<   2011年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

二重の堀を持つ屋敷(足立区)他

足立区佐野1丁目。中川のすぐ脇に、構え堀に囲まれた佐野家屋敷林があります。
亀有からバス便にて。
初代佐野氏は千葉氏の子に当たり、名主や周辺地域の代表を務めた家柄であります。
屋敷林の一部が週に2日公開され、貴重な森・植生を見る事ができます。

奥の鬱蒼とした森が「佐野いこいの森」。手前は区画整理中。
d0250051_18322614.jpg













d0250051_18344436.jpg





















d0250051_18391369.jpg

「構え堀」のカーブ部分。
屋敷の外周全てを堀が囲んでいる訳ではなく
・・・











d0250051_18402581.jpg

入口。公開されているのは敷地の一部で、開園日は水・日オンリーです。
構え堀を少し周ります。











d0250051_18455664.jpg

23区内で二重の堀ですか・・・
大河ドラマで大阪冬の陣やったばかりだったので、いつものようにあれこれ想像が勝手に巡り色々胸に去来したり






d0250051_18493412.jpg

水面を覗いたのですが、生き物は確認できませんでした












d0250051_1850750.jpg

「作法集」読んでないけど入園w。
図が、人面に見えてしょうがない。
①前髪で目の隠れたアフロ
②右向いた茶色い目の横顔(ダイナソー似)







d0250051_18543567.jpg

園内からみた構え堀














d0250051_18512487.jpg

















d0250051_1856306.jpg

園路の風景。
スズメバチもいるそうで・・・
















d0250051_18571682.jpg

蛇もいるそうです。
蚊以外の生き物(昆虫系)も豊富との事、苦手な方は冬に・・・









d0250051_18112756.jpg

こちらが空堀の内堀になるのですが、
わかりますでしょうか












d0250051_18122330.jpg
















d0250051_18124810.jpg

知らなんだ・・・
結構身近に生えていた気がします。
これがあるだけで格段に美味しく見えます。











.......................................................................................................

d0250051_18171498.jpg

すぐそばにあった、
低い地域で暗渠終末を告げてくれるポンプ場。
古い地図で必ずチェックします。
(なくなっている所も多い)





d0250051_18184542.jpg

















d0250051_18201928.jpg

中川(もとの利根川)からみた屋敷林。














.......................................................................................................

d0250051_18212316.jpg

至近の葛西用水。ナンテンがきれい。












d0250051_18224580.jpg

これが目に入った後、この日の散歩BGMはネバーエンディングストーリーがエンドレスでした
あとなぜか「うなずきマーチ」










d0250051_18254413.jpg

「元」ちびっこでもいいすか。


















佐野いこいの森についてはこちらから



........................................................................................................

d0250051_15515081.jpg

いこいの森そばの暗渠歩き中、廃網戸の塀?柵?転用を発見。
随分水色の鮮やかな網。

この色、医療っぽい。←色っぽいではありませぬ・・・







「網戸に虫来ない」なるスプレー・・・
買ったのはいいのですがあまりに変な臭いで、結局使わずじまい。
(カメムシみたいな感じ)


ひぐらしの富士見・・・アディオス。
[PR]
by onnbubatta | 2011-11-28 00:00 | 足立区 | Comments(0)

染井辺りの水のこと

近頃頭の中が藍染づいているにも関わらず、純然たる暗渠オンリー詣出がかなわない。
ので、いつも何かにかこつけて、制限時間の中でやっております。

染井。ブラタモリで見たからいいであろうか。
いや無い。反語祭り。

水話ですと、子供の頃この辺にあるスイミング教室に通っていました。
自分的にはスパルタカスな指導だった記憶があります。。
当時は屋外プールもあって、指導よりは土日に遊びで来る方が楽しかったのでした。
売店でアメリカンドック(ポーク100%じゃなさそう)食べて、トレッカとかかれた自販の
メロンソーダを飲むのがね。

この辺の排水量半端無いだろうな~

きちんと辿るというより、ただのぶらぶら記です。

多少は土地勘(犯罪っぽいのは何故)あるのに、路地界に翻弄され収拾がつかなくなりました。
(それがまたいいんですけどね~)

ここではないですけど昔から墓地を遊び場にしていたので、不思議な感覚です。
「門扉付き」「ドーム型」等、不謹慎ながら自分のお気に入りのお墓を決めて、
次回又見つけられるかと言う遊びやら。

墓地って迷うんですよね・・「◎の△号」とか区画案内があっても)
夕方とかね、一瞬変な空気になった時もありました。谷中で一度だけですけど・・・
空が異様なピンクになって、突如奇怪な風が吹き出して。

「あなたの知らない世界BY新倉イワオ・・・」見たくなってきた


d0250051_18254441.jpg

メジャー水源とされる長池跡周辺をテキトーに歩いていました。
これどこかで見たことあります・・・
TVでやっていたかな?
説明版など無かったように思います
(谷田橋はあるのに)





d0250051_1020186.jpg

駒込7丁目あたりは路地が充実。
路地の森に来たようです。
嬉しく迷う。
写真撮れないほど狭い道があった・・・
あまりに路地過ぎて伝えきれないです。

そんな感じ





d0250051_10224884.jpg

この奥、通れるんだろうかと危惧した道。
保育園のそばだったように思います












d0250051_10241473.jpg

かわいいかえるのコックさんの絵描き歌を思い出しました

すげー驚愕の表情
あわわわわ!






ハイオク率・トタン率が高レートです。



もう、惹かれる路地大盤振る舞い。
犬がいてあきらめた路もありました・・・

d0250051_10304432.jpg

西ヶ原4丁目の暗渠にて。
・・・木の蓋。応急処置?
樽じゃないんですから・・・

若狭の小鯛の笹漬けが食べたくなりました。。。







d0250051_10345763.jpg

山手線から広告は見ていたけれど現地に来たのははじめて!
最初は鼻づまりもあり気づかなかったのですが

次第に独特の甘いチョコの香りが。。
住宅街の中。







確か別のお菓子工場の甘い香りで訴訟になったケースを聞いた事があります。。
私のような散歩者は、単純にこういう立地に残っているのは微笑ましい気がするのですが。


かいつまんでの散歩記です・・・いつかまた詳しく報告できますように・・・
[PR]
by onnbubatta | 2011-11-22 16:56 | 藍染川 | Comments(8)

前谷津川 長谷津支流(徳丸2丁目)

なかなか痕跡の確認しづらい支流ですが、ながやつ支流にちょっとだけ想いを馳せてみます。

(他の支流~、中尾谷津(不動通り)、完全に消された窪地~鶴舞池からの流れ、は取り上げません。また、階段祭り等でやる箇所もあるかもしれません)

都立高校裏の道と、ほぼ並行するなだらかな8mくらいの幅の道路の間。


d0250051_105951.jpg

急坂から北方をのぞむ
左手前の鬱蒼とした木々の中に谷地形の痕跡を感じます













d0250051_111513.jpg

何かわかりにくいですね















d0250051_1115574.jpg






















なだらかな道の方に廻ってみると



d0250051_1153271.jpg

竹やぶです




















本当に痕跡がわかりにくいですけど、坂をほぼ下って右折した先に面白そうな小道があったので



d0250051_1194646.jpg

木の柵がいい味出しています。
















d0250051_1111451.jpg

降りていきます



















d0250051_11284728.jpg

こんな階段で





















d0250051_11293369.jpg

細部。境い目が粗くて面白い
















d0250051_1111593.jpg





















d0250051_11361154.jpg

色々な青のオンパレード。
















d0250051_11381967.jpg






















d0250051_11392120.jpg

水色のトタンが鮮やか。
長谷津の流れは高崎橋付近で前谷津に合流していたようですが。















d0250051_11414095.jpg




















d0250051_11435676.jpg

こういうアパート懐かしい。
昔こういう中で走って遊んでてそこの大家さんに怒られたなあ・・
そこは共同の洗い場があってね・・











d0250051_11491069.jpg


















d0250051_11502737.jpg

此処からも出ることができました













d0250051_11513043.jpg























出た近くにも面白そうな階段があったので

d0250051_11545840.jpg

ここにもブルーシートの水色が。
上がって右に観音堂がありました。














d0250051_11564824.jpg

降ります
















d0250051_11572637.jpg













.............................................................................................................................
d0250051_1261292.jpg

高崎橋そばの暗渠っぽい路(不動通りから)
徳丸6丁目











d0250051_1263884.jpg













最近なかなか時間的余裕が無く記事を編めないので(写真と書きかけは滞留している)
夏に書いたものを放出・・・



当面、更新等ゆっくりになるかもです~
[PR]
by onnbubatta | 2011-11-18 16:53 | 前谷津川 | Comments(2)

馬尿川ちょこっと、と食事

妙な組み合わせのタイトルですみません。今回は短く。

大久保の辺りから北流して高田馬場近くの神田川へ注ぐ馬尿川・・・はかれこれ15年以上前に
歩いて以来かも・・・

上流端折って、諏訪通りを渡ったあたりから。

製パンの専門学校があり、何ともいい香りがする角を入っていきます。

d0250051_11333360.jpg

上流側をのぞんで。

無人のアパート?
堅牢な土台が、ダムとか人柱とか勝手に想像してしまう







d0250051_11355228.jpg

















d0250051_11371316.jpg

果たして何の残骸?


















d0250051_11381659.jpg

「米穀店」の古びた看板のある店先。中からおば様達の会話が聞こえてくる。
この猫、呼びかけてもあまり応答無し。
媚びない。
「アンタ一見さん?振り向いてやるものか。」




d0250051_1142013.jpg

「放っといておくれ。」...背中で語るタイプか。

昔に飼っていた猫は背中に武士のちょんまげ模様が浮き出ていて面白かった







早稲田通りを渡ると急に渓谷になる。早稲田通りを盛り上げたから?元から?

この辺り、語学学校があるからか日本語よりそれ以外の言語が飛び交っている。


一気に注ぎ口へ


d0250051_1148233.jpg

蔦で、貞子状態の注ぎ口。












d0250051_11511591.jpg

いつもは川沿いまで客が並んで待っているらしいけど・・・
お昼だし入ってみようか。

通常の暗渠歩きではお昼時間をはさんでも寄らないんだけど・・

暖簾の風化具合が興味深い。耐用年数どのくらいだ?





d0250051_11555361.jpg

普通の丼ぶりに麺が。
並、で他店の2倍くらいあるらしいので、少なめで。

結構ペロッと食べられました。

胃もたれも無し







d0250051_1158511.jpg

スープは少し甘め?
(料理の甘い味~玉子焼きや甘いいなり寿司が苦手なので)

でも美味しくいただきました。特に麺!


木の床なんですが、脂のせいでしょうね。滑りが良いです。
(荻窪のホープだったかな?転びそうになりました←自分にはもはやパンチが強すぎました)
...................................................................................................................
ブラタモ。
「桃園会館」。あれ、「健ちゃん会館」は?
(中に入った事あるのですが、赤いじゅうたんが目に焼きついている)

[PR]
by onnbubatta | 2011-11-12 00:06 | 神田川支流 | Comments(0)

湧水の町・和光市の清冽な湧水と蓋暗渠③ 

全て、「偶発的に出くわした暗渠」ではなく、事前に目をつけていた所です。
(人以外通行不可能な道を示す「棒人間マーク」が、和光市の昔の地図にある)
まずは、昔の地図で開渠線だった地点。期待はせず。

d0250051_17154823.jpg

白子川への注ぎ口。上流側を向いて。
このあたりはプロパンが多いのですね。
鎖でつながれています。












d0250051_17175047.jpg

ここも、隙間からじっと覗くと澄んだ水が音を立てて流れています。














d0250051_17201615.jpg

次に周り込めるのは「市場通り」。
何か異色な造り?
暗渠自体はこちらの通りから見ると
道路面からかなり下がっているので
すが、路面の高さと平行にウッドデッキ?が







d0250051_1726941.jpg

大分高さがある。落ちたら這い上がれんよ。















d0250051_17274546.jpg

暗渠につきものの(自分的に)フライパン。
ハシゴがあるから、落ちても何とかなる?














d0250051_17294887.jpg

こちらのウッドデッキ、お隣の事業所の方が颯爽と歩いて行き来していました。
利便性目的?
一斗缶も置いてあります











d0250051_17331432.jpg
この辺り「工芸」とつく事業所が多かったように思います。
・・・田端西日暮里に「ドレス」屋さんが散見されるのと
同様の好奇心が湧いてきました。
何ていうのかな、地場産業とまではいかないけど、
ある一定の場所に小さいながらも集積しているという。
「あ、さっきも見たなあ」的な。





d0250051_1744999.jpg

市場通りを渡ると、道路に沿って南北の崖地帯。
「しじょうはけ公園」
峡(ハケ)です!
とても小さな公園。
案内板の下にあるのは、ここで見られるカワモズクという
藻や小さい生き物についての記述。
↑カワモズクは危機的だというような内容だったかな。





d0250051_1747294.jpg

公園奥に湧き出し口があります。
















d0250051_17512093.jpg

ひょうたん?、前方後円墳のような形の池を流下して、市場通りへ。
下水にガーガー落とされます。
ここがウッディ暗渠の源なのでしょうか。












..........................................................................................................

次は「旧城山坂」へ。

結構勾配きつい、かつ崖上に用のある人以外通らないのでは。。。という坂の中腹d0250051_17593034.jpg

ここを地図で見つけた時、何だかドキがムネムネしました。
















d0250051_1805211.jpg

このあたりでカメラのバッテリーが警告を出し始め
















d0250051_1823088.jpg

ひっくり返った「甕」















d0250051_184421.jpg





















d0250051_184369.jpg

この跡は痕跡もよくわからなかったし、バッテリも昇天したので終了。













...........................................................................................................

d0250051_1885267.jpg
爽やかな秋の雲
(ですが、ラーメンに浮いてる背脂にも見えてきた)














歩く事そのものも楽しい。
帰ってからその日の行程を地図でなぞって再確認&再現する作業、至福。たまらん。

 和光市は北部も楽しいですよ。
◎地形的には「金泉禅寺」。
◎大池のあった「和光高校」付近(弁財天あり)
◎水道道路付近の市街化調整区域に多数存在する蓋暗渠
◎半三池跡(はんざいけ、と読みます。私有地なので以前行った際は確認かなわず)
◎谷中川、越戸川。理化学研究所

北部は、駅から遠いのですが・・・
幻の「三田線延伸計画」、どうなってるのだ?

..............................................................................................................
d0250051_18595494.jpg

最後はやはり猫で。
赤羽の堂山阿弥陀堂の
「オッド・アイ」

右トパーズ
左ブルー









小金井市よ!(『鳩よ!』みたいだな・・)
ゴミ問題、いつぞやの「杉並・東京ゴミ戦争」を思い出して心配になる。

三多摩方面の湧き水はメジャースポットが多いのに、未踏。
お鷹の道、真姿の池。日立の恋ヶ窪。(年一の公開とかって忘却しちゃうんだ。)
[PR]
by onnbubatta | 2011-11-10 08:54 | 白子川 | Comments(0)

湧水の町・和光市の清冽な湧水と蓋暗渠②

①入口は板橋区・出口は和光市の県境またぎ蓋暗渠

d0250051_9523193.jpg

...いくらなんでもこんな所進入するの無理~
自転車やらTVやら打ち棄てられています。
反対側から行きたいと思います。








d0250051_1052330.jpg

和光市側(白子川注ぎ口)にまわり、川方向を振り返って。











d0250051_1074640.jpg

トタンと南洋風の単子葉植物がいい味を添えてくれます。













d0250051_10111483.jpg

途中段差があります。
成増側に進むに従って少しずつ段を登る感じ












d0250051_10143072.jpg

段差のブロックから下流を振り返る














d0250051_1016463.jpg

これも振り返り















d0250051_1018418.jpg

チビバッタが飛び出してきましたよ















d0250051_10212293.jpg

進むとさらに小さな石段がガスボンベの奥に三段程あり、この先草ぼうぼうで












d0250051_10194345.jpg

ここを抜けると冒頭の地点なのですが。
背丈以上ある草むらです。

ごく短い暗渠ですが、戻ったあと衣服靴にイノコズチがびっしり!!
このあとの予定もあり、はらうの難儀でした(汗)


種子運び人。イノコズチ付着した人が隣席の会合って・・不審極まりなく~~
他にもトゲ状のものや、ネバネバ系の種片やらいろいろスティッキーしていました。
フリース着用で行くと、色々採集できるかもしれませんw

和光市の白子川沿いの蓋暗渠を覗くと湧き水が流れてる事多々あるのですが、こちらは
確認できませんでした。

昔飼い猫が全身イノコズチまみれで帰ってきたなあ~
ノミ採り櫛でやるときれいになるんだけどね。あの櫛3000円くらいするんですよ~
ゾーリンゲンの職人さんでも作ってるのかしらん
...............................................................................................................
川沿いにあった謎のタンク
d0250051_10135189.jpg















d0250051_10144759.jpg

これまた川沿いの製紙工場。
ビニールカーテンの中に、粉砕された紙の山。
工場好きな方、外観もいいですよ。
昔は酒造会社やアルミの大きな工場、伸銅工場があった模様です。






d0250051_10192048.jpg
また別の白子川に注ぐ蓋暗渠。
パターン様々。ちょっと波打ってます。
和光市不思議。チョウチョウウオのタイル調があったかと思えば、こんな煉瓦インターロッキング風。どういうチョイスなのでしょう・・
奥が白子川の欄干。

d0250051_1023433.jpg

見返り美人。
憂国の士。










to be continued....






何か不可思議なシステムのパン屋さんがありました
(買い求めた以外のパンが何種類か入っていた)

[PR]
by onnbubatta | 2011-11-07 15:01 | 白子川 | Comments(2)

湧水の街・和光市の清冽な湧水と蓋暗渠

東京都と接している和光市にやってきたのは二回目です。
今さらジローですが、和光市の有名な湧水ポイント等々ぶらぶらしてまいりました。

帰りがけ、有田芳生氏とさりげなくすれ違いました。


d0250051_1728188.jpg

旅気分にさせてくれる、坂の中腹の建物。















d0250051_17303037.jpg

和光市でよく見られる、材質・形状・サイズばらばらの蓋達。
隙間を覗くと、サラサラと水が流れています。














d0250051_17331981.jpg

魚屋さんの店先。
















d0250051_17345173.jpg

旧川越街道沿いの「富澤湧水」の苔むしたタンク

















d0250051_17373756.jpg

土地利用変更の為、2000年に水路の付け替えをしたとの事。
前回訪問時は、ペットボトル持参で水汲みにきている人もいました。
この駐車場と背後の崖がずっと残りますように・・・






d0250051_17462669.jpg

背後の崖がしたたってる様子がよく観察できます
伝わりますでしょうか?















d0250051_1741431.jpg

嬉しくなる程ジャージャー
















d0250051_1742274.jpg

こちらも。
水をお触りするの失念










.......................................................................................................

続いて、白子川沿いをぶらりんこ。

d0250051_1756140.jpg

流れ込む水音がたくましい!
















d0250051_1757179.jpg

三連。
一人っ子核家族系?
白子の寺社から流れくるようです。














d0250051_17584665.jpg

写真奥のジャージャー滝の近くへ行ってみます。
















d0250051_1802971.jpg

そしたら、数mの短きこんなプロローグがあり















d0250051_1812833.jpg

チョウチョウウオのタイル・・・?

















d0250051_1852462.jpg

行き着いた先に


















d0250051_1864960.jpg

清流!


















d0250051_18123961.jpg

驚きました。
山里のような清流です。

















d0250051_181016100.jpg
今時小学生は半ズボンはきません
のび太の半ズボン<<Bz稲葉の革半パン
















d0250051_18103565.jpg

「土のう10個」用意してあるのか?必要なのか?
ちょっと怨念入ってます。
反対側に回ります












d0250051_1828122.jpg

床屋さん脇につながってました。

















d0250051_18293473.jpg

ドラム缶下をのぞいたら、きれいな水が流れてましたよ
















d0250051_18305064.jpg

床屋さんの飼い猫。靴下君。
脱走癖があるらしく、リードでつながれています。














d0250051_18315427.jpg

猫ちゃんのお話きかせてくれた床屋さん、ありがとうございました
(水路の話聞くの失念)










次回に続く。

当ブログ...猫さん写真で来て下さる方も何名かいるみたいです^^

 ギリシャ支援、白紙に戻っちゃうんでしょうか。相場のボラティリティー懸念。
最近は、「白紙(894)に戻す 遣唐使」じゃなくて
    「はくよ(894)げろげろ 遣唐使」って覚えるのが主流とか。
航海困難だったろうけど・・・確かにインパクト大だし。


明日はブルーインパルスですーー!
[PR]
by onnbubatta | 2011-11-02 23:30 | 白子川 | Comments(4)


暗渠、猫、池、高低差、崖、弁天、軍遺構、建築、階段、廃線、天体   その他徒然(適当です)


by onnbubatta

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
前谷津川
出井川
蓮根川
石神井川系
田柄川
千川上水
専用水道
渋谷川系
立会川
神田川支流
白子川
藍染川
足立区
地方
石神井川
水窪川
えんが堀
百々向川
蟹川
神奈川
内川
新河岸川
谷中川
さいたま
谷端川
荒川区
葛飾区
千葉
世田谷
江戸川区
中野区
北区
未分類

最新の記事

江戸川区葛西沖残照~旧海岸線..
at 2016-10-19 14:34
谷端川暗渠。北池袋~下板橋間..
at 2016-06-25 10:21
江戸川区松島3丁目、青の世界..
at 2016-06-15 15:42
旗の台:昭和大学そば。野の花..
at 2016-05-11 12:34
鮮やかに艶やかに散るらむ・・..
at 2016-04-01 14:58
道路計画(大蛇)に飲み込まれ..
at 2016-03-19 15:28
沢蔵司稲荷近辺の麗しい水路跡
at 2016-02-27 12:39
続・志茂の小水路跡~サウンド..
at 2015-11-26 20:46
川崎の入江崎~観音川河口突端..
at 2015-11-15 09:56
川崎にて、陸の舟旅を。
at 2015-10-25 16:02

以前の記事

2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月

フォロー中のブログ

東京の水 2009 fr...
暗渠徘徊の日々

お気に入り(お邪魔しています)

最新のコメント

> 猫またぎさん ご無..
by onnbubatta at 22:06
onnbubatta さ..
by 猫またぎ at 13:23
>非公開コメント様 コ..
by onnbubatta at 15:33
>バス停の名前、正しくは..
by onnbubatta at 09:58
>sumizome_sa..
by onnbubatta at 09:46
日曜日に妙見島の方を歩い..
by sumizome_sakura at 03:17
>sumizome_sa..
by onnbubatta at 10:01
おや、また濃い場所にでか..
by sumizome_sakura at 21:05
>nori-p様 コメ..
by onnbubatta at 08:11
礫川小の水路は私も行った..
by nori-p at 17:21

検索

アクセス

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧