<   2013年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

中世の国境地帯及び大河の川底を歩く~三郷・八潮間の旧中川河道

葛飾に憑りつかれて徘徊したり地図を眺めたりしているさなか

「おお、これは・・・!」と目を見張った地帯あり。

明らかに川の蛇行を改修した痕跡。


越境して、おそらくはじめての三郷市入りとなりました。


暗渠というには規模が大きい。メガ暗渠かな?

やはり境界モノかな~暗渠界のlotus62さんが「境界ハンター」として既にご活躍♪、私も猟友会の端くれとして綴ってみたいと思います。宜しくお願いいたします。



三郷市と八潮市に跨る市境線。

古代から中世にかけて、下総~武蔵の国境を為していたそうです。




「金町の北にある」くらいの情報しか持ち合わせず、北口からバスが発着するものと思い込んで
いたら、バス停にはそれらしき行先が書かれておらず。。

バスの列に並ぶのか並ばないのかどっちつかずの体制でモジモジ混乱していたら
背後のご婦人から

「並んでるんですかっ013.gif」とプレッシャー。。

ん~でも一番前の座席を確保できそうだったので、乗っちゃいました。
(かなり手前の葛飾西水元辺りで降ろされましたが、発見もあったので良しとします~)


d0250051_11161022.jpg

市境線の東側辺りに自然堤防が発達しているのが判ります。
戸ヶ崎の地名はそこ辺りから起こったのかな。


楽しみ~





河道跡区画は梯子状になっているのです。




市境が大場川と接する地点は八潮南公園になっています。
八潮市側には近接して日本煉瓦潮止工場がかつてありました。
(潮止、はこのあたりまで感潮域であることから付けられた地名)
いつまであったのか正確に確認できていないのですが、昭和60年くらいの地図ではまだ残っていました。地図の下、屈曲している「大瀬」周辺です。
(元は江戸川沿いにあった金町製瓦が設けた工場。金町製瓦はその後日本煉瓦に吸収)

中川沿いは煉瓦や瓦の製造が盛んだった時期があるようですね。

日本煉瓦といえば深谷が有名ですが2006年に清算し、最終的な本社所在地は板橋区大山であった
とwikiで意外な発見が。

さあ歩き始めます。


d0250051_11242236.jpg

南を向くと、水路が開渠で細々と抑制された姿を見せてくれます。



























d0250051_11271294.jpg


































北側を向くと

d0250051_1129981.jpg

青い水門とポンプ小屋。
赤・黄の縁石?。

三色揃うと公園ぽい空気が醸成されます。

実際ここの一角も公園でした。





















水門の裏側に回ります
d0250051_11314185.jpg

まだ水を湛えていますが、わずか数メートルで突如細流の水面はなくなり、
何事も無かったかのように整然とした住宅地が現れるのでした。




















意外な事に、当該市境ラインの真上は住宅街の静かな道路と
家々の境目とを繰り返し成して行き、

凹んでいるとか水の痕跡を想起させる路面は見つけられず。
(今回境界線の東側を少し歩いたに過ぎませぬが)

埋まった大河は見事に均され、周囲の住宅地に変貌しているのでした。


実に静かで落ち着いた戸建中心の街並みが佇んでいるので
「ここが当に境目!」的な写真は撮りませんでした。





しかしながら、すぐ脇に蓋暗渠道が市境界と平行するような形で連坦としているではありませんか。
大河の土手下で水を受ける側溝の如く。

こちらからのお誘いを受けたので、歩いてみることにしました

d0250051_11482463.jpg

幾何学的に装飾された車止めにこんにちは。


























d0250051_11495722.jpg

横から愉快な蓋も仲間入り&参戦してきます。






























d0250051_1151136.jpg

ドッキングの現場


















d0250051_1154754.jpg

歩き進めると、「片側に幅寄せタイプ」に変化したり。





























d0250051_1155484.jpg

蓋自体の形状変化も楽しむことが出来ます。

車止めの片方は蓋を貫通していて、
柵は跨ぐタイプになっています。
























d0250051_115904.jpg

対峙する






























d0250051_1201583.jpg

道路と交差する地点の脇、お店が並ぶ一角に建っていた
おそらく水神宮。

表面の、上半分くらいは欠損してしまっていますし
サイドも斑に剥落しかけているのかな。

水神宮。水元ではいくつも見かけました。
















d0250051_125355.jpg

ここは屈曲が出てきて魅惑の地点です。

柵は片足突っ込みタイプ。



























d0250051_15245616.jpg

乱入者その2
































d0250051_1527711.jpg

ここで、広めの車道と交差します。
横断した先にも蓋暗渠が連続しています。



























d0250051_15294026.jpg


































d0250051_153006.jpg

































この先も気になる所ですが、蓋暗渠追跡はここまで。
境界線上に存在した水面は僅かなれど、この「メガ側溝」歩きも実に面白かった!

車道(バス通り)を右方向へ進み、また市境ラインジャストを目指します。


d0250051_15381926.jpg

また路傍に時を物語るものが。
赤いコーン衆の三名を従えて、ガードされているのかもしれません。












d0250051_15414443.jpg

上部には欠けた痕跡と、円型に文字(もんじ)?のようなものが囲まれています。
寛政7年の銘もはっきり。


























d0250051_1549248.jpg

通りに面して、雰囲気のあるたばこ屋さん兼洋品店がありました。
そこの角にあったレトロな丸いポスト。

























d0250051_15501640.jpg

こちらの看板娘さんもランドマーク・・・?
伏し目がちでアンニュイですが

























d0250051_15532884.jpg

異次元にワープ中の美女

何か目を見開いちゃったみたいに見える~



























d0250051_15572086.jpg

異次元から戻ってきた美女

こういうお店があるのは、ここが旧くから人が行き交っていた通りだからでしょうか。

























d0250051_1603370.jpg

そして京成バスの戸ヶ崎操車場。
操車場といってもこじんまりとしたスペースでした。

河道跡が、バス通りと交わる地点の脇に立地します。





lotus62さんの提唱?する「川跡=バスターミナルとしての転用」説の条件とも符合しております。



大河の川床を起着点として、今日も人々の移動を担う。



帰りはここから無事にバスに乗り、川床から揺られる感慨に浸りつつ金町まで辿り着くことが出来ました。
(金町駅南口の立派なロータリーに着きました)




ここから北、中川との接点までは未踏。また訪れたいと思っています。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

d0250051_16294687.jpg

葛飾区側・大場川の土手手前で遭遇した水神宮














d0250051_1630597.jpg

笠を被って斜面につくねんと。































d0250051_16313239.jpg

たまたまここの近くで鳥居が見えたのですが、地図には神社の表記がなく・・・

ここについてはまだ調べ中。普通の民家かも?






















d0250051_1634458.jpg

水元の閘門橋へと至る通りの土手下に見えた、これもおそらく水神

























d0250051_16384667.jpg

流れのある川というより、溜のように穏やかな大場川














d0250051_16394768.jpg

水元公園内に残る、浅間神社跡の高まり。















d0250051_16523159.jpg

地形図上でも盛りがあるように見えます
(社殿は現在無し。昭和初期の地図には参道と社殿のような表記あり)







d0250051_164225.jpg

煉瓦造り(金町製瓦製)の閘門橋。元の名を「二郷半領猿又閘門」。
都区内では唯一の煉瓦造りのアーチ橋。

古利根川(中川の埼玉県側の呼称)・大場川の水害を防ぐ目的で明治時代に設けられました。

今回歩いた旧河道はこの橋のすぐそばで合流していた事もあり、古くからの洪水多発地帯。

葛飾区側の「猿又」辺りには出水のさなか、自ら人柱となった老人の物語が伝わっているそうです。
(不思議とその後に水の勢いが収まったとか・・・)




d0250051_16424321.jpg

落し物を拾って下さる駅員さんの姿にも似ています。













d0250051_178467.jpg

三郷市側に入り、二郷半領用水にまたもや煉瓦造の橋が。

ここの煉瓦も金町製瓦と関係あるのかな?
(エリア違いますが、先日十条で見かけた陸軍施設遺構の煉瓦塀も金町煉瓦のものであるとの
事でした)












d0250051_179193.jpg

肥船が往来していたんですね。。

















またこの辺りは、「鎌倉」という飛び地が島状に残されていて興味深いです。
(戸ヶ崎、の飛び地も散りばめられています。整理関係でそうなったのでしょうか・・・)

大場川を越えて葛飾区内にも鎌倉地名があり、「さいたまの鎌倉村に由来している説」を聞いてこの辺りを指すのかな?と興味津々。

葛飾の鎌倉界隈も歩いていますので後日暗渠散策レポート致します。

d0250051_17131624.jpg

鎌倉飛び地、一部は大場川にかかっています。

大場川に向かって、住宅地の中に並行して縦に伸びる道は二条通りとか八条通りなどと
条里制のような名づけがされていました。


最後に
d0250051_1715356.jpg

東武ガスのマンホール
[PR]
by onnbubatta | 2013-11-26 12:04 | Comments(8)

横須賀・田浦の引込線痕跡と倉庫群を探訪

久しぶりにカテゴリー「神奈川」をチョイスする時が到来しました。

(葛飾の暗渠を巡礼しているさなかですが一回神奈川を挟みます)

タモリ俱楽部で紹介されていた「平面クロスの線路跡」を見てみたい欲望にかられ
「横須賀軍港めぐり」クルーズと合わせて遠征してきた次第です。

私の軍港めぐりの主目的は「新井堀割水路を航行する」。

元は三浦半島と陸続きでそこから突き出た「箱崎半島」、ここを水運の便に供するために
掘削し切り離され、今では吾妻島と呼ばれた島がそこにあります。



d0250051_1234799.jpg

激しすぎ、険しすぎ・・・

行きの京急の車窓からもう萌え死寸前、酸欠状態でした











次の用事までの間をりようして降りたので、田浦には30分くらいの滞在
(あまり電車も来ない)




d0250051_1263834.jpg

JR田浦駅下り側にあるトンネル3兄弟のうちの二つ。
草ぼうぼうなのが、これから見に行く線路へと続いているようです。



階段を昇り跨線橋を渡り再び階段を降りていきます。







d0250051_12211213.jpg


唯一見かけたお店。「夜城」
駅からすぐの左手崖直下、岬の聖なる力が宿ったお店かもしれません

魅力的なお店です・・・
(上の地図黄色のピンの左辺り)

















駅を出て車道を右に進むと、相模運輸倉庫という会社の倉庫群に目を奪われます。


d0250051_12254317.jpg

秋晴れの青空に鋭角際立つ、のこぎり屋根。
ネットの記述に拠れば、軍の兵器修理庫であったとのこと。

しかし・・・金網で囲まれ「国有地」の関東財務局看板・・・
公売の物件なのでしょうか・・?
(詳細に看板をチェックするのを失念しました。また財務局の入札予定表にも見当たらず)





d0250051_12304012.jpg

のこぎり屋根の隣の倉庫。

造りがそれぞれ違って、飽く事無し。














d0250051_9542322.jpg

比与宇隧道方面に向かい東へ歩いていきます。

そして表れた 軌道跡。
白い建物は地図上で合同庁舎とされています。
庁舎内にはゆるキャラっぽい人形がありました。

庁舎よりにもう一組の軌道跡があります。
















d0250051_12362336.jpg

来た方向に向けて戻り撮影。(西向いてます)

背後は上述の二つの倉庫。


分岐していますが、どちらもその先がよく分かりませんでした。






この西向きアングルのまま少し後ずさり状態になると、
その軌道跡状態に驚きました

d0250051_1074483.jpg

まさに線路が交わる地点が
水没・・・?した状態。

ストリートビューを見る限り、草むしてはいるものの
水は溜まっていないように見えましたが・・・時限的な風景なのでしょうか。

何だか水田の一角にも見えるし、何とも不思議な眺めです。















d0250051_10111516.jpg

この区間だけの、湿地然とした水景。

太い釘も見えています。






















最後に載せた地図の、ピンクの印の地点。


d0250051_1018259.jpg

比与宇隧道方面に進んでいきます。
































d0250051_10202672.jpg

再び振り返る。

草むした箇所、のっぺりレール跡だけの箇所・・・と次々と状態が変わっていくのも面白い。

しかし現地はストリートビューや、他の方のブログ写真とは違う箇所があちこちに散見され
段々と痕跡は消されているように感じます。

この界隈で起きている変化を感じ取らずにはいられません・・・何だかざわざわ。










d0250051_10274538.jpg

この後、一旦川でレール跡が遮られます。

川の手前の地点はレールの間から草がたくましく線状に生えていて
独特の光景を見ることが出来ました。

草たちよ、鉄路に挟まれながら何を思う。

「もう俺たちレールを敷かれた人生、はみ出しちゃわないか?」















吾妻川という川を渡ります。

普段なら水路の方に反応するのに、この日はこれを辿ろうという気も起きない程
レール跡に没頭しておりました。


d0250051_10255214.jpg

振り返ったアングル。
真新しい綺麗な橋だったので最近架け替えられた模様です。
SVでもそんな感じの普請中画像でした。


しかし・・・線路が川を渡るガーター橋の土台のような工作物?が見える!








地図の黄色い印地点







d0250051_1040718.jpg

これ絶対そうじゃないかなあ!?
キャー。





























d0250051_1041523.jpg

残念ながら、渡った側(比与宇隧道に近い側)には痕跡はあるものの
上の写真程の明白さは無い。

(お隣の合流口が寄り添ってるのが 何か可愛いです。)
(橋のあからさまな痕跡なくてゴメン・・・でもアタシも並んでるよ)

川の水深は浅く、水は穏やかに透き通ってゆらゆら。
河口に近い小河川の雰囲気が漂います。






(何だか沖縄の川を思い出します・・・吾妻川の事は詳しく調べていませんが、
山の水を集めて短い距離を海まで流れるような感じ~平地が少ないから)




d0250051_10454110.jpg

その先は、路面が砂利敷になり、レール跡もあったり無かったり。





























d0250051_10483732.jpg

この辺りは砂利より土が勝った状態。

先に停まっている軽自動車がレールのちょうど上くらいに位置しているのが
面白かったです
(意識しているのかな・・・?)





















d0250051_10535522.jpg

いよいよ平面交差地点が見えてきました。































d0250051_1058596.jpg

二か所ある平面交差部のうち、西側の交差部。






























d0250051_1104383.jpg

港の方向に向かい北へ続いて延びているようです。




























d0250051_1141295.jpg

道路を横断して山側(駅へ向かって延びる線路)は草がぼうぼうで様子を判別しづらかったです。
(草の根元にはレールが確かに見えますが)


























d0250051_117280.jpg

隣接するもう一組の平面交差跡。

こちらの方がレールの露出?が明瞭です。


























d0250051_1191898.jpg

先程の平面交差跡と同様に、港の方へ続いていきます
(金網の内側、草が生い茂っている箇所)

港の方に線路が続き、また別の線路もあるようですがここから港方向へは確認していません。

倉庫を囲むグリーンのフェンスはSVでは見られないもの。













d0250051_11142835.jpg

道路を渡って、駅方向に向かう線路跡。
曙機械という会社の脇。


























地図の黄緑印の地点。

d0250051_11165987.jpg

巨大化したサボテンと、杭の残骸のようなものがありました。





























d0250051_11175690.jpg

































d0250051_11182835.jpg

今回見た中では、水没レールの地点と同じくらいレール痕跡が明瞭だった地点です。
(レールの脇の木の部分~正式名称解らず~も残っていますし)
























d0250051_11202053.jpg

道路を横断していた地点。倉庫側を臨んで。

この線路跡を訪れた方のブログ写真で多く目にする象徴的な踏切機が
ここに在ったはずなのですが・・・






車道脇の歩道部分も境目の舗装が白くきれいに見えますし
道路整備と一緒に消えた可能性も・・・


このアングルの倉庫、威圧的でドイツ権威主義的な(何だよそれ)立ち姿・・・

d0250051_1157251.jpg



















d0250051_1213019.jpg

私が辿ったのはこの辺り、相模運輸倉庫の印象的なサイロと倉庫がある地点まで。

写真奥に迫る山を貫くのが比与宇トンネルです。

ここの地点、SVの画像では道路を華麗に斜め横断する分岐線跡が確認できるのですが・・・

現地では気づきませんでした。写真にも写っていない様子ですし、既に撤去?









d0250051_1245899.jpg

レールに挟まれた箇所の痕跡が化石化していて、もはや遺跡のような様相。



























d0250051_126979.jpg

相模運輸倉庫のサイロと倉庫。地図水色の印地点。

ここも、以前には見られなかったフェンスに現状取り囲まれています。

ネットで情報を集めると、前述の「斜め横断する分岐線」がこの倉庫内に延びている貴重な写真や
記述を拝見することが出来ました。











そこで合点がいった事は、

◎その当該分岐線や上で少し触れた踏切跡等々、今年の始め辺りに撤去されていったとの事。

◎戦前の倉庫群が経緯は不明ですが、やはり幾つか売りに出されていること・・・・




奇跡的に残されている線路跡や倉庫群も迫りくる変貌の時を迎えているのかもしれません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

d0250051_9404671.jpg

パックマンに登場しそうな消火栓






























d0250051_941477.jpg

宇宙人的なキャラクターを冠する消火栓マンホール
















d0250051_946659.jpg

元は陸続きの半島だった場所を開削した、新井掘割水路。

半島の中でもかなり険しい地点を開削したのでは・・・
今では何事も無かったかのような表情で両岸が対峙しているのが面白い。






d0250051_9471457.jpg

小籠包みたいなのが付着しているタイプの擁壁

















d0250051_9494291.jpg

立入禁止の吾妻島。黄色いトンネルが口を開けていました。














d0250051_9522158.jpg

軍港クルーズチケット売り場内の天井にあるのは
海軍将校クラブ時代のシャンデリア。














d0250051_9533465.jpg

「JR横須賀駅」。
名前に比してとても静かで落ち着いたレトロな駅舎。

入るとホールのような造りになっていて、階段がなくスーッとホームが広がります。









d0250051_10135428.jpg

ホームに入って右手側の線路は車止めがあるけれどどういう使われ方をしているのだろう・・・

上下線とも左の番線から発着していたように記憶しているのですが。



















d0250051_10145154.jpg


線路の行き止まり地点。
何か詰まった感じや達成感もあって、その時間的雰囲気が何とも言えません。

線路間ににょっきりと、赤い消火栓







田浦駅も横須賀駅も、梁や屋根裏が水色に彩色されているのが印象的でした。

レトロで、上品かつ明るく健康的な海のイメージ。


d0250051_10425117.jpg

おそらく、これ以上に多様に分岐し物資を運搬していた事と思います。
今回目視で確認した以外にどれだけどのような状態で残っているのか、興味は尽きません。


↑比与宇トンネルの所、何だかモヤモヤしています・・?


[PR]
by onnbubatta | 2013-11-18 11:56 | 神奈川 | Comments(2)


暗渠、猫、池、高低差、崖、弁天、軍遺構、建築、階段、廃線、天体   その他徒然(適当です)


by onnbubatta

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
前谷津川
出井川
蓮根川
石神井川系
田柄川
千川上水
専用水道
渋谷川系
立会川
神田川支流
白子川
藍染川
足立区
地方
石神井川
水窪川
えんが堀
百々向川
蟹川
神奈川
内川
新河岸川
谷中川
さいたま
谷端川
荒川区
葛飾区
千葉
世田谷
江戸川区
中野区
北区
目黒川
江東区
未分類

最新の記事

江東区南砂5丁目の残存蓋暗渠
at 2017-11-04 20:05
深く険しい谷の変遷を辿る~前..
at 2017-08-17 10:05
薬師の泉からの流れ・・・?板..
at 2017-07-26 16:04
水面に映るもの。逆さ目黒エン..
at 2017-07-13 12:41
江戸川区葛西沖残照~旧海岸線..
at 2016-10-19 14:34
谷端川暗渠。北池袋~下板橋間..
at 2016-06-25 10:21
江戸川区松島3丁目、青の世界..
at 2016-06-15 15:42
旗の台:昭和大学そば。野の花..
at 2016-05-11 12:34
鮮やかに艶やかに散るらむ・・..
at 2016-04-01 14:58
道路計画(大蛇)に飲み込まれ..
at 2016-03-19 15:28

以前の記事

2017年 11月
2017年 08月
2017年 07月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月

フォロー中のブログ

東京の水 2009 fr...
暗渠徘徊の日々

お気に入り(お邪魔しています)

最新のコメント

>lotus62さん ..
by onnbubatta at 21:47
これはありがたい…。早速..
by lotus62 at 18:27
> sumizome_s..
by onnbubatta at 07:22
9/23の土曜日、足なら..
by sumizome_sakura at 17:34
> lotus62さん ..
by onnbubatta at 18:10
キタ、ツルマイ池!! ..
by lotus62 at 12:40
>namaさん nam..
by onnbubatta at 20:57
ご無沙汰してます。きょう..
by nama at 12:45
> sumizome_s..
by onnbubatta at 10:16
なるほど、円福寺の南西の..
by sumizome_sakura at 04:21

検索

アクセス

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧