<   2016年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

旗の台:昭和大学そば。野の花咲き乱れる傍流蓋暗渠

超久しぶりで、立会川関係の暗渠について綴ります。

最寄駅は東急大井町線&池上線の旗の台。人生で初めて降りた駅ゆえ、概要の把握すら未熟です。
イメージは、自由が丘のような形状で斜め交差した駅、香蘭女学校の最寄り駅。「女学校」名称や変わらない制服、落ち着きを覚えます。

ちなみに香蘭女学校、トットちゃんの出身校との事です。

今回ご紹介する水流は明治期の地図にも記されているので、呼び名があるのかも知れませんが(また他の暗渠家の方が名付けているのかもしれません)、個人的には至近に立地する昭和大学の卒業生、高須クリニックの高須院長のイメージが強く、作業する中では「高須院長の暗渠」と呼んでいます。

昭和大学のHPには実に素晴らしいページがあって、
 
昭和大学本校舎と伝染病棟の間に架けられていた「医専橋」の話、昭和初期の立会川周辺の様子、1930年代の校舎と雪景色の立会川の写真、昭和30年代の校舎と「屋敷下橋」の写真など貴重な写真を見ることが出来ます。



傍流は、本流(黄緑ライン)のすぐ東を沿うように流れています。中原街道(クリーム色の道路)の旧道あたりからみていきます。
恥ずかしながら、中原街道についての意識が今迄薄くて。
d0250051_10015936.png



d0250051_10091141.png

中原街道のすぐ南にあるややカーブのきつい道が旧道。旧道に面して、その水路跡は現われるのです。



d0250051_09474983.jpg

ブロック塀が橋跡になっているようにも幻視します。現代の橋:ブロック塀の暫定さ加減。




そして・・また別の日に撮った別の姿。ひらひら~幟り旗と、ブロー台。

d0250051_09502263.jpg

水路跡が見にくくなっているけれど、かえって「旗の台」に似つかわしい旗が強風に揺れる風景が現れて。源氏の白旗が蘇り、気持ちが高まります。
「はた」地名って、もののふ感が感じられて好きなのです。

旗の縦横両方の並びバージョンが見られて良かった・・・
この水路跡は一旦、奥に見えるマンション敷地で遮られます。


d0250051_10184397.jpg



d0250051_10194214.jpg



d0250051_10211169.jpg

少しずつ荒れた雰囲気が出てきました。



d0250051_10221793.jpg

一旦引き返します。

d0250051_10251352.jpg

ちょっと石が飛び出してくるのも風情があります。



d0250051_10262469.jpg




d0250051_10273170.jpg

北に向かって(上流方向へ)、回り込みを開始。


d0250051_10312319.jpg

あった!続いてた!こちらは路面高から一段低くなっています。

d0250051_10334158.jpg

プランター手前辺り、接道面へ向けての質感がザクザクしていて非常に好感が持てます。

d0250051_10362950.jpg

一歩失礼して、水路側から。
この先は中原街道を堂々と横切る訳ですが、果たしてどういった状態になっているのか・・・こんな細流が大きな通りを越えていくさまを想像すると気持ちが込み上げてきます。

d0250051_10382810.jpg

南国っぽい鉢。名前は解らないけど単子葉系かな。こんなに綺麗な水路跡を見せてくれてありがとう~。の気持ちを抱いたまま、幹線道路の中原街道を渡ります。
建物の区割りなどをみながら、推定して辿って行きます。



d0250051_10411348.jpg

建物の建ち方を観察するに、木曽路の左手側に流れがありそうなのですが、ここは目視できるはっきりした痕跡はなし。
木曽路は全て川のそばである。などど都合の良い一節を創作して呟いてみたり。


d0250051_10425712.jpg
壷とかタライとか、容器系が置かれているのも暗渠サインの一つにはなるケースも多いのですが。。。決め手に欠ける感じ。

この先で錦湯という銭湯に差し掛かります。が、痕跡はわかりませんでした。(ちょっとこの辺り確認が甘かったかもという反省点)
(※痕跡の確認できなかった箇所の推定流路はオレンジで示しました)


再び中原街道に出てきましたが、この辺りは不思議な空気が充満していました。地図ピンク丸で囲った、変形六差路辺り。


d0250051_10540185.png



d0250051_10560206.jpg

中原街道に面して建つ「木霊稲荷」とサイゼリヤの看板。

d0250051_10591517.jpg

続いて、札場の跡。「中原街道高札場跡」



d0250051_11090154.jpg

それにしても、何とも不思議なサイゼリヤだ。ちょっとした螺旋階段の下に石材が集積している。

改めて木霊稲荷の沿革を読んだら、「別名 不思議稲荷という」(不思議と願いが叶うらしい)。


d0250051_11012654.jpg

右が中原街道。現われた三角地帯の奥に、庚申塔がありました。
説明書きに拠ると、「~日蓮宗の影響か、青面金剛・日月・三猿の彫られていない文字塔として特色がある。全村のほとんどが日蓮宗といわれる旧中延村において、日蓮宗の僧が指導したと思われる庚申塔の存在を示す資料として貴重である。」との事。

古い地図を見ると、この三角地帯を含む一帯が「延山小学校分校」の表記がなされていました。


稲荷、札場、庚申塔・・・この一帯は地域の重要な場所だったのですね。

江戸時代の中原街道は江戸城の虎ノ門から相模国中原(平塚郊外)に通じる街道で、東海道が整備されるまでは主要道路であり、その間には小杉と中原に御殿が設けられたそうです。東海道整備後は幹線道路から脇往還へ変わり、江戸への食糧などの流通路となり、なかでも中原の特産品である酢の輸送に利用されたので「御酢街道」とも呼ばれたそうです。サワ~街道。

主役から脇役へ・・・東京にいながら「中原」(平塚)の地名を纏う。。。酸味・・・帰ってから知った情報。これらを持って現地を歩いたなら、また違ったものが見えてきたかもしれません。


この左側の道へ進んで、水路の痕跡を更に辿って行きます。

d0250051_11134146.jpg


付近を歩いていると、昭和大学関連の建物がまとまって、ではなく点在しているのが面白かったです。

d0250051_11151602.jpg

こちらも、昭和大学の施設になる模様。


と、水路跡の続いていそうな路地に勇気を出して入ってみると・・・



d0250051_11171663.jpg

個人宅の縁側のような空間に水路跡が現れました。蓋にまだ白さが残っていて、新しい質感!
写真を二枚だけ撮って、そそくさと脱出
(上流方向)

d0250051_11181848.jpg

(下流方向)

道路との交差点を目指して、再び回り込んで行きます。ゴムパチンコのような形状のY字路にふと墓域が収まるように立地していたりして、やはり何か面白い場所だなと思いを抱きながら歩きます。(住宅地図で確認すると「法蓮寺 上ノ墓地」と書いてありました。荏原町駅の方の法蓮寺(旗岡神社の隣)の境外墓地(お寺のHPによると離れ墓地と表現されていましたが)になるようです)

普段街を徘徊していて、境外墓地って、何だか非常に惹かれるものがあるんですよね~。特に気になるのは、新青梅街道にある三宝寺境外墓地。早稲田高等学院のそばの。川に近い立地もさることながら、こんもりした塚みたいなのがみえるのです。



と、墓地を過ぎて左に曲がると・・・
d0250051_11171659.jpg
パイロンとビンボウ草が私を迎えてくれたのです。
何かユニット名みたいだな。「パイロンとビンボウ草」
d0250051_11403568.jpg
塔の如く聳え立つ赤パイロン、育ち過ぎたビンボウ草。
野の花咲き乱れる暗渠に降り立つことの出来た喜びよ。


d0250051_11424740.jpg
手前は蓋が付いていますが、奥は(下流側)一段低くなっているようです。


d0250051_11443334.jpg
蓋有り部分(手前)と奥の溝形状部分、の境目です。ここは細部をよく観察。

d0250051_11461013.jpg
奥ではポピー?ナガミヒナゲシ?が咲き乱れていました。訪れる人もないのに。ポピー系の花言葉は「慰め」だそうです。
虞美人草に慰められた事にして、美しい話と仕上げましょう。ナガミヒナゲシ、国立環境研究所の「侵入生物データベース」にも記載がある外来種で、「乾いた肥沃地を好む」との説明がありました。

d0250051_12002604.jpg

戻り画像。同じような画像が続きますが、筆者なりの細部をお伝えしたいこだわりがあるのです・・・
d0250051_12012764.jpg
d0250051_12030978.jpg
戻り方面から見た、蓋部分と溝部分の境界


d0250051_12050283.jpg
明治期の古地図に載っているようなニョロッとした短い区間の水路跡を、都会の裂け目・隙間に見出す驚きと感動。
こういう出会いがあるから、水路跡歩きはやめられないね。

夢幻の如き空間から、路面方向(現実現在)へと戻ります。

このあとは、猫またぎさんが以前書かれていた「旗の台の暗渠」を見学に行きました。次回私もご紹介できるかな・・・?



おまけ。

d0250051_12120004.jpg

立会川暗渠cat。見返り美人。

d0250051_12132324.jpg

d0250051_12134685.jpg
委ねる系。




d0250051_12144157.jpg
d0250051_12151439.jpg
中原街道にて。


d0250051_12170073.jpg
d0250051_12172409.jpg
ちょっとアヴァンギャルドなクレオパトラ風の麗人にも出逢いました。
トットちゃんに似ているかな、心なしか。




[PR]
by onnbubatta | 2016-05-11 12:34 | 立会川 | Comments(0)


暗渠、猫、池、高低差、崖、弁天、軍遺構、建築、階段、廃線、天体   その他徒然(適当です)


by onnbubatta

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
前谷津川
出井川
蓮根川
石神井川系
田柄川
千川上水
専用水道
渋谷川系
立会川
神田川支流
白子川
藍染川
足立区
地方
石神井川
水窪川
えんが堀
百々向川
蟹川
神奈川
内川
新河岸川
谷中川
さいたま
谷端川
荒川区
葛飾区
千葉
世田谷
江戸川区
中野区
北区
目黒川
江東区
未分類

最新の記事

江東区南砂5丁目の残存蓋暗渠
at 2017-11-04 20:05
深く険しい谷の変遷を辿る~前..
at 2017-08-17 10:05
薬師の泉からの流れ・・・?板..
at 2017-07-26 16:04
水面に映るもの。逆さ目黒エン..
at 2017-07-13 12:41
江戸川区葛西沖残照~旧海岸線..
at 2016-10-19 14:34
谷端川暗渠。北池袋~下板橋間..
at 2016-06-25 10:21
江戸川区松島3丁目、青の世界..
at 2016-06-15 15:42
旗の台:昭和大学そば。野の花..
at 2016-05-11 12:34
鮮やかに艶やかに散るらむ・・..
at 2016-04-01 14:58
道路計画(大蛇)に飲み込まれ..
at 2016-03-19 15:28

以前の記事

2017年 11月
2017年 08月
2017年 07月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月

フォロー中のブログ

東京の水 2009 fr...
暗渠徘徊の日々

お気に入り(お邪魔しています)

最新のコメント

>lotus62さん ..
by onnbubatta at 21:47
これはありがたい…。早速..
by lotus62 at 18:27
> sumizome_s..
by onnbubatta at 07:22
9/23の土曜日、足なら..
by sumizome_sakura at 17:34
> lotus62さん ..
by onnbubatta at 18:10
キタ、ツルマイ池!! ..
by lotus62 at 12:40
>namaさん nam..
by onnbubatta at 20:57
ご無沙汰してます。きょう..
by nama at 12:45
> sumizome_s..
by onnbubatta at 10:16
なるほど、円福寺の南西の..
by sumizome_sakura at 04:21

検索

アクセス

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧