人気ブログランキング |

百々向川 業務スーパー支流(成増)

百々向川の短い支流:業務スーパー支流(業務スーパーがなくなったらこの名称どうしよう・・)についてメモ的に綴ります。


百々向川 業務スーパー支流(成増)_d0250051_17163751.jpg

成増駅北口、業務スーパーの左脇に小溝がやってきています。お店の右側には本流が見え隠れしています。


百々向川 業務スーパー支流(成増)_d0250051_17170242.png

今昔マップ(1917-1924)より引用編集させていただいています。
本流の谷に対して、西側へ開析する短い谷地形が見られますが、その谷に相当する流れだと考えています。


百々向川 業務スーパー支流(成増)_d0250051_17172449.png

昭和22年の空中写真。画像中心辺り、カーブする本流に対し、水路のような線がうっすら映っています。


百々向川 業務スーパー支流(成増)_d0250051_17172416.png
色を付けるとこのような感じ。本流(濃い青)、支流(薄い水色)

支流の方はもう少し上流まであったのかもしれません。


周り込んで、さらに上流側を見てみると

百々向川 業務スーパー支流(成増)_d0250051_17163770.jpg

こちらは蓋はよくわかりませんが、スペースが残されていました。



百々向川 業務スーパー支流(成増)_d0250051_17163716.jpg
周りにお店も無い中、ぽつんとある履物屋さんも気にかかっていました。
ここの脇に水路敷が出てきていました。



再度、業務スーパーの脇に戻ります


百々向川 業務スーパー支流(成増)_d0250051_17163775.jpg

「業務スーパーの支流」を存分に堪能します。


百々向川 業務スーパー支流(成増)_d0250051_17163764.jpg



百々向川 業務スーパー支流(成増)_d0250051_17202196.jpg
葬儀屋さんの脇には暗渠で本流が流れています。
この二文字の看板、平屋建て・・何だか惹かれます。

昔、この近くに「ホテルニュー桐壺」という不思議なホテルがありました。(今は住友のマンションになっています)
10年位前まではあったでしょうか、いづれのおん時にか・・・



百々向川 業務スーパー支流(成増)_d0250051_17163793.jpg
東上線の向こうには「ホテルヒルトップ」という地形を標榜するホテルが見え、
丸窓ウォッチャーとしてグッときました。谷底にいたのに、急に切り換り「ヒルトップ」が目に入る鮮やかさ。
改めて、成増の地形は面白いなあ。



百々向川の過去記事です。↓





# by onnbubatta | 2020-07-28 17:48 | 百々向川 | Comments(0)

大森海岸~磐井神社の堀跡、ホテル街散策

だ~いぶ間をあけてしまいましたが、ブログを再開致します。(写真は昨年のものになります)
大森海岸~磐井神社の堀跡、ホテル街散策_d0250051_17362826.jpeg
前回記事の「八幡橋」から国道を渡ると「笠島弁財天」の池のある磐井神社があります。
城南らしい(謎形容)明るい水景色。




前回記事です↑↑


大森海岸~磐井神社の堀跡、ホテル街散策_d0250051_17375514.jpeg

神社の前の国道に面した歩道の中に、社名の由来にもなった「磐井の井戸」があります。



大森海岸~磐井神社の堀跡、ホテル街散策_d0250051_17373816.jpeg

その井戸の水は、「心正しい者が飲むと清水、邪心あらば塩水」であるそうです。
元々は神社の中にあったものを、国道拡幅に伴い外に移動したとの事。



大森海岸~磐井神社の堀跡、ホテル街散策_d0250051_17362826.jpeg



大森海岸~磐井神社の堀跡、ホテル街散策_d0250051_17390187.jpeg

ちょうど神社で使う用具?を赤く塗る作業が行われていて、その赤の鮮やかさに声が出そうなほどどきっとしてしまいました。


大森海岸~磐井神社の堀跡、ホテル街散策_d0250051_17393823.jpeg

神社の中の玉垣には、この辺りにかつてあった料亭の名が連なっていました。


大森海岸~磐井神社の堀跡、ホテル街散策_d0250051_17393749.jpeg

前回ご紹介した「梅元」さんのものも。


大森海岸~磐井神社の堀跡、ホテル街散策_d0250051_17400811.jpeg


「磐井神社の堀」跡は一部緑道の形で辿る事ができました。
ちょうど梅の盛りで、何とも鮮やかで美しい光景でした。



大森海岸~磐井神社の堀跡、ホテル街散策_d0250051_17400956.jpeg


京急をくぐる箇所はガードレール、車止めが設置されており、ここから先:西方面は堀の痕跡は見つけられませんでした。


大森海岸~磐井神社の堀跡、ホテル街散策_d0250051_20364336.jpg
「東京時層地図」(昭和戦前期)より引用させていただきます。
磐井神社の堀は京急をくぐった後は名称不明の大規模施設(おそらく工場敷地)の南側を敷地に沿って流れています。
(ちょうどこの地図の右端が途切れるあたりで水路表示も消えています)

しかし「八幡橋」の橋がくっきり黒々と表記されていること!!
さそかし立派な橋だったのでしょう。。暗渠化に伴って撤去されたのでしょうか。八幡橋の写真、どこかで見られないかなあ・・・


二つ池のような表記のある場所は工場敷地とは別敷地のように線が引かれていますが、現在ホテル街となっている区画です。
(清花園鉱泉から工場敷地へと変わった後も、「帝都地形図」では釣堀の表記がある区画。昭和10年代の空中写真でも池のある場所です。なんでこの一角が大規模敷地に取り込まれなかったのか・・・?)


大森海岸~磐井神社の堀跡、ホテル街散策_d0250051_20365422.jpg


同じく「東京時層地図」(高度成長前夜)を引用させていただきます。
同じく「八幡橋」の立派な橋表記に注目です。水路の線は上の地図よりも短く表示されています。
 
水路(特に上流部から国道までの区間)はいつ頃まで残っていたのでしょうか。

大森海岸~磐井神社の堀跡、ホテル街散策_d0250051_14401392.png

昭和38年の空中写真です。工場敷地の南から河口まではっきりと映っています。


大森海岸~磐井神社の堀跡、ホテル街散策_d0250051_14404852.png

昭和50年。ちょうど神社の上の区間~京急から国道の区間、だけ影?が落ちているので水路か影かわかりませんが、河口まで残っています。

大森海岸~磐井神社の堀跡、ホテル街散策_d0250051_14404847.png


平成元年。京急から河口部分は埋め立てられ、朝日ビールの工場部分は梯子開渠が残っているように見えます。

この「磐井神社の脇から海に注ぐどぶ川」で子供の頃(著者は昭和8年生まれとの事なので、昭和10年代の様子か)よく遊んだ・・という内容の記載が「東京大森海岸ぼくの戦争」という書籍の中にあるらしく、是非一度読んでみたいと思っています(図書館やってない(涙))←2020.9追記 この水路に関する記述を最後に追記します


大森海岸~磐井神社の堀跡、ホテル街散策_d0250051_21045165.png

再び前回と同様に今昔マップ1896-1909より引用させていただきます。

前回ご紹介した大森海岸駅近くにかつてあった「題目堂」(青い丸)と同様に、磐井神社(オレンジ)も海岸線に沿った場所に立地していたことが改めてわかります。

大森海岸~磐井神社の堀跡、ホテル街散策_d0250051_18151317.png
迅速地図(1880年代)より引用)を見ると、下の方に八幡社=磐井神社、中央に題目堂、上部に「鬼子母神堂」が見て取れます。
ライン状に寺社が連なっているように見えます。

こんな位置に鬼子母神堂あったっけ??と思い調べましたら、鈴ヶ森刑場に隣接して鬼子母神堂の堂宇があったとの事でした。
更に掘っていくとこの鬼子母神堂は「大正時代を代表する冤罪事件:鈴ヶ森おはる殺し殺人事件」の舞台で、

被害者のおはるさんは鬼子母神堂に隣接する砂風呂旅館「浜の家」で働いており、遺体が鬼子母神堂で発見されたのだそうです。(超ざっくり)

こんな場所に砂風呂旅館などがあったんですね・・蒸し蒸し・・脱線・・・



大森海岸~磐井神社の堀跡、ホテル街散策_d0250051_17421576.jpeg

話は変わって。

大森海岸駅南側のホテル街。
東京時層地図では池の表記があった場所です。昭和中期の住宅地図では料亭や旅館等の表記が見て取れました。


大森海岸~磐井神社の堀跡、ホテル街散策_d0250051_15260190.png

ホテル街のエリアを昭和38年の空中写真で囲んでみました。


かつて隣接していた「清花園鉱泉(明治後期から大正初期~鉱泉浴場や釣堀を備えた遊園地」の湿気の名残も影響しているのでしょうか・・隣地が工場敷地となった後、釣り堀として残った一角。しっとり、じっとり立ち上がってくる土地の匂い。
(清花園の跡地は、大正7年~東京瓦斯電気工業/富士自動車工場/、中島飛行機等に部品を納めるメッキ工場※(※WEB情報より)→朝日ビール大森工場→イトーヨーカドー、オフィス、マンションへ)


大森海岸~磐井神社の堀跡、ホテル街散策_d0250051_17433015.jpeg

ずっと同じ屋号で営業しているホテル(ホテルって割と屋号変わる中で珍しいですね)


大森海岸~磐井神社の堀跡、ホテル街散策_d0250051_17430034.jpeg

ホテルをリノベーションしたタイル物件のスタジオ。
浅い海のような色合い。

大森海岸~磐井神社の堀跡、ホテル街散策_d0250051_17404957.jpeg

前回の記事でご紹介した、元:芸妓置屋さんの建物、


大森海岸~磐井神社の堀跡、ホテル街散策_d0250051_17382719.jpeg
日を改めて再び訪れると、中から猫さんが出てきました。

大森海岸~磐井神社の堀跡、ホテル街散策_d0250051_17382838.jpeg


芸者さんかな?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おまけ。

同じく海沿いの鮫洲八幡神社。


大森海岸~磐井神社の堀跡、ホテル街散策_d0250051_20502469.jpg

鮫洲八幡の池。

冒頭で使った

“城南らしい明るい水景色”そのものです。というより春の淡い浅さかな・・・?


大森海岸~磐井神社の堀跡、ホテル街散策_d0250051_20502382.jpg

鉄橋みたいです。


大森海岸~磐井神社の堀跡、ホテル街散策_d0250051_20502326.jpg

大森海岸~磐井神社の堀跡、ホテル街散策_d0250051_20502372.jpg

海の波を思わせる戸袋



大森海岸~磐井神社の堀跡、ホテル街散策_d0250051_20502418.jpg
暗渠っぽいなと思い覗き込んでいたら、猫がやってきました(暗渠認定)。


2020.9追記 小関智弘著「東京大森海岸ぼくの戦争」より、引用させていただきました。
「磐井神社の脇から海に注ぐ、我が家の前のよりずっと大きなどぶ川」について

「いまの京浜急行大森海岸駅の近く、戦後はアサヒビールの工場となり、そのビール工場も移転していまは高層マンション群が並ぶ辺りには、かつては東京瓦斯電気工業(通称ガス電)という大きな工場があった。
 大森駅東口からそのガス電の工場のまんなかを通って京浜急行の線路沿いにある磐井神社(八幡様)の脇から海に注ぐ、我が家の前のよりずっと大きなどぶ川も、小泉次太夫の六郷用水の末流であった。
 大雨で増水したその大どぶの水が退くと、線路の辺りからどぶに降りて、どぶ川の中を歩いて、正門からは入れないガス電の工場にまでタモ網を持って掬いながら行くと、大きな鯉が採れた記憶が少年の中のわたしにはある。」

「空襲で焼け落ちて廃墟となったガス電の下を通って、磐井神社の横を流れる大どぶが海に出るところに、十隻ほどのボートを舫ったボート屋があった。篠崎君にボートの漕ぎ方を教えられた。夜のボートに二人で乗った。小町園や悟空林も、再び高級料亭として賑わっていた。料亭から突き出したように小さな桟橋が架かっていた。その幅の狭い桟橋の上で、米兵が三味線に合わせて踊るのが見えた。時には着物を大胆に尻端折りした芸者と米兵が、その桟橋の先端でドンケツ遊びをしていた。三味線に合わせ、手拍子を取りながら尻をぶつけ合って相手を海に落とす。芸者たちの嬌声がいつまでも続いた。」

水路の名前は特になく「大どぶ」、大森駅の東口からやってくる六郷用水の末流だったんですね。
大森駅東口から上流はどのように接続していたのでしょう。。六郷用水は全く詳しくなくて。



# by onnbubatta | 2020-04-24 21:05 | 城南 | Comments(9)

大森海岸~暗渠、潮の香りの料亭街跡散策①

少し前に品川辺り(仙台坂、ゼームス坂界隈)を歩く機会があって、城南方面へひたひた、ひたひたと足を踏み入れ始めてました。

何故か私の頭の中では、なんかあれなんですが品川=小平事件の小平義雄、のイメージがあって、そこから「大井海岸町」という旧町名に辿り/流れ着いたというのもあります。そこには、最近になって急激に興味が湧いてきた「料亭街」がかつてあったのでした。

今迄全く気が付かなかった入り堀跡みたいなのもあるんですよね。
はじめての「大森海岸」へ向かいます。

去年の今頃、大森町駅も暗渠散策で初めて訪れて、何だか「春には大森」の流れが来ているのを感じています。
海が遠ざかった歓楽街という点では愛知県碧南市衣浦の記事とも通じるような。

スタートは、大森駅から。
クリーニング屋さん「あらがや」(荒賀さん)のタイルを見に来ました。


大森海岸~暗渠、潮の香りの料亭街跡散策①_d0250051_20492906.jpg
大森海岸~暗渠、潮の香りの料亭街跡散策①_d0250051_20541101.jpg
タイルが好きで、色々な建物や遺構を見てきましたが、クリーニング屋さんは初めてです。
大森海岸~暗渠、潮の香りの料亭街跡散策①_d0250051_21030780.jpg
大森海岸~暗渠、潮の香りの料亭街跡散策①_d0250051_21032817.jpg
青空にとてもよく映える、群青色の素敵なタイルでした。

大森海岸~暗渠、潮の香りの料亭街跡散策①_d0250051_21134604.png
今昔マップ(1927-1939)より地図を引用させていただきました。
京浜電気鉄道大森支線の跡を通って大森海岸駅方面へ向かいます。
大森海岸駅の北側、南側両方に料亭街はあったのですが、まずは北側から。

あまり遺構は残っていないとの事ですが・・・
大森海岸~暗渠、潮の香りの料亭街跡散策①_d0250051_21204622.jpeg

大森海岸~暗渠、潮の香りの料亭街跡散策①_d0250051_10563989.jpeg

大森海岸~暗渠、潮の香りの料亭街跡散策①_d0250051_10562431.jpeg

大井海岸町の現在の場所を調べていた頃、まだこの辺りが料亭街という認識も無かった段階でグーグルマップの航空写真を見ていて気になっていた建物。

「大森海岸 芸妓置屋 由の家」様のホームページに寄りますと、こちらの建物は芸妓置屋だったそうです。
過去住宅地図を何年か分見た感じでは個人宅のような表記でした。

溶岩っぽい石造が玄関の内側に残っていて、異世界の雰囲気を少し残していました。

大森海岸~暗渠、潮の香りの料亭街跡散策①_d0250051_11015107.jpeg
大森海岸~暗渠、潮の香りの料亭街跡散策①_d0250051_11020419.jpeg
あと、駅の北側で雰囲気が残っているのはこちらの「入舟」さん、等々でしょうか。今は「洋食 入舟」の表記ですが、メニューを見ていたら洋食一辺倒でもないようでした。

たまたまかもしれないですが、建物側面の円柱に勝手に料亭街のしっとりした空気を覚えてしまうのでした。

大森海岸~暗渠、潮の香りの料亭街跡散策①_d0250051_11110922.jpeg
料亭ではないけれど、この界隈に残る数少ない旧い建物。家族のように寄り添って残っています。

大森海岸~暗渠、潮の香りの料亭街跡散策①_d0250051_11123492.jpeg
大森海岸~暗渠、潮の香りの料亭街跡散策①_d0250051_11132871.jpeg
大森海岸~暗渠、潮の香りの料亭街跡散策①_d0250051_11134177.jpeg
大森海岸~暗渠、潮の香りの料亭街跡散策①_d0250051_11144521.jpeg
大森海岸~暗渠、潮の香りの料亭街跡散策①_d0250051_11151337.jpeg
駅近くの「松乃鮨」さんの近くに、1960年代の地図では「題目堂」の表記があってずっと気になっていたんですが、以降の地図では消えており、現地はどうなっているのかと思っていました。が、やはり何もありませんでした。

大森海岸~暗渠、潮の香りの料亭街跡散策①_d0250051_11323178.jpg
1960年の住宅地図です。ここには寺院の表記のみですが、他の年代の地図を見ると「題目堂」とあります。
きっと、どこかへ移設されたのだとは思いますが。
(ちなみに、駅の反対側~海側には大型の料亭が林立し、その中の「楽々」などは地図でも(不夜城)の別名表記まで記載されていて興味深いです。)


更に年代を遡ると、明治期には駅の反対側(東側)に寺院の表記が見て取れます。

大森海岸~暗渠、潮の香りの料亭街跡散策①_d0250051_11363462.png
今は国道の下になってしまっています。

これが、上記の「題目堂」なのか?と思い、帝都地形図を引きましたら

「国道1号東海道の街道脇にある題目堂は寛政年間(1789-1801)の開基である。鈴ヶ森刑場と関係はないが、刑場付近の悪臭、凄惨な様子を通行中にみた元小田原藩士で池上本門寺の日観が、霊を鎮める為に草庵を結んだのが始まりと言われる。」

の記載がありました。

国道の拡幅に伴って駅の西側に移されたのち、時の流れでまた別の地に。。。という流浪のお堂なのでしょうか。

大森海岸~暗渠、潮の香りの料亭街跡散策①_d0250051_11452112.jpeg
料亭ではなく比較的新しい年代の建物なのだけど、残り香みたいなものを感じられる間口。

大森海岸~暗渠、潮の香りの料亭街跡散策①_d0250051_11470646.jpg
「大井海岸町」の名前を残す、大井海岸公園のトイレのタイル。


駅の南側へ移動します。

今は埋め立てられている入り堀?(名前がわからない・・・!水路跡のブログなのに・・・八幡橋、の名前は判るのですが)沿いに旧い建物が一軒残っているのをグーグルマップでチェックしていたので。

この堀、磐井神社をぐるっと回っていて、そんな造りもとっても気になっているんです
大森海岸~暗渠、潮の香りの料亭街跡散策①_d0250051_11584510.png
大森海岸~暗渠、潮の香りの料亭街跡散策①_d0250051_11574854.png
グーグルマップのスクショ、右側が堀です。
この建物を見たかったのですが

大森海岸~暗渠、潮の香りの料亭街跡散策①_d0250051_11580410.jpg
時既に遅し。最新の住宅地図にもかろうじて建物の形状は残っていましたが。

大森海岸~暗渠、潮の香りの料亭街跡散策①_d0250051_12022862.jpg
料亭「梅元」さん跡を見に来た格好になってしまいました。(料亭ではなく置屋さんとの情報もあります)

大森海岸~暗渠、潮の香りの料亭街跡散策①_d0250051_11571823.jpeg
堀の先は水面は見えないけど平和島の競艇場。かなりの轟音が響いていました。
護岸のようなコンクリ―トが残っていました。

2020.9追記 戦後のこの辺りの堀の様子が小関智弘著「東京大森海岸ぼくの戦争」に描かれていたので、引用させていただきます。


「空襲で焼け落ちて廃墟となったガス電の下を通って、磐井神社の横を流れる大どぶが海に出るところに、十隻ほどのボートを舫ったボート屋があった。篠崎君にボートの漕ぎ方を教えられた。夜のボートに二人で乗った。小町園や悟空林も、再び高級料亭として賑わっていた。料亭から突き出したように小さな桟橋が架かっていた。その幅の狭い桟橋の上で、米兵が三味線に合わせて踊るのが見えた。時には着物を大胆に尻端折りした芸者と米兵が、その桟橋の先端でドンケツ遊びをしていた。三味線に合わせ、手拍子を取りながら尻をぶつけ合って相手を海に落とす。芸者たちの嬌声がいつまでも続いた。」


嬌声にとって変わったのが、モーターボートの轟音、というところでしょうか。
大森海岸~暗渠、潮の香りの料亭街跡散策①_d0250051_12081571.png
1896-1909の今昔マップから引用させていただきます。
八幡海岸に、堀からの澪筋のようなものは描かれており、しばしうっとりしてしまいます。

「梅元」南側の堀は国道を「八幡橋」で渡って、磐井神社を回って京急とぶつかっているように描かれています。
(八幡橋 大森海岸、で堀の名称を検索しても江東区の方の八幡橋が出てきてしまって・・・)

大森海岸~暗渠、潮の香りの料亭街跡散策①_d0250051_11565843.jpg
大正期の「地籍図」によると、京急を越えて「清花園鉱泉」の敷地へ入り込んでいます。
(清花園は鉱泉浴場や釣堀を備えた遊園地で、電力の供給を京急から受けていたとの事。のちのアサヒビール大森工場。
現在の「清花公園」にその名残がかろうじて感じられます。)
(清花園南の「潮田」地名もかなりキテます。)

次回に続きます。


















# by onnbubatta | 2019-03-03 12:27 | 城南 | Comments(2)

早稲田散策 コートハウス型の下宿建築を探して

最近、街歩きに少し新しいアプローチ/手法が加わりました。

名古屋の中村遊郭探訪がきっかけだったのですが、過去も含め航空写真から見た建物の特異な形状、古びた感じをまずチェック、そこから周りを歩き始めるといった具合です。

中村遊郭は特にその中庭を擁した「中空の箱」、「コの字型」の形が地表を埋め尽くすように見えるのが私にとっては強烈な印象だったのです。


そんな流れで、たまたま早稲田~高田馬場界隈の過去の空中写真を眺めていたら、かつて下宿/旅館/寮、社宅等の建物に上記のような特徴(またはそれに近似する)を備えた建物が多くあったことが読み取れてきました。(併せて住宅地図や、地元の方が作成した手描きの記憶地図なども参考にさせていただきました。)

しかし気づくのがいつも遅く、現存している建物は僅かです。

早稲田散策 コートハウス型の下宿建築を探して_d0250051_14574945.jpeg

最も有名な「日本館」。
昭和10年築との事。昭和10年くらいの手描き地図を参照すると「紺碧館」の表記がありました。

早稲田散策 コートハウス型の下宿建築を探して_d0250051_15125349.png
昭和50年の空中写真で、「中空の箱」、「コの字型」の形に近く、大型の建物に丸を付けてみました。
見づらくてすみません。
この地図内で現存しているのはおそらく上のピンク二つになります。(もう一つのピンクは間違いです。重ねてすみません)
「日本館」はピンク丸の上二つの左側(明治通りに近い方)です。

早稲田散策 コートハウス型の下宿建築を探して_d0250051_14583609.jpeg
早稲田散策 コートハウス型の下宿建築を探して_d0250051_14585967.jpeg
日本館は数回前を通っただけで、細部は観察していなかったのですが、グレイがかった水色の窓枠、板張りの壁など本当に絵になる建物で、ランドマーク的な角地を形成しています。

玄関脇、何の樹だろう。。入る人、帰ってくる人、出て行く人を静かに見つめているのかな。
早稲田散策 コートハウス型の下宿建築を探して_d0250051_15013280.jpeg
私が昔通っていたお医者さんがこんな感じの窓風景でした。

早稲田散策 コートハウス型の下宿建築を探して_d0250051_15015030.jpeg
藤棚?も。


早稲田散策 コートハウス型の下宿建築を探して_d0250051_15323323.jpeg
日本館すぐ近くの「富士見荘」。
通りに面してゆったりとした広いお庭、背後の棕櫚の樹も立派で、シンボルツリーみたいです。
日本館同様、藤棚のような造作が配されています。
早稲田散策 コートハウス型の下宿建築を探して_d0250051_15384869.jpeg
西向きの傾斜地に差し掛かる立地なので、本当に「富士見」の宿だったのかもしれません。

この界隈に川の流れのように連続している点字ブロックと「ピンポン」と鳴る誘導音を聴くと、馬場に来たなあ、と実感します。


早稲田散策 コートハウス型の下宿建築を探して_d0250051_15422176.jpg
ここもそうですね。あちこちに、クリーム色の小川を見てしまいます。

早稲田散策 コートハウス型の下宿建築を探して_d0250051_15433441.jpeg
と、ここで。

富士見荘「建築計画のお知らせ」看板が掲げられていました。

いつもそうなんだ・・・ふっと呼び寄せられて赴くと。
昭和40年築との事。
がくんと肩を落とします。

早稲田散策 コートハウス型の下宿建築を探して_d0250051_20590592.png
今のグーグルマップで見る、日本館と富士見荘。




中空型の建物が一つ残っているはずの、少し東の方に移動します。
これもグーグルマップの航空写真で見ただけなので、存在している保証はなく、富士見荘の「建築計画のお知らせ」看板を見た後なので不安な気持ちを抱え。

早稲田散策 コートハウス型の下宿建築を探して_d0250051_15570144.jpeg
ああ・・・!一歩遅かったか・・・!

としばし狼狽してしまいましたが、目的地はどうやら奥の建物のようです!
隣地が空いて、より良く観察できるようになってる!

早稲田散策 コートハウス型の下宿建築を探して_d0250051_16040121.jpeg

早稲田散策 コートハウス型の下宿建築を探して_d0250051_16043740.jpeg
この窓に向かって、ご飯を沢山作っていたのかな。
かちゃかちゃ、ガチャガチャ、トントントン。色んな音が聴こえてきそう。
早稲田散策 コートハウス型の下宿建築を探して_d0250051_15592237.jpeg
下宿賄付 渡辺館。
こちらも各種の鉢が瑞々しく路地を彩っています。

早稲田散策 コートハウス型の下宿建築を探して_d0250051_16012622.jpeg
桜の樹も。

早稲田散策 コートハウス型の下宿建築を探して_d0250051_20545314.jpeg
サイドはあまりよく見えないのですが、板張りになっています。

早稲田散策 コートハウス型の下宿建築を探して_d0250051_20525480.png
今のグーグルマップだとこんな感じ。
更地になった隣地、緑豊かな地所だったのですね。

早稲田散策 コートハウス型の下宿建築を探して_d0250051_15540930.png
昭和50年の航空写真。ピンクが渡辺館、それ以外はおそらくこの形では現存していません。

渡辺館の下の、大きな山吹色の丸は「朋来居」という住宅だったそうです。
松本泰生さんのブログに、素敵な写真が残されていました。



早稲田散策 コートハウス型の下宿建築を探して_d0250051_09591744.png
大学に隣接したあたりにも大型のコの字型下宿が確認できました。(昭和50年)
大学の建物群そのものが、コの字の集積ですね。



そしていつも思うのですが、早稲田界隈は素敵なY字路、わかれ道が多い。

早稲田散策 コートハウス型の下宿建築を探して_d0250051_16314977.jpg
早稲田散策 コートハウス型の下宿建築を探して_d0250051_16323403.jpg
ここの近くのミモザ、いつも楽しみにしているんです。(昨年2月撮影)



下宿かどうかわかりませんが、現存している素敵な建物(集合住宅)
早稲田散策 コートハウス型の下宿建築を探して_d0250051_16173014.jpeg
早稲田~高田馬場は個人住宅含め、玄関の石柱が立派な住宅がいくつか残っています。
組み方が不思議美しいです。
早稲田散策 コートハウス型の下宿建築を探して_d0250051_16143768.jpeg
石の門柱、アーチを描くタイルの玄関、そして玄関わきの松と紅葉がやはり素敵です。
建物を彩る植物やお庭、豊かな気持ちにふわ~んと包まれます。

早稲田散策 コートハウス型の下宿建築を探して_d0250051_16204837.jpeg
サイドに廻ると、棕櫚がすっと立っていました。


早稲田散策 コートハウス型の下宿建築を探して_d0250051_16225409.jpg
↑西早稲田2丁目、南栄荘。
旧屋号は「天龍閣」。
早稲田散策 コートハウス型の下宿建築を探して_d0250051_20471578.jpg


早稲田散策 コートハウス型の下宿建築を探して_d0250051_20475261.jpg
西早稲田1丁目
この建物がなくなる時がきたら、絶対泣いちゃう

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
うっとりするような戸建住宅もいくつか見つけられます。
早稲田散策 コートハウス型の下宿建築を探して_d0250051_21152922.jpg

素敵な窓ガラス

早稲田散策 コートハウス型の下宿建築を探して_d0250051_16240669.jpeg
早稲田散策 コートハウス型の下宿建築を探して_d0250051_16244861.jpeg
早稲田散策 コートハウス型の下宿建築を探して_d0250051_16252145.jpeg
住宅地図みたいな玄関のガラス戸。
諏訪の方に近づくと、雰囲気のあるお宅が何軒か見つかりました。
数少なくなったとは言え、こうした建築を今でも目にすることができるんですね。


昔、インド大使館邸入った辺りに、何か気になる物件があった記憶があります。
写真も撮った気がするのですが、どこだったんだろう。。20年以上前になりますが、もっと旧い建物に気を配っていれば良かったと改めて痛感するところです。


下宿とか旅館がみんなこの形なら、本郷はどうなのかな?と思って本郷方面の昔の航空写真も調べたら、同様の建物がいくつも見つかりました。
残っているものはこちらも数少ないでしょうが、中村遊郭から始まった「コートハウス」建築を観察する新たな視点を持って、また本郷方面も歩きに行く予定です。

早稲田散策 コートハウス型の下宿建築を探して_d0250051_09495001.jpeg
早稲田高低差。お馬さんの階段。





# by onnbubatta | 2019-01-26 10:02 | 神田川支流

遠ざかる海。海を見ていた衣浦歓楽街跡(橋跡、暗渠入り)

昨年10月、愛知県碧南市の「衣浦遊郭」跡のこの建物、行かないと早々に無くなってしまう気がして、どうしても急ぎ見に行かないと・・・と、訪れました。
名古屋から一時間弱くらい、名鉄三河線「新川町」から徒歩圏。
旧い地名では「沖見平」、「常盤浦」

遠ざかる海。海を見ていた衣浦歓楽街跡(橋跡、暗渠入り)_d0250051_17021985.jpeg
旅館「吉文」さん跡。
高台の縁、今は埋め立てられてしまった沖を望む位置に立っているのです。
この鱗のような窓ガラス、何度夢に出てきた事でしょう。何枚ものガラスたち。

かつては客達が海を眺め、今は誰が遠くなった海を見ている事やら。。
残留思念か、窓の内側自身か。

遠ざかる海。海を見ていた衣浦歓楽街跡(橋跡、暗渠入り)_d0250051_17131317.jpeg
こちらの角度の写真の方が、より「海を向いていた」感が出ていると思います。横顔のようにも見えてきます。
遠ざかる海。海を見ていた衣浦歓楽街跡(橋跡、暗渠入り)_d0250051_17144552.jpg
年月や潮風に晒されてなお、屋号の痕跡を微かに伝えています。
遠ざかる海。海を見ていた衣浦歓楽街跡(橋跡、暗渠入り)_d0250051_17170730.jpg
宿の下は階段になっています。

遠ざかる海。海を見ていた衣浦歓楽街跡(橋跡、暗渠入り)_d0250051_17175555.jpg
階段を挟んでお隣はラブホテル。(かつての、衣浦温泉湯本本館)

周辺には、旅館街だった名残がコンパクトに集積しています。
遠ざかる海。海を見ていた衣浦歓楽街跡(橋跡、暗渠入り)_d0250051_17193127.jpg
強め・濃い目のピンク色にはどきどきしてしまいますね。

遠ざかる海。海を見ていた衣浦歓楽街跡(橋跡、暗渠入り)_d0250051_17213401.jpg

旅館街に向かうメインストリート。
正面のくすんだピンクの建物も旅館跡。(八千代旅館)
遠ざかる海。海を見ていた衣浦歓楽街跡(橋跡、暗渠入り)_d0250051_17230670.jpg
遠ざかる海。海を見ていた衣浦歓楽街跡(橋跡、暗渠入り)_d0250051_17234192.jpg
遠ざかる海。海を見ていた衣浦歓楽街跡(橋跡、暗渠入り)_d0250051_17241448.jpg
窓の手摺りの装飾、錆びているけど可愛らしい。桃色の建物にお似合いでした。

遠ざかる海。海を見ていた衣浦歓楽街跡(橋跡、暗渠入り)_d0250051_17261660.jpg
「衣浦温泉 清元」の痕跡。
清元さんは既に無し。
遠ざかる海。海を見ていた衣浦歓楽街跡(橋跡、暗渠入り)_d0250051_17273604.jpg


遠ざかる海。海を見ていた衣浦歓楽街跡(橋跡、暗渠入り)_d0250051_20164666.jpg
菱型の窓も

遠ざかる海。海を見ていた衣浦歓楽街跡(橋跡、暗渠入り)_d0250051_17283255.jpg
遠ざかる海。海を見ていた衣浦歓楽街跡(橋跡、暗渠入り)_d0250051_17291381.jpg
「持ち送り」の意匠も手が込んだ細かな造り。
(この箇所を「持ち送り」と呼ぶことを教えてもらって以来、注視してしまいます。名称を知るって大事ですね。)

遠ざかる海。海を見ていた衣浦歓楽街跡(橋跡、暗渠入り)_d0250051_17333236.jpg

遠ざかる海。海を見ていた衣浦歓楽街跡(橋跡、暗渠入り)_d0250051_17355169.jpeg
鮮やかなタイル円柱!!
この日は天気がいま一つでしたが、救われた気がしました!

遠ざかる海。海を見ていた衣浦歓楽街跡(橋跡、暗渠入り)_d0250051_17374436.jpg
遠ざかる海。海を見ていた衣浦歓楽街跡(橋跡、暗渠入り)_d0250051_17382065.jpg
遠ざかる海。海を見ていた衣浦歓楽街跡(橋跡、暗渠入り)_d0250051_17385677.jpg
屋号の看板など架かっていたのでしょうか。
遠ざかる海。海を見ていた衣浦歓楽街跡(橋跡、暗渠入り)_d0250051_17401348.jpeg
海の記憶。
遠ざかる海。海を見ていた衣浦歓楽街跡(橋跡、暗渠入り)_d0250051_17433900.jpg
短い渡り廊下で繫がる、二棟の建物。
「渡る」という行為にはいつだってどきどきしてしまいます(どきどきしてばかりだな。)

遠ざかる海。海を見ていた衣浦歓楽街跡(橋跡、暗渠入り)_d0250051_17451309.jpg
とある建物の裏手にぼんやり現われる大きな丸窓。

衣浦の街は、個々の旅館跡建物以外にも見所が沢山あります。



私は普段、水路跡歩きを生業としているのですが、「新川町」駅を降りた瞬間に嬉しい悲鳴が上がりました。


遠ざかる海。海を見ていた衣浦歓楽街跡(橋跡、暗渠入り)_d0250051_17484122.jpeg
何か埋まってる!
「駅前橋」、駅と橋が旧字なのも味わい深かったです。
遠ざかる海。海を見ていた衣浦歓楽街跡(橋跡、暗渠入り)_d0250051_17510230.jpeg


この地でも、しっかりと蓋暗渠にも出会う事が出来ました。
遠ざかる海。海を見ていた衣浦歓楽街跡(橋跡、暗渠入り)_d0250051_17554580.jpeg
この水路の先は・・・
遠ざかる海。海を見ていた衣浦歓楽街跡(橋跡、暗渠入り)_d0250051_17531359.jpeg
水路跡沿いに、花が咲いたように鮮やかなピンクの建物。ここまでくると旅館街跡が目の前です。
水路跡にguideされたような格好です。(嬉しき。)

遠ざかる海。海を見ていた衣浦歓楽街跡(橋跡、暗渠入り)_d0250051_20230767.jpg

鈍色の空のもと、ピンクの濃淡が今にも残る強い印象を与えてくれました。

遠ざかる海。海を見ていた衣浦歓楽街跡(橋跡、暗渠入り)_d0250051_17591049.jpeg
遠ざかる海。海を見ていた衣浦歓楽街跡(橋跡、暗渠入り)_d0250051_17584564.jpeg
窓の意匠が目を引いた建物、角地に立っていました。
過去住宅地図を見るとお菓子屋さんだったようですが・・・


遠ざかる海。海を見ていた衣浦歓楽街跡(橋跡、暗渠入り)_d0250051_18064271.jpg
不意に、お城のような建物。
今はお布団屋さんでしたが、消えかかった「おもちゃ」の文字がうっすら。

「消えかかり」「名残」「痕跡」をテーマに街歩きしている者には、訴えかけてくるメッセージのようなものです。


遠ざかる海。海を見ていた衣浦歓楽街跡(橋跡、暗渠入り)_d0250051_18093984.jpg
パチンコ屋さんも、趣ある建物です。ギラギラしてなくて。




そして帰り際、最も衝撃的だった光景
遠ざかる海。海を見ていた衣浦歓楽街跡(橋跡、暗渠入り)_d0250051_18012179.jpeg
「悪水路」。
こんな名乗りの橋は見た事がありません!
遠ざかる海。海を見ていた衣浦歓楽街跡(橋跡、暗渠入り)_d0250051_18030178.jpeg
私がその悪い水路です!!ワルです。

遠ざかる海。海を見ていた衣浦歓楽街跡(橋跡、暗渠入り)_d0250051_18041732.jpeg
昭和25年12月に架けられた「学校前橋」でした。

来る前に、旅館街のメインストリートあたりをGoogle SVで確認している際に気になっていた建物。(スクショです。)
二階部分の空洞、、くり抜いたような爆発でもあったかのような。
そうなっちゃったのか作為なのか、非常に心がグラグラしたのです。
遠ざかる海。海を見ていた衣浦歓楽街跡(橋跡、暗渠入り)_d0250051_18114237.png
昭和40-50年代の住宅地図ではこの位置に「バー 石水」があった事もあり現地で確認したかったのですが、既にありませんでした。

昔の地図では、もうワンブロック駅寄りに「郭前」の表記の街区が見て取れました。

かつてはこの辺りに地域の法務局、劇場、ボウリング場?もあったようですが、今は本当に静かな街でした。(ご飯食べる所も見つけられず・・・)

このあとの行程として名古屋市の港陽園遊郭や、尾頭橋の八幡園遊郭探訪も計画していたため駆け足になってしまいましたが、もう一度じっくり歩いてみたい街でした。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


こちらは尾頭橋の旅館の痕跡。扇型の何か・・・
こうした「ヒトガタ」のようなものにいつも惹かれて、あちこちふらふらしています。
遠ざかる海。海を見ていた衣浦歓楽街跡(橋跡、暗渠入り)_d0250051_20262929.jpeg
遠ざかる海。海を見ていた衣浦歓楽街跡(橋跡、暗渠入り)_d0250051_20274819.jpeg
・・・・・・・・・・・・

豊島区で採集した「ヒトガタ」例
遠ざかる海。海を見ていた衣浦歓楽街跡(橋跡、暗渠入り)_d0250051_20314517.jpg
過去記事はこちらです。↓










# by onnbubatta | 2019-01-20 18:24 | 愛知県 | Comments(0)

星は散り散りに・・・(中村遊郭跡地紀行)

先日名古屋の中村遊郭界隈を訪れた際、立ち尽くしてしまった物件のひとつ。

現地においては色々書き込みした地図を持っておらず、「Googlemapで見ると、現状遊郭4軒分空き地になっている場所」ぐらいの場認識を持っていた程度ですが。。

星は散り散りに・・・(中村遊郭跡地紀行)_d0250051_10401527.jpeg
空き地と隣地との境界に見上げる程の高い壁があり、鉄筋で支えられています。
雨が降っていたこともあり、コンクリートに染みた水跡も重みのある、人の気持ちを映し出したような雰囲気を作りげていました。

濃い部分の染みを「垂れ落ちる影」と見るか、下の白い部分を「山」として見るか。

中村遊郭の他の場所でもこうした壁があと数か所、隣地が空くなどした結果、見える形で残っています。

場所柄、「嘆きの壁」を意識してしまいます。

壁にもたれかかるように、解体で出た石材などが雑多な感じでより集められていました。


星は散り散りに・・・(中村遊郭跡地紀行)_d0250051_10460847.jpeg


星は散り散りに・・・(中村遊郭跡地紀行)_d0250051_10453172.jpeg


星は散り散りに・・・(中村遊郭跡地紀行)_d0250051_10471713.jpeg
ピンク色、紺色、水色。この色鮮やかなタイルたち、建物の中のどのような部分を彩っていたんでしょう・・
そして、欠片になった現在でも、辺りが失われた中の残照としてより強い光を放っているように見えました。
まるで最後の力を振り絞り、眩い程に。

後日、ストリートビューなどで詳しく確認してみると、ストリートビューの画像にはまだ建物が残っていました。
以前こちらの建物:天龍閣別館、の中を紹介したブログを読んだことを思い出してきたのです。
昨年夏ぐらいに書かれたブログで、当時既にに人は住んでおらず、建物の世話人のような方がいる、、というような内容でした。
(天龍閣、八幡園にも同じ屋号が過去にありました)

更に調べてみると、今年の5月に解体に着手、6月に更地となっていたようです。

「稲本」のような大店の取り壊しはニュースでも報じられるのですが、こちらの「旧新星楼」については、まだ存在しているのだろうと思っていました。
(旧新星楼、と矛盾を感じる表記に自分で書いていてもやもやしてしまう・・・)

「遊郭5軒分」の跡地、いずれ一つの大きな建物が建つのでしょう。
いや、もしかしたら6軒、7軒分くらいに今後拡大するのかもしれません。

星は散り散りに・・・(中村遊郭跡地紀行)_d0250051_11111602.jpeg


昨年以前に空き地となっていた区画は砂利敷の上に雑草が生えてきています。
束の間、光を求めてにょきにょきと。
そしてまた刈られ。
雑草は強い、って決めつけないで。


星は散り散りに・・・(中村遊郭跡地紀行)_d0250051_10463217.jpeg
今年の6月に解体された建物側の敷地は砂地が露出、そこに廃材が残置され、昼顔か朝顔が蔓延っています。
砂利敷と砂の境界、時の境界。

今後どのような土地利用になるのかわかりませんが、元々低湿地だった界隈を造成、別々の名前の楼が整然と立ち並んでいた場所。
時を経て再び別のまとまった形の土地を形作る・・・そんな前夜に立ち会った感じです。

その辺りも、宇宙と通じる所があるな・・・なんて事を考えました。

そして、どこが接点でどこが境界だったのか、忘れていってしまう。

雨でやだな~・・・と思っていた中村遊郭散歩でしたが、よくよく反芻して考えたら、低湿地だった雰囲気が色濃く伝わってきて、いつも以上に水の上を体感することができた旅になりました。




# by onnbubatta | 2018-10-23 21:01 | 名古屋 | Comments(0)

寝ても覚めても中村遊郭(橋跡、溝跡、徳佐川跡)

今年になって、人生初の名古屋下車→ご縁が続いてもう3度ほど訪れている「中村遊郭跡」界隈。

寝ても覚めても、名古屋から一駅のこの一画の事ばかり考えてしまいます。

「大正時代の妓楼が現役の風俗店、デイサービスセンター、民家として利用されており、目の前も含めて周囲はスーパーやマンション。中には廃墟のような物件もある」

が端的な現状説明になるのですが、それらの建築物が相当数を減らしつつあるとの事。

97年に購入した「赤線跡を歩く」で読んだことはあって、その際の写真の印象は派手で、賑やかそうな(大音量の音楽が聞こえてくるような)街、でした。

風俗街ということで、怖い場所のイメージもあったし、未知の場所で、少し緊張しながら散策してみました。

寝ても覚めても中村遊郭(橋跡、溝跡、徳佐川跡)_d0250051_07134613.jpeg
こんにちは。
エリアの南西端で見つけた橋跡のような構造物。

寝ても覚めても中村遊郭(橋跡、溝跡、徳佐川跡)_d0250051_07220749.jpg
「大正10年3月」?と読めます。
中村遊郭の開業が大正12年(1923)なので、その直前のものになりますね。

寝ても覚めても中村遊郭(橋跡、溝跡、徳佐川跡)_d0250051_07145388.jpeg
猫が歩いていそうな雰囲気があります。
寝ても覚めても中村遊郭(橋跡、溝跡、徳佐川跡)_d0250051_07142753.jpeg
中村遊郭外周に巡らされた溝の跡。
川跡・溝歩きを本業としているため、ここはまず確認したかった箇所。
ここは未舗装ですが、また別の場所では舗装した道路となっています


寝ても覚めても中村遊郭(橋跡、溝跡、徳佐川跡)_d0250051_10034652.jpeg



寝ても覚めても中村遊郭(橋跡、溝跡、徳佐川跡)_d0250051_07273976.png
遊郭の街区は、亀?土俵?のような形状となっていて、空中写真などをみるとその特異な形が判然としています。
寝ても覚めても中村遊郭(橋跡、溝跡、徳佐川跡)_d0250051_07262635.png
遊郭の外周はこのような溝で囲まれていました。
南西端の水色部分は悪水路の「徳佐川」の痕跡です。

寝ても覚めても中村遊郭(橋跡、溝跡、徳佐川跡)_d0250051_07342117.png
今昔マップより引用させていただいてます。1888年の当地はまだ水田。
旧地形図の左側を斜めに横切るのが「徳佐川」、
地域を水害から守るために、安井徳佐エ門が私財を投じて開削した水路だそうです。

寝ても覚めても中村遊郭(橋跡、溝跡、徳佐川跡)_d0250051_07352416.png
1920年、明らかに何かが出来ています。外溝の出現。
この出現具合、心が高ぶります・・

寝ても覚めても中村遊郭(橋跡、溝跡、徳佐川跡)_d0250051_07362690.png
1932年、黒々として、ほぼ現在と同様の街区としての完成が見てとれます。
現在の日赤病院の位置にドーナツクッションのような池が見て取れますが、低湿地に遊郭を造成するにあたって土を掘った跡の池
「遊里ヶ池」で、大正14年に弁財天が勧請されてからは行楽地のような場所になり、花火大会が催された事もあったのだそうです。

徳佐川はそこに繫がれた形となったのでしょうか。

さて。
初回訪問時に、ふと目にとめた羽衣町の物件がありました。
遊郭跡の物件と認識していなかったので写真も撮らず。物件の前面に貼り紙がしてあり、内容は破産管財人からの通知。

写真を撮っていなかったのでストリートビューからのキャプチャーで失礼いたします。

寝ても覚めても中村遊郭(橋跡、溝跡、徳佐川跡)_d0250051_09175881.png
外観は新建材を巡らしてあるのですが、

寝ても覚めても中村遊郭(橋跡、溝跡、徳佐川跡)_d0250051_09185675.png
航空写真で確認すると(中央の物件)中村遊郭に特有の中庭があるコの字の形に見えます。
道路に向かって前面と、中庭や天窓から採光し、側面はほぼ窓が無いのが不思議です(側面に窓が少ないの、名古屋の古い民家によく見られて、東京から訪れるとそこに目がいってしまいます)
寝ても覚めても中村遊郭(橋跡、溝跡、徳佐川跡)_d0250051_09223560.png

中村遊郭の建物の配置は基本的に整然としていて、南北の端がぴったりと揃っているはずなのですが、当該物件は南側が少し切断されている?としても、明らかに遊郭の建物に見えます。(北側の物件が中村遊郭の特徴を有しています)

寝ても覚めても中村遊郭(橋跡、溝跡、徳佐川跡)_d0250051_09324694.png
昭和52年の航空写真が見易いので示してみました。
ピンク丸が当該物件です。まだ他の建物と形が揃っているのが判ります。
切断前、ということで良いでしょうか。
そして、立錐の余地もないほど、真ん中の開いた同形状の建物でぎっしり埋め尽くされている・・・圧巻の集合美です。


外観から判りにくい、切断されている可能性・・・
他の物件と比較して「派手さは無いけれど」この遊郭跡の可能性の或る建物:豊田食品、が気になってしょうがなく、一度目に留めたのにもかかわらず写真を撮らなかった事を激しく後悔していました。それが7月の事。


そして9月に再び名古屋にやって来た時、
寝ても覚めても中村遊郭(橋跡、溝跡、徳佐川跡)_d0250051_09370458.jpeg
何も残っていませんでした。
雨上がり、砂地のような明るい地面が印象的でした。
前回の後悔が、二重三重になって覆い被さってくるような感覚になりました。


手持ちの1963住宅地図では酒/バー/アパート、の表記、1973年資料以降は現在に至るまで豊田食品。
風俗店などには転用されていないようです。

わかったのは大正12年開業当時の屋号のみ。

中村遊郭界隈は街区の並びは非常に判り易いのですが屋号の変遷が激しく、何度向かい合っても整理できていません。
でもその度に小さな発見があるのがやめられないところで、魅力的なのです。

あと、大正時代の建物に被せ物をしているケースが多々あるところも。
一体内部はどのようになっているのでしょう。風俗店には入れないけれど、お蕎麦屋さん(大門町の蕎麦伊とう)とかだったら入れるので、様子を伺いたいところです。そうでないと、残すは解体の瞬間でないと内部を見ることがかないません。

きっと中は綺麗に「古民家風」としてリフォームされているのでしょうけど・・・

寝ても覚めても中村遊郭(橋跡、溝跡、徳佐川跡)_d0250051_09515947.png

寝ても覚めても中村遊郭(橋跡、溝跡、徳佐川跡)_d0250051_09521048.png
↑これも切断物件でしょうか。
遊郭のあとはおそばやさんだったようです。

寝ても覚めても中村遊郭(橋跡、溝跡、徳佐川跡)_d0250051_09550205.png

寝ても覚めても中村遊郭(橋跡、溝跡、徳佐川跡)_d0250051_09544342.jpg
前店名の痕跡が見えている・浮かび上がっている(現アラモード)



寝ても覚めても中村遊郭(橋跡、溝跡、徳佐川跡)_d0250051_09580476.jpeg
何か起こりそうな窓・・・♥



寝ても覚めても中村遊郭(橋跡、溝跡、徳佐川跡)_d0250051_10053763.jpeg
遊郭に関連の或る「中村病院」跡地。
敷地を覆うメッシュ素材のシートが、こちらを見据える精霊のように見えて好きな一枚です。
ザッ、ザザッ・・・とこちらに近づいてきそう

また、かつての水田に蘇った、還ったかのような光景でした。。背後の名古屋駅ビル群も幻影のよう。



寝ても覚めても中村遊郭(橋跡、溝跡、徳佐川跡)_d0250051_10083213.jpeg
クローズ・アップで見ると、ムシロ旗・・・?
先程は精霊と言いましたが、一揆のような気配を感じてもいます。



次回以降は、もっと自分で映した写真~(今回は地図が多かったような気がするので。)を入れていきたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2019.6追記。

「アラビアンナイト」の幻影は消えてしまっていました。

「徳佐川」の流末が残っている部分、前から確認したかったのですがなかなか行けず・・
今回ようやく現地に行くことができました。名古屋でこんな川跡を見られるなんて!!

寝ても覚めても中村遊郭(橋跡、溝跡、徳佐川跡)_d0250051_23330140.jpg

寝ても覚めても中村遊郭(橋跡、溝跡、徳佐川跡)_d0250051_23331285.jpg

見事な橋跡に惚れ惚れ・・・


寝ても覚めても中村遊郭(橋跡、溝跡、徳佐川跡)_d0250051_23332531.jpg
最近気になって仕方がない棕櫚が堂々お出迎えです。



寝ても覚めても中村遊郭(橋跡、溝跡、徳佐川跡)_d0250051_23333933.jpg
水は流れていませんね。


徳佐川流末の他にも、中村遊郭の付近で地図が揺らいでる所を歩いてきたりして、冒頭の中村遊郭「幸橋」橋跡に非常に似ている構造物を発見しました。


寝ても覚めても中村遊郭(橋跡、溝跡、徳佐川跡)_d0250051_23340078.jpg
地図が揺らいでる=川跡の事も多いので期待しましたが、この構造物以外は確証得られず。。
橋跡だと思いたい。元から此処にあったのか、訳あってこの地に移されたのか・・・?

現在の環境から想像して「依存」という橋名を仮に付けたい感じです。


寝ても覚めても中村遊郭(橋跡、溝跡、徳佐川跡)_d0250051_23335288.jpg
やはり、どんな時も水に絡むものに自然と目が行ってしまいます。




# by onnbubatta | 2018-09-29 10:11 | 名古屋 | Comments(2)

大岡山駅前のtiny谷

初の呑川カテゴリ。
初の大岡山下車にして。

ごく小さな谷、名前はまだわからなくて(知らないだけ?)、お調べも手付かずのそんな谷です。
大岡山駅前のtiny谷_d0250051_16343066.jpeg
小溝だね~。

大岡山駅前のtiny谷_d0250051_16345972.jpeg
シュッとして、めっちゃスレンダーだなあ。
で、手前がもじゃもじゃしてるんだけど結構な急流なのよ。

大岡山駅前のtiny谷_d0250051_16351523.jpeg
反対に(上流側)に廻り込みますと、

大岡山駅前のtiny谷_d0250051_16422047.jpeg
再びドア。
脇には、「東工大専門 手作り料理 モミ(の木)」とあります。
TOKYO-TECH暗渠だったのか。

専門とは。
大岡山駅前のtiny谷_d0250051_16350705.jpg


「今昔マップ」より引用させていただきました。
今回の小溝は、大体この緑のごく小さな谷筋にあたるようです。
清水窪の、さらにその支谷ということでいいのかしら・・・?
大岡山駅前のtiny谷_d0250051_16463815.png

周辺を少しばかり歩くと、

大岡山駅前のtiny谷_d0250051_16515732.jpeg
大田区の境界標で飾られた、こんな溝とか、(ビールケース付き)

大岡山駅前のtiny谷_d0250051_16533453.jpeg
何だか知らずに染み出しちゃって

大岡山駅前のtiny谷_d0250051_16531975.jpeg
ちょっとした湿地を形成している一画がありました。



我が家の近所に、夕暮れ時になると大量の鳥(種はわからない)の鳴き声が響き渡る樹があって。内部にどれだけの鳥がいるんだろう、ぐらいの密な存在感。
そこを通るといつもまだ見ぬ大岡山を連想していた場所があるのです。


一時期、大岡山のムクドリだかインコ類のねぐら騒音糞害が報道されていた時の印象が強いのかな。。



いつも連想するだけの大岡山で出逢った、リアルな谷のお話でした。

大岡山駅前のtiny谷_d0250051_18384880.png

# by onnbubatta | 2018-09-19 20:23 | 呑川 | Comments(4)

八王子市中野上町:清水川を辿る

前回の続きです。

前回積み残していた、「日本機械工業」敷地の北側辺りから、清水川を感じながら歩いて行きます。
暗渠化も取り沙汰されている清水川、現状はどうなんでしょう・・・

結論から先に申し上げると、結末が意外で、しばし愕然として立ち尽くしてしまいました・・・


敷地の北側は現在「しまむら」の敷地(以前の住宅地図表記ですと「ハチマン電子」)となっていて、その駐車場から・・・
八王子市中野上町:清水川を辿る_d0250051_14213146.jpg

夏なのでより一層繁っていて外観がはっきりしないのですが、円型?円筒形の煉瓦給水塔がフェンスの向こうに見えているのです。

八王子市中野上町:清水川を辿る_d0250051_14205911.jpeg
八王子市中野上町:清水川を辿る_d0250051_14261829.jpg
引いてみても、やはりわかりにくい・・・また冬にきてみます。
人生初の「しまむら」、あまりに暑かったので中で涼ませて頂きました・・・
かつての製糸場に隣り合って、衣料品の量販店が立地しているのが時を越えて不思議な感じでした。

八王子市中野上町:清水川を辿る_d0250051_14293197.jpg
八王子市中野上町:清水川を辿る_d0250051_14301234.jpg
八王子市中野上町:清水川を辿る_d0250051_14310082.jpg
いずれも敷地北側からの「日本機械工業」の建物の様子。
どれが「萩原」「片倉」時代の建物になるのでしょうか・・
八王子市中野上町:清水川を辿る_d0250051_14333386.jpg
開きかけか、閉じかけた朝の顔

八王子市中野上町:清水川を辿る_d0250051_14335491.jpg

すぼまっていると、色が濃く凝縮されて見えますし、白い部分との境い目もパラソルのように際立ちます。

右に曲がって、緑濃い道を降りて行きます。
八王子市中野上町:清水川を辿る_d0250051_14404128.jpg
茎まで鮮やか。
八王子市中野上町:清水川を辿る_d0250051_14460708.jpg
川沿いでよく見られる、各政党のポスターが畳みかけるように連続する風景。
八王子市中野上町:清水川を辿る_d0250051_15400504.jpg
前回ご紹介した「橋跡」はここに繫がっていたんです。

この先、少し改変されたり一部が暗渠化されていますが(前回の水路上占有物件の地点など)、

八王子市中野上町:清水川を辿る_d0250051_14534268.jpg
八王子市中野上町:清水川を辿る_d0250051_14541390.jpg
澄んだ水が流れていて、百日紅が造り出す美しい淵に出会う事も出来ました。

八王子市中野上町:清水川を辿る_d0250051_22220283.jpg
八王子市中野上町:清水川を辿る_d0250051_14563522.jpg
梯子の梁が残っている区間。
川沿いに歩けない区間もしばしばあって、川を見失い「あれ、あの子どこに行っちゃったんだろう・・・」と思う事もありました。
八王子市中野上町:清水川を辿る_d0250051_14584840.jpg
八王子市中野上町:清水川を辿る_d0250051_14592237.jpg
あまり近寄れなかったのですが、梅花藻のような植物に覆われている地点。もうすぐ川口川との合流地点。

八王子市中野上町:清水川を辿る_d0250051_15062584.png
この辺りは清水川の中でも蛇行の大きな地点。北側を流れる川口川も改修前は大きく蛇行していた(緑色、大きな公園を回るように)のでその影響を受けていたのかな・・・

八王子市中野上町:清水川を辿る_d0250051_15095432.jpg
ここまで下ってきた清水川、区画整理によるのか「東京環状道路」の手前で突如消えてしまいます。
見えづらいですが、中央右側よりの樹のたもとに旧い祠もあって、旧いエリア/整えられた区間が、バッサリと分断されている雰囲気。

八王子市中野上町:清水川を辿る_d0250051_15164062.jpg
この先が「清水橋」あと。こっちの方に「清水橋跡地」を明示してほしいね。

少し北側に寄り道して、「川口川」の「川口橋」へ。
八王子市中野上町:清水川を辿る_d0250051_15185557.jpg
川口川橋の西側至近に、何かの名残?水道施設・・・?
八王子市中野上町:清水川を辿る_d0250051_15192441.jpg
八王子市中野上町:清水川を辿る_d0250051_15195348.jpg
延長線上には横断歩道の痕跡がうっすらと残されていました。緑のフェンスの先が「何らかの名残?」です。

更に北に寄り道すると、別の小川がやってきていて、
八王子市中野上町:清水川を辿る_d0250051_15225959.jpg
もはや跡地、なのか・・・?
八王子市中野上町:清水川を辿る_d0250051_15234056.jpeg
八王子市中野上町:清水川を辿る_d0250051_15251958.jpg
交差点の広告看板の背後、よく見ると
八王子市中野上町:清水川を辿る_d0250051_15255902.jpg
石仏等々が放置されていました・・・どんな謂れがあったものなのか、とても気になっています


清水川に戻ります。河口目指して、あともう僅かな距離のはず。

八王子市中野上町:清水川を辿る_d0250051_15300856.jpg
車止めのあるこの街路が川の跡なのか、
八王子市中野上町:清水川を辿る_d0250051_15312211.jpg
サイドの、こちらの敷地も含めて川跡なのか・・・
青々と重たげに成る栗の実と、並べて干された幾枚もの大判のタオルケットが素敵な夏風景だったので、暑かったのですが「良く乾きそうね」と独りごちていました。

さあ、中野橋の上から合流地点を確認してフィニッシュです。
清水川と合わさった川口川も、すぐに浅川に合流する忙しい場所です。

八王子市中野上町:清水川を辿る_d0250051_15373905.png

八王子市中野上町:清水川を辿る_d0250051_15390839.jpg
え。。。何これ。。。
右の川口川に、左の清水川が合わさる筈なのですが・・・
作りかけの工作みたいな風景。

八王子市中野上町:清水川を辿る_d0250051_15412936.jpeg
糸が紡がれていた泉の水は、こんな末路になっていたのでした。
清水川の事を調べ始めた当初は、河口の護岸は自然のままで残されていて・・・と何処かに記載があった記憶。
それをインプットして下っていったので、目の前にある光景は結構衝撃的な結末です。

勘違いだったのか、以前に書かれた情報であったのか。

コンクリートがまだ白く、割と最近施工された様子です。

八王子市中野上町:清水川を辿る_d0250051_15440901.jpeg
川口川の方は水も澄んでいて、底も護岸も自然な感じに映りました。


八王子市中野上町:清水川を辿る_d0250051_15473416.jpeg
茫然としたまま浅川沿いを散策していたら、緑陰からカサカサ音がして、猫ちゃがぬっと出てきました。
八王子市中野上町:清水川を辿る_d0250051_15475226.jpeg
「清水川の河口は固められちゃったんだよ。前は鳥さんがいっぱい来ていたけどね。」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


おまけ。八王子駅前の谷内六郎作品。

「水面のライト」
きらきら・・・
八王子市中野上町:清水川を辿る_d0250051_16130016.jpeg

八王子市中野上町:清水川を辿る_d0250051_16134950.jpeg
昼なのか、夕方なのかよくわからない、半分夢のような幻想的な作品でした。
一日、川を追って歩いてきて、最後にまた駅前で違う形で水に満たされて。

川追いで生まれた色んな想いを包んでくれました。幸せです。


# by onnbubatta | 2018-08-01 22:17 | 八王子 | Comments(2)

桑都八王子:水路に囲まれた製糸場跡、清水川

例年になく百日紅が気になってしょうがない、今年の夏。

百日紅の綺麗な場所ってどこだったかしら・・・と候補をいくつか考えていた時、以前訪れた、八王子の「田町遊郭」跡を東西に貫く、大きな通りを百日紅の並木が彩っていたのをふと思い出したのです。

これまでも幾度となく引き合いに出している愛読書「昭和二十年東京地図・周縁のこと」(1987年出版)に収録されている田町遊郭の写真を見ていたら、今迄目に留めていなかった、同じ八王子市内の建物の写真が急に気になり出して・・・

収録されている住所を頼りにストリートビューで検索してみると(つくづく、便利な時代)、何とほぼ同じ状態の建物が奇跡的に現存している様子。1987年当時においても、割と古い建物や街角の写真が多いのが特徴的な本なのですが・・・

明日にでも消えて無くなってしまう気がして、何だか気が焦り、急ぎ現地へ確認に向かいました。

桑都八王子:水路に囲まれた製糸場跡、清水川_d0250051_14063189.jpg
消防車などを製造する「日本機械工業」の寮敷地、ということで、不思議な光景を生み出しています。
何だか消防車と共に、今にも左方向へ動き出しそう。

桑都八王子:水路に囲まれた製糸場跡、清水川_d0250051_14114310.jpg
元々は片倉製糸の蚕室として利用されてた建物とのこと。
現在は建物自体は使われていないようで、屋根瓦が落ちている箇所なども見られますが、広い敷地にゆったり配された貴重な建物に見入ってしまいます。
桑都だ・・・・!!と大声で放ちたい心境でした。
明治10年に「萩原製糸工場」として創業(現地に来る途中渡った「萩原橋」にその名を遺す)、その後片倉製糸に譲渡、昭和10年後半くらいに工場は「日本機械工業」となり、歴史を重ねて現在に至っています。

ここで片倉の建物に出会うなんて・・・(今ではショッピングセンター業の印象の方が強いですね。紡績系はどこもそうですが・・)

桑都八王子:水路に囲まれた製糸場跡、清水川_d0250051_14182393.jpg
夏空。真紅の消防車。窓の連続する旧い建物。

桑都八王子:水路に囲まれた製糸場跡、清水川_d0250051_14195448.jpg
悠々と、堂々と存在しています。旧くて使われてはいないようだけど、手入れはされている感じがします。
その幾多の「手」を感じるのも好き・・・

桑都八王子:水路に囲まれた製糸場跡、清水川_d0250051_14201611.jpg
「中野町西二丁目」の頃の、琺瑯住居表示看板も見て取れます。(現在は中野上町4丁目)

「寮建物」は二棟残っています。秋川街道を挟んで北側が社屋、道路を挟んで東側も同様の古い戸建群があり、関連があるのかもしれません。社宅とか・・

桑都八王子:水路に囲まれた製糸場跡、清水川_d0250051_14275215.jpg
寮敷地の東側辺りです。眼の形のような柵が印象的。
「昭和二十年東京地図」にも、水路沿いの「三軒長屋」というタイトルの写真もあるので、この辺りのどこかだったのかもしれません。とにかく水路が多い・・・

桑都八王子:水路に囲まれた製糸場跡、清水川_d0250051_14314222.jpg
寮敷地の西側からは、水の流れていない水路跡との絶景を楽しむことが出来ます。水路は左に曲がっていきます。
石の敷かれた縁も、心に訴える調べのよう・・・

桑都八王子:水路に囲まれた製糸場跡、清水川_d0250051_16162535.jpg
染色所の建物が水路上に張り出しています。



桑都八王子:水路に囲まれた製糸場跡、清水川_d0250051_14322839.jpg
片方の護岸が煉瓦でざっくりと積まれています。面白い!

さて、この水路も気になりますが、後程考察していきます。




「昭和二十年東京地図」には社屋(工場)の方の写真も収録されており、そちらの方も本とほぼ変わらない姿で現役でした。
桑都八王子:水路に囲まれた製糸場跡、清水川_d0250051_14370823.jpg
「昭和二十年東京地図」では、門柱の上に球型の照明がありましたが・・・それでもほぼ変わらぬ光景に、胸が熱くなります。
(気温の方も37℃、激暑でした。)

こちらの敷地の方も、片倉製糸時代の建物がいくつか使われているそうです。
ああ、カタクラ、カタクラ・・・(次第に呪文のような響きに。。。)

桑都八王子:水路に囲まれた製糸場跡、清水川_d0250051_14403440.png
地図を眺めていると、工場敷地に一本水路のような線が描かれていますし、右の方には川筋も見えているし、ちょいちょいくすぐられます。
まだこの辺りがいかなる土地なのか全く知識が無く、放り出された子ヤギのようなのですが・・・(自分でもよくわからない比喩)

修景水路のような描かれ方なので気になっていまして、実際は見えるのかな?と思いましたが敷地内の水路自体は確認できず。
桑都八王子:水路に囲まれた製糸場跡、清水川_d0250051_14472757.jpg
工場の南側、東側は外周を水路で囲われていて(北側は暑さ等々※の為、積み残してしまいました。)、写真は南側で秋川街道沿いなのですが、年月を経た樹木が覆っていてまるでお堀のよう。歩道に影を落としていて素敵な風景を造り出しており、
城郭を想起させるような一角でした。

春には桜を見に来たい場所がまた一つ増えました。こうして小さな愉しみの小箱の中身が増えていくんです。
遠くから引きで眺めると、この工場敷地全体が森のような、お城のような感じがしてきます。
(※後述)

そして、水路をじっと眺めていたら・・・

桑都八王子:水路に囲まれた製糸場跡、清水川_d0250051_14513649.jpg
水路の西端部分が少し広くなっており、とても澄んだ水が溜まっていて、流れ・動き、もあるのです。
湧水じゃないかな?と心躍りました。この日は建物が目的で、まさか湧水に出会えるなんて・・・・!!

おうちに帰って調べてみると、日本機械工業の敷地には湧水があり、消防車のポンプ放水テストなどに現在でも利用されている事、昔は湧水の池があったが埋め立てられてしまったこと、その水が「清水川」という短い川の源流のひとつだったこと・・等々がわかりました。
湧水の利用用途を聞くと、凄く腑に落ちて気持ちが良いです。

泉湧くシルクの工場。湧水があったからこの地に製糸場が設けられたのでしょうか。。

水に呼ばれる。を実感したひと時でした。

桑都八王子:水路に囲まれた製糸場跡、清水川_d0250051_14543865.png
1974年くらいまでの空中写真だと池が残っているのがはっきりとわかります。
桑都八王子:水路に囲まれた製糸場跡、清水川_d0250051_14545695.png
今昔マップから引用させていただいた、1944-1954年地図と現在との比較。

「清水川」の源流にはこちらの湧水池や、近接する居宅の湧水(水車があった)、更に西へ進んで「楢原町の旧私学教育研究所(施設は現存せず)の池」等々があったとのことです。

先程載せた、煉瓦の護岸の空水路はそちらからきた流れのようです。

桑都八王子:水路に囲まれた製糸場跡、清水川_d0250051_15240358.png
地理院地図より引用、地図中央から少々左下の蛇行した水路線。煉瓦護岸の水路跡はこの辺りを映したものでした。

桑都八王子:水路に囲まれた製糸場跡、清水川_d0250051_15274041.jpg
気掛かりなのは、この界隈(秋川街道南側)で区画整理の気配が現実に形に現われている事。
ふとしたきっかけで急に好奇心がそそられて赴くことになった土地って、消える気配を虫の知らせ的な何かで感じ取って・・・の事例が何度かあるので・・・

で、またまた調べていたら、当該区画整理事業に伴って、清水川の暗渠化の話も取り沙汰されてるそう。
まだ出会ったばかりで、ほんの一角しか歩いていないのですが。


私が出会った清水川の断片たち
桑都八王子:水路に囲まれた製糸場跡、清水川_d0250051_15400504.jpg
水車のあたりかな。


住宅地の開発に伴って再整備された感のある区間
ここの手前の場所、メダカくらいの大きさの小魚が沢山集まってきていました。

桑都八王子:水路に囲まれた製糸場跡、清水川_d0250051_15411969.jpg
ここはグーグル航空写真で気になっていた場所でしたが、このように整備されたのですね。
桑都八王子:水路に囲まれた製糸場跡、清水川_d0250051_15425667.png
ああ・・・お上が「水路」という文字を置いてくれるだけでこんなに心が落ち着くなんて
桑都八王子:水路に囲まれた製糸場跡、清水川_d0250051_15381795.jpg
この辺りは再整備された水路の下流側が一瞬蓋掛けされて、また開渠となって姿を表し出てきます。

桑都八王子:水路に囲まれた製糸場跡、清水川_d0250051_15383954.jpg


桑都八王子:水路に囲まれた製糸場跡、清水川_d0250051_15393843.jpg


※日本機械工業の北側に行けなかったのは激暑のせいでもあるのですが、通り沿いにこんな案件があって・・・
(通り挟んだ側の森が日本機械工業の敷地。)

桑都八王子:水路に囲まれた製糸場跡、清水川_d0250051_15360194.jpg
お野菜の無人販売所脇にあった、当世風の?創作案山子。
蛭子さんっぽいタッチ。

桑都八王子:水路に囲まれた製糸場跡、清水川_d0250051_15361987.jpg

何気に奥にもう一人潜んでいたり・・・
桑都八王子:水路に囲まれた製糸場跡、清水川_d0250051_15372321.jpg
リアルと虚構。男と女。大人と子供。立体と平面。
桑都八王子:水路に囲まれた製糸場跡、清水川_d0250051_15375038.jpg
お殿さまも見張ってます。城に還りたい殿様、城の北側を守る防人たち。
(ストリートビュー見たら、別の案山子だったので定期的に着せ替えが行われているのかも)

もうこれらで精魂尽き果てた感があり、田町遊郭に移動したのでした。
また改めて、追記していったり、そんなスタイルで行こうかと思ってます。

田町遊郭のお話も綴りたいな・・・

桑都八王子:水路に囲まれた製糸場跡、清水川_d0250051_15570000.jpg

八王子は2年ぶりですが、前回よりも甲州街道沿いのマンション化の動きが一層進行しているようで。
時限的に、旧い建物の側面を思いがけず目にする機会が多く、くすんだ中にも鮮やかな断面にハッとさせられたのが印象的でした。
(あと、ユーミンの実家チェックしたかった・・・)
桑都八王子:水路に囲まれた製糸場跡、清水川_d0250051_15572283.jpg


おまけ。
桑都八王子:水路に囲まれた製糸場跡、清水川_d0250051_16013284.jpg
桑都八王子:水路に囲まれた製糸場跡、清水川_d0250051_16020794.jpg
田町遊郭跡地の百日紅、散り、再び寄り集まったものも断片的に載せてみました。

まるで地表の花束ね。明日には色・形を変えているんでしょう。
ふと感じる刹那なのでした。

白いのはまだこれから咲くみたいです・・・

あさかわを渡れば 富士の影清く 桑の都に青嵐ふく

# by onnbubatta | 2018-07-22 16:25 | 八王子 | Comments(0)


暗渠、猫、池、高低差、崖、弁天、軍遺構、建築、階段、廃線、天体   その他徒然(適当です)


by onnbubatta

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
前谷津川
出井川
蓮根川
石神井川系
田柄川
千川上水
専用水道
渋谷川系
立会川
神田川支流
白子川
愛知県
藍染川
足立区
地方
石神井川
水窪川
えんが堀
百々向川
蟹川
神奈川
内川
新河岸川
谷中川
さいたま
谷端川
荒川区
葛飾区
千葉
世田谷
江戸川区
中野区
北区
目黒川
江東区
砂川堀
八王子
呑川
名古屋
愛知県
城南
未分類

最新の記事

百々向川 業務スーパー支流(..
at 2020-07-28 17:48
大森海岸~磐井神社の堀跡、ホ..
at 2020-04-24 21:05
大森海岸~暗渠、潮の香りの料..
at 2019-03-03 12:27
早稲田散策 コートハウス型の..
at 2019-01-26 10:02
遠ざかる海。海を見ていた衣浦..
at 2019-01-20 18:24
星は散り散りに・・・(中村遊..
at 2018-10-23 21:01
寝ても覚めても中村遊郭(橋跡..
at 2018-09-29 10:11
大岡山駅前のtiny谷
at 2018-09-19 20:23
八王子市中野上町:清水川を辿る
at 2018-08-01 22:17
桑都八王子:水路に囲まれた製..
at 2018-07-22 16:25

以前の記事

2020年 07月
2020年 04月
2019年 03月
2019年 01月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 05月
2018年 04月
2017年 11月
2017年 08月
2017年 07月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月

フォロー中のブログ

関根要太郎研究室@はこだて
hoppy's
東京の水 2009 fr...
暗渠徘徊の日々

お気に入り(お邪魔しています)

最新のコメント

>ガーゴイルさま コメ..
by onnbubatta at 20:48
東尾久駅でいい。
by ガーゴイル at 11:21
> 大門バーチャルツアー..
by onnbubatta at 20:40
onnbubatta様 ..
by 大門バーチャルツアー運営事務局 髙畑 at 14:03
> 小学六年生さん こ..
by onnbubatta at 23:20
北加瀬の小学校の勉強で ..
by 小学六年生 at 21:18
>sumizome_sa..
by onnbubatta at 17:35
諏訪神社の方もtwitt..
by sumizome_sakura at 14:44
sumizome_sa..
by onnbubatta at 15:48
yatoloveさんの文..
by sumizome_sakura at 01:25

検索

アクセス

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧