人気ブログランキング |

大森海岸~暗渠、潮の香りの料亭街跡散策①

少し前に品川辺り(仙台坂、ゼームス坂界隈)を歩く機会があって、城南方面へひたひた、ひたひたと足を踏み入れ始めてました。

何故か私の頭の中では、なんかあれなんですが品川=小平事件の小平義雄、のイメージがあって、そこから「大井海岸町」という旧町名に辿り/流れ着いたというのもあります。そこには、最近になって急激に興味が湧いてきた「料亭街」がかつてあったのでした。

今迄全く気が付かなかった入り堀跡みたいなのもあるんですよね。
はじめての「大森海岸」へ向かいます。

去年の今頃、大森町駅も暗渠散策で初めて訪れて、何だか「春には大森」の流れが来ているのを感じています。
海が遠ざかった歓楽街という点では愛知県碧南市衣浦の記事とも通じるような。

スタートは、大森駅から。
クリーニング屋さん「あらがや」(荒賀さん)のタイルを見に来ました。


d0250051_20492906.jpg
d0250051_20541101.jpg
タイルが好きで、色々な建物や遺構を見てきましたが、クリーニング屋さんは初めてです。
d0250051_21030780.jpg
d0250051_21032817.jpg
青空にとてもよく映える、群青色の素敵なタイルでした。

d0250051_21134604.png
今昔マップ(1927-1939)より地図を引用させていただきました。
京浜電気鉄道大森支線の跡を通って大森海岸駅方面へ向かいます。
大森海岸駅の北側、南側両方に料亭街はあったのですが、まずは北側から。

あまり遺構は残っていないとの事ですが・・・
d0250051_21204622.jpeg

d0250051_10563989.jpeg

d0250051_10562431.jpeg

大井海岸町の現在の場所を調べていた頃、まだこの辺りが料亭街という認識も無かった段階でグーグルマップの航空写真を見ていて気になっていた建物。

「大森海岸 芸妓置屋 由の家」様のホームページに寄りますと、こちらの建物は芸妓置屋だったそうです。
過去住宅地図を何年か分見た感じでは個人宅のような表記でした。

溶岩っぽい石造が玄関の内側に残っていて、異世界の雰囲気を少し残していました。

d0250051_11015107.jpeg
d0250051_11020419.jpeg
あと、駅の北側で雰囲気が残っているのはこちらの「入舟」さん、等々でしょうか。今は「洋食 入舟」の表記ですが、メニューを見ていたら洋食一辺倒でもないようでした。

たまたまかもしれないですが、建物側面の円柱に勝手に料亭街のしっとりした空気を覚えてしまうのでした。

d0250051_11110922.jpeg
料亭ではないけれど、この界隈に残る数少ない旧い建物。家族のように寄り添って残っています。

d0250051_11123492.jpeg
d0250051_11132871.jpeg
d0250051_11134177.jpeg
d0250051_11144521.jpeg
d0250051_11151337.jpeg
駅近くの「松乃鮨」さんの近くに、1960年代の地図では「題目堂」の表記があってずっと気になっていたんですが、以降の地図では消えており、現地はどうなっているのかと思っていました。が、やはり何もありませんでした。

d0250051_11323178.jpg
1960年の住宅地図です。ここには寺院の表記のみですが、他の年代の地図を見ると「題目堂」とあります。
きっと、どこかへ移設されたのだとは思いますが。
(ちなみに、駅の反対側~海側には大型の料亭が林立し、その中の「楽々」などは地図でも(不夜城)の別名表記まで記載されていて興味深いです。)


更に年代を遡ると、明治期には駅の反対側(東側)に寺院の表記が見て取れます。

d0250051_11363462.png
今は国道の下になってしまっています。

これが、上記の「題目堂」なのか?と思い、帝都地形図を引きましたら

「国道1号東海道の街道脇にある題目堂は寛政年間(1789-1801)の開基である。鈴ヶ森刑場と関係はないが、刑場付近の悪臭、凄惨な様子を通行中にみた元小田原藩士で池上本門寺の日観が、霊を鎮める為に草庵を結んだのが始まりと言われる。」

の記載がありました。

国道の拡幅に伴って駅の西側に移されたのち、時の流れでまた別の地に。。。という流浪のお堂なのでしょうか。

d0250051_11452112.jpeg
料亭ではなく比較的新しい年代の建物なのだけど、残り香みたいなものを感じられる間口。

d0250051_11470646.jpg
「大井海岸町」の名前を残す、大井海岸公園のトイレのタイル。


駅の南側へ移動します。

今は埋め立てられている入り堀?(名前がわからない・・・!水路跡のブログなのに・・・八幡橋、の名前は判るのですが)沿いに旧い建物が一軒残っているのをグーグルマップでチェックしていたので。

この堀、磐井神社をぐるっと回っていて、そんな造りもとっても気になっているんです
d0250051_11584510.png
d0250051_11574854.png
グーグルマップのスクショ、右側が堀です。
この建物を見たかったのですが

d0250051_11580410.jpg
時既に遅し。最新の住宅地図にもかろうじて建物の形状は残っていましたが。

d0250051_12022862.jpg
料亭「梅元」さん跡を見に来た格好になってしまいました。(料亭ではなく置屋さんとの情報もあります)

d0250051_11571823.jpeg
堀の先は水面は見えないけど平和島の競艇場。かなりの轟音が響いていました。

d0250051_12081571.png
1896-1909の今昔マップから引用させていただきます。
八幡海岸に、堀からの澪筋のようなものは描かれており、しばしうっとりしてしまいます。

「梅元」南側の堀は国道を「八幡橋」で渡って、磐井神社を回って京急とぶつかっているように描かれています。
(八幡橋 大森海岸、で堀の名称を検索しても江東区の方の八幡橋が出てきてしまって・・・)

d0250051_11565843.jpg
大正期の「地籍図」によると、京急を越えて「清花園鉱泉」の敷地へ入り込んでいます。
(清花園は鉱泉浴場や釣堀を備えた遊園地で、電力の供給を京急から受けていたとの事。のちのアサヒビール大森工場。
現在の「清花公園」にその名残がかろうじて感じられます。)
(清花園南の「潮田」地名もかなりキテます。)

次回に続きます。


















by onnbubatta | 2019-03-03 12:27 | 城南 | Comments(2)
Commented by sumizome_sakura at 2019-03-06 14:44 x
この謎の水路、名前はわからないのですが、前から仮説?妄想?を一つ抱いていて。

磐井神社は江戸東京でも最古級の神社で、鈴ヶ森という名前もあるので、新橋の「烏森」、人形町の「椙森」、川崎の「姥が森」など同じく、もともとは海岸線ぞいの島状の土地で、そこに泉があったのではないか、と考えています。
延喜式神名帳には「磐井」という社名がでてくるし、万葉集の頃には、この付近一帯が「笠島」と呼ばれていたようなので。

『江戸名所図会』でもそんな感じで描いていますが、同じような想像は神社の方もしておられたようです。菱沼勇さんの『武蔵の古社』にこうありました(136頁)。

「森田宮司の談によると、今の社殿の地下には、大きな岩盤がひろがっており、昔は一つの岩の島をなしていたと思われるという。おそらく長い年月の間に……土砂が積もりつもって四辺を埋め、今では陸地つづきの平地になってしまったであろう。そして以前には、その広い岩盤の間に泉があって、清水を豊富に湧出していたものであろう。」

地質とか地形の復元は裏付けがとれませんが、神社がもともと島状の土地だったとすれば、付近に比べて地盤がより軟弱でないことはありうると思います。

『江戸明治重ね地図』だと、神社西側の水路は郵便地図の頃よりさらに南に伸びていたようです。郵便地図に比べると、こちらの地形や水路の描き方は厳密ではないですが、清花園鉱泉の入堀(「釣堀」だった水路でしょうか?)ができる前の付近の様子は、大まかにはわかるのではないでしょうか。
掘削された堀ではなく、埋め残りで、いろんな用途に使われた水路だとすれば、固有名がない可能性もありますね。もちろん、付近の人たちが呼んでいた名前はあるでしょうが、その場合は「神社の堀」でも通じるので。
『武蔵の古社』では、「神社の北側と南側とに……小川が二条海に注いでおり」と遠い昔の姿を想像していますが、水路の名前などは特に出てきませんでした。
Commented by onnbubatta at 2019-03-07 21:16
>sumizome_sakuraさん
コメントありがとうございます!
ああ、やはり海岸沿いの珠のように続く島々群の一つでしたか。最近「森」発想がだいぶ薄れてしまっていて、感覚が鈍くなっていました。隣が「潮田」地名なので、川崎と似たような感じもあったかもしれません。

目印としての森、海の手前:際に湧く泉・・・
そして「磐」の字を敢えて使うあたり、只ならぬ背景を感じます。神社内の池、「笠島弁財天」とあったような気がします(なぜか写真を撮る気にならなかったです)

城南の海沿いは地理的に不案内なのですが、鮫洲のあたりにも池のある神社があったりして、なんか併せて訪れてみたいです。

埋め残り・・・削り残し・・浚い残したものってやはり何かが濃縮されて積まれている気がします。こちらの堀、時代や地図ごとに微妙に形が異なっていて、その点でもなかなかミステリアスです。揺らいでる感じがとても春っぽいなという感想を持ちましたw「磐井神社の堀」としてみましょうか・・・


暗渠、猫、池、高低差、崖、弁天、軍遺構、建築、階段、廃線、天体   その他徒然(適当です)


by onnbubatta

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
前谷津川
出井川
蓮根川
石神井川系
田柄川
千川上水
専用水道
渋谷川系
立会川
神田川支流
白子川
愛知県
藍染川
足立区
地方
石神井川
水窪川
えんが堀
百々向川
蟹川
神奈川
内川
新河岸川
谷中川
さいたま
谷端川
荒川区
葛飾区
千葉
世田谷
江戸川区
中野区
北区
目黒川
江東区
砂川堀
八王子
呑川
名古屋
愛知県
城南
未分類

最新の記事

大森海岸~暗渠、潮の香りの料..
at 2019-03-03 12:27
早稲田散策 コートハウス型の..
at 2019-01-26 10:02
遠ざかる海。海を見ていた衣浦..
at 2019-01-20 18:24
星は散り散りに・・・(中村遊..
at 2018-10-23 21:01
寝ても覚めても中村遊郭(橋跡..
at 2018-09-29 10:11
大岡山駅前のtiny谷
at 2018-09-19 20:23
八王子市中野上町:清水川を辿る
at 2018-08-01 22:17
桑都八王子:水路に囲まれた製..
at 2018-07-22 16:25
江東区北砂の残存蓋暗渠、養魚..
at 2018-05-30 16:11
砂川堀散策:教習所敷地を貫通..
at 2018-04-28 14:33

以前の記事

2019年 03月
2019年 01月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 05月
2018年 04月
2017年 11月
2017年 08月
2017年 07月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月

フォロー中のブログ

東京の水 2009 fr...
暗渠徘徊の日々

お気に入り(お邪魔しています)

最新のコメント

>sumizome_sa..
by onnbubatta at 21:16
この謎の水路、名前はわか..
by sumizome_sakura at 14:44
> Yoshidaさん ..
by onnbubatta at 18:00
(松田)セイコーモーター..
by Yoshida at 16:07
> sumizome_s..
by onnbubatta at 11:37
ふふ、まずは佃島の続きで..
by sumizome_sakura at 03:38
> sumizome_s..
by onnbubatta at 20:37
ああ、そんな可愛い谷があ..
by sumizome_sakura at 04:09
>sumizome_sa..
by onnbubatta at 22:48
>蛇腹さま はじめまし..
by onnbubatta at 18:22

検索

アクセス

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧