フィリピン大使館。総理府官舎の思ひ出

何だか昔の事ばかり書いている。


六本木は於多福坂脇のフィリピン大使館邸(旧小田良治邸)は何回足を運んだだろう。

嘗め回すように眺め、或いはすぐ側の公共施設から角度を変えて眺め。。。

日本発の私設天文ドームとか、華やかなりし時はわからないが

私が見たのは終末期のお姿で、バリケードがされていた。

中を隙間から覗くと、兵どもが夢の跡~とばかりに草が生い茂っていた。

放火騒ぎがあったりして荒れた最後だった


昭和の地図を見ると

「フィリッピン」大使館とか「チェック(チェコ)」大使館とか

表記が小気味良い。憎めない、っていうか好ましい。好きだ(告っちゃった)


一時期はGILLET邸という表記(近代建築ハンドブック東日本編)もされていた

ひげそりの???


ど~でもいいことだけど

大学の英語の授業で、エッセイとそれに因んだ絵を添えて提出する課題があり

飼い猫の絵でも描けばいいものを

無謀にも、写真から模してフィリピン大使館のお姿とストーリーを四苦八苦して綴った、

キテレツなブツを出したっけ

絵心ナッシング英語もめちゃくちゃ・・・教授も何じゃこりゃ状態だった事でしょう

~~~~~~~~~~~

もう一つ、忘れ得ぬ廃墟?を

永田町にあった、総理府官舎

付近一帯は、新総理官邸が完成するあたりに一掃されてしまった

それまでは政治の中枢・一等地とは思えないエアーポケットの如き空間だった

石段、未舗装。

この辺もいい崖してるんだけど。

あちこちに警備員が立ってる中で写真を撮りまくったな~

崖を降りて外堀通りに出るちょっと手前に

蔦のからまった電気なんたらっていう廃墟もあってね。

近代建築関係の本には載ってるんじゃないかな~

写真が無いと訴求無いな

実家には残ってるかどうか


あの辺を歩くと警察や護送車が止まってて、何もしていないのに

注意を受けそうな感じ。

昨夏憲政記念館(ここ大好き)行った帰り、自民党本部の入り口に

コカマキリがいて・・・一生懸命生きてましたよ



「昭和20年東京地図」には、両方の写真があると思います。

特に、総理府官舎の、着物が吊るしてある写真が気に入っているのです

この本の著者のどちらかは亡くなられてましたっけね・・・


...............................................................................

相対的に地価高いよエリア御無沙汰している

所謂城南地域?は10代後半取り憑かれていたエリアだ(渋谷港世田谷)

駒沢の歯医者に通院していた頃、蛇崩川制覇して足が痛くなったり。

文化屋雑貨店が渋谷川の暗渠方面にお引越ししてきた時はキターって感じだったな

青山の蛇池そばの高台の公園?で友人の悩みを聞いたり。

星条旗新聞社とか

懐かしいな


今は城北お調べが多いのは人生の中で年代別に嗜好が割り振られてるのかもしれない

運命論者では無いけど^

・・・何か降臨するかな?


ぼちぼち始動しよかな~
[PR]
# by onnbubatta | 2011-08-03 14:27 | Comments(0)

前谷津川 源流付近の事

いつかまとめようとは思いますが、

昨年の夏に訪れた最上流部(本流)辺りを小出しに。


d0250051_1541946.jpg

私はこの隣の建物も好ましく思っているのですが・・・
(壁しか写っていませんが)

早晩無くなる雰囲気です(閉鎖されて時間貸しになっていた)
インターナショナルスタイルって言うんでしょうか。

窓が大きくて。
土浦亀城さんぽい。








d0250051_15445969.jpg

こんなとこ歩いていると怪しまれそう。
混沌カオスです。
昼間でしたが、髪の長い女の人とか出てきそうなアトモスフィア









d0250051_1729415.jpg


成増飛行場があった関係で

付近に掩体壕が残存しています。

(普通の民家ですので、十分ご配慮下さい)




この日は徘徊中、フレディ・マーキュリー似の日本人を見掛けました



成増飛行場や啓志線等、光が丘の歴史については

地元の研究家の山之内さんという方が資料にまとめられています。

敬服いたします。


成増飛行場は接収されグラントハイツに。

今、光が丘公園の牛房口にはいくつかの湧水池があります。

「白子川を知っていますか」という本の中で

はるかそれ以前に花岡学園という施設があり、池畔で勉強する子供達の

写真が印象的です。

あれ・・・これお玉が池の話?兎月院の池?・・・違っていたら訂正します~


現在湧水が確認できる地点、往時は「グラントハイツ下水処理場」

と地図に記されています。




何てことしてくれたんだ~

ゴーサム!!
(村民全員が愚か者だった為、転じて愚かな事の例え。~辞書で見つけた時笑えた)



でも、砂の下から自噴する水を見たのはここがはじめてだったかも・・・

桜の時期に訪れたら、オタマジャクシが沢山いましたよ。



........................................................


震災の液状化の影響で、土地の履歴を調べる為に古地図を閲覧される方が増えているとの事。

TVでは浦和の図書館での閲覧の様子を何度か放映していました。

湾岸の被害が大きく報道されていましたが、内陸でも沼地や旧河道で同様の被害がありましたね。

他にも盛り土等、大きく地形を変えて造成される土地はあちらこちらに存在します。

旧字名にも関心が集まっているとの事、

最もな事と推察いたします。

イメージ重視の地名多いですから・・・

旧町名の頭文字どうしを組み合わせるとか、パズル的発想の地名も。


23区内にも土砂災害危険箇所が相当あり公表されているので

思わず調べてしまいました。

~~~~~

古地図なんですけど・・・

明治年代の古地図の、新宿御苑の池(西の方)の図が

生き物的で、不思議。

アメーバみたいで。


今回は、かなりとんちんかんちん一休さん060.gifな内容になってしまいました・・・
[PR]
# by onnbubatta | 2011-08-01 17:51 | 前谷津川 | Comments(4)

羽田

2008年


突如羽田・大森辺りが気になりだして、一度散策しました。

そして、雑誌で見た不思議な塔婆?に魅かれて再びゴールデンウィークに訪れました。

今は無き羽田空港駅(陸側)の遺構があれば見たいな、ってものあって。


d0250051_14351464.jpg

海老取川河口付近

曇天、少々雨が降っていました









d0250051_14362861.jpg

鯉のぼりと供に、いわくつき?の鳥居を撮影

自転車で来てる方が多かったです










d0250051_14394640.jpg











d0250051_14411080.jpg

砂州?砂嘴?くちばしのような。

先端恐怖症でなければどうぞ。

潮の香りに満ち満ちて、あっという間に髪が束状に・・・









d0250051_1444980.jpg

大きな船溜り?はニ箇所ありました。

今年ブラタモでやっていた煉瓦の堤防や点在する小稲荷もありました









d0250051_1448575.jpg

大師橋際の、大きい方。

ギロチン風










穴守稲荷に参詣して、JALの施設(機首の一部が展示されている)を眺めたり、、

寮から出てくる殿方を見かけた時は、勿論ride on time060.gif

脳内から流れてきました。(キムタクも一緒に)



前回の訪問では、穴子の天ぷらをいただいて帰りましたが

結局飲まず食わずで帰路に


この辺は飛行機好きにはたまらない所で何時間いても飽きないですね~
次はどの飛行機が来るかな~と。


d0250051_1535289.jpg


時が停止した感のある、詰所風建物。














写真はありませんが、また別の日には内川の河口付近を整備した

大森ふるさとの浜辺公園にも行きました。


水路・堀跡は随所にある所ですから、楽しかったですよ~

人口の浜辺ですが磯もあり、小さな蟹や小魚もいます(採れます)

割り箸と糸・サキイカを持参して下さいね

帰り道には逃げられてしまいましたがカナヘビもいました。




羽田・大森とも歩いた範囲が狭かったので、

見たかった海苔関係のお店(問屋さん等も)はあまり無かったです。

「海苔トースト」を供する喫茶店があるとか。

いつもしっかり検索して出かけるほうでは無いので(偶然に期待する)

しょうがないですけど


船・引き込んだ堀というと

南千住の高橋造船を思い出すんですが、残念ながらもう廃業されたとか。。



おまけです。

関係無いけど、飛行機つながりと言う事で。


同じ年、沖縄便に乗る前偶然見かけた

ウクライナの政府専用機



d0250051_1528884.jpg












これ以来沖縄には行けていない・・・
[PR]
# by onnbubatta | 2011-08-01 12:26 | Comments(0)

前谷津川 馬喰ヶ谷戸支流

パンチの効いたネーミングの支流。

古地図を見ていると、ある年の分だけやたら谷戸名や字名が詳細に記されている。

何でだろう?編者の嗜好?


ここの支流、昭和57年の地図には上流半分程は青線実線でかかれている

新大宮バイパスで大きく分断されてしまったので川筋を全て追う事は不可能ですが

記録として。

d0250051_16573858.jpg


南方向を向いて(谷頭方向と同じ)撮影

赤いアイコンです








d0250051_1701467.jpg


振り返って撮影










d0250051_1744391.jpg



新大宮バイパスで大いに分断され、徳丸4丁目信号東で
また別の支流~中学支流(写真左)と合流
(中学校の北にあるので)






d0250051_1713955.jpg



その中学支流の谷頭に戻って撮影
ようこそ


青いアイコン








d0250051_17103133.jpg


短い流れです。










d0250051_171146100.jpg

先程の合流地点の反対側
北へ流れて、








d0250051_1713759.jpg


写真左の前谷津川の大きな支流、梶谷津支流と合流した箇所を撮影

オレンジのアイコン







d0250051_17154518.jpg


蛇行しながら流れ下っていきます。

このあともいくつかの小流を合わせます。









本流・梶谷津支流は緑道整備されています。

ですので、名も無いような支流をまた載せていきます。




おまけ

馬喰ヶ谷戸支流で見つけたもの


d0250051_15163838.jpg





















[PR]
# by onnbubatta | 2011-07-28 17:23 | 前谷津川 | Comments(0)

東久留米 南沢 (あと白子川や怪無池の話)

かれこれ6年くらい前?

湧水を見てみたくて訪れました。

落合川自体はそんなにきれいでないところもありましたが

点在する湧き水は見た感じ水質も良好そうでした。


竹林公園や緑地のポイントを回り(史跡めぐりの看板等もあり)

詳細な場所を覚えていませんが、それはそれはいい感じの淵がありました。


護岸は土・砂利でそのまま降りられる箇所で・・・竹やぶなんかもあったと思います。

写真撮れば良かったです。民家の庭先のような風景でした。




今の今までさっぱり忘れていました。


都下各地も訪ねたい箇所がたくさん。


田無(西東京か)の東大農場も残って良かったですよ!

白子川のためにも。

せっかく下水普及して、往時に比べれば少ないながらも湧水が

あるのに・・・

昭和50年代、白子川そばに住んでいる、両親の知人宅に行った時。

中小河川を見慣れていない都会っ子の私はわくわくしたものです。
(一番近くて神田川(急峻すぎて恐怖を覚えた)、あとBIG大河荒川。)

親達からおつかいを頼まれて、二人で近所にアイスを買いに出ました

その家の息子君に「おうちの近くに川があっていいね~。」と話しかけると

「こんなのただのドブ川だよ~ほら見て、泡だらけでしょ」

川が白かった~。泡・ゴミ・自転車。

川のすぐ側に古めかしい工場(木の黒ずんだ壁が印象的。そのあたりで昔は盛んだった
酒造工場?)があった記憶があります。

昔の川って本当くさかった(特に神田川)



三鷹の勝渕神社辺りはどうなったんでしょう。

丸池再生したとか・・・?仙川の水源の一つですね。



再生って如何なもの?。親水公園ぽい感じでしょうか。当世風に言えばビオトープとか・・・



都内各所にありますね。その昔一年だけ住んでた都内最東では物件自体が三方を親水公園で囲まれていました。

ぎりぎり徒歩圏で、京成高砂駅そばに「怪無池」って不思議な名前の池があったり、

(けなし→毛無し、が転じたのか、近所では赤ちゃんの薄毛に効果があると言われていたかな?)

単線の貨物線路があったりして、意外に見所多かったです

新宿(にいじゅく)交通公園も楽しいですよ!

ミニSLに乗れます

暗渠も周りに沢山ございます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

国内では京都の堀川

お隣韓国の清渓川(チョンゲチョン)


子供達でも土地の変遷を疑似体験できるからいいのか。

なるほど
[PR]
# by onnbubatta | 2011-07-28 16:14 | Comments(0)

催し備忘録&玉の井の写真。

これまでに参加した覚えのある催し等について。

  ○水の波紋展95

街そのものを使って様々なアートが仕掛けられた、
忘れられないイベント
渋谷川の暗渠上に、水を連想させる作品を置いたり・・
お寺や幼稚園も、今訪ねてもあの時の作品化された姿は
全く想像出来ない
それくらい馴染んでいたのだ




  ○杉並の郷土博物館?で開催された千川上水関連の勉強会

これはかれこれ10年いやそれ以上前かな~
意外に小流まで言及していた記憶が・・・
和田堀公園に寄って杉並水郷に触れられたのが収穫。

この辺の流れは、青梅の釜ヶ淵を彷彿とさせる。

一時期、杉並熱に冒された時期があり、、

天沼西武の池畔亭

須賀神社横の池・・・・どーなってる?



  ○板橋区主催(たぶん)の志村崖線湧き水見学会

5年程前かな?

城山城の空堀や、御手洗不動尊、清水坂などなど
最も高ぶったのは、区の方がマンホールを器具で開けてくれて
そこに流れ込んでしまっている湧水を見せてくれた事。

・・・しかし、三田線から見えていたいい崖にマンションが
建ってしまったのが残念。



  ○荒川AMOA治水資料館 第21回ワークショップ
   岩淵・志茂かさね地図作りとまち歩き

2005年3月。地元の郷土史家の方と、レクチャー&作業&フィールド

これは楽しかった

熊谷堤もこの時はじめて知ったし、ずっと気になっていた
大同特殊鋼そばの水路についてもはじめて公に質問する事が出来た(笑)

フィールドワークでは、浸水対策の「水塚」が今でも町の中に残っていた。

この辺りも低地だけれど、うねうねした「におう」道があちこちにある。

地図の好きな方ならお気づきの筈・・・

線路の反対だけれど

「遊鯉園の坂」

とかね。

今もこのようなイベントがあったら是非行きたいです。


コレジオで以前やっていましたっけ・
残念ながら行けませんでしたが~~


その昔、地元の図書館に帝都地形図の購入希望を出した所

「高価」を理由に即効断られた経緯あり。

コレジオさんは何かの資料請求した際、おまけで小冊子をつけて

下さってそれがすごく面白いものでした。




・・・・

っていつも思うのですが、、、

年取ってからやればいいような趣味を

何でうら若い頃から没頭してやってんだろ~。

ま、しょうがないですね。

好きなんだから。





d0250051_150641.jpg



玉の井にて 2009
草餅美味しかった

荷風は好きでなし











d0250051_156417.jpg














d0250051_1572381.jpg















d0250051_158372.jpg














d0250051_1585642.jpg














d0250051_1594556.jpg










巨椋池跡探訪の旅に出たい。
昔、六地蔵までは行ったのだが・・・
[PR]
# by onnbubatta | 2011-07-26 14:54 | Comments(2)

板橋区新河岸、アナーキズム暗渠

最初に来たのは4年くらい前。

昭和38年の地図にくねくねした短い流路が載っていて、気になっていた

その時は全面未舗装だったのだけど

前半は舗装されてしまったようだ




d0250051_165646100.jpg


失礼します・・・お邪魔します












d0250051_16574253.jpg


カーブがいざないます











d0250051_16582649.jpg




この辺りからは蓋状に








d0250051_1659912.jpg







のぞくと水が結構溜まっていました。







d0250051_17049.jpg














d0250051_1705385.jpg






更なる展開へのいざないを予感







d0250051_1714874.jpg



土、砂利、蓋が混然一体な
アナーキー感。









d0250051_1724332.jpg





奥の建物の先に続いていそうですが、私有地なので断念
ここは未舗装






d0250051_1732189.jpg





この猫の他もう一匹にも会いました








d0250051_174953.jpg





名残惜しいが、やはりモスキトーが






d0250051_17501.jpg











d0250051_1753738.jpg

茄子等植えてありました

この暗渠そのものと隣地の関係が
はかりかねます。。。

公図どうなってるかな









d0250051_17293622.jpg


駅への帰りがけ、前谷津川の流末を











d0250051_17302265.jpg


カルガモファミリー(ヒナもたくさん)in 新河岸川









大正6年、荒川改修前の地図にもこれらしき水路があります。

荒川自体かなり去勢され、このうえ新河岸川も掘っちゃった。

荒川改修続行中の昭和12年測量図にも、存在しています。


前谷津川の野川的な元の流末の可能性を考えています。

現在の低地上の前谷津川の流路は直線的で人工的なもの。

ここだけがプリミティヴな形で残っているのか??
(5%くらいが希望的観測)




荒川去勢3ポイント

早瀬・新日鉄の所・今の浮間ヶ池。


小規模なのは石神井川に点在してますね
(釣堀とかになってる。コイヘルペスの鯉がいた)
[PR]
# by onnbubatta | 2011-07-25 17:24 | 前谷津川 | Comments(0)

舌状台地~出井川(板橋区前野町・中台)

出井川の支流が作る垂涎の地形群

訪れたのは2009年初頭、まだ寒い時期に熱に浮かされたように

通いました~euphoriaですねガルブレイス君

d0250051_1683386.jpg

















d0250051_16121083.jpg














d0250051_16131994.jpg















d0250051_16154879.jpg


前野町6-50辺り。ギリギリチョップ

元火薬庫の前野町6、公団住宅至近。超舌状台地









d0250051_1623339.jpg


今は治っているのか?











d0250051_16342957.jpg


反対側から撮影(東に向かって撮影)
写真右が北方面
写真中右へ下る辺りがジャンコクトーかな









d0250051_16301022.jpg


水が滲み出しています











d0250051_16381640.jpg













d0250051_16403252.jpg




舌状台地直下の前野6-50、60はフォトジェニックでした








d0250051_16451958.jpg




少し下流方面(北へ)行くと
中台1-56地先で西からの小流を合わせます
(写真左方向から)








舌状台地の突端やその崖下にはやはり祠類が似合います(ここには
無いですが)

カタルシス・・・?

和光市の氷川神社なんかに、そのような意味合いを深く感じます。

そういえば信濃町の若葉付近にも不思議な祠あったな~
(アースダイバーに写真あったっけ)
思い出した

あの辺の谷は随分去勢されている印象を持ったが

信濃町大好き

デ・ラランデ~~~

forever
[PR]
# by onnbubatta | 2011-07-25 16:52 | 出井川 | Comments(0)

舌状台地・板橋~若木

板橋区若木はそれはもう楽しい所。

最初に興味を持ったのははるか23年以上前~~

富田均さんの本だったかな?うろ覚え

はじめて訪れたのは11年前。まだ環八開通前。嵐の前の静けさというか

収用されて、廃屋や空き地ばかりの頃です。

その頃の「散歩の達人」にも今しか見られない時限的景観として

お薦め投稿がありましたっけね


乱立する小公園郡も環八とか都市計画絡みかと考えていたのですが、

戦後、舌状台地の公社中台住宅南、つまり当該地域ですがこのあたりに

急速にびっしり家が建った為、防災対策の観点から移転が進められた跡地だと

わかりました。

散歩人としては心躍る事この上無いのですが、

やはり自分のおGちゃんが住んでいたら心配するかも・・・



d0250051_1543281.jpg



2009年初夏の、若木2丁目。

気に入っている場所です










環八は蓮根川の谷を利用してますね。

首都高みたいな発想。




これしか写真残ってなかった

文献によると、若葉小(廃校)あたりは昔湿地で沼があったとの事。

以前雨上がりに付近に行って見た事があるんですが、校庭西付近に

蓋かけで水路跡を確認したのを覚えています。

小学校の敷地は東側の高い部分を削って西側の谷を埋めているとの事。



また機会あらば・・・
[PR]
# by onnbubatta | 2011-07-25 15:52 | Comments(0)


暗渠、猫、池、高低差、崖、弁天、軍遺構、建築、階段、廃線、天体   その他徒然(適当です)


by onnbubatta

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
前谷津川
出井川
蓮根川
石神井川系
田柄川
千川上水
専用水道
渋谷川系
立会川
神田川支流
白子川
藍染川
足立区
地方
石神井川
水窪川
えんが堀
百々向川
蟹川
神奈川
内川
新河岸川
谷中川
さいたま
谷端川
荒川区
葛飾区
千葉
世田谷
江戸川区
中野区
北区
目黒川
江東区
未分類

最新の記事

江東区南砂5丁目の残存蓋暗渠
at 2017-11-04 20:05
深く険しい谷の変遷を辿る~前..
at 2017-08-17 10:05
薬師の泉からの流れ・・・?板..
at 2017-07-26 16:04
水面に映るもの。逆さ目黒エン..
at 2017-07-13 12:41
江戸川区葛西沖残照~旧海岸線..
at 2016-10-19 14:34
谷端川暗渠。北池袋~下板橋間..
at 2016-06-25 10:21
江戸川区松島3丁目、青の世界..
at 2016-06-15 15:42
旗の台:昭和大学そば。野の花..
at 2016-05-11 12:34
鮮やかに艶やかに散るらむ・・..
at 2016-04-01 14:58
道路計画(大蛇)に飲み込まれ..
at 2016-03-19 15:28

以前の記事

2017年 11月
2017年 08月
2017年 07月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月

フォロー中のブログ

東京の水 2009 fr...
暗渠徘徊の日々

お気に入り(お邪魔しています)

最新のコメント

>lotus62さん ..
by onnbubatta at 21:47
これはありがたい…。早速..
by lotus62 at 18:27
> sumizome_s..
by onnbubatta at 07:22
9/23の土曜日、足なら..
by sumizome_sakura at 17:34
> lotus62さん ..
by onnbubatta at 18:10
キタ、ツルマイ池!! ..
by lotus62 at 12:40
>namaさん nam..
by onnbubatta at 20:57
ご無沙汰してます。きょう..
by nama at 12:45
> sumizome_s..
by onnbubatta at 10:16
なるほど、円福寺の南西の..
by sumizome_sakura at 04:21

検索

アクセス

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧