないけど、いつもの流儀でうっすらへこみ地点のすきまをひたすら観察する。











d0250051_17525646.jpg

赤いお花は造り物だったと思いますけど・・・
この写真ではこの花があると無いとでは大きな違いがあると思います
風流な方がいるものですね。
将来庵を結んだあかつきには、そこはかとなく一輪挿しなぞ飾れる人間になりたい

d0250051_17551711.jpg

くすんだ水色の鉄板、いいなあ。












d0250051_17564785.jpg

これにて終了。
最上流ちょこっとシリーズ、またやります。











.........................................................................................................

板橋西部は、かなり登山だね。。

白子川にワープ

d0250051_1759775.jpg

今日の白子川は、かなり澱んでいます。
きれいな時は澄んでるんだけど・・・












d0250051_1802471.jpg

白子川の旧河道にて。

屈曲に沿ってでかいマンホールが並ぶ。ひび割れ~。

クヌギの実がいっぱい落ちていました。

クヌギの樹液に蜂が集まるそうで、警告あり。



....................................................................................................
報告があっさり過ぎたので、趣向を変え、昔の写真など。

d0250051_9341438.jpg

板橋の大谷口の魔窟ラビリンス(5年前)の湧き水口。
プリント写真をデジカメで撮ったので光ってしまった。
当時既に工事が進行していたので、その後は訪問していないのです。
ここ郵便屋さんとかどうするんだろ、救急車、消防車は?
とか思いつつ。

この湧き水自体、現存してるのだろうか。

訪問したら傷つきそうで、足が遠のいています。


「こわれそうーなものばかーり 集めてーしまうよ~」
硝子の30代。←虚飾の可能性捨てきれず。

玉砕覚悟で傷心の道行きに出るか~ローラースケート持参で・・・

..............................................................................................

↑夏の終わりに書いてた記事なのですが・・・

先般、御礼参りかたがた?行ってきました。(ツッパリか~)

十分傷ついてまいりました。もうただ唖然とし、力の無い声しか出ませんでした。
(まだ工事進行中)長い長い工事ですね~

ボコボコに打たれたボクサーの如く帰路につきましたよ。いつか報告しますね。


 どうしよう~。ハロウィンに全く、興味が無い
[PR]
by onnbubatta | 2011-10-28 09:01 | 白子川 | Comments(2)

元麻布界隈の水徒然~その②

前回は蝦蟇池そばの倒木で〆ましたが、また下っていくことにしました。

d0250051_1381549.jpg
この洋館ははじめて見ました
(濃い洋館マニアの時期もありました)












d0250051_1393569.jpg
タイルの意匠が施されています。
大正13年築・建築家阿部美樹志自身の設計による自邸だそうです。
施工は大倉土木
(近代建築総覧による)









港区には、他にも阿部美樹志氏設計の近代建築がありましたが
(三田の旧芝浜中学校校長室(浅野邸玄関)・沖電気芝浦事務所・・・)←いずれも解体




d0250051_13124082.jpg
元麻布2-5。
道がクルドサック(車を一周させられる)になっている。
・・しかし悲しいお知らせが














d0250051_13143173.jpg
ここにマンション建ったら本当に素晴らしい眺望かとは思う。
(崖沿いの5階建てです)

SV見たら、ぽつんと古い家屋と崖が残っていた。。
この立地でここまで残っていた背景は何だろう。




d0250051_131859.jpg
そこのすぐそばに残っていたもの。














d0250051_13193296.jpg
坂を下りつつ反対側に出てきました。緑はお寺の樹木。















d0250051_13204035.jpg
先程の崖上を、下から撮影。
擁壁の準備ばっちり。
崖線が失われ、消えます。(シートの所)











d0250051_1336550.jpg
坂をほぼ下りきると、前回の「元麻布の開渠流れ。」
手前に宮村池と称する空間が。


おまわりさんが沢山。エンバシー関連?







d0250051_13265363.jpg

この舗装も気になるけど、行き着く先は私有地然。













d0250051_13292373.jpg
夥しいアメンボがパチパチ音をたてて動く。
なので波紋がいっぱい。
寝る前に目をつぶると、波紋模様がたくさん出てきます。
不思議~。子供の頃からずっと同じ模様が出るんだ。
あとは赤青の点々と、大量の矢みたいな模様ね。で、最後に水面、海面の模様。


とりあえずこのまま、このみず道に沿って歩き、鳥居坂したの暗渠細道までいければいいなって感じ。この道、区のパブリックな施設が多い。しかも減価償却しきった感じの・・・


d0250051_1065579.jpg
この通りは蔦レシオが高まっている













d0250051_10827100.jpg














d0250051_1093678.jpg
安全寺という変わった名前のお寺。
元麻布界隈でお写真撮ってるとタワマンが割り込んでくる












d0250051_10124412.jpg
坂を下ってきてちょっと方向感覚を失っていたら
こんな素敵なものが。

金木犀が溜まって、きれい。
さっきのみず道が姿をあらわした?

どこの筋の方?
わかんなくなってきた!



d0250051_10165965.jpg
昔に城南高校に沿って歩いた事あったんですが、ここは全く気づかなかったです。











d0250051_1019216.jpg
来てはみたもののあんまり好きじゃない雰囲気。
でも木の柱。
...水滴君モドキのキャラ。
「排水君」とか???









d0250051_1021555.jpg
タオルやら干してある。
バイクや自転車、上にはダクト。

うーん。
美味しい空気が吸いたい・・・

せせらぎの音も聞きたい・・・





d0250051_10324872.jpg
鳥居坂下の、いい崖の管。
磨崖仏とか似合いそうだね。

写り込んじゃったお嬢ちゃんゴメン




靴擦れ激しく、水ぶくれが二箇所もできてしまったお散歩になりました。




~~ヒルズ?寄らないね~。1、2回しか行った事ないさ。

地方在住の知人の方が先に訪れてるし。
[PR]
by onnbubatta | 2011-10-26 09:34 | 渋谷川系 | Comments(0)

元麻布界隈の水徒然~宮村

麻布界隈で用事があったついでに、前にHONDAさんのブログで拝見して見ておきたかった場所へ行きました。


d0250051_17293942.jpg

坂を降りていく人がちょうどその辺りの眼下を見遣っているようにみえたので、「もしかしてあのかたも暗渠に興味お持ちなのかも・・・」とか勝手に考えてたら








d0250051_17322525.jpg

...蛙さんが絶命してました。

結構サイズ大きめ。麻布七不思議のガマかも










d0250051_17375050.jpg
ここが見たかったのです!
蝦蟇池周辺は何度か徘徊しているのですが、宮村公園より北はあまり歩いていなくて。

ヒデキ感激!
気に入った~~~
使い古された表現しかできませんが、こんな都会の高級住宅地にあるなんて。
ここに来るまで、街の高級さに慣れず息苦しかったのに。。ありがとう~


d0250051_17421771.jpg

水音で現場がわかったので、それなりに水はありました。
(前日の降雨を考慮すれば、少ないのかも)












d0250051_174666.jpg

下ると、細道入れて五差路。いいね。
写真中央の青いお店を見上げると
















d0250051_17474926.jpg
五差路の一部「狸坂」にあったひみつきち。
ワンちゃんは飾りです
















d0250051_17524482.jpg

↑そのお隣から細道を遡上します。
















d0250051_17534888.jpg

これは...
SASUKE2011秋の「アルティメット・クリフハンガー」では!?

ここで鍛えないで下さいね。













d0250051_963472.jpg




















d0250051_972373.jpg
10月だというのに、蚊の猛アタック。
繊維の上からガンガンスティング。
こんな所に真面目な格好で来てしまった...














d0250051_992560.jpg

この隙間から地底国家へつながっているかもしれない。














d0250051_9132530.jpg

私は今、根津か京島にでもいるのかと
錯覚してしまうよ。















d0250051_9155847.jpg

木枠と模様入りの擦りガラス。

ガラガラガラ。妄想で戸の開く音が聞こえてくる。












d0250051_9184743.jpg

セットですか?と言いたくなる街燈!!
三丁目の夕日~














d0250051_921754.jpg

ごみ関係の表示板にくくりつけられていた石柱。

ぼくは依存していない。ヒモでもない。
ぼくが支えているのさ。









d0250051_925119.jpg

南から北への流れが横断している。
どこからきているんだろう。
崖に阻まれてるけど・・・











d0250051_9272443.jpg

ミジンコとか藻とか微細なものに化けて、流れのルーツと行き先を自ら辿ってみたいよ。
どこから来て、どこへ行くのか。









d0250051_929271.jpg

自分の頭の中をよく表現してくれている















d0250051_9302784.jpg

了解!
















d0250051_9314130.jpg

有名どころだろうけど、既に語り尽くされてるんだろうけど。
このあからさま過ぎる、対照的な風景。

外国人の子がHOMATマンションの前で携帯でしゃべってる。

崖下では戸口を掃き清めている住人の方がいる。




d0250051_9393741.jpg

蝦蟇池の近くにて。

台風のせいかな?












続きます。

次回以降(いつになるか~)に触れますが、元麻布の崖線が失われる場所を通りました。

...レッドリストでも作ろうかしらん。
やりたい事が沸いてきて、やっぱり頭の中、宮村児童遊園の変形ジャングルジムです。
[PR]
by onnbubatta | 2011-10-21 12:39 | 渋谷川系 | Comments(6)

鶏声ヶ窪~白山(指ヶ谷)、猫

自分にとっては馴染みのある場所です。改めてブラブラ遡上。

指ヶ谷、と呼ぶより鶏声ヶ窪と頭にインプットされているのです。


d0250051_18272951.jpg京華通りの不動産屋さん脇。
上流方面をのぞむ。



















d0250051_1829282.jpg自転車の下、ちょっと抜け落ちています





















d0250051_18331772.jpg
よく見たら、黒猫の容・・・

















d0250051_1834526.jpg扇風機やら色々な物が置かれている


















d0250051_18363039.jpg回り込んで、下流側を写した所。
奥が、扇風機につながっているのだと思います
















d0250051_1840879.jpg振り返り、上流側を。


















d0250051_18415555.jpg




















d0250051_18424136.jpg蓋がずれてますね。


















d0250051_18452843.jpgかなり北上し、行き止まり手前地点。


















d0250051_18473952.jpg管が剥き出しになってしまっています。

トッポから出ちゃったチョコレートのごとく
















d0250051_18493173.jpg行き止まりは、東洋大の工事現場





















...........................................................................................................

窪地に寺社仏閣が集結、って他でもありますよね。(豊島園付近も)

d0250051_18522160.jpg大雄山東京別院。(勧請系)
開智学校に似ている?
















d0250051_18534399.jpg池があって・・


















d0250051_18542451.jpgその池をまたぐように、渡り廊下の建物が


















d0250051_18555952.jpg

池端にいた猫。
ベロベロベ~
















d0250051_18572398.jpg白山神社。
150cmくらいのトンネル。

誘い水が・・・美しき軌跡を描いて
















d0250051_18584519.jpgこの猫達、私が並べた訳ではなく、本当に仲が良いのです


















d0250051_1903779.jpg

シンクロ?組体操?
気分が高じた猫たち。
















d0250051_1913915.jpg





















終始、にび色の空の下のお散歩でした





鶏声ヶ窪のいわれ。こけこっこな、レジェンド譚

d0250051_13211061.jpg夕方でしたので暗くなってしまいましたね


本駒込一丁目の方の浸食については、又の機会に綴ります

[PR]
by onnbubatta | 2011-10-17 09:01 | Comments(0)

碑文谷池周辺の謎、他。

今回は立会川上流周辺の暗渠やらに訪問。

ちょっと謎なものがあったので、ご存知の方いらしたら教えてください。


碑文谷池の南すぐの高架下なんですけど、
d0250051_15123656.jpg

手前に亀、奥に鴨、更に奥に青のコーンが置いてあって、
ガードレールに保護されるように両サイドに








d0250051_15163638.jpg

あ、黄色いポールもありますね。

両端と中央が出っ張っている
















d0250051_15173332.jpg

こちら側は上に機械を置かれていますが、対になった物体がありまして、
橋の跡みたいだけど、高架下にある訳無いだろうし・・・
とか悶々としてしまいました。









d0250051_15204987.jpg
電車関係の土台?















d0250051_15221627.jpg

「ボクも不思議に思ってるんだ。」
















d0250051_15254314.jpg

高架下の工事フェンスに謎な星占い














................................................................................................................

ウィング碑文谷というゴルフ練習場のそばに水路線があるのを、G様からもらった地図にて確認
していたのですが・・・

d0250051_15285393.jpg
痕跡はよくわからずじまい。
茂みをのぞくと蓋らしきものはかすかに見えた気も・・

そんなとこ覗き込んでる自分の怪しさに情けなくなった。。ホント。







改めて、マニアックな趣味なのかなあ。
そんなものを好きでしょうがない自分。
学生の時分リアルでは「川好き」と言われていたけど・・・ふむ。物想ふ秋ですな~

まあ~山の頂上でアイロンかけて喜び組って人もいるし、いろいろだよね!
いいよね!


d0250051_1530364.jpg

仕方ないので、すぐ横の側溝を撮影してみました












d0250051_15313782.jpg

隣はちょっとした車両基地で楽しめました
(とぅきゅう・・って若者メール仕様の「ぅ」なのか)













d0250051_1533474.jpg

水路疑惑の道に、木の電柱
















清水池の方の未舗装暗渠、写真が多いのでまたの回にします



d0250051_16472977.jpg














d0250051_16491271.jpg














d0250051_16503448.jpg







撤収撤収~





...........................................................................................

世田谷の放射線量の値が高い歩道の話・・・奇奇怪怪、現代のミステリのようでした。

あの歩道部が暗渠っぽく見えたのは小生だけでしょうか。





あと、ぜんっぜん関係ない話なんですが、
10年以上前に江戸川区に住んでいた時、近所によくバキュームカーが来ていました。

一応下水道普及率99.5%以上、とデータ上ではありましたが、その0.5%??

らしき貴重な現場に遭遇していたのか。どうなのか。

電車の中で女子高生が罵倒しあっていたり、中々面白いとこでした。

毎日暗渠だし。
[PR]
by onnbubatta | 2011-10-14 09:24 | 立会川 | Comments(2)

中台の開渠(&暗渠)定点観測

定点観測?おまえはパルコか~。・・・っと。

はて。寒々しい2年前とを自己満足で眺め俯瞰したい次第です。
ブログ開設した時にちょっと写真を載せていた箇所です。(出井川の支流の支流)




d0250051_14501137.jpg

まずは開渠の柵から。
2011年8月

ビールケースの後ろにお仲間がいたの気づかなかった











d0250051_14514910.jpg















d0250051_14524797.jpg

マリン調で垢抜けた柵に見えてきた。
多少流血気味だけれど~。












d0250051_14592292.jpg

さらにアップ













..................................................................................................................................


d0250051_14544939.jpg

変わってこちらは2009年冬の写真。
柵、塗り替えたのかな?
流血してないし、こちらサビているし・・・

少しだけ気にかけてもらってる程度が好き
(暗渠を過保護にするの、反対運動家)







.....................................................................................................................

d0250051_1521072.jpg

2011年お水
この石たちがいつも「ばかうけ」の
青のりに見える。






........................................................................................................

d0250051_155813.jpg

定点を謳いつつアングルずれまくりですね。
撮影ヘタなので・・・

2009年冬のお水




..............................................................................................................

d0250051_1573934.jpg

上流側は開渠でなく蓋なのですが
大きな土管がこんにちは。
2011年8月。
前と少し様子が違うな・・・

前の写真↓と比較すると物干し竿の上に
土砂やらいろいろ堆積しているようです


..........................................................................................................

d0250051_1510266.jpg
2009年冬。
上の写真と比較すると
上の写真は井桁部分の右が今年は欠落してますね

たてかけられてる十字架状のものは
レフィルとかスペア柵?
それとも使用後の物でしょうか・・




...........................................................................................................

d0250051_1531744.jpg
蓋部分・・・

上流土管側をのぞんで撮影
2011












d0250051_1532391.jpg
下流側に向けて撮影
2011












.........................................................................................................

d0250051_18103241.jpg

上流土管側をのぞんで

2009

この植木鉢群、今夏は一掃されてました









d0250051_1815493.jpg

下流側

2009


蓋暗渠の奥は民家に挟まれて確認できず、
しばらくした辺りで冒頭の開渠となります




.........................................................................

今夏確認した周囲


d0250051_1820748.jpg










d0250051_18203628.jpg











d0250051_182109.jpg















上流側、怪しまれる事確実なので、もう行く事は無いと思われます。
常に人の気配がしますし・・・
あばよ~
いい夢みさせてもらったぜ!






開渠の付近では、行き止まりの道で佇んでいたら声を掛けられました

「この家の方ですか?」

その人は当該家屋に用事のあった方のよう。生命保険の外交員っぽい方でした

「いえ、違います^^」・・・笑顔で返しましたけれど・・・

余計挙動不審になる我哉。

といいつつ、いつも笑顔で明るい暗渠めぐり。

そこに浪漫を感じるからさ。


ロマンティックが~フー 止まらない

だ・れ・か~ロマンティック、と・め・て~←自分でどうにかしなよ!能動的にね。
[PR]
by onnbubatta | 2011-10-11 16:34 | 出井川 | Comments(4)

神領堀東堀支線 足立区江北・粛清進行中の暗渠~剥がされる蓋

今日も前置き長いですがご容赦を。。


ココ見るぞ!ってピンポイントの目的があった訳じゃないのですが。

行ったら悶絶楽しそうなんだけど、アクセスがなあ~とかブツブツ。足立区。

昔、子供の頃「荒川土手」なるバス停で下車して友人宅に行った時、帰れるんだろうか・・・と心配になった記憶が鮮明なんですよね。。。

あとは、桜中学のツッパリのイメージ?・・・ってあちらはほぼ葛飾寄り??


昔から着工・実現しないとずっと思っていた「日暮里・舎人ライナー 」に初めて乗車

異常にワクワク。終点の名前サイコー。見沼代親水公園だって。遠足気分。高架だから実に眺め良し!

見沼代用水は、東浦和の辺の、市街化調整区域エリアが好き。プリミティヴで。




「江北」で下車。とぼとぼ。


黒々としたアスファルトに、白いホヤホヤマンホール。最近粛清された感じの暗渠みちを見掛けた。。


曲がりくねり道が多く、方向感覚が早くも麻痺してきた

d0250051_1156541.jpg

汚、雨、入り乱れ
















d0250051_11581231.jpg

わかりづらいですけど蓋暗渠


















d0250051_11596100.jpg

必要以上に広く、舗装されたばかり感じの道路。
ど真ん中に、鬼のパンツ電柱。
ツノも置いてある。

強いぞ~強いぞ~
100年はいても破れない~

凄い繊維だね!
誰か東レとかに売り込めば~

↑この道も水路跡だったようです

ここの、足立西高校の辺りをぶらぶらしていたら





d0250051_1293724.jpg

解体アパート前に蓋暗渠
















d0250051_12112633.jpg

奥に向かって進んでいる模様



















d0250051_1213258.jpg

反対側の水路跡はこの奥、解体のお兄さんがお休みになっている地点で行き止まり。














d0250051_12172221.jpg

橋の跡でしょうか?
左斜め奥に曲がっていきます。
突き当たり、柵のある箇所は公園です












d0250051_1221134.jpg

期待させそうなカーブですが
















d0250051_1223145.jpg

がーン・・・

周囲は一気に解体の一掃ぶり。

















d0250051_12262484.jpg





















通行できないので、周囲から撮影続行

d0250051_12303775.jpg

また別の警告坊や
















d0250051_12315816.jpg

ギリシャ・ローマの遺跡ですか?って感じの解体遺構群

















d0250051_12332380.jpg

何か縁が・・・等間隔にボコボコにされてるよ!?
















d0250051_12371462.jpg

積まれているのは、蓋達でしょうか。
積まれたブツと、残っている蓋の幅を目視ではかってはみたのですが。。。

工事のおじさん達がワゴン車から炊飯ジャーを出したりしていて・・






d0250051_12422353.jpg

写真中央下に、土管が見えています














d0250051_12451571.jpg

・・・やはり蓋を取り払って、整備するのでしょうか?

この奥は緑道になっていましたが・・














d0250051_12473574.jpg

暗渠の外側にあったので、周囲の解体物かもしれませんけど、

杭の墓場













d0250051_12491393.jpg

ンゴロンゴロ・・・
















d0250051_1250357.jpg

戻るよ・・・
















d0250051_12543847.jpg





















d0250051_12573528.jpg

2年くらいしたら風景が全く変わっているかもしれませんね。

歩いていて思ったのは団地が多く、その再編も進んでいるという事。
街自体もあちこち普請中。

自分の持っている昭和の地図とは、道路等全然かけ離れています




見沼代用水から分けた「神領堀東堀」の支堀かと思うんですが、、
もうちょっと勉強したら報告しますね。

足立区の他の暗渠も写真撮ったので、整理してまたお伝え致します。

堀堀・・・言ってると脳内になでしこGK「海堀あゆみさん」が登場する。






追記です。(2014・5)

d0250051_10482363.jpg

2014のグーグルアース画像です。













d0250051_1745795.jpg

1997年の画像の上に記してみたもの。
私が出会った暗渠は、この画像の黄色いエリアだった模様。
一部は、元からある公園の拡張部分として新たな面を見せています。




この周囲の、神領堀東堀の主な水路網を落として重ねてみました。
学校周囲の水路跡は区画整理によって斜めだったものが整然と整えられています。以前の記事で書いた「鬼のパンツ電柱」前のくねった道路(西高下の水色アイコンあたり。以前は高校の駐輪場でしたが昔の地図で見ると池のような表記でした)も然り。


記事で出会った蓋暗渠撤去現場、神領堀東堀から分かれた「高野堀」と判明しました。
その西側が「下堰堀」、高野小の東側を流れる、一番太い線で描いた流れが本流のようです。
(距離も一番長く、古い地図で見ると太い線で描かれている)



執筆当時は、区画整理中で街の形が大きく変わりつつある中、自分がどの暗渠に遭遇したのかもよく分かっていませんでしたが、旧い地図などを見ているうちに何となく見えてきました。

橋の名前なども調べは続行しています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

d0250051_17174055.jpg

こちらは先般出逢った蓋暗渠、
神領堀東堀の支線「宮城堀」と判明しました。

追ってこの堀の事も少し触れたいと考えています。





















{参考資料:帝都地形図・ブックレット足立風土記・足立区旧町村古道図}

[PR]
by onnbubatta | 2011-10-05 19:14 | Comments(10)

前谷津川 源流付近の事その②

源流付近の短い支流等について綴ります。

ぶれた写真が多くなってしまいました。


赤塚新町の支流


d0250051_2033496.jpg

上流ほど草が生い茂っていて通行かないません
(普通通行しないけど・・・)












d0250051_20352894.jpg

草ぼうぼうから、石敷きに変わりつつ流れていきます
サイドの黒壁が雰囲気があります。
エノコログサも結構伸びていました











d0250051_20405443.jpg

ここで一度上流方向を振り返って。

石と草の境目辺り。














d0250051_20421010.jpg

道路との交差ポイントが見えてきました

















d0250051_20432585.jpg

交差ポイントから、もう一度上流を向いて撮影

















d0250051_1523488.jpg
わかりにくいので細い線で流路を引いてみました。

草が繁茂していて接地面が確認できないほど。
ここからズボッと奈落に落ちるんではと怖くなりました





(香港のお店に行くと床が抜け落ちるように細工が施されており、落ちて第三世界に売り飛ばされる、という話を思い出した・・・)







d0250051_1592952.jpg

また交差部が見えてきました


















d0250051_15105785.jpg

辿ってきた道を振り返って。

















d0250051_15132542.jpg

道路を横断すると東武東上線の踏切際でこんな感じに続いていきます。

マツバボタン?がきれいでした。














d0250051_15154456.jpg

向きの順番が変動しますけど、上流側を向いて撮影

















d0250051_15174214.jpg

低くなって立入禁止ガードの置いてある場所が本流筋。
ここで合流。
短いけれどいろいろな表情がありました













d0250051_15202582.jpg
この奥が本流上流です。





















本流部入口(川越街道側)にまわってみると、昨年と様子が変わっていました。

d0250051_16383122.jpg

不法投棄が多いことが嘆かれている様子です


















d0250051_1640979.jpg

そのうち金網とかされちゃうのか。
本流だし、何か碑とか設置してどうにかならないものかな。
















前はこんなに障害物(ブロック等)無かったです。
こんなテープも。。。



おまけ。赤塚新町で出会った井戸


d0250051_16543714.jpg

木が今にもブロック塀を押し出しそうです
















d0250051_16593741.jpg

本流入口の隣のビル。
元はガソリンスタンドだったようです。
窓が大きくて大好きなデザインなのに。。













d0250051_1725654.jpg

投石だと思うけれど、割れてて悲しい。
















d0250051_1741257.jpg




















d0250051_1753337.jpg

上のビル脇を曲がって少しの所にあるクリーニング店の看板が面白かったので














 川越街道、小鳥屋さんや卓球塾?があってなかなか楽しかったです。


d0250051_17105397.jpg

成増のすずらん通りという商店街の中に不思議な空間がありました













d0250051_17144292.jpg

営業しているのはお肉屋さん
















d0250051_17151252.jpg

反対側から。

















................................................................................................................................

前谷津川の旧流末について、すっきりした事。

やはり、 新河岸アナーキズム暗渠
の水路が旧流末であるようです。


江戸時代に、旧徳丸村と旧志村の境となっていました。

荒川が出水した時にその旧前谷津川の流末に鯉が入ってくる事を利用して、江戸までその鯉が届けられていたそうです。

前谷津川の別名に「イ川」というのがあって面白かった。


出展:帝都地形図より

スッキリ。

・・と思ったらまた訪れたくなりました。

..................................................................................

金木犀の香りがいっせいにたちのぼりはじめましたね。


今ほど芳香剤の香りが多様化していなかった昔の記憶が鮮明で、やはりサワデ~・・・。


咲き終わったら、オレンジの星屑のように道路に散りばめられる光景も楽しめます。
[PR]
by onnbubatta | 2011-10-03 20:05 | 前谷津川 | Comments(2)


暗渠、猫、池、高低差、崖、弁天、軍遺構、建築、階段、廃線、天体   その他徒然(適当です)


by onnbubatta

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
前谷津川
出井川
蓮根川
石神井川系
田柄川
千川上水
専用水道
渋谷川系
立会川
神田川支流
白子川
藍染川
足立区
地方
石神井川
水窪川
えんが堀
百々向川
蟹川
神奈川
内川
新河岸川
谷中川
さいたま
谷端川
荒川区
葛飾区
千葉
世田谷
江戸川区
中野区
北区
未分類

最新の記事

江戸川区葛西沖残照~旧海岸線..
at 2016-10-19 14:34
谷端川暗渠。北池袋~下板橋間..
at 2016-06-25 10:21
江戸川区松島3丁目、青の世界..
at 2016-06-15 15:42
旗の台:昭和大学そば。野の花..
at 2016-05-11 12:34
鮮やかに艶やかに散るらむ・・..
at 2016-04-01 14:58
道路計画(大蛇)に飲み込まれ..
at 2016-03-19 15:28
沢蔵司稲荷近辺の麗しい水路跡
at 2016-02-27 12:39
続・志茂の小水路跡~サウンド..
at 2015-11-26 20:46
川崎の入江崎~観音川河口突端..
at 2015-11-15 09:56
川崎にて、陸の舟旅を。
at 2015-10-25 16:02

以前の記事

2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月

フォロー中のブログ

東京の水 2009 fr...
暗渠徘徊の日々

お気に入り(お邪魔しています)

最新のコメント

> 猫またぎさん ご無..
by onnbubatta at 22:06
onnbubatta さ..
by 猫またぎ at 13:23
>非公開コメント様 コ..
by onnbubatta at 15:33
>バス停の名前、正しくは..
by onnbubatta at 09:58
>sumizome_sa..
by onnbubatta at 09:46
日曜日に妙見島の方を歩い..
by sumizome_sakura at 03:17
>sumizome_sa..
by onnbubatta at 10:01
おや、また濃い場所にでか..
by sumizome_sakura at 21:05
>nori-p様 コメ..
by onnbubatta at 08:11
礫川小の水路は私も行った..
by nori-p at 17:21

検索

タグ

アクセス

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧