八王子市中野上町:清水川を辿る

前回の続きです。

前回積み残していた、「日本機械工業」敷地の北側辺りから、清水川を感じながら歩いて行きます。
暗渠化も取り沙汰されている清水川、現状はどうなんでしょう・・・

結論から先に申し上げると、結末が意外で、しばし愕然として立ち尽くしてしまいました・・・


敷地の北側は現在「しまむら」の敷地(以前の住宅地図表記ですと「ハチマン電子」)となっていて、その駐車場から・・・
d0250051_14213146.jpg

夏なのでより一層繁っていて外観がはっきりしないのですが、円型?円筒形の煉瓦給水塔がフェンスの向こうに見えているのです。

d0250051_14205911.jpeg
d0250051_14261829.jpg
引いてみても、やはりわかりにくい・・・また冬にきてみます。
人生初の「しまむら」、あまりに暑かったので中で涼ませて頂きました・・・
かつての製糸場に隣り合って、衣料品の量販店が立地しているのが時を越えて不思議な感じでした。

d0250051_14293197.jpg
d0250051_14301234.jpg
d0250051_14310082.jpg
いずれも敷地北側からの「日本機械工業」の建物の様子。
どれが「萩原」「片倉」時代の建物になるのでしょうか・・
d0250051_14333386.jpg
開きかけか、閉じかけた朝の顔

d0250051_14335491.jpg

すぼまっていると、色が濃く凝縮されて見えますし、白い部分との境い目もパラソルのように際立ちます。

右に曲がって、緑濃い道を降りて行きます。
d0250051_14404128.jpg
茎まで鮮やか。
d0250051_14460708.jpg
川沿いでよく見られる、各政党のポスターが畳みかけるように連続する風景。
d0250051_15400504.jpg
前回ご紹介した「橋跡」はここに繫がっていたんです。

この先、少し改変されたり一部が暗渠化されていますが(前回の水路上占有物件の地点など)、

d0250051_14534268.jpg
d0250051_14541390.jpg
澄んだ水が流れていて、百日紅が造り出す美しい淵に出会う事も出来ました。

d0250051_22220283.jpg
d0250051_14563522.jpg
梯子の梁が残っている区間。
川沿いに歩けない区間もしばしばあって、川を見失い「あれ、あの子どこに行っちゃったんだろう・・・」と思う事もありました。
d0250051_14584840.jpg
d0250051_14592237.jpg
あまり近寄れなかったのですが、梅花藻のような植物に覆われている地点。もうすぐ川口川との合流地点。

d0250051_15062584.png
この辺りは清水川の中でも蛇行の大きな地点。北側を流れる川口川も改修前は大きく蛇行していた(緑色、大きな公園を回るように)のでその影響を受けていたのかな・・・

d0250051_15095432.jpg
ここまで下ってきた清水川、区画整理によるのか「東京環状道路」の手前で突如消えてしまいます。
見えづらいですが、中央右側よりの樹のたもとに旧い祠もあって、旧いエリア/整えられた区間が、バッサリと分断されている雰囲気。

d0250051_15164062.jpg
この先が「清水橋」あと。こっちの方に「清水橋跡地」を明示してほしいね。

少し北側に寄り道して、「川口川」の「川口橋」へ。
d0250051_15185557.jpg
川口川橋の西側至近に、何かの名残?水道施設・・・?
d0250051_15192441.jpg
d0250051_15195348.jpg
延長線上には横断歩道の痕跡がうっすらと残されていました。緑のフェンスの先が「何らかの名残?」です。

更に北に寄り道すると、別の小川がやってきていて、
d0250051_15225959.jpg
もはや跡地、なのか・・・?
d0250051_15234056.jpeg
d0250051_15251958.jpg
交差点の広告看板の背後、よく見ると
d0250051_15255902.jpg
石仏等々が放置されていました・・・どんな謂れがあったものなのか、とても気になっています


清水川に戻ります。河口目指して、あともう僅かな距離のはず。

d0250051_15300856.jpg
車止めのあるこの街路が川の跡なのか、
d0250051_15312211.jpg
サイドの、こちらの敷地も含めて川跡なのか・・・
青々と重たげに成る栗の実と、並べて干された幾枚もの大判のタオルケットが素敵な夏風景だったので、暑かったのですが「良く乾きそうね」と独りごちていました。

さあ、中野橋の上から合流地点を確認してフィニッシュです。
清水川と合わさった川口川も、すぐに浅川に合流する忙しい場所です。

d0250051_15373905.png

d0250051_15390839.jpg
え。。。何これ。。。
右の川口川に、左の清水川が合わさる筈なのですが・・・
作りかけの工作みたいな風景。

d0250051_15412936.jpeg
糸が紡がれていた泉の水は、こんな末路になっていたのでした。
清水川の事を調べ始めた当初は、河口の護岸は自然のままで残されていて・・・と何処かに記載があった記憶。
それをインプットして下っていったので、目の前にある光景は結構衝撃的な結末です。

勘違いだったのか、以前に書かれた情報であったのか。

コンクリートがまだ白く、割と最近施工された様子です。

d0250051_15440901.jpeg
川口川の方は水も澄んでいて、底も護岸も自然な感じに映りました。


d0250051_15473416.jpeg
茫然としたまま浅川沿いを散策していたら、緑陰からカサカサ音がして、猫ちゃがぬっと出てきました。
d0250051_15475226.jpeg
「清水川の河口は固められちゃったんだよ。前は鳥さんがいっぱい来ていたけどね。」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


おまけ。八王子駅前の谷内六郎作品。

「水面のライト」
きらきら・・・
d0250051_16130016.jpeg

d0250051_16134950.jpeg
昼なのか、夕方なのかよくわからない、半分夢のような幻想的な作品でした。
一日、川を追って歩いてきて、最後にまた駅前で違う形で水に満たされて。

川追いで生まれた色んな想いを包んでくれました。幸せです。


[PR]
by onnbubatta | 2018-08-01 22:17 | 八王子 | Comments(2)
Commented by sumizome_sakura at 2018-08-03 02:37 x
朝顔も、水沿いの百日紅も、きれいな花を咲かせていて、いい感じだったのに、最後のドンデン返し?は「うわ!」でした。でも、何度か読み直すと、意表をつく変態の姿も川らしいかな、という気も(少し)してきました。

もう見られたかもしれませんが、
http://www.mizu.gr.jp/images/main/bunkajuku/houkoku/014/document_suzuki.pdf
によると、浅川北岸はもともと堤防がなく、大きな河原のような場所だったようですね。清水川は段丘崖沿いの用水路で、「高台から流れてくる水を浅川に入れないように、川口川へ水を導くという役割を果たしています」とあるので、もしかすると、川口川との合流点近くは人工的に掘り下げた水路かもしれません。だとすると、川底が浅く、集中豪雨がふると合流点の手前で溢れかねないので、地下河川化して川底の標高を下げたのでしょうか。
「中野西地区清水川改修(その4)工事 」によるもので、発注からまだ一年たっていないようです。

なんというか、都市の川の儚さと移ろいやすさを感じました。
Commented by onnbubatta at 2018-08-05 10:25
>sumizome_sakuraさん
「何度か読み返し・・」大変嬉しいお言葉をありがとうございます!

ミツカンのサイト、清水川を把握するのに読んでおりました。多くの方が愛を持って関わってて素敵なサイトですね。治水関係の説明は文章だけでは少し難しい面もあったので、改めて墨染桜さんにお話しいただくと書き下し文のように頭に入ってきます。

記事の中程「政党のポスターが連坦としてる」地点辺りまでが浅川の氾濫原で、清水川はその中を流れる小川のような状態であったようです。ですので、流れが定まっていおらず、湿地のような姿になる時期もあったとか。。
その後は川口川への導水路的な役割を担っていたのですね。ほぼ同時に浅川に合流しているので、清水川には「泣いてもらった」感を受けてしまいました。

自分からすると、八王子の河川は「大自然」のような印象を抱いていましたが、おっしゃるとおり、「都市河川の(時間軸での)一断面」を見せつけられた夏の日でした。


暗渠、猫、池、高低差、崖、弁天、軍遺構、建築、階段、廃線、天体   その他徒然(適当です)


by onnbubatta

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
前谷津川
出井川
蓮根川
石神井川系
田柄川
千川上水
専用水道
渋谷川系
立会川
神田川支流
白子川
藍染川
足立区
地方
石神井川
水窪川
えんが堀
百々向川
蟹川
神奈川
内川
新河岸川
谷中川
さいたま
谷端川
荒川区
葛飾区
千葉
世田谷
江戸川区
中野区
北区
目黒川
江東区
砂川堀
八王子
呑川
名古屋
未分類

最新の記事

寝ても覚めても中村遊郭(橋跡..
at 2018-09-29 10:11
大岡山駅前のtiny谷
at 2018-09-19 20:23
八王子市中野上町:清水川を辿る
at 2018-08-01 22:17
桑都八王子:水路に囲まれた製..
at 2018-07-22 16:25
江東区北砂の残存蓋暗渠、養魚..
at 2018-05-30 16:11
砂川堀散策:教習所敷地を貫通..
at 2018-04-28 14:33
江東区南砂5丁目の残存蓋暗渠
at 2017-11-04 20:05
深く険しい谷の変遷を辿る~前..
at 2017-08-17 10:05
薬師の泉からの流れ・・・?板..
at 2017-07-26 16:04
水面に映るもの。逆さ目黒エン..
at 2017-07-13 12:41

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 05月
2018年 04月
2017年 11月
2017年 08月
2017年 07月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月

フォロー中のブログ

東京の水 2009 fr...
暗渠徘徊の日々

お気に入り(お邪魔しています)

最新のコメント

>sumizome_sa..
by onnbubatta at 22:48
>蛇腹さま はじめまし..
by onnbubatta at 18:22
初めましてこんんばんは。..
by 蛇腹 at 23:45
ああ、黄泉がえりですね。..
by sumizome_sakura at 04:58
私たちが「柳が残った意味..
by onnbubatta at 10:53
>sumizome_sa..
by onnbubatta at 10:25
柳はその形状から、特に天..
by sumizome_sakura at 03:30
朝顔も、水沿いの百日紅も..
by sumizome_sakura at 02:37
> 猫またぎさん こち..
by onnbubatta at 20:43
あ、この記事、見落として..
by 猫またぎ at 11:03

検索

アクセス

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧