<   2017年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

薬師の泉からの流れ・・・?板橋区東坂下に僅かに遺る蓋暗渠

d0250051_14584483.jpg

冒頭から、この取り込み中みたいな画像であれなのですが・・・
ずっと地図にも記している水路跡で、かつ2回ほど過去に確認にも来ているはずなのですが、今回初めて蓋が3~4枚残っているのを現地で確認できました。



ブルーの金網とオレンジの金網、グループ化されているのかな。






場所はこちら。中山道と環八が交差する辺り。セブンタウン小豆沢という商業施設の近くです。
セブンタウン小豆沢は、かつての小豆沢ガーデン(ゴルフ・プールなどの運動施設)、更に遡ると大日本セルロイドという工場が立地していた場所です。近くに区立の小豆沢体育館のプールもあり、水とは深い関係のある土地のようです。
d0250051_14513632.png
過去の住宅地図において確認できた水路跡は上の地図の通り。
どこからか端を発して、新河岸川に注いでいた流れになります。ちょうど水路跡の表記の始点が「薬師の泉」(地図黄色い丸)に近いので、水源もそうなのかなと推測しますが、周囲が崖線なのでどこも水が出てきそうな地勢です。


過去記事~ここから東にある「小豆沢公園の鍵付き蓋暗渠」の記事はこちらです。宜しければお読みください。


薬師の泉は、「いたばしの河川」という昭和50年代に出された板橋の河川バイブル的な書において「現状荒れているのが惜しまれる」的な叙述があったのを鮮明に記憶しています。そうなった経緯はよくわかりませんが、平成初頭の住宅地図では「復元工事中」の表記が見てとれ、現在は「薬師の泉庭園」となっています。だいぶ前に中に入ったことがあり、酔芙容の花が艶やかに咲いていたのが印象に残っています。

追記:薬師の泉は現在区が管理する庭園ですが、昔は曹洞宗の「大善寺」という寺があった場所で、現在は台地上の「総泉寺」に吸収合併されています。板橋区教育委員会発行の「文化財シリーズ第75集・まち博ガイドブック」に拠れば「薬師の泉」の説明に於いて、
「・・・昭和の初めに造られた”亀山荘庭園”は戦後は荒れるに任せていたが、板橋区は復元を行い薬師の泉庭園として開園」との記載がありました。また、北豊島郡の地図を見るとこの辺り「大善寺谷津」という字名が飛び飛びに見られます。

崖下の寺が崖上の寺に吸収合併・・・寺の跡地の泉・・・荒れた庭園・・・ああ、心を寄せずにいられようか。。
心をかき乱されるしどうしようもなく惹かれていきます。

吸収された先の「総泉寺」も浅草からこの志村の台地上に移ってきた寺で、かつては芝の青松寺・高輪の泉岳寺とともに曹洞宗の江戸三ヶ寺の筆頭として栄えていたとの事。

総泉寺については記事の最後の方でも触れます。


何か、心をぐいぐいと寄せられる要素がどんどん出現してきました。


d0250051_14515486.png
当該水路跡、赤い丸で囲った所が水路跡の雰囲気を今でも残している箇所で、水路跡の南側は大日本印刷の敷地として利用されています。

大日本印刷、いつも良好な場所にあるイメージ・・・

その他の箇所は歩道になっています。

d0250051_14535392.jpg
赤丸部分の左側(西側)から。大日本印刷と駐車場の間に細い側溝が残されていました。
勇気を振り絞って一段下に降りてみると、服に沢山植物の種が付着しました。私が運び屋になります・・・
d0250051_14542573.jpg
護岸の石のようなものも確認できました。

コの字周りで、東側を確認しに行きます。

d0250051_14553742.jpg
赤丸右上辺り、水路跡が歩道に化けている箇所です。どきどきする瞬間。
君はどのようにして達するのか。
d0250051_14555586.jpg
あのさ、こういう土嚢の置かれ方って実にドラマティックだよね。
舞台装置、小道具みたい・・・ドゥ ユウ ノウ ドノウ・・・?

d0250051_14561747.jpg
土嚢スタスィオン



d0250051_14584483.jpg
公道に達する目前、僅かに蓋が残っていたのです!
都会?に残るこういう僅かな空白・隙間、みたいなものを探し続けている身にとって何よりの宝物。

こんな隙間に立って、私は何をしているのだろうか・・・

d0250051_14593311.jpg
d0250051_14591083.jpg
d0250051_14595084.jpg
大きさの若干違う蓋どうしが余生を静かに過ごしておりました。。。

 
至近(小豆沢3-12地内)に在る水路跡の写真も載せておきます。
マセラティ板橋の隣という、素晴らしいロケーション。
この辺りは清水坂という地名もありますし、色々な場所から水が流れて来たのでしょう。

d0250051_14500092.jpg

土木部・土木課のガードやコーンが置かれている場所は大抵我々にとって好ましい場所です。
d0250051_14501525.jpg
d0250051_14504636.jpg

近くに着流した感じがイケてるお地蔵様がおられます。

d0250051_09081490.png
このかくかくした道、旧い道の匂いがする・・・

文中で触れた「総泉寺」、中山道沿いに葬儀会館「妙亀会館」を有しているのですが、そちらが不思議な状態なのです。
車で通過するときなど時折目にしていたのですが。

d0250051_16014719.jpg
d0250051_15572712.jpg
d0250051_15574797.jpg
平成14年完成予定につき閉館とあるのですが、今現在も閉鎖状態が継続しているのです。。

お寺の本体の方を訪問すると、

d0250051_16060593.jpg
がらん、としています。崖線上にあるので、背後の景色が抜けています。
d0250051_16002508.jpg
本堂もこのような状態・・

d0250051_15593791.jpg
山門のお向かいが工場なので、独特の光景を造り出しています。

d0250051_16005691.jpg
d0250051_15595799.jpg
鉄の杭のロープが張られたりしていて、境内のすべてを再整備する予定ではあったようなのですが
d0250051_16012358.jpg
・・・常に普請中、ではなくて整備を計画したまま時が止まっている様子。

d0250051_16162540.jpg
事情を知るのは・・・黒猫ちゃのみ

おまけ・・・「いたばしの昔ばなし」に、以仁王がこの近くに流れてきて葬られたというお話が伝わっているとか。
貴種流離譚でしょうか・・・


[PR]
by onnbubatta | 2017-07-26 16:04 | 新河岸川 | Comments(9)

水面に映るもの。逆さ目黒エンペラー等々

ねえ、目黒川沿いにお城がある~。何だろうね~。
花も恥じらう中年がやってきました。
d0250051_09372298.jpg
昨年秋の、目黒川太鼓橋から目黒エンペラー方面を眺めた一枚です。これはお城です。

d0250051_09374969.jpg
川を覗きこむと、そこには逆さ目黒エンペラーが。
波動で水が揺れたり、空模様が変わるたびに形がざわついていくのが面白くて、飽く事なくずっと眺めていました。
一つとして、同じ瞬間は無いから逃したくない。

ノイシュバンシュタイン城にも見えてきたりする瞬間もあったりして。
どこなんだここは。

d0250051_09400861.jpg
こういう、尖った先塔、怖い反面惹かれます。
子供の頃は注射針とか国家の威信みたいなものが想起されて、畏敬の存在だったんですが。(御茶ノ水駅そばのニコライ堂に似ているビルとか。)


根元から揺ら揺ら崩れ始めて。

d0250051_09413792.jpg
ざわついてます。。
d0250051_09415434.jpg
かろうじて影容が把握できる程度。揺らぎ尽くしました。悔い無し。



次は、太鼓橋から至近の、行人坂の大円寺へ。

d0250051_09452069.jpg
圧巻の羅漢さんに囲まれるなか、池に水が注ぎこまれています。
波紋が綺麗だ・・・一心不乱に凝視してしまう。(水は乱れているなか)

d0250051_09461113.jpg
色々映り込んではいますが、視野を広げると写真右手水面上にお地蔵さまがふっとおられるのに気づきました。
い、いつからいらしたのですか?いつもいるわい。みたいな会話を想像しつつ。

d0250051_09550879.jpg


d0250051_09564589.jpg
水面か、時空が歪み始めています。刻一刻と形が変わるので、離れられません。

d0250051_09570293.jpg
大きな鯉が接近中・・・お地蔵様の「おわっ!」という声が聞こえてきそう・・


d0250051_09580491.jpg
顔面を横断する鯉にも動じない、涼しい表情。
こんな境地に達する日はいつか訪れるのでしょうか・・・


d0250051_09425264.jpg
水面ではないけれど、垂直方向では鏡面のような壁面に、こんな刹那な状態も映し出され。
頂き近辺は虫の触角のようでした。今はもう竣工しているのかも。
「行人坂の魔物」によると、こちらの「目黒分室」として現在は使用されている建物が、岩永省一邸の一部であるとの事。
(この地における「目黒雅叙園」は広大な岩永省一邸を入手する所からスタートしている)


d0250051_09431277.jpg
映っていたものの正体は、都バスの目黒車庫の跡地に建設中のタワー。


目黒川周辺、冬の夜にもフラフラと。
d0250051_10022105.jpg
濃い目の桜色のイルミネーション。
寒い中、満開の桜を独り観桜会と洒落込み、いつもは出掛ける支度グダグダ野郎ながらも
点灯のその瞬間に居合わせたいと、パンクチュアル到着。

吉原を彷彿とさせる虚飾感。
ちりちりと、線香花火のようにも見えてきて、春だか夏だか、果ては冬。体内季節時計が狂い始めたのでした。

d0250051_10032481.jpg
夜の黒々とした川に建物や桜が映り込んで、天地がわからなくなるほど。


d0250051_10054689.jpg
こちらは目黒雅叙園のお庭の滝です。
d0250051_10061097.jpg

この妖しさ・・・きっと何か発生しているのでしょう(マイナスイオン以外の何かが。)
同時に色々集まってきそうなアトモスフィアです



所変わって、今年2017年春の飯田橋。
駅のすぐそば、神田川沿いに素敵なビルがあるのです。「千代田ビル飲食街」
d0250051_10073448.jpg
d0250051_10085603.jpg
中央部に塔屋も構える、堂々たる雄姿。

d0250051_10110291.jpg
d0250051_10112236.jpg




番外編として、京都の神泉苑も綴り込んでおきます。

d0250051_10480314.jpg
d0250051_10465847.jpg

d0250051_10474953.jpg
誰か乗っているのかしら・・・


d0250051_10481861.jpg
京都の水を語るうえで重要な神泉苑。

昨年のサントリー美術館 「水 神秘のかたち」展で触れてから、ずっと来たいとは思っていた場所ですが、年末に実際に京都に降り立った時はその事をすっかり忘れ果てていて。(別に行きたい場所が沢山生まれ出でて、埋もれてしまった・・・)

二泊目の朝に急に、ひょんな事から思い出すことが出来て。京都滞在中に別件で色々とやり取りをさせていただく中で、直接神泉苑の話題ではなかったのですが色々と記憶の糸が繫がったみたいで。
急遽、馳せ参じたのでした。

どんな宴が催されたのでしょうね。

[PR]
by onnbubatta | 2017-07-13 12:41 | 目黒川 | Comments(6)


暗渠、猫、池、高低差、崖、弁天、軍遺構、建築、階段、廃線、天体   その他徒然(適当です)


by onnbubatta

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
前谷津川
出井川
蓮根川
石神井川系
田柄川
千川上水
専用水道
渋谷川系
立会川
神田川支流
白子川
藍染川
足立区
地方
石神井川
水窪川
えんが堀
百々向川
蟹川
神奈川
内川
新河岸川
谷中川
さいたま
谷端川
荒川区
葛飾区
千葉
世田谷
江戸川区
中野区
北区
目黒川
未分類

最新の記事

深く険しい谷の変遷を辿る~前..
at 2017-08-17 10:05
薬師の泉からの流れ・・・?板..
at 2017-07-26 16:04
水面に映るもの。逆さ目黒エン..
at 2017-07-13 12:41
江戸川区葛西沖残照~旧海岸線..
at 2016-10-19 14:34
谷端川暗渠。北池袋~下板橋間..
at 2016-06-25 10:21
江戸川区松島3丁目、青の世界..
at 2016-06-15 15:42
旗の台:昭和大学そば。野の花..
at 2016-05-11 12:34
鮮やかに艶やかに散るらむ・・..
at 2016-04-01 14:58
道路計画(大蛇)に飲み込まれ..
at 2016-03-19 15:28
沢蔵司稲荷近辺の麗しい水路跡
at 2016-02-27 12:39

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月

フォロー中のブログ

東京の水 2009 fr...
暗渠徘徊の日々

お気に入り(お邪魔しています)

最新のコメント

> lotus62さん ..
by onnbubatta at 18:10
キタ、ツルマイ池!! ..
by lotus62 at 12:40
>namaさん nam..
by onnbubatta at 20:57
ご無沙汰してます。きょう..
by nama at 12:45
> sumizome_s..
by onnbubatta at 10:16
なるほど、円福寺の南西の..
by sumizome_sakura at 04:21
> sumizome_s..
by onnbubatta at 14:34
> sumizome_s..
by onnbubatta at 09:21
堂山阿弥陀堂ですか。これ..
by sumizome_sakura at 03:13
> sumizome_s..
by onnbubatta at 08:25

検索

アクセス

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧