<   2012年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

千代崎川の周辺で崖に挟まれる

横浜・山手の千代崎川・・・を目指した訳では無かったのに、結果的に千代崎川跡に来ていました。

千代崎川は根岸の丘陵地帯から流れ出す三本の流れ:北から、猿田川・簔沢川・江呉田川が山元小
付近で合わさり、東へ流れ東京湾に注ぎます。
合流地点付近を除き暗渠化されています。蓋がされたのは大分前ですが、一昨年くらいに蓋を外して再整備を行った箇所もあるようで・・・見学したかったです・・・


前半は山手周辺の崖に沿ってうろうろ。
d0250051_10123961.jpg
「西之谷」に面する急崖。一斗缶が湧き水を受けとめています。




























d0250051_10142043.jpg
波紋が。

これが「赤道を越えても腐らない横浜の水」・・・?

あれは井戸水だったか。











d0250051_10162868.jpg
至る所階段だらけ。
石材置き場脇の階段。十字架が、ここが横浜だという事を再確認させてくれています。

























d0250051_10191222.jpg
崖の突端部にさしかかると、駐車場の一角に非常に印象的な崖下稲荷。






























d0250051_10202012.jpg
先っぽには神性がありますね。
いや、崖下側の下界から見たら凹みか。
中の上くらいの広さを有する駐車場とこの祠、どうかこのままで。
本当神秘的な場所です。




















d0250051_10262486.jpg
遠景。
後ろ髪引かれ、名残惜しい。

こういう場所に限って、次来た時には必ず跡形も無くなっている確率が高い。。






















いつまでも あると思うな 好きな場所



~ふと気が付くと、自然と千代崎川のエリアに入っていました。

d0250051_10301980.jpg

この辺りは結構幅広の暗渠です。

テープで消されてる箇所は何て書いてあるんでしょう・・・?
とにかく2t以上の車は入らないで下さいね。






















d0250051_10322670.jpg

早速橋跡も。名前はわかりませんでした。
この辺はこういう形状のゴミネットなんですね。
場所毎に違ってて興味が湧きます。





















d0250051_10364497.jpg
はす向かいの橋跡。
この秋葉原っぽい小さな電気屋さんの出店みたいなのが可愛かった。

























私が気に入ったのはここ。
暗渠本体は左筋で、このガードレールで囲われた半円状の中州みたいな空間。
d0250051_10412064.jpg

こちらも千代崎川の看板にテープしてありますね。

冒頭でも触れましたが
>横浜市三千分の一地形図を見ると、千代崎川は山元小学校の付近で三方からの流れを合わせて下っていくようです。

私の歩いたのはほんの一区間ですから、全て辿ってみたいですね。












「中洲」の周りの素敵な風景
d0250051_10485058.jpg




















d0250051_10512232.jpg
何でしょこの半月みたいな、エンクロージャーされた一角は。。。




























d0250051_10561879.jpg
あとで別角度の写真も載せますが、ここも雰囲気の或る一角。
右の壊れそうなバルコニー(物干しか)、鷺山を背後に抱く銭湯のさくら湯、防火水槽、暗渠上の車止めに干されたマット。





d0250051_10595361.jpg
舗装がシマシマ。
















d0250051_1101763.jpg
鷲山の崖が綺麗。

空耳ストの安斎さん曰く「最近、横断歩道の舗装でも躓く」と。
シマシマ舗装で私もコケました。つっかかるんですよね。















 

 





→学生注目~!脱線タイム、縞々と言えば、水玉も出合った事あります。
こちらは埼玉ですが~~~
d0250051_1173012.jpg
手前が水玉。
ここは異素材mixも優れモノ。甘辛mixみたいな言い草だな。

連続する蓋世界の中で、悔しいほど魅せてくれますなあ。






















******

商店街に出てきました。
d0250051_11162310.jpg
すっかりスケルトンで駐車場に転用されているストア。
江古田の富士の湯さんと同様です。

ここの奥に第六天のお稲荷さんがあります。
傍らで商い繁盛を見守っていたのでしょうね




何で鶏肉屋さんって別なのでしょう。。

d0250051_11201189.jpg
ちょっとびっくりした

















d0250051_11205269.jpg
稲荷脇のリアカーに干されていたのは
































d0250051_112229.jpg
銀杏と、隣の物体は何だろ。切干大根?
切干大根食べられないんだけど、今なら食べられる気がしてきた。
年取るってこういう事なのかも。









d0250051_11255079.jpg
近接する稲荷湯さん。

昔、番台から三助さんを呼ぶ時
男湯は拍子木を一回、
女湯は二回打っていたんだそうです。









テレビでよく目にする「都内最後の三助さん(日暮里の銭湯にいらっしゃる)」を思い出しました。
以前の上司にそっくりなんです・・・

頼んでみたいけれど、死ぬほど垢が取れそうで一応恥ずかしい。
あと、うちの親は「出歯亀」とかそういう語を今でも使います。

猫が風呂場に水飲みにくるのですが、そういう際に。



ここまで来たら三渓園の海食崖の地層を見たかったな。
手持ちの地図では埋め立て以前で、本当に海に面した団子鼻みたいな形でね。
今は湾岸線がぐわあん~と孤を描いている所。
それに、ドルフィンでソーダ注文して「貨物船こいやー」って血眼で待ちたかったけど。
ワシン坂の湧水も見たかったし。
でも暑かった・・・

追記~「本牧十二天の茶屋」という素敵な写真を長崎大学付属図書館幕末・明治期日本古写真データベース~で見せていただきました
d0250051_1021172.jpg

綺麗で丁寧な着色写真。
同じアングルの他の貴重なお写真も多数見せて頂く事が出来ます。
ありがとうございます。



不動坂かた見た本牧岬、というタイトルの写真も素晴らしいです。
今では眺む事叶わぬ風景が広がっています。


根岸湾=ミシシッピ・ベイ
本牧岬=マンダリン・ブラフ

外国人が絶賛する風景で、船舶からの目印にもされていたとの事。


本牧十二天社の沿革はこちら。

d0250051_1233330.jpg
あの~・・・何だか凄いんですが・・・
強烈に刻んでて・・・
















しゃこ貝みたいな地形です。↓
d0250051_12435819.jpg













************
また足に水ぶくれが出来て疲弊しましたが、帰りがけ、車窓から京急平沼駅の廃ホームが見えて俄然元気を回復しました。目がギラギラしちゃったようだ~。

************

私の敬愛する富田均さん。

傾いた家・古い商店・アパート・古木等々あらゆるジャンルの「惹かれ物」の地番や表札名、防火用水の形状等、都内各地のデータが全部頭に入っているような方。

流石だなあ・・・
[PR]
by onnbubatta | 2012-10-19 11:55 | 神奈川 | Comments(8)

大正時代の石造りの洗い場(和光市)

春に訪れました。

場所が分かりづらくて、迷い甲斐がありました。あきらめて帰ろうかとも。
いつも散策の際は大体の目星をつけて、そこからは嗅覚を頼りにして、
到達後に住宅地図のコピイで確認したり。

d0250051_9151653.jpg
東武東上線。
・・・アブイ?















d0250051_9162990.jpg
谷中川の凹みがよくわかる場所。
ガンガン開発中なのが明らかで、少し複雑な気分。












d0250051_9181198.jpg
こちらの方がV字具合が見易いでしょうか。















d0250051_9212299.jpg
大きな変貌を遂げている最中のようです。
次に来る事はそうそう無いでしょうが、全く違った界隈になっているのかもしれません。










d0250051_9225746.jpg
崖と重機


















d0250051_9244435.jpg
やっと到着しました。
田舎のおばあちゃんちに来たような感覚。
訪問時はどなたもおらず、実際に使用されている状態はわかりませんでした。

近くに掃除道具が立てかけてあったので近所の方が維持されていると思われます。















d0250051_928042.jpg
洗い場の周りは石積みになっています。
大正5年くらいに造られたものだとか。
貴重な洗い場を見る事が出来てありがたいです。

木の斜め具合も自然な感じで良いですね






d0250051_9305076.jpg
隣に池もあって鯉が泳いでいました。
透き通った水の中に管が見えています。
池の上の崖は刳り抜いたように侵食された感じ。









d0250051_933340.jpg
フラジャイルな雰囲気なので見るだけにとどめた木橋













d0250051_934441.jpg
傍らで神様が見守る洗い場。
この神様の形相、ちょっと引越しオバサンを連想してしまいます。
布団叩きが似合いそう・・・
頭にドクロみたいなのつけてる・・・?
踏まれた餓鬼の、まんざらでも無さそうなへにゃっとした表情も面白い。




随所に味わいがあってとても惹かれた神様でした。



d0250051_102985.jpg
末端は土管の中に流れ落ちて行きました。






























d0250051_1053185.jpg
周りの風景。
本当に静かな場所でしたので、ここで聞いた木々の揺れる小さな音がはっきりと耳に残っています











d0250051_106883.jpg
風情の或る一角











d0250051_1064588.jpg













d0250051_1075864.jpg
















d0250051_1083861.jpg












































d0250051_109443.jpg
谷戸を挟んだ対岸の高台のマンションを臨む布団号。
[PR]
by onnbubatta | 2012-10-12 08:57 | Comments(2)

久しぶりに田柄3丁目(練馬区)の暗渠。架橋・・・?

一年くらい前の訪問から。

田柄の暗渠にしては珍しく?曲線の形状の箇所を。
古~い住宅地図で見つけました。

でも、写真だとその曲線度合いが伝わらないかと思います。状況も変化しているかもしれませんので、最初にスミマセン。


d0250051_16573778.jpg
どっちが流末か判然としませんが、ここから、という事で、ここは直線。
北に向かいます。












d0250051_173354.jpg
ホース、えらい長いな~

















d0250051_1733181.jpg
先が見えない曲がり具合に、好奇心をそそられます。
この辺りにはお店が集まっています。

こっちにも植木の背後にホース。水撒いたばかり?









d0250051_1753514.jpg


















d0250051_177548.jpg
両サイドの民家からの緑が濃くなってきて、暗渠との境目がぼやけてきます。













d0250051_179182.jpg
竹やお地蔵さん、カオスな角地。
















d0250051_17103827.jpg





















d0250051_1711457.jpg
小さな交差点を過ぎると、、、向こうには橋???
彼岸花さん、教えて下さいな・・・

ここの交差点辺りは窪んでいて、しっかり流れがあったことを我々に伝えてくれます。






d0250051_17124090.jpg
橋脚はビールケースのようです!
しかし橋というには、高さが傾いているし、写真右側は空き地か耕作地だった気が・・・
何の用途でしょうか。
クッション性も良好そうです。
深まる疑問・・・




う~ん。
またぎもせで、くぐりもせで、ここで引き返します。
何じゃろ。本当に。
座っちゃおうか。
診察台にも似ているし。

この先は行き止まりですが、昔の地図によりますと90度南に向けて流れを曲げて数mでフェイドアウトするようです。
場所は、田柄不動尊の近く。


~脱線しますが、暗渠にビールケースってよく見掛けます。
{一例}
d0250051_9183766.jpg
今回の暗渠とは無関係ですが。
赤いのは醤油のケースでした
















すぐ近くには、田柄地域各所を縦貫するまっすぐ暗渠も。

d0250051_17273671.jpg
郵便局の横。左は大きな地所の旧家。
















d0250051_17283541.jpg





















d0250051_17285850.jpg
かゆいぜ




















...........................................................................
以前記事にした田柄4丁目の「ありがとう暗渠」の、前回工事中で見えなかった部分がマンション完成とともに明らかに。一掃されてなくてよかった・・・

d0250051_1757269.jpg
光が丘のヴィクトリアの横から確認できる水路です。
北側より、水路敷→蓋暗渠→水路敷と展開していきます。

写真が蓋暗渠部分。細くて、落ち葉が溜まっていますね。

追記:2013春頃、写真の蓋暗渠側溝は大きなマンホールが埋められて様子が変わってしまいました。















あと、田柄4丁目で田柄水道利用組合のタンクを新しく見つけました。
今まで三つ確認して、あと一つは同じ形状のタンクですが私有地(マンション)にあるのでこれが
組合のタンクなのかよくわからない・・・
一体全部でいくつあるんでしょう。。
d0250051_9274192.jpg
古い住宅地図で確認したら、ここは「第5号水源地」の記載。
少なくとも5基はあるのか。
田柄水道、また調べないと。ここは何か秘密のヴェールで覆われている感じ・・・
私が該当記載のある文献にあたれてないだけなのですけど。。
過去の田柄水道利用組合に関する記事です。よろしかったら。

専用水道、調べだすと深みにはまるんですよね・・・
大泉の白子川そば、「陽和病院」も利用しているようですし。
杉並の方にもあります。
水の恵みが豊かな地域だという事を示しています。


d0250051_9363296.jpg


















d0250051_937453.jpg
とぐろのお帽子と、どや顔が見る人を強烈に引き寄せる。
目力凄い迫力だな




























d0250051_9389100.jpg
こまつ製菓さんの直売所。
私はお饅頭系はあまり食べないので、お土産に「よもぎの餡饅頭」を。
[PR]
by onnbubatta | 2012-10-02 11:54 | 田柄川 | Comments(4)


暗渠、猫、池、高低差、崖、弁天、軍遺構、建築、階段、廃線、天体   その他徒然(適当です)


by onnbubatta

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
前谷津川
出井川
蓮根川
石神井川系
田柄川
千川上水
専用水道
渋谷川系
立会川
神田川支流
白子川
藍染川
足立区
地方
石神井川
水窪川
えんが堀
百々向川
蟹川
神奈川
内川
新河岸川
谷中川
さいたま
谷端川
荒川区
葛飾区
千葉
世田谷
江戸川区
中野区
北区
目黒川
江東区
未分類

最新の記事

江東区南砂5丁目の残存蓋暗渠
at 2017-11-04 20:05
深く険しい谷の変遷を辿る~前..
at 2017-08-17 10:05
薬師の泉からの流れ・・・?板..
at 2017-07-26 16:04
水面に映るもの。逆さ目黒エン..
at 2017-07-13 12:41
江戸川区葛西沖残照~旧海岸線..
at 2016-10-19 14:34
谷端川暗渠。北池袋~下板橋間..
at 2016-06-25 10:21
江戸川区松島3丁目、青の世界..
at 2016-06-15 15:42
旗の台:昭和大学そば。野の花..
at 2016-05-11 12:34
鮮やかに艶やかに散るらむ・・..
at 2016-04-01 14:58
道路計画(大蛇)に飲み込まれ..
at 2016-03-19 15:28

以前の記事

2017年 11月
2017年 08月
2017年 07月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月

フォロー中のブログ

東京の水 2009 fr...
暗渠徘徊の日々

お気に入り(お邪魔しています)

最新のコメント

>lotus62さん ..
by onnbubatta at 21:47
これはありがたい…。早速..
by lotus62 at 18:27
> sumizome_s..
by onnbubatta at 07:22
9/23の土曜日、足なら..
by sumizome_sakura at 17:34
> lotus62さん ..
by onnbubatta at 18:10
キタ、ツルマイ池!! ..
by lotus62 at 12:40
>namaさん nam..
by onnbubatta at 20:57
ご無沙汰してます。きょう..
by nama at 12:45
> sumizome_s..
by onnbubatta at 10:16
なるほど、円福寺の南西の..
by sumizome_sakura at 04:21

検索

アクセス

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧